富岡製糸場

大河ドラマ「青天を衝け」の第31話に登場した群馬県の富岡製糸場。

昭和30年代に富岡製糸場(その当時は片倉製糸)で働いていた母が、
「仕事は大変じゃなかったし、寮生活含めて、むしろ楽しすぎるくらいだったのに、
製糸場というと「女工哀史」「あゝ、野麦峠」のイメージか強くて残念」といつも言っていて、
私も「女工哀史も事実だろうけど、製糸場すべてがそれと思われるのもなー」と、なんだか悔しい気持ちでいたので、
大河ドラマの公式ツイッターで、
「1日8時間勤務、日曜休暇、有給休暇、食費や寮費、医療費は工場負担など、労働環境に恵まれていました。」
と説明されていて、ちょっとうれしく思いました。

【公式】大河ドラマ「青天を衝け」 (@nhk_seiten) | Twitter

富岡製糸場 | しるくるとみおか 富岡市観光ホームページ

片倉工業と富岡製糸場が歩んだ歴史 ―


といっても、母から若い頃の話をあまり聞いていなかった弟は、
割と最近まで「母さんは娘時代に過酷な仕事をしていてかわいそう。その頃のことはあまり聞いちゃいけない」
と思っていたらしいので(苦笑)、
家族でもそうなんだから、他人に知ってもらうのは難しいよねーと思います。

ってことで、母から聞いた富岡製糸場(片倉)時代の話、
もしかしたら、どこかの誰かの役に立つこともあるかもなので(?)、メモに残しておきます。
※あくまで個人の記憶&感想ですので、その点はご了承下さいませ~。

*-*-*-*

母は昭和16(1941)年生まれ。
富岡製糸場(片倉)で働いていたのは、昭和30年代で、中学卒業から結婚する少し前までの約6年間。

通っていた中学校(新潟県)に求人が来て、就職が決まった。
同じ地域の中学校から、他に何人も就職していた。(俗に言う「集団就職」?)
就職してからも、中学校の先生は年に一回製糸場に来て、所長さんなどを交えて応接室で面会した。

会社では寮生活。
寮は3~4つあって、「かぶら寮」「あさま寮」などの名前がついていた。
入寮しているのは、ひとつの寮に250人くらい。
入社してすぐは、同時に就職した人達と同室で、慣れてきたら年上の先輩と同室になる。
働いているのは、群馬、新潟、長野の人が多かった。

仕事は、5:00~13:00、13:00~20:00の2交代制で、寮ごとのローテーション。
残業はなし。
日曜日はお休み。

正規の仕事の他に、不定期で、まゆ運びや道具洗いの「アルバイト」の募集がかかる。
簡単な作業で、給与以外の賃金が出るので、皆、遊ぶお金が欲しいときなどにやっていた。

敷地内には講堂や教室があって、
勤務時間外には、勉強(国語とか数学とか)や和裁、洋裁、料理などの教室があり、
費用は会社負担で、いろいろ習うことができた。

寮にも、花嫁修業のようなことができる「家庭寮」(普通のおうちに近い間取り)というのがあり、
そこにお呼ばれして、先輩の作ったお料理を食べたりした。

仕事がお休みの日は、駅前にあったダンスホールや映画館、図書館などへ。
(母は、これがきっかけでダンスが好きになり、結婚後もずっと社交ダンスの教室に通ってました)
出かけないときは、図書館で借りた本を読んだり。

年に一回、バス5台くらいを連ねて、東京や日光などに旅行。
地域の運動会にも参加。
成人式も、会社でやってくれた。

会社を辞めてからも、毎年OB会があって、会食をしたり記念品をもらったりした。

*-*-*-*

とまあ、こんな感じ。

母は、和裁や洋裁、編み物、料理が割と得意で
(裁縫が苦手な私は家庭科の宿題でよく手助けしてもらった💦)
早くに親元を離れたのに、どこで覚えたんだろう?思ってたけど、
会社が学校のような役割もしてたんですねえ。

片倉製糸時代のこと、母は、本当に楽しそうに話すので、
(同室だった人とは今も友達づきあいしているみたいだし)
またいろいろ聞いてみたいと思います。

きぼうを見よう

地上から約400kmの上空を、一周90分のスピードで地球の周りを回っている
ISS(国際宇宙ステーション)「きぼう」。

国際宇宙ステーション(ISS) | JAXA 有人宇宙技術部門

条件が合うと地上から肉眼で見ることができる日があって、
それが昨日、今日だというので、昨日は家のベランダから、
今日は仕事帰りに職場近くの公園で、空を眺めてみました☆

1
この写真では全く伝わりませんが(苦笑)、
明るく大きな星が、上空をゆっくりと横切っていく☆って感じ。

家のベランダは、伊丹発着の飛行機がバンバン見える場所なんですが、
ISSは、飛行機と違って点滅していないので、見分けはすぐにつきました。

あそこに宇宙飛行士さんたちがいて、いろんな実験をしているんだなー、と思うと、
気持ちがおおらかになるというか、勇気がもらえるというか。

見えているのは5分足らずだったけど、壮大な気持ちになれるステキな時間でした。

☆☆☆

きぼうが見える時間などについて、詳しいことが知りたい方は、
KIBO宇宙放送局が運営するコチラのサイトがオススメ↓

#きぼうを見よう - 国際宇宙ステーションが見える予測日時をお知らせ

サイトからアクセスできるスマホアプリ「ARきぼう予報」は、
自分が今いる場所から、きぼうがどの位置に見えるかがわかるので、
方位磁石が無くても、私のような方向音痴でも、
空のどのあたりを見ていればいいか迷わずにすんで、超便利でしたよ。

次に見る時には、もうちょっとうまく撮影したいなー。

滋賀の地酒で乾杯!

滋賀県に住むお友達からいただいた日本酒。

0001r_20211003132001 00031r

「滋賀地酒10,000人乾杯プロジェクト」が開発した「ALL SHIGA 純米酒2021」で、
滋賀県酒造組合に加盟する33酒蔵の純米酒がブレンドされているそう。

瓶に描かれたイラストは、滋賀県守山市在住の画家mais氏による「超まねきねこ」。
ポップな色合いで、ぐいぐいシアワセを招いてくれそうです💓

滋賀地酒10,000人乾杯プロジェクト2021

絵描きのmais | mai mais

22rr

「滋賀地酒10,000人乾杯プロジェクト」では、
1
0月2日の19時30分から一斉乾杯のためのカウントダウンコンテンツを
YouTubeで生配信ということだったので、
私も配信を見ながら一緒に乾杯~!

0004_20211003134801

おつまみには、道の駅あぢかまの里で買った琵琶湖産すじえびのかき揚げを。

コラボ酒は、フルーティーさを感じさせつつも、しっかりとした味わいで、
食中酒にぴったりのおいしさでした。

鮒寿司とか赤こんにゃくとかうろりの佃煮とか、、
滋賀の食材をもっとたくさん用意しておけばよかったなー。

モンベルご当地デザインTシャツ

「道の駅 越前おおの荒島の郷」にあるモンベルショップ(モンベル越前大野店)で買った
店舗限定のご当地デザインTシャツ。3,080円。

0001r_20211001111901

雲海の中にそびえる荒島岳がデザインされています。

000  0002r_20211001112101

素材はウイックロンなので、汗をかいてもさらっとした着心地。
UVカット機能があるのもいいですね。

モンベルのご当地デザインTシャツ、今まで知らなかったんだけど、
たくさんの種類があるんですねえ。

モンベル | 店舗 | 【店舗限定】ご当地デザインTシャツ販売中!

これからは、旅先でモンベルショップを見かけたら、チェックしなきゃ。

麺屋ぜん

福井県大野市、越美北線の越前大野駅近くにあるラーメン屋さん。
大野に行くたびに気になっていたんだけど、
釣りが目的だと、営業時間とのタイミングがなかなか合わず…。
今回、やっと行くことができました。

麺屋 ぜん - 福井県大野市観光情報ー越前おおの観光ガイドー

Image3

いただいたのは、塩梅(しおうめ)ラーメン 840円。
天然越前塩と福井県三方産の紅映梅の梅干しを使っているそう。

Dsc_0107r

スープは鰹と昆布のだしが効いた和風味。
わさびと梅干しで、ちょっとお茶漬けのような味わいもあり。
あっさりしてるけど、物足りなさは全くなく、
食べ終えた時には、とてもとても満ち足りた気分になりました。

そして、店内にいる他のお客さんの食べっぷりにもびっくり、
(特盛り、替え玉、ごはん大盛りは当たり前!って感じ)

次に行く時は、私もライスを追加注文して、スープに投入しよう!と心に決めましたよ(笑)。

納涼JAZZ千里天国

大江千里氏のニューヨーク・ブルックリンからの配信ライブ「納涼JAZZ千里天国」を視聴しました♪♪

00r_20210909112501

チケットは、視聴券のみが2,000円、グッズとのセットは3,500円~8,400円(+送料500円)。
私は、視聴券&手ぬぐいセット(3,500円+送料500円)で。

20210828001r 20210909_1046
手ぬぐいには、大江氏が描く愛犬ピース嬢のイラストがいっぱい。
シックでアーバンでカッコイイっす。

ライブは、大江氏のピアノ単独で、ジャズアレンジしたポップス時代の曲が盛りだくさん。
とてもとても楽しい時間を過ごせました。

ライブは生がイチバンと思っていたけど、
遠いニューヨークとリアルタイムでつながれて、
チャット機能(?)で、一緒に見ている方々との一体感も感じられる配信ライブもいいものですね。

*-*-*

ポップス時代の納涼千里天国、
私は1995年の千葉マリンスタジアムにしか行ってないんだけど、
そのときのグッズが出てきたのでお披露目(笑)。

20210828003r
大江氏のイラストが入った巾着と手ぬぐい。
千葉はとても遠かった思い出…(笑)。

次のライブは、いつ、どこで、聴けるかな。

住之江の庭

2108160001_20210909102401

丹波篠山にお買い物に行った帰り、いつもとは違う道を通ってみたら、
「重森三玲作庭 住吉神社「住之江の庭」」と書かれた駐車場があったので、立ち寄ってみました。

2108160002r

丹波篠山の福住地区にある住吉神社は、
永保元年(1081)に丹波国司・大江匡房(おおえまさふさ)が
堺の住吉大社から分霊したと伝えられる神社。

2108160005r

歴代篠山城主も尊崇し、
境内に
ある総欅(ケヤキ)造りの鐘楼は、
寛文2(1662)年に第四代城主松平康信が本殿を修復した際に寄進したものだそう。

「住之江の庭」があるのは、本殿の奥にある、もと神宮寺の書院の裏。

2108160003 20210817_0932

2108160004r

書院の表にも庭があるので、最初はこれが「住之江の庭」かと思ったんだけど、違いました💦

本当の「住之江の庭」は、この塀の向こう。

2108160006r

一般公開はされていませんでしたが、
塀が低い部分があったので、そこからチラッと覗かせていただきました。

2108160007r
 
白川砂と白い曲線の大波小波に、青石の蓬莱島と宝船、
奥の竹垣は浜で漁師が網を干す様子をイメージしているという
海の景色がテーマのモダンな枯山水庭園でした。


書院から見たら、またイメージが変わるんでしょうねえ。
一般公開、してくれたらいいなー。

夏純吟チカーラ

ジャケ買い日本酒。
(買ったのはずいぶん前だけど)

福岡県大刀洗町(カッコイイ地名だ)にある蔵元「みいの寿」の「夏純吟チカーラ」。

20210826_001 

「チカーラ」はイタリア語でセミのことで、

ラベルは、茶色い瓶を使って木にとまっているセミをイメージしたそう。
純吟は、純米吟醸の略、ですね。

20210826002

リンゴ酸高生産の夢酵母を使っているということで、
すっきりした酸味と後口。
夏の暑い日にぴったりのおいしさでした。

セミの鳴き声もだんだんと少なくなってきたし、夏の終わりも近い、かな。

「がらたて」と「でっち羊羹」


木之本地蔵山門前にある「菓子之蔵 角屋」さんで見かけた「北近江名物がらたて」の貼り紙。

菓子の蔵 角屋 | 滋賀の和菓子屋 菓子乃蔵 角屋

0001r_20210823144701 00r

どんなお菓子なんだろうと気になったので、買ってみました。
1個120円。

0002_20210823145401 0003_20210823145701

見かけは柏餅ようだけど、使われている葉っぱは、柏ではなくて山帰来(さんきらい)。
「がらたて」というのは、湖北地方の方言で山帰来の葉のことだそう。
(といっても「山帰来」自体、どんな植物なのかピンとこない、植物音痴のワタシですが)

葉っぱに包まれているのは、お餅ではなくて、あんこ入りの蒸しまんじゅう。
包んでから葉っぱごと蒸しているようです。
湖北地方では、一昔前まで、農繁期のおやつとして食べられていたんだとか。

0005_20210823150801

山帰来の葉は、柏や朴葉や蓮の葉のような爽やかな香り。
おまんじゅうは、つるん&もちもちの皮に、甘塩っぱいあんこがたっぷり。
あんこのインパクト大だけど、後口はすっきりしていて、美味。
元気が出るおいしさでした。

*-*-*

角屋さんでは木之元名物の「でっち羊羹」も購入。
1本220円。

0006r_20210823151701 0007_20210823151701

福井の丁稚羊羹は、水ようかんタイプだけど、こちらは、竹の皮に包まれたタイプ。
海のない近江では寒天が手に入りにくかったので、小麦粉をつなぎに使う蒸し羊羹タイプなんだとか。

0008

竹の皮、はがしちゃったけど、ホントは皮ごと切り分けるみたい。

もちもちした食感で、甘さ控えめ。

お盆とお正月の藪入りの時しか実家に帰れなかったという丁稚ちゃん達を思いながら、
おいしくいただきました。

おにやんま君

「世界初の殺虫剤も忌避剤も使用しない虫除けグッズ!」というおにやんま君。

0002r_20210818161501

虫を補食するオニヤンマは、アブや蜂にとっては天敵なので、
このおにやんま君を帽子や服に付けることで虫除け効果があるんだそう。

超人気商品のようでしたが、安全ピンタイプとストラップタイプの2種類をゲット。

0001r_202108181615010003r_20210818161501

夏休みのキャンプや釣りでの効果を楽しみにしていたんだけど、
緊急事態宣言やら天候不順やらで、キャンプにも釣りにも行けず…💧

Rimg0256

まあ、見た目がかわいい(というか、ほぼ実物大でかなりリアル)なので、
当面は飾りとして楽しむことにします。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おにやんま君 安全ピン取り付けタイプ
価格:990円(税込、送料別) (2021/8/18時点)


 

*-*-*-*

そうそう、「ちいさなかがくのとも」(福音館書店)2021年8月号も、オニヤンマのお話でした。

0005r_20210818163501

ちいさなかがくのとも|月刊誌のご案内|福音館書店

小さな子ども(3~5才)向けの絵本なので、
トンボがチョウを捕まえるシーンまでしか描かれてないけど、
「おりこみふろく」の作者のことば(保護者向けだと思われる)には、
オニヤンマがチョウを捕食するのを目撃したという、ちょっとゾッとする話も書かれてました。 

絵本とオニヤンマ君を並べてみたり(←深い意味は無い)。
0006r_20210818163501

今年は、本物のオニヤンマ君にも会えなそう💧

安心して旅に出られるようになるのはいつの日か……。

«ワクチン接種2回目

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ