« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

水無月に水無月を食す

鳴海餅本店の水無月(白と抹茶)

050630-s

5月末くらいから6月にかけて、京都の和菓子屋さんでよく見かける和菓子。
(大阪ではあまり見ない)
ういろう生地(関東の葛餅みたいな生地のものもあるらしい)に小豆が乗っているもので、三角形の形は氷を表し、小豆は厄払いの意味合いがあるそうです。

京都では、6月30日(「夏越祓(なごしのはらえ)の日」)=水無月を食べる日で、
「6月やし、水無月でも食べよか~」とか思うらしいのですが(京都弁は適当です(^^;)、関東ではそんな習慣がなかったので、柏餅みたいなノリで「水無月」が売られているのには、ちょっとびっくりでした。

お味は、つるっとした食感とすっきりした甘さで食べやすく、
確かに夏ばてに効きそうな感じ。
期間限定ってのも、なんだかありがたみがありますよね。

大阪弁マスターのための一冊

◆大阪ことば学(尾上圭介著 講談社文庫)

文法学者であり、日本笑い学会理事でもある尾上氏が、
大阪ことばとその中にある大阪文化について語った本。
今年の大阪府立高校の入試問題(国語)にも使われてました。

「かみます」や「指づめ注意」の貼り紙、「はよせんかいな」などの
具体的な言い回しを例に、大阪人のものの考え方や気質が語られているので、
サクッと読めておもしろく、「そうだったんだー」と目からウロコが落ちたりもする一冊。

アクセントや言い回しををまねするだけでは
大阪弁をマスターしたとは言えないのね(T_T)、と
気づかされた一冊でもありました。

そうそう、第7章では「ぼちぼち行こか」という言い回しについて書かれてるんだけど、「ぼちぼち行こか」=「ゆっくり行こうか」ではなく、「そろそろ始めようか」(「今までは黙ってやられてたけど、この辺でそろそろ本気を出そうか」ってな感じ)だったんですねー(@_@)。

今までずっと、「ゆっくり行こうか」の意味だと思って読んでいたこの絵本↓も、
「そろそろ本気をだそうか」だと全く印象が違いますよ(^^;。

◆ぼちぼちいこか
(マイク=セイラーさく ロバート=グロスマンえ いまえ よしともやく)

原語は「Take it easy」らしいけど。

京大でランチ&京都で甘味

◆La Tour ラ・トゥール
050616-2-s
京大の時計台記念館にあるフレンチレストラン。
一般の人もOKで、ランチコースは1575円~。
050616-3-s 050616-4-s 050616-5-s
写真は、前菜のサラダ、メインの肉料理(この日は牛肉と豚肉のビール煮)、デザート。
この他にパンと飲み物もついてるし、お店の雰囲気もいいし、
これで1575円はとてもオトクだと思います。
あ、前菜とメインは、2種類(スープorサラダ、肉or野菜)のうちの
1つを選ぶようになってるんですが、
どちらを選ぶかでボリュームが全然違ってくるので、要注意です(笑)。
大食漢の人は、サラダ+肉料理、小食の人はスープ+魚、
普通の人はサラダ+魚かスープ+肉を選ぶのがよろしいかと。
お昼時は、ランチ&ワインで優雅に過ごすミセスがいっぱいでしたよん。

caspi海のアボカドナッツアイスクリーム 290円
050616-1-s
銀閣寺そばにある無添加、無着色の手作りアイスクリーム屋さん。
アボカドのアイスは生クリームを使ってないのに、
濃厚なお味&ナッツの香ばしさでめちゃうま~。
お友達に分けてもらったかぼちゃアイスも、ほくほくした甘さが
かぼちゃそのものって感じでとてもおいしかったです。
アイス全種類制覇したいなあ。

祇園小石の黒糖パフェ 880円
050616-6-s
八坂神社近くにある、有名な京飴屋さん&甘味処。
黒糖パフェは、バニラ&抹茶アイス、あんこ、抹茶白玉、黒糖ゼリーが絶妙のハーモニー。
けっこうボリュームがあるけど、すっきりした甘さなので
ペロッといけちゃいます。
こんな和洋折衷の組み合わせで人気がある京都の老舗
・・・やっぱすごいですよ。

ドラッグストアのおねえさん?

050611-s
「二日酔いですか? でしたら、こちらの大竹胃散はいかがでしょう?
あんまり飲み過ぎちゃダメですよ。」
ってなイメージだったんですが、あんまりお店っぽくないですねー(>_<)。

小物は、リーメントの「ドラッグストア」など。
(組長さん、ありがとうございました~(^^))

映画「ドラッグストアガール」
【楽天でおかいもの】DVDドラックストア・ガール◆20%OFF!
食玩やお人形とは何の関係もないけど、
白衣姿の田中麗奈ちゃんがかわいかったので(*^_^*)。
見ると元気の出る映画でもあります。

串カツで一杯飲もか

050609-s
(これは撮影上の演出です。お酒は二十歳になってから(笑))

リーメント「郷土めぐり」で「大阪・串カツ」が出たので、
梅田地下街とかにある串カツ&立ち飲みのお店をイメージして撮ってみました。
(ああいうところで格好良く呑むのが憧れだけど、まだ入ったことはない)

一緒に入ってた「旅のしおり」には、
「串カツ、二度漬け、お断り。」って書いてあるけど、
ミニチュアの方は、ソースが小皿に入ってるし、飾り用の傘までついてるんで、
パッケージどおりに飾ると、二度漬け禁止の店より、も少し高級店の串カツって感じになります。

ジェニーが持ってる缶ビールは、
アサヒビール吹田工場のショップで買った携帯用ストラップ。
スーパードライの他、本生、本生ゴールドもあって、1個500円でした。
050609-2-s
アサヒビールも大阪発祥ですしね。

SPSジェニーさんは、私の中では23、4才のイメージなんで、
つい飲酒シーンを撮ってしまうのですが、設定では17才なんですよね。
ってことで、今回も但し書きをつけさせていただきました(^^;。

ファン!アサヒ
 (ビール工場案内や地域限定商品情報、おつまみレシピ、などなど)

プリンセスROOMと十三

050608-s

先日半額でゲットした
リーメント「こだわりルームコレクション」のプリンセスROOM(色違いVer.)。
(雑誌とゴミ箱(?)は北欧ROOM、化粧品の瓶はジェニーの小物)
1/12スケールのコンパクトドールを合わせてみたけど、
ちょっと違和感があるような・・・(服と髪型のせい?(^^;)。

ところで。
「こだわりルームコレクション」には、
「各ルームの住人DATAが記載されたプロフィールカード」ってのが付いてるんですが、プリンセスルームの住人は26才のイラストレーター、
間取りは10帖(実家の一室)、最寄り駅は十三(じゅうそう)@大阪、でした。

私の中では、十三とお姫様インテリアの部屋ってのは
かなりかけ離れたイメージなんだけど、
ホントはそうじゃないのでしょうか?
なんだかとても気になりますですよ。

ジュース?ゼリー?

JTひんやり夏みかんゼリー

050607-s
なつみかん&いよかん果粒入り飲むゼリー。
「たて方向に5回以上強くふって」から飲む、というのがポイント(^^;。

ゼリーと果粒が飲み口にひっかかって、ちょっと飲みづらいけど、
ふるふるなゼリーの甘さと、つぶつぶな果粒のほろ苦さのバランスは絶妙。
とてもおいしーです(^^)。
後口すっきりだし、ゼリーなのでおなかもちょっとふくれるし、
風邪や夏バテで食欲がない~、なんてときにも重宝しそうです。

欠点は、売ってる場所が少ないこと。
今は、連れが職場の自販機からちまちまと買ってきてるんだけど、
そろそろ、「通販で箱買い」の誘惑に負けそうです(^^;。

【楽天でおかいもの】JTひんやり夏みかんゼリー270g缶 24本入

細雪

050601-s 【楽天ブックス】細雪(上巻)改版

大阪船場の四姉妹の日々を描いた、谷崎潤一郎の小説。

格別の盛り上がりもなく淡々と進むおはなしですが、
「こいさん」「ごりょんさん」「~しやはった」などの船場ことばや、
阪神間の地名や店名、風習(?)がごろごろでてくるので、
関西初心者のための入門書としてもおすすめ。

巻末の注解には、
『昭和5年に運転を開始した超特急「燕」は、東京・大阪間を8時間で走っていた』とか、『阪急京都線の前身は新京阪鉄道の路線』とか、『渋谷は明治時代までは東京郊外(豊多摩群渋谷村)だったが、昭和7年に東京市に編入された』とかの「へぇ~」なネタもいっぱいです。

細雪 こちらは1983年に映画化されたもののDVD版。
女優陣やお着物が華やかです(って、まだ見てないんですが)。

(追記)映画見ました~。
吉永小百合さんの、キレイでおとなしいけど、
ちょっとずぶとい雪子ちゃん、よかったです。
古手川さんの妙子も イメージぴったりでした。

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ