« 大阪弁マスターのための一冊 | トップページ | カレーいろいろ »

水無月に水無月を食す

鳴海餅本店の水無月(白と抹茶)

050630-s

5月末くらいから6月にかけて、京都の和菓子屋さんでよく見かける和菓子。
(大阪ではあまり見ない)
ういろう生地(関東の葛餅みたいな生地のものもあるらしい)に小豆が乗っているもので、三角形の形は氷を表し、小豆は厄払いの意味合いがあるそうです。

京都では、6月30日(「夏越祓(なごしのはらえ)の日」)=水無月を食べる日で、
「6月やし、水無月でも食べよか~」とか思うらしいのですが(京都弁は適当です(^^;)、関東ではそんな習慣がなかったので、柏餅みたいなノリで「水無月」が売られているのには、ちょっとびっくりでした。

お味は、つるっとした食感とすっきりした甘さで食べやすく、
確かに夏ばてに効きそうな感じ。
期間限定ってのも、なんだかありがたみがありますよね。

« 大阪弁マスターのための一冊 | トップページ | カレーいろいろ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13724/4766329

この記事へのトラックバック一覧です: 水無月に水無月を食す:

« 大阪弁マスターのための一冊 | トップページ | カレーいろいろ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ