« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

オリーブ少女?

050729-1-s  050729-2-s

杏さんからタイムスリップグリコ思い出のマガジンの「Olive」をいただいたので、
表紙のモデルさんをまねっこして撮影してみました。
といっても、服は手持ちモノの寄せ集めなので、
かなりテイストが違っちゃってるような・・・(^^;。
(画像は、クリックすると大きいサイズで表示されます)
「思い出のマガジン」は、中身までちゃんと再現されてて、
実際に読んで楽しめるのも◎でした(字はめちゃめちゃ小さいけど)。

手前の小物は、サンリオ・ビンテージ・ミニ・コレクション 294円
キティちゃんのお弁当箱とか水筒ねらいだったんだけど、出たのはキキ☆ララ。
オリーブ少女とサンリオの組み合わせってどうよ?と思いつつ、
他に使い道が思いつかなかったので(^^;。
050729-3-s

浴衣で夕涼み

050728-s

梅雨も明けたし、こんなシチュエーションもいいかなあ、と。
(背景、もうちょっと考えればよかったなあ(>_<))

小物類は、
椅子、傘=100円ショップ、
リカがかぶってるお面=鈴木松風堂、
葛菓子=リーメント「和☆sweets」
べっこうあめ、ポップコーン=ユージン「続・縁日の誘惑」
下駄、うちわ=タカラのジェニー用小物
です。
(ままにゃんさん、情報ありがとうございました~)

生パイ@仙台

ロワイヤルテラッセの生パイ 1コ105円
050726-s
「萩の月」で有名な菓匠三全の洋菓子部門(?)が作っているお菓子。
舟形のパイ生地に、たっぷりの生クリーム&カスタードクリームが入っていて、
その上にはパイ生地のクランチとパウダーシュガーがかかってます。

サクッ&サラッとしたパイ生地と、軽い口当たりのクリームの組み合わせが
後をひくおいしさで、大大大好きなんですが、
崩れやすいからか、地方発送はNGみたいだし、
持ち歩きできるのも2時間まで(別売の保冷袋に入れてもらっても5時間まで)。
大阪で食べるには、かなりハードルが高いお菓子であります(T_T)

ジェニーサマーフェスタ2005

7/16~24 ジョーシンスーパーキッズランド日本橋店(大阪)で開催
ということだったので、ちらっと見に行ってきました。

050722-s

歴代のジェニーさんとか、コラボや限定のコなんかが展示されてて、
けっこう見応えがありましたが、お客さんはかなり少なめ。
(平日の午前中だったから?)
限定商品のオリジナルマリーンも福袋も、まだいっぱい残ってましたよ。

東京会場は、8/10~14 池袋西武7階大催事場だそうですので
(こっちにはリカちゃんもいるっぽい)、興味のある方はぜひ~。

京都でひんやり甘味

みつばちの豆かん(450円)と抹茶クリームあんみつ(500円)
mitsubachi-1-s mitsubachi-2-s mitsubachi-3-s
河原町今出川にあるあんみつ屋さん。
豆かんがあまり得意じゃなかった私に、
豆かんのおいしさを気づかせてくれたお店です(^^;。
寒天も豆も餡も黒みつもホント~においしいんですよー。
テイクアウトもできるけど、私はお店でいただく方が好き。
(持ち歩くと寒天の味が落ちるような気がするので・・・)

古の花(このはな)の もも氷 600円
konohana-1-s momo-1r-s
北野天満宮近くにある食事処。
もも氷は、ももの果肉で作ったシロップがかかったかき氷で、
期間限定のかき氷の中でも、更に期間限定の一品、だそうです。
(桃が甘い時期にしか作らないらしい)

フレッシュな桃の風味と、ふわっふわの氷の組み合わせがめちゃウマ~♪
ちょっと溶けかけたところも、「すきとおった味」って感じでおいしいです。

果肉シロップのかき氷は、他にイチゴ、バナナミルク、キウイなんてのもありました。夏の間にまた行かなくてはっ。

ボンボンベッド

昨日、お友達と話してて、「???」になった単語。

話してるうちに、ビニールが巻かれてる折りたたみ式の簡易ベッドの事とわかったけど、うちでは「サマーベッド」と呼んでて、「ボンボンベッド」という呼び方を聞いたのは初めてだったんすよ。
でも、今朝入ってたホームセンターの折り込みチラシには「ボンボンベッド」と書かれてるし(@_@)。

050713-s

これって、関西特有の言い方? それとも私が知らなかっただけ?
でもって何故にボンボン?
「うちではこう呼んでるよ」とか「真相はこうなのよ」というコメント、お待ちしてます(笑)。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

(2014.3月追記)
ボンボンベッドを開発・製造された岡部長之助氏の曽孫さんから、
販売店や正式名称などについての情報をいただきました。
詳しくは、コメント欄を参照下さい~。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

お豆腐ふるふる

暑い時には手軽に食べられて栄養豊富なお豆腐ですよ。
ってことで、お気に入りふたつ。

華吉野の「半熟とろけるとうふ」 1個100円ちょっと
050712-1-s 050712-2-s
プリンのような形もかわいい、ふるふるやわらかなお豆腐。
するっとしたのどごし、お値段お手頃な小さめサイズ&再仕込み醤油のたれ付きなので、暑くて食欲がない(もしくはおかずを作るのが面倒)な時に重宝してます(^^;。
さっぱりいきたいときは普通の、濃い味が食べたい時は、枝豆風味やゆず味噌、
変化を求める時は松茸風味、など、味にバリエーションがあるのもgood。
ゆず風味のにシロップをかけて、デザートとして食べるのもおいしいです
(って、めったにやらないけど(^^;)。

◆薫製豆腐 ローリングストーン 4本入り1050円
050712-3-s 050712-4-s
福岡空港、羽田空港のブルースカイで売ってるおみやげで、
作ってるのは福岡・八女市にあるお豆腐やさん「豆藤」
豆腐のあっさりさと、薫製の香ばしさが不思議な味わいで、
お酒といっしょにちびちび食べるのにぴったりです。
私は「深燻」と「ゆず」がお気に入り。

ちょっといっぷく

キリン茶来(さらい)
050707-1-s
『日本最古といわれる茶園がある、栂尾山高山寺(とがのおさんこうざんじ)の味に習ったお茶』で、パッケージに描かれているうさぎさんは、高山寺所有の国宝「鳥獣人物戯画」からのもの、だそうです。

パッケージに魅かれて買ったお茶だったけど、お味の方もけっこう好み。
苦味があって、あと口すっきりなので、暑い時に飲むのによさそうです。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * *
鳥獣戯画&お茶といえば
京都二条の伊藤柳櫻園茶舗(いとうりゅうおうえんちゃほ)も。
「かりがねほうじ茶」の缶には、鳥獣戯画の絵が描かれてます(^^)。
050707-2-s 050507-3-s
(写真は「光悦」100g缶 1050円)
缶がかわいいだけじゃなく、お茶自体もとてもおいしいので、
京都みやげとしてもおすすめですよん。

おすすめ北海道みやげ

また買いたいな、と思ったもの3つ。

◆南製菓のじゃがいも甘納豆 210円
050706-1-s 050706-2-s
函館空港の売店で、
【原材料名 じゃがいも(北海道産)・砂糖】
というシンプルさに惹かれて購入。
食べる前は、甘いじゃがいもってどうよ?と思ったけど、
しゃきっとした歯ごたえ&すっきりした甘さ、食べ応えもあって、なかなか美味。
小腹が空いた時のおやつにもぴったりです。

◆函館エアポート商事の北の大草原 315円
050706-3r-s
北海道産のとうもろこしを38℃で低温乾燥したもの。
『ビールのお友に!』のコトバに惹かれて購入しました(^^;。
(こちらも函館空港売店にて)
カップスープやカップ麺に入ってるコーンをそのまま食べてる?
って感じなんだけど、
とうもろこしの自然な甘さとポリポリした食感は、けっこうクセになりますよん。

スナッフルスチーズオムレット蒸焼きショコラ 1個126円
050706-4-s
スナッフルスは函館にあるケーキ屋さん(ペシェ・ミニョンの姉妹店)。
チーズオムレットは一口サイズのチーズケーキで、
「航空会社のCAさんにも大人気」だそうです
(函館空港の売店でも買えます)。

似たようなチーズケーキはよく見かけるけど、
スナッフルスのは、とろとろほわほわさと、チーズ味の濃さが違う~。
蒸焼きショコラも、まるで生チョコを食べてるようなおいしさです。
通販もできるけど、日持ちしない(要冷蔵。賞味期限は2~3日)ってのが欠点、かな。

【楽天市場でお買い物♪スナッフルスのチーズオムレット】

大阪弁マスターのための一冊(実践編)?

バーバーハーバー 小池田マヤ 講談社

理容店のマスター皆人(みなと)と東京のOL東子(とうこ)の
ほのぼの遠距離ラブコメディ。
初出は講談社「モーニング」(連載は先月終了)で、
単行本は現在1~6巻まで出てます(画像は5巻)。

舞台の理容店が千里@大阪・吹田市にあるという設定なので、
太陽の塔とか南千里公園とかカーニバルプラザとかイズミヤとかの
ローカルなネタ満載。
セリフはほとんどが関西弁なので、
読んだ後しばらくは頭の中が関西弁モードに。
北摂の方々の会話のリズム(ぼけつっこみ)もつかめて、
とても勉強になります(笑)。
あ、キャラやストーリーもとても魅力的なので、
関西弁や千里を知らなくても楽しめますよん。

ところで。このマンガの中でマスター達が言う
「できんくて」「行けんくて」(=できなくて。行けなくて)や
「しやな」=(しなければ)
って、千里独特の言い方なのでしょうか?(千里以外では聞いたことがない)
千里じゃないけどそういう風に言うよーという方がいらしたら、
コメントお願いします~(^^;。

カレーいろいろ

暑い日に辛~いカレー、夏ばて防止にももってこいですよね。
でもスパイスを使ってイチから作るのはめんどくさい。
ってことで、お気に入りのレトルトカレー&カレールーです(^^;。

ピッコロのレトルトビーフカレー 580円
050701-2-s
大阪では有名なカレー屋さん。
ホワイティ梅田店は、初めて入る時はちょっと勇気が要るかも(^^;。
お店で食べる方が断然おいしいけど、レトルトもかなりいいセンいってます。
どっしりこってりどろりの欧風タイプなので、胃が弱ってる時にはやめた方がいいかもですが(^^;。

新宿中村屋のレトルトインドカリー 315円
050701-3-s
さらっとしたインド風カレー。スーパーでも買えるお手軽さが◎
ベジタブルは、豆や野菜がいっぱい入っていてヘルシーな感じがお気に入り。
びしっとしたい時はチキン系(スパイシー、マイルド)を。

◆新宿中村屋のインドカリーソース 350円
060701-s
玉ねぎ、ジャガイモ、肉を炒めて煮込んだところにレトルトタイプのソースを入れ、
別添の特製スパイスを加えたらできあがり、という「カレー用調理ソース」。
1箱で2~3人分です。
お味は、レトルトのマイルドチキンに似てるかな。
いわゆる「おうちカレー」(市販のルーで作ったカレー)は食べない同居人も、
これならOKというので、愛用してます。
さらっとしたタイプなので、食べた後、鍋やお皿を洗うのがラク、というのも愛用の理由だったり(^^;。
鶏肉、じゃがいもは、表記の分量の倍くらい入れるのが好き。

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ