« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

ベルギーワッフル

マネケンのベルギーワッフル 1個126円~

060227-2-s

味わいある生地に、ガリッとしたパールシュガーがアクセントの
シンプルなおいしさ。
普段買うのは1、2個ずつなんだけど、
今回は、折り込みチラシに20周年記念の割引クーポン券が入っていたので、
初めての箱買いです(笑)。
(クーポンはマネケンのHPからも入手可。
新大阪店でのみ有効で3/31まで)

マネケン((株)ローゼン)の本社は、吹田市@大阪。
私が大阪に来た頃は、本社のそばにマネケンカフェなんてのもあったんだけど、
行こう行こうと思ってるうちに、別のお店になってしまいました(T_T)。

焼きたてワッフルの方も、新宿や渋谷などあちこちにお店があると思ってたのに、
いつの間にか近畿圏が中心に。
近畿以外のお店は、銀座@東京と、JR熊本駅にしかないので、
大阪みやげに焼きたてワッフルってのもありかもしれません。
持ち帰り用の黒い箱も、なかなかかっこいいですよ。

滋賀ラーメン

来来亭のラーメン600円

060227-s

滋賀県野洲市に本社があるラーメンチェーン。
鶏ガラスープ&背脂のスープは、
あっさりとこってりのバランスがよくて、
ちょくちょく食べても飽きないおいしさです。

麺の固さ、醤油の濃さ、背脂、一味、ネギの量、
チャーシューの種類は調節可。
私は、麺固め、背脂とネギ多めで注文することが多いかな。

飲茶メニューも揃ってるし、お座敷もあって、
なんとなくゆっくりできる雰囲気なのもgood。
定食類(ex.アジフライ定食=ラーメン、ごはん、アジフライ、漬け物で850円)も
おトクでおいしそうだなあ、と思うけど、
量が多そうでチャレンジできずにいます(^^;。

オッサンとオカン

兵庫のUHF局サンテレビのキャラが、「おっ!サン」という
ひげ&メガネでぼやくオッサンの太陽になって、ひょえ~と思ってたら、
関西テレビ(カンテレ)のキャラ、ハチエモンも、スポットCMで
「あんた、ご飯食べて帰ってくる言うてたやんか!電話ぐらいできひんの?」と
ぶつぶつ言うオカン(関西弁で母親の事ね(^^;)に変身して、
「オカンテーレ♪」と・・・。

おっちゃんとかおばちゃんとか、流行ってるんですかねぇ?

おっ!サンテレビ
 「おっ!サンテレビ」のCM集や、「おっ!サン」日記など。
 疲れてるときに見ると、癒される、かも?(笑)。
関西テレビ ハチアイル
 ハチエモンの誕生秘話、壁紙ダウンロードなど。CMは見られません(^^;。

チロルチョコ

10円で買えるちいさなシアワセ♪チロルチョコ。

060217-1-s

・・・って、実はコレ、マスコット付き鉛筆キャップ(のマスコット部分)です。
製造・販売は(株)サカモト。お値段は3本セットで262円でした。

060217-2-s
060217-3-s 060217-4-s

大きさは本物の1/3くらい?なので、
1/6ドールと合わせるにはちょっと大きめだけど、
もともと小さいものが、更に小さくなってるってだけで、
もう萌え萌えです(笑)。

060217-5-s
マスコットと10円チロルチョコ(駄菓子屋仕様)と
20円チロルチョコ(スーパー・コンビニ仕様)。
右端の新商品「ミックスベリー味」は、
ブルーベリーソースのジューシーさが◎でした(^^)。

(株)サカモト
思わず買いたくなるような、おもしろかわいい商品がいっぱい。
チロルチョコTシャツ、かっこいいです。

チロルチョコ株式会社
 「チロルのひみつ」のページには、へぇ~(@_@)がいっぱいです。

※週刊アスキー2/21号に載っている
 「カオスだもんね!(第517回)」はチロルチョコネタ。
 「チロルのひみつ」以外のへぇ~(@_@)もいくつかあったので、
 興味がある方は図書館などで読んでみるのもよろしいかと思います。

炭酸ボンベ

060216-2-s
2/7にサントリーから発売された、ガラナドリンク。
お味は、シナモン入りのイチゴ水みたいと言うか、
浅田飴ニッキみたいというか・・・(^^;。
ずっと前に紹介したキリンガラナやコアップガラナとくらべると、
ちょっと甘さが気になるし、
サボリストのお気に入りさんも、味についてはキビシイ(?)意見を書かれてますが
道外で手軽に買えるガラナ飲料ってのは貴重なので、
がんばって長生きしてほしいです。

ユニークなボトルデザインは、お人形撮影にも最適!(笑)。
060216-1-s
サバイバル系か、寅壱にあるような服でガテン系の写真を、と思ってたのに、
なんとも中途半端な写真になっちゃいましたけども(>_<)。
服やリュックはタカラ製。
ヘルメットとランチジャーは、リーメントの「みんなのおひるごはん」です。

サントリー 炭酸ボンベ商品ページ  
 「バクハツアート展」でダウンロードできる壁紙がかなりカッコイイです。
 アート展の開催場所が東京ばかりなのが悲しいっすよ・・・(T_T)。
リーメント「みんなのおひるごはん」

バレンタインデー♪

060214-s
いろんなチョコがあるんですねぇ(@_@)。
販売元は(有)マルケイUK@大阪府豊中市。

健康百科

060214-1-s
どんぶらこっこさんからいただいたミニ本。
「富田林の本屋さんでもらった」そうで、初版は1983年、発行は(株)トーレン。
ぐぐってみたけど、ほとんどヒットなしだったので、一般売りはしてなさそうです。

060214-2-s 060214-3-s
大きさはグリコ絵本と同じくらいなので、
ジェニーと合わせると、ちょっと(かなり?)大きめの辞典って感じ。
中はちゃんとした健康百科で、
からだのしくみや応急手当、家庭看護の仕方などなど、
かなり詳しく載ってました。

今回はメガネっ娘でごまかしちっゃたけど、
「健康百科」とジェニーがうまく活用できるシチュエーションって、
どんなのがあるかしらん???

金魚

060211-1-s
お友達が招待券とともに誘ってくれたので、
国立国際美術館@大阪で開催されているプーシキン美術館展へ。
教科書や画集、絵ハガキなどで見たことがある絵がいっぱいあったけど、
ホンモノって、色に透明感があったりして、印刷物とは全然違うんですね(@_@)。
本や映像も便利だけど、実物を見ることも大切なんだな、と思いましたよ。
060211-2-s
40年ぶりに日本に来たという、マティスの「金魚」は、
子どもが描いたような素朴さと勢いで、めちゃかわいかったです。
(上の写真は、ミュージアムショップで買ったしおり(160円)の一部分(^^;)。

プーシキン美術館のプーシキンってのは、ロシアの文豪の名前。
地名だとばかり思ってたので、「金の魚」の作者と知って、びっくりでした。
(民話だと思ってたので、作者名を気にかけたことがなかった(^^;)

『漁師のおじいさんに命を助けてもらった金の魚は、
お礼に願いを叶えてやると約束するが、
欲張りなおかみさんは、次々に無理なお願いをして・・・』という
シンプルだけど奥が深~いお話。

大阪弁&大阪マスターのための一冊

◆大阪弁の秘密 わかぎゑふ 集英社文庫

どんぶらこっこさんがTBで紹介して下さっていた本。
連載時の「一日一語ネイティブに学ぶ大阪弁」タイトル通り、
大阪弁の単語や言い回しが、簡潔かつおもしろおかしく説明されていて、
読んでると、仲良しの大阪人に大阪弁のレクチャーを受けてるような気分に。

「儲かりまっか」の問いかけには、
「ぼちぼちでんな」ではなく、「あきまへんわ」と答えないと品格を疑われる、とか
女性の一人称「うち」は、大阪と京都では発音が違うとかの新たな発見もいっぱい。

「バーバーハーバー」でギモンだった
「できんくて」とか「いけんくて」という言い方の謎も解明しましたよ(^O^)。
(標準語と大阪弁が混じってしまってる言い方で、
最近の若い(30歳くらいまで)子が使う言葉なんですって(@_@))。

わかぎ氏の本では、
えべっさんや阪神タイガース、吉本新喜劇、宝塚歌劇などなど、
大阪人にとっての神様について書かれた
◆大阪の神々 集英社文庫

も、おもしろかったです。
「大阪人の心のふるさと」みたいのがわかるので、
取引先に大阪人がいるんだけど・・・(・_・)
なんて方にもおすすめです、たぶん。

京番茶

一保堂茶舗のいり番茶 200g368円

060207-1-s 060207-2-s
最初に買った時は、落ち葉のような見かけと、強烈な香りにびっくりしたお茶。
(ちょっと置いとくだけで、家中に「誰か煙草吸った?」「近所で焚き火してる?」って感じの香りが広がる(^^;)。
お味の方も独特で、さっぱりしてるような油っぽいような。

京都では、普段使いのお茶として親しまれていて、
「赤ちゃんや病気の方に良いと伝えられている」そうですが、
赤ちゃんの頃から、こんな独特の味のお茶を飲んでるなんて、
さすが京都人(@_@)と思ったりもしましたよ(笑)。

お値段お手頃で、淹れ方もカンタン、カフェインも少ないので、
たっぷり作ってがぶがぶ飲むのに最適なお茶。
煙いのが苦手じゃなければ、京都みやげに買ってみるのもいいかも(^^;。

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ