« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

京都で歌舞伎

0604251s  0604252s

京都南座の「第14回歌舞伎鑑賞教室」に行ってきました~。
チケットは2000円(全席自由席)と破格のお値段(@_@)。
ナマの歌舞伎を見てみたいなあ、と思いつつ、
敷居が高そうで躊躇してたので、こういう催しはとてもありがたいです(^^;。

公演は、落語家の桂九雀さんによる歌舞伎解説と、
上村吉弥さんの歌舞伎舞踏「鷺娘」、の二部構成。

解説は、面白くてわかりやすいし、
普段の公演では見られないモノが見られるおトク感もあり(^^)。
「鷺娘」は、幕が開いた瞬間から、どこか遠いところへ連れて行かれたような感じ
とでも言いましょうか。
ラストシーンなんてゾクゾクするような美しさでした。
(「唄」を聴き取る力がないので、こんな感想しか言えない・・・(>_<))

歌舞伎について、もっと詳しく知りたくなりましたよ。
(公演にはそうそう行けないだろうけど)

松竹HP
 (劇場や公演の案内など)

甘くてしょっぱくて

ついつい手が伸びてしまうお菓子みっつ。

ロッテ あおのトッポ〈うま塩バニラ〉
0604241s
塩味のプレッチェルにホワイトチョコ入り。
ホワイトチョコはあんまり好きじゃない私ですが、
このあおのトッポは、塩のおかげか、バニラ風味のせいか、
とてもおいしく食べられました。
チョコと塩って、けっこう合うんですねー。

SNYDER’S ハニーマスタードオニオン
0604242s
お花見に行く前に寄ったトイザらスで、何気なく買ってからというもの、
すっかりトリコになってしまったお菓子(笑)。
ザクザクっとした食感のプレッチェルに、ハチミツとマスタードの甘辛酸っぱい味付けが絶妙です。
ビールのお供にもオススメ。

岩塚製菓 きなこ餅
0604243s
さくっと軽いおせんべいに、きな粉と和三盆糖がふりかけられたもの。
たっぷりまぶされたきなこは、きめ細かく、ほのかにシナモンの風味。
「にほんの味」のコトバ通り、どこかなつかしさを感じるおいしさです。

京都でごはん

関東から遊びに来たお友達と一緒に、
京都駅~清水寺~四条河原町~錦市場へ。
清水寺の桜、キレイでした~。
0604195s

京豆富不二乃のドライカレー膳 1575円
(写真の他に、オリゴ糖入り豆乳と豆腐のデザート付き)
0604191s
ジェイアール京都伊勢丹の11階。
北野天神の近くにあるお豆腐屋さん藤野がやっている、お豆腐料理屋さん。
お値段がランチで1575円~とちょっと高めで、量もちと少なめだけど、
JR京都駅付近で、手軽に京都っぽいお豆腐料理が食べたい~
って時に便利です(東京にもお店はあるらしいが)。
行列必至なので、行くなら時間をちょっとずらすのがオススメ。

いちせんの最中コロッケ 150円
0604193s 0604194s_1
二寧坂にあるお料理屋さん「いちせん」の店頭で売ってるコロッケ。
湯葉のおからで作ったコロッケをモナカの皮で挟んだものだそうです。
味はそんなに期待せずに買ったんだけど、
しっとりしたコロッケ&ソースと、最中のパリッとした香ばしさがよく合っていて、
とてもおいしかったです。
一緒に京都の地ビール「No.1497」が飲めるのも高ポイント(笑)。

文の助茶屋 わらび餅&きなこアイスのセット 580円
0604192s
明治の末に落語家の二代目桂文之助が開業したという甘味処で、
本店は八坂の塔の近く。
ふるふるのわらび餅は、きなこたっぷりで、ほんのりニッキの風味。
なめらかな食感でおいしいです。
きなこアイスは、「おおっ、ホントにきなこのアイスだぁ」ってお味でしたよ。
(って、コレじゃ説明になってないか(^^;)。

まりも××××

◆スーパーまりもっこり
0604181s
北海道みやげ。
(Nさん、ありがとうぅぅ)

北海道のラジオ番組発(?)のキャラクターで、
フィギュアスケートの安藤美姫選手も携帯に付けてるという、
大人気のお土産なんだそうです。

表情はカワイイと思うけど、
こんなキャラを携帯ストラップにして恥ずかしくないのか?(@_@)
と思うワタシは、頭が古いのでしょうか??(^^;

まりもだけでなく、じゃがいもバージョンもあるみたい・・・。
楽天でお買い物♪『スーパーじゃがいもっこり』根付け(...

塩とチョコレート

◆セル ド ゲランド アロマティゼ ハーブ
(ゲランドの塩 ハーブ入り)
0604031s_2
フランスみやげ。
フランスゲランド地方の古式製法で作られた自然海塩に
タイムやバジルなどのオーガニックハーブがブレンドされたもの。
まろやかな塩味と、自然なハーブの風味で、お肉やサラダがカンタンにおいしくなるので、今ではイチバンのお気に入り調味塩です。

なくなったら、また誰かにフランスに行ってもらわなきゃ、と思ってたら、
日本でも買えるみたいで一安心(笑)。
塩だけのものや海藻入りのものなんかもあるそうです。

で。
そのゲランドの塩を隠し味に使ったというチョコレートがコレ↓
◆不二家 ショコラNYプラチナキャッツ 189円
0604032s 0604033s
猫の舌がモチーフという形と、青いマーブル模様もユニーク
(猫舌形のチョコはデメルにもあるけど)。
塩味は、ほのかに感じる程度だけど(言われなければ気づかないかも?)、
そのほんのりしたしょっぱさが、ミルクチョコレートのこっくりした味を引き立てているって感じで、おいしかったです(^O^)。
ミルク味が濃いのに、後味がべたべたしてないのもgood。

地域によって発売日が違うので、詳しくは不二家のサイトへ~。

発見。文庫ポーチ

角川文庫のキャンペーンでもらった文庫ポーチ。
060402s
アランジアロンゾのイラストがかわいいし、
ふかふかでクッション性があるのも(・∀・)イイッ!

文庫本って、バッグに入れて持ち歩くと、
ページの端が折れたり、ヨレヨレになったりして、
しょぼ~ん(>_<)ってことが多かったので、
「ポーチに入れて持ち歩けば、そんな悩みは解決だよ」
と気づかせてくれた角川文庫さんには、
大きな声でありがとうと言いたいです(ちょっと大げさ?)。

【今回のキャンペーン応募のために買った2冊】
◆主婦は踊る 青木るえか

お気楽(?)主婦、青木るえか氏の生活エッセイ。
さくっと読めて、ぐふっと笑えます。
飛鳥坐神社(あすかにますじんじゃ@奈良)で結婚式を挙げたり、
OSK(大阪松竹歌劇団)のおっかけしたり、と関西ネタもちらほら。

◆見仏記4 親孝行編 みうらじゅん いとうせいこう

仏像好きコンビの寺&仏像見物記のシリーズ4冊目。
湖東(滋賀)や若狭小浜など、
あまり知られてない仏像も紹介されてるのがマニアック(?)。
「親見仏」には、ホロっときました。

 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
Web KADOKAWA 
 「発見。文庫ポーチ」のキャンペーンは、すでに終了してるけど、
 文庫のキャンペーン情報は、「発見。角川文庫」のページでチェック!ですよ。

新潮文庫
 応募したら必ずもらえる「Yonda?CULB」には、魅力的な賞品がいっぱい。

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ