« 白い北海道 | トップページ | 発見。ブックカバー »

かもすぞ

◆もやしもん 石川雅之 講談社イブニングKC
 楽天でお買い物♪もやしもん(2) 楽天でお買い物♪もやしもん(3)
毎日新聞7/25夕刊「マンガの居場所(瓜生吉則)」で紹介されていて、
おもしろそうだったので読んでみました。
東京の某農大を舞台にした、「菌」が見える主人公とその友人、
先輩、教授、菌たちのお話(たぶん)。

「菌」というと、普段は意識しないorキタナイっていうイメージの方が大きいけど、
このマンガで主人公が見る「菌たち」は、スライムみたいな外見で、とても愛らしく、
まるで「動物のお医者さん(佐々木倫子 白泉社)」のチョビやヒヨちゃん、
スナネズミのようなポジション。
酒やヨーグルトを醸す様子はもちろん、カビや水虫、大腸菌が増殖する様子でさえも、
カワイイっと思えてしまいます(^^;。

普段の生活でも、発酵食品を多く取るようになったり、菌の存在を意識するようになったり。
「マンガの居場所」に書かれてた通り、「身の周りを見る目が変わる」マンガでこざいました。

 ◆◆◆

で、「かもし」つながりでの、私のお気に入りふたつ(強引)。

石井味噌の三年味噌 1kg1260円
0608082s
松本@長野県にある味噌屋さん。
知ったきっかけは、旅行会社のバスツアー。
(コースの中に「味噌蔵見学と味噌汁の試飲」ってのがあった)
行くまでは、「ツアー客が立ち寄る味噌屋なんて(-_-;)」と思ってたんだけど、
試食したらコクがあって(゚Д゚)ウマーだったので、それ以来、お取り寄せしてます。
(と言っても、うちは3kg買ったら1年持つので(京都の白味噌とかも使ってるし)、
年に一度しか注文しないんだけど(^^;)

小松屋の味噌かりんとう250円と甘酒420円
060808s
姫路にある味噌&甘酒屋さん(真弓ちゃん、送ってくれてありがとー)。
甘酒は、米麹を使って発酵させていて、砂糖や甘味料は無添加。
自然の甘さで、さらっとした口当たりなので、暑いときに冷やして飲むのもウマーです。
味噌かりんとうは、さくかりっとした生地に、味噌のコクと甘さがよく合っていて、
あとを引くおいしさ。
お友達によると「甘酒ケーキもオススメ!」だそうですよ。

« 白い北海道 | トップページ | 発見。ブックカバー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13724/11337202

この記事へのトラックバック一覧です: かもすぞ:

« 白い北海道 | トップページ | 発見。ブックカバー »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ