« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

江坂で塩スイーツ

マリオジェラテリアのピンクソルト、ブルーソルトのジェラート。

江坂東急ビル(東急インとハンズがあるビル)の1Fにあるイタリアンジェラート屋さん。
塩を使ったジェラートがあるというので、行ってみました。
S07082801
ジェラートは、SSサイズ(フレーバー1種類)が220円、
Sサイズ(フレーバー2種類)が350円でした。
青いのが、シチリア島の天然海塩を使用したブルーソルト、
赤いのが、アンデス山脈の岩塩を使ったピンクソルト。
一口に「塩」といっても、風味は全然違っていて、
ブルーソルトはすっきり、ピンクソルトはまったり、って感じ。
私は、ブルーソルトの方が好みでした
(ピンクソルトは食べてるうちに飽きがくる感じ。体調の問題か?)。
ジェラートは他にもいろんな種類があるので、
組み合わせによって新しい発見があるかも?
お買い物ついでに寄りたいけど、食べる場所が通路のようで、
ちょっと落ち着かないのが欠点、かな。

GOKOKU(五穀)
北摂純生ロール(ハーフ550円)と宮古島産雪塩のクレープロール(ハーフ600円)
S07082802 S07082803
江坂駅から歩いて5~6分のところにあるロールケーキの工場&直売所。
こだわりの安心素材を使ったケーキがウリのようです。
米粉などを使っている生地は、しっとりもちもちたまご味。
クリームは甘さ控えめで、ソフトクリームのような軽い食感。
北摂純生ロールもおいしかったけど、
塩味クレープが巻かれている「雪塩のクレープロール」の方が
味のピントがはっきりする感じがして好きかな。
もちもちっとした塩味のクレープ、クセになりそうです
(クレープだけ食べたいくらい(^^;)。

♪パルナス、パルナス、モスクワの味~♪

8/22の朝日新聞夕刊(関西版?)にこんな記事が。
「パルナスの歌」がCDに収録、初めて発売へ (asahi.com)

えっと、「パルナスの歌」っていうのは、
関西地区でチェーン展開していた洋菓子会社のCMソング。
(パルナス製菓は2000年に営業終了(T_T))
中村メイコとボニージャックスが歌う、ちょっともの悲しいメロディーで、
関西の人(30代以上?)にとっては「忘れられないCMソング」なんだそうです。

関東人の私はそんなCMなど見たこともなく、
大阪に来てから、職場の人の話で初めて知ったんですが、
確かに、ちょっと歌ってもらっただけでも、とても印象に残るメロディーでした。
しかし、新聞記事にまでなっちゃうなんて、ホントにファンの多いCMだったんですねぇ。

見たことないけど気になる~、って人は、こちら↓へ。
YouTube パルナスのCM映像
パルナス非公式ホームページ (「パルナスの歌」完全版が聴けます)

「パルナスの歌」収録のCDはコレ↓

♪楽天でお買い物♪《送料無料》(オムニバス) 心と耳にのこるCMのうた(CD)

 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

関西のCMといえば、マヒナスターズが歌う
樋屋奇応丸(ひや・きおうがん)のCMソングも、
マイナーな曲調で、なかなかのインパクト。

樋屋奇応丸ホームページ
 (「CMソング集」のところで聴けます)

あ、「樋屋奇応丸」ってのは、赤ちゃんのかんの虫や夜泣きに効くお薬。
東日本は「宇津救命丸」、西日本は「樋屋奇応丸」という
棲み分け(?)になってるなんて、大阪に来るまで知りませんでしたよよよ(@_@)。

飛騨高山のお気に入り②

「飛騨高山のお気に入り①(06/10/15)」はコチラ

牧成舎の奥飛騨厳選3.8牛乳 200ml 71円
S0708201
バロー高山店で購入。
ほんのり甘くて、ミルク風味たっぷり。
牧場で飲む絞りたて牛乳のようで、とてもおいしいです。
低温殺菌牛乳(65℃30分間)なのに、
大手メーカーの普通の牛乳より安いってのも魅力的(^^)。

S0708202 S0708203
こちらは、飛騨古川にある牧成舎のショップ(ファームエンジェル古川)のアイス最中(260円)。
大きくて、固いので、手でやわらかくしつつ食べるのがおすすめなんだとか。
暑い中の街歩きにはピッタリでした。

◆保谷(ホタニ)七味商店の七味唐からし 298円
S0708204
バロー高山店で購入。
やわらかい辛さ&青のりとゴマの風味で、
辛さより風味をプラスするふりかけのような感じ。
家では、京都の山椒系の七味を使ってるので、
料理や気分によって使い分けようかな、と。

山城工芸 イチイのバターナイフ 270円
S0708206
宮川朝市で購入。
木目がキレイで、手触りもよく、軽くて使いやすいです。

TRAIN BLUEのパンいろいろ
(写真のは桃のデニッシュ&生ブルーベリーのデニッシュ各320円)
S0708205 S0708206_2
高山郊外にあるパン屋さん。
高山方面に行くときは必ず買いに寄ります。
種類がいっぱいあって、どれもとてもおいしいのですが、
はずせないのは、Tバゲットとクロワッサンオザマンドと大納言とシュタンゲンベーコン。
写真のデニッシュは季節限定品で、
パリッとした生地にフレッシュなフルーツがよくあっていて美味でした。
パン一個からでも予約できるので、行く前に予約するのがおすすめです。

4ま~い、5ま~い、6ま~い

いや、皿屋敷の舞台が番町か播州かの話ではなく。

以前、ホットサンド&食パンのハナシで書いた
市販の食パンの枚数問題。

うらべっちさんのAlternative Noteの昨日の記事にこんなの↓がありました。
Alternative Note 食パンは5枚切り
うらべっちさんは、北海道のかたのようですが、
普通に5枚切りを買っていらっしゃる様子。

記事内でリンクされてた
@nifty:デイリーポータルZ 関西の食パンは5枚切りなの?
も読んでみたけど、
「埼玉でも5枚切りは普通にパン屋さんに売ってる」と書いてある。
えええっ?(@_@)。

もしかして、5年も大阪にいるうちに、
全国のパンの厚みのスタンダードが変わってて、
浦島太郎状態なんでしょうか、ワタシ?(^^;

S0708091_2S0708092_2S0708093_2
ご近所さんのスーパーのチラシ。
安売りで、最後まで売れ残ってるのは6枚切り。
8枚切りや12枚切りをほとんど見かけないのも相変わらずです。

(追記)
9/3の朝日新聞「疑問解決モンジロー」にも、
「東西で食パンの厚み違うの?」の記事あり。
5関西以外の地域でも5枚切りを見かけるようになったのは、
消費を広げるための販売戦略でもあるみたいですね。

テツ

「もしかして、自分って・・・?」と思う今日この頃(^^;。

◆『電クラ』 杉ちゃん&鉄平 2500円

ヴァイオリンとピアノのデュオによる、クラシック&鉄道音のコラボ音楽アルバム。
「G線上のアリア+山手線の発車メロディー」とか、
「VVVFの音+ハノン風のピアノ練習曲」とか、
「バッハのヴァイオリンソナタ+踏切音」などなど、鉄道風味なクラシック満載です。
(発車メロディーやVVVF音、踏切音などが、
サンプリング音とかじゃなくて、ピアノやヴァイオリンで表現されてるのがスゴイ。)
鉄道がらみのチャイムやメロディーには、
こんなにステキな曲がいっぱいあったのね、と再発見したりも。

サラっと聞くと
「なんだか変わった編曲のクラシックだね(=鉄道風味とは気づかない?)」
ってなアレンジなので、
鉄道にそんなに興味がない人でも、それなりに楽しめると思うけど、
日頃、山手線や京急を使ってるわけもなく、
「そうだ京都行こう!」のCMも知らない(TVでは流れない)
ふつうの関西人さんには、ちょっとすすめづらいかな(^^;。

◆『鉄子の旅』①~⑥ 菊池直恵 小学館

鉄道には全く興味のない女性漫画家と
筋金入りの鉄道マニアのトラベルライターが、
あちこちの鉄道を訪ねる紀行マンガ。
ここまでやるか?(@_@)ってほどに「鉄道」に徹した
トラベルライター横見氏の旅計画と、
それを冷静な視線でつっこむ作者の描写がおもしろいです。
(絵柄や横見氏のキャラが苦手って人もいそうだが)

読んでると、時間や距離の感覚がおかしくなって、
「近郊区間大回り旅行」や「東京~九州、鈍行列車の旅」とかが
カンタンにできそうな気分になるのがキケン(笑)。

Yahoo!コミック
 「鉄子の旅」の立ち読みできます。

◆『でんしゃでいこうでんしゃでかえろう』 間瀬直方 ひさかたチャイルド

やまのえきからうみのえきへ。うみのえきからやまのえきへ。
前からも後ろからも読むことができて、ちょこっと仕掛けもある楽しい絵本。
ひとりで読んでも、誰かと一緒に読んでもOKだけど、
電車好きのチビッコと読むと、エンドレス地獄に陥る可能性大なので要注意ですぜ(笑)。

チャイナチャイナ♪

上海みやげ。
あれこれ気になる方にはおすすめできませんが(^^;。

◆上海日清食品有限公司製造のカップヌードル。
S07080701

S07080702r
「五香牛肉面」
隣にあるのは、以前カップヌードル記念博物館で買ったミニチュア(^^)。
(ってゆーか、このミニチュアのオリジナルが見たかっただけなの・・・)

S07080703 S07080704
見た目や麺の食感は日本のとほとんど変わらないけど、
折りたたみフォークが入ってたり、
八角や五香粉のような香辛料の香りがするのが、中国っぽいです。
(日本のも昔はフォークが入ってたような気もするけど)
香りに慣れないと、けっこう食べづらいかも。

S07080706 S07080707
「UFO」は、上海在住の知人(日本人)が、
「激マズだから、ぜひ食べてみて!」とすすめてくれました(笑)。
期待していた程のまずさはなかったけど
(口に入れたら即リバース、みたいな味を想像してた(^^;)、
オイスターソースにお酢と砂糖とケチャップを混ぜて、
八角などの香辛料を足し、油まみれにした、みたいな、
なんとも不思議なお味(>_<)。
ソース焼きそばの味を期待して食べたら、
ちゃぶ台をひっくり返したくなるかもしれません。

◆山茶油
S07080709
山茶油=椿油だそうで、
上海の知人は、炒め物に使ったりしてるそうです。
サラっとしていてクセのないお味なので、応用は利きそう。
日本円にすると、1本(750ml)500円くらいのお手頃価格なので、
髪の手入れ用にしてもいいかもです。
(重いので持って帰るのはツライけど)

◆音楽CD
S07080710
「今、中国で人気の曲が入っているCD」らしいです。
どちらも2枚組で、いろんなジャンル、いろんな歌手の曲が入ってました。
日本で言うなら、サービスエリアとかで売られてる
オムニバスカセットみたいなものかしらん?(^^;
歌詞はさっぱりわからないけど、BGMにはいい感じです。

解読者求ム!(笑)

S0708031_2 S0708032_2
ツレが上海の展示会でもらってきたブツ。
「目に貼ってすっきり~(^○^)」って感じのモノらしいのですが、
書いてある日本語がちょーナゾです。
S0708033
「め」と「ゆ」、「り」と「い」くらいの間違いだったらなんとなく想像つくけど、
「深層めし透皮のゐ」に「明目貼ぬそはひし透皮技術」となると、
まるで暗号のようで、頭がぐるぐる・・・(@_@)。
何が言いたかったのか、さっぱり見当が付きません。

解読できた方がいたら、ぜひコメントお願いします~(__)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ