« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

ミルビラージュ

Boulangerie Mille Village
S07092601
7月にオープンした、
阪急山田駅から歩いて10分くらいのところにあるパン屋さん。
2002年の「クープ・デュ・モンド」(パンの国際大会)の
日本代表チームだった方がやっているお店だそうです。

店内は自然光が射し込んで、明るくおしゃれな雰囲気。
売ってるパンも同じように、オシャレで繊細なイメージです。
S07092602 S07092603
目に付くままにあれこれ買ってみましたが、
パリッとした食感のクロワッサン、
ふんよりした生地にプリンのようなクリームが入ったクリームパン、
フォカッチャ生地とオリーブの相性パッチリのオリーブパン、
小麦粉の香りとうまみがじんわり効いてるバゲットなどなど、
派手さはないけど、個性はちゃんとあって、
何にでも合わせられるような懐の深さもある、
そんな感じのパンでしたヨ。

◇ブーランジェリ ミル・ビラージュ
 大阪府吹田市千里万博公園14-13 バロン101
 営業時間 7:00~19:00

自転車で淀川沿いに高槻まで

ようやく涼しくなってきたので、
カラダ慣らしに淀川沿いをたらたらと走行。
S07092402
コスモスやススキや空の色が「秋」でした。
S07092403
といっても、最高気温はまだ30℃だったりするので、
淀川河川公園には、アイスクリームの屋台が出ていたりも。
白とオレンジの2種類があって、1個150円。
アイスクリームと言うよりは甘いシャーベットって感じの懐かしい味でした。
風があったせいか、あっという間に溶けちゃって、
手がベタベタになっちゃいましたが(^^;。

S07092401
淀川沿い右岸の道は、
前島クリーンセンターの先あたりでほぼ行き止まりでした(T_T)。

走行距離は約40km。
途中で土砂降りの雨に降られたので(>_<)走行時間は約4時間。
キョリ測で作ったアバウトな地図はコチラです。

S07092404
図書館で借りた『教材資料集「淀川」』(大阪淀川教材研究会)。
淀川の流域や歴史、生き物などについて、
わかりやすく書いてあって勉強になりました。
住んでいる地域の事を、ざっくりひととおり知りたいって時に、
小学校の郷土学習用の副読本はオススメかも(^^)。

荒神サマにおまいり

清荒神(きよしこうじん)
S07092301 S07092302
宝塚市にあるお寺で、正式名称は清荒神清澄寺。
荒神信仰と真言三宝宗の神仏混合で、
境内は、山門をくぐって正面が本堂(=仏サマ。左の写真)、
左手が拝殿(=神サマ。右の写真)というユニークな配置になってました。
S07092310
御朱印も、ご本尊(大日如来サマ)と守護神(三宝荒神王サマ)の
2種類がございましたよ。
(あ、七福神もあったから、3種類か)
 ◇◇◇
阪急清荒神駅から清荒神までは、
両側にずらっとお店が並んだ参道を歩いて30分くらい。
うどん屋さん、手焼きせんべい屋さん、佃煮屋さん、竹細工屋さん、
などのお店を眺めながらぶらぶら歩くのは、
いかにも「おまいり」って感じがして楽しかったです。

旬(いまどき)食品の鯖寿司 1本1260円
S07092311r S07092312
おばあちゃまがお店番をしているプレハブの小っちゃな鯖寿司屋さん。
無添加手作りという鯖寿司は、
めちゃ美味なのに、お値段お手頃なのがウレシイです。
午前中に売り切れちゃうことが多いそうなので要注意!

手打そば処 乃乃
S07092303
参道にある、手打ちそば屋さん。
S07092305_2 S07092304_2
S07092306_2 S07092307_2
静岡産のそば粉を使ったというそばは、
細いけどしっかりした食感で美味。
そはがきをさらにねっとりさせたような「そば豆腐」や、
こんな食べ方もアリなのか(@_@)と目からウロコの牛ごまだれそば、
アイスというより落雁のような食感のそばアイスなど、
ちょっとひねった感じのメニューもgoodでした(^○^)。

参福(みふく)の ごまとうふ(タレ付き)650円
S07092308
参道にある、朝鮮人参やら無添加ぬか石けんやらを売っている、
ちょっと不思議なお店のごまとうふ。
柔らかいのに弾力があって、ぷるっとろ~っな食感。
まっすぐなおいしさって感じ。

小やきやの栗赤飯350円
S07092309
参道にある和菓子屋さん。
「小やき」というあん入りのよよもぎ餅が有名らしいのですが、
店頭にあった栗赤飯にひかれて、そちらを購入(^^;。
あずきももち米も一粒一粒がしっかりした
じんわりかみしめ系(?)の赤飯でした。
次に行くときは、ちゃんと「小やき」を買わねばっ。

愛情一本、危機一発!?

チオビタドリンクのおまけ、「チオビタドリンク ジャンピングゲーム」。
S0709184 S0709183
「黒ひげ危機一髪」のチオビタ版ってとこでしょうか。
「危機一髪」っていうと、「チオビタ」より「リポビタンD」なイメージなんですが。

樽とドリンクはくっついているので、
アタリ部分に剣をさしても、ぴょこんと飛び出すだけで、遠くまで飛んではいきません。
ドリンク部分だけを人形小物にと思ってたので、
はずせないのはちょっと残念でしたが、
アタリ部分は毎回変わるので、ゲームとしては楽しいし、
これはこれでカワイイので許しましょう。

S0709182_2 S0709181_2
1/6ドールと合わせるとこんな感じ。
(モデルは、たまきちゃんとロベリアちゃん)
ひねりなしの写真でスミマセン・・・(って、誰に謝ってるんだか)。

カニっ食っべ行こう~♪

ドライブついでに、9/5に漁解禁となった香住ガニ(紅ズワイガニ)を購入。
紅ズワイガニは、鳥取や新潟、秋田なんかでも取れるけど、
北近畿地区で水揚げされるのは香住漁港だけなので、
「香住ガニ」と呼ばれてるそうです。

かすみ朝市センター 浦島丸直売店
S07091701 S07091702 
香住東港の海産物直売センター内にあるお店。
朝市センターには、23のお店が入ってるらしいけど、
行った時間が遅かったからか、開いていたのは、
ここと向かいの2店だけでした(^^;。

お店の人曰く、「ここにあるお店の中で船を持っているのはうちだけ」、だそう。
お店の写真を撮らせて、とお願いしたら、
活ガニを水槽から出してくれたりするフレンドリーさがgoodでした(^^)。

S07091704 S07091703 
カニさんの脚には、「浦島丸」のタグ付き。
紅カニは、松葉ガニと比べると、実が柔らかくて、さっぱりした味わい。
ふわっとしたカニ味噌もクセが無くて美味でした。
いろいろおまけもつけてもらって、エビ&カニ満喫(^○^)でしたよん。

香住鶴福壽蔵
S07091705
カニにあわせるなら、やっぱり地元のお酒でしょ、ってことで、
香住の酒蔵、香住鶴へ。
試飲もできるし、お酒以外にも酒器やおつまみ、
酒入りの和菓子やケーキ、アイスクリームなんかも売ってました。
S07091706S07091707
今回買ったのは、福壽蔵限定販売の「氷温貯蔵生原酒」(720ml1575円)と
「山廃仕込 但馬の自信」(720ml945円)。
氷温貯蔵生原酒は、思っていたよりこっくりした味わい。
あっさりした茹でカニより、焼きガニやカニすきなんかの方が合うかも。
S07091709_2 S07091710
吟醸純米酒をしみ込ませたというケーキは、
ブランデーケーキの和風版って感じのしっとりさで美味。
S07091708
焼き印入りのあんぱん150円は、普通の味でした(^^;。

がんばれ!アボカドくん

食べた後の種でアボカド栽培。
手順は、①種をよく洗い、②平たい方を下にして植える だけ。
(水栽培でもいいみたいだけど、私は家に残ってたセラミスを使用)
実から種を取り出してから芽が出るまで、
絶対に乾燥させないようにするのがポイントらしいです。

S07091201 S07091202
(写真左は今日、写真右は3日前のアボカドくん)

このコは芽が出るまで2ヶ月近くかかったけど、
その後は「ぐいぐい」というコトバがびったりの成長ぶり。
このまますくすく育って欲しいけど、
育てているのが「みどりのゆび」ならぬ「ちゃいろのゆび」の持ち主なので、
ちょっぴりかなり不安だったりも(^^;。

◇アボカド―露地でつくれる熱帯果樹の栽培と利用
  米本仁巳著 農山漁村文化協会 1500円

アボカドの種類や生育の特徴、育て方、調理法などを紹介した本。
農家さんなどの専門家向けって感じですが、
アボカドの種類の違いや、挿し木の方法などがわかって、
なかなかおもしろかったです。
国産アボカドを栽培&販売している農家さんがある
というのがわかったのも収穫(^○^)。

◇みどりのゆび  モリス・ドリュオン作 安東次男訳 岩波少年文庫

指を触れるとそこから草木や花が生えてくる
「みどりのおやゆび」を持つ少年チトの話。
・・・って、小学生の頃に読んだきりだけど。

お気に入りプリン

淡路島酪農協同組合 牛乳屋さんがつくった焼プリン

S0709101
原材料は、牛乳、卵、砂糖、カラメルシロップのみ。
イマドキのとろける系ではなくて、
スプーンを入れると、プリッとはじき返されるような、
しっかりしたプリンです。
ママの手作りのような、喫茶店のプリンアラモードのプリンのような、
風邪ひいた時に差し入れでもらったらクラッときちゃいそうな(笑)、
そんな味。
S0709102 S0709103
1パック2個入りで160円(セール時に100円で売られている事も多い)
というお手ごろ価格も魅力です。
クリームブリュレもあるけど、私はプリンの方が好みかな。

通販もできるみたい
休暇村 南淡路
淡路島からの名産品

名残の夏

中村軒@桂で、ひんやり甘味&食事。
(前回の中村軒訪問記事はコチラ

◇魚の影(うおのかげ) 231円
S07090201_3 S07090202_3
見た目も涼しげな夏の和菓子。
今年の販売は、9/7までだそうです。
青色の錦玉に沈めた一粒の大徳寺納豆で
澄んだ水に泳ぐ魚を表現しているところがステキ。

◇すだち氷とあんみつ氷(白みつ) 各735円
S07090203 S07090204
9月下旬までのかき氷。
こちらの氷はガリッと粗めの食感。
すっきりほろ苦いすだち氷もおいしいけど、
ちょっぴり涼しくなったこの時期には、あんみつ氷もおすすめ。
氷にあんこに白玉に寒天(氷の下に入っている)といろんな味が楽しめるので、
「氷もいいけど、あんみつも捨てがたいなあ」という欲張りさんにもピッタリです(^○^)。

◇そうめんセット1050円と うなぎ茶漬け 945円
S07090206 S07090205
そうめんセットは、ツルツルした食感とすっきりした味のそうめんに
もちもちのお赤飯、山椒の効いたうなぎの佃煮で、
さっぱりとしたおいしさ。

うなぎ茶漬けは、うなぎの佃煮が乗ったごはんに、
ほうじ茶をかけて食べるというもの。
付いてる漬け物もおいしく、しみじみとしたおいしさでした。 

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ