« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

がんばれジェニー

昨日届いた「ジェニーズクラブ」の会報に、
こんな悲しいお知らせが。
S08022902 S080229
会報誌「ナイスジェニー」vol.50(2008年10月発刊)をもって、
ジェニーズクラブの活動を一旦休止、だそうです(T_T)。

以前はちゃんとした冊子だった会報も、
ここ数号はペラペラの紙一枚になっちゃってたし、
新製品もあんまり出ないし、
あれこれ活躍中のリカとくらべると、影の薄い存在ではあったけど、
ここまで追いつめられていたなんてと、なんだかとってもショック。
とりあえずは「休止」という事なので、この先どうなるのかはわからないけど、
ジェニーとリカは、それぞれ違った魅力があるので、
どちらもその良さを生かす方向で、がんばってもらいたいですよ。

S08022903r
サヤカ@大阪天満宮(の摂社(^^;)。
「ジェニー達にいいことがありますよーに」と願いを込めて。

タカラトミーJENNY

電クラ2

そごう劇場で行われた
『fm osaka くらこれ企画「クラシックを遊ぶ音楽実験室」杉ちゃん&鉄平コンサート』へ。
S08021421
以前紹介した「電クラ」の曲はもちろん、
「熊ん蜂に刺された水戸黄門」とか、
「火曜サスペンス劇場風美しき青きドナウ」とか、「エリーゼのための雨の御堂筋」とか、
ヴァイオリンで表現する「浪花恋しぐれ」のセリフとか、
ひょええー(@_@)なアレンジの曲がいっぱいで、とても楽しい2時間でした。
生だと、演奏技術がスゴイということもよーくわかりましたですよ。
S080214202
「電クラ2」にサインもいただけて、ほくほく♪
「電クラ」に引き続き、鉄道音+クラシックてんこもりの楽しいCD。
私は「中央線上のメリークリスマス」がツボでした(^^;。
 

杉ちゃん&鉄平 Official Web Site

ちりとてちんめぐり

笑ったり泣いたりで、一回の放送があっという間に過ぎる
NHKの連続テレビ小説「ちりとてちん」
大阪と小浜が舞台ということなんで、ゆかりの場所をふらふら~っと。
(小浜へ行ったのは2/11ですが)

NHK大阪放送局BKプラザ
S080214001
谷町四丁目にあるNHK大阪放送局。
ちりとてちんは、ここのスタジオで収録しているので、
運がよければ見学コースでガラス越しに収録の様子が見られることも(^^)。

この日は、魚屋食堂のシーンや、若狭&草々の家のシーンを撮ってましたが、
放送は3月下旬の予定ということだったので
(148回のシーン①と151回のシーン③)、そろそろクランクアップかもしれません。
しかし、5分足らずのシーンを撮るのに、小物や照明の準備、打ち合わせ、
リハーサル、メイク直しなんかで、1時間近くかかるんですねー(@_@)。
2シーンの撮影を見てたら、2時間くらい経っちゃってましたよ(^^;。
S080214002
S080214003 S080214004
スタジオは撮影できないので、ちりとてメンバーの等身大パネルなどをパチリ。
「徒然亭一門さん江」のノボリと、
徳永医院(「芋たこなんきん」の舞台)の看板が並ぶ不思議な空間~(^^;。
S080214005
売店で買った「ちりとてちん本染め手ぬぐい」840円。
セミ模様がキュートっす~。

大阪天満宮
S080214006 S080214007
草若邸の近くにあるという設定の大阪天満宮。
S080214008
3/11までは「てんま天神梅まつり」ってことで、
境内に出てたオープンカフェ(って書いてあったけど、どう見ても屋台(^^;)で
梅うどん200円をいただきました。
昆布のお出汁ととろろ昆布に、梅の味がよく合っていて、
とても美味しゅうございましたよ(^^)。

天満天神繁昌亭
S080214009
大阪天満宮近くにある上方落語の常打ち小屋。
この日の夜席には、草原兄さん役の桂吉弥さんが出演されたよう。
開場前から行列ができてました。

◆いづみ町商店街
S080214017 S080214015
小浜にある、鯖街道起点の商店街で、「魚屋食堂」のロケ地、だそうです。
S080214010 S080214012
実際のところは、外観が「加福鮮魚」という魚屋さん、
焼き鯖は「朽木屋商店」のもの、という二本立てですが(^^;。
お店には、出演者のサインや写真がはってあったりも。
S080214011  S080214014
どちらも、前から好きだったお店なので、この日もお買い物~。
加福鮮魚さんの干物は、写真の地カレイ、3枚900円、ハタハタが800円。
朽木屋さんの焼き鯖は、1本1200円。
どれもウマー(^○^)です。

琵琶湖周辺おいしいものめぐり その②

最近「湖北LOVE♪」のCHIKI家(笑)。
前回買いそびれた物をゲットしに、またまた琵琶湖周辺をドライブしてきました。

つるやのパン
S080211001 S080211002
木之本町にあるパン屋さん。
魚肉ソーセージをはさんだ丸いサンドイッチや、まあるいラスク、
サンドイッチやウィンナー入りの揚げパンのランチパンなどなど、
おいしいパンがいっぱいありますが、このお店の特徴はサラダパンにあり!?
S080211004 S080211003
コッペパンに、マヨネーズであえたタクワンがサンドされてます(@_@)。
ほんのり甘いふんわりパンに、マヨネーズの酸味、
タクワンのコリコリした食感が、よく合っていて、想像以上のおいしさ。
学校帰りに買い食いした日々を思い出すようなお味でした。
ネット通販もできるようなので、興味のある方はぜひ~。

菓匠禄兵衛
S080211005 S080211006
木之本町にある和菓子屋さん。
目的は地酒七本槍を使った「くずどーふ」(葛を使った水ようかん)だったんですが、
和モダンな雰囲気の店内には、おいしそうな和菓子がいっぱいで、
ついあれこれと買ってしまいました。
S080211007 S080211008jpg
上の写真は、草餅130円と、でっち羊羹210円。
草餅は、よもぎの香りと、餡と餅の甘しょっぱさが美味。
でっち羊羹は、餡を竹の皮に包んで蒸したもので、
明石の小浜の水羊羹タイプとは違う、ねっとりもちもちした食感がグー。
濃厚な味は、生チョコにも似ていて、おいしゅうございました。
(「くずとーふ」はまだ食べてないので、感想はのちほど)

びわこ食品のとりやさい味噌 1732円(900g)
S080211009 S080211010
木之本の平和堂食品館で購入(鍋コーナーに山積みになってた)。
賤ヶ岳合戦の時に秀吉勢が食べた煮込み汁を再現しようと作られた調味料、だそうです。
ニンニク風味のピリ辛白味噌なんですが、味のバランスがとてもよくて、
これを水で溶いて、野菜とお肉を入れて火にかけるだけで、
おいしいお鍋ができあがり~なスグレモノ。
買う時はお値段にちょっとビビッたけど、買って悔いなし!(笑)
うちの常備品に決定っす。

奥びわ湖水の駅の鮒寿司茶づけ800円
S080211011
前回は売店の鮒寿司を買ったので、
今回は軽食コーナーの鮒寿司茶漬けにチャレンジしてみました。
お味は・・・最初はおいしいけど、後半は酸っぱい~(>_<)。
もう少し甘さとか出汁味とかがあったら、もっとおいしくいただけるのに・・・、
と思ってしまった私は、チャレンジャー失格でしょうか。

◆ししコロ 1個100円
S080211012
水の駅のパン屋さん「花里夢(かりむ)」で購入。
いのしし肉の入ったコロッケです。
猪肉の味はほとんどしなかったですが、コロッケ自体はおいしいので、
話のネタにはいいかも。

◆佃水産の猪チャーシュー 100g300円
S080211013 S080211014
こちらも水の駅で購入。
すっきりした甘さで、ラフテーの猪バージョンって感じ。
猪のクセもなくて美味でした(^○^)。

◆松井とうふ店の油揚げ 2枚入り160円
S080211015 S080211016
これも水の駅で。前回買っておいしかったので今回も購入。
三角のカタチがキュートです。
(平和堂でも三角形の揚げを見たけど、この辺ではメジャーな形なのかしらん?)

プラス思考?

2/7の「ビーバップ!ハイヒール(朝日放送)」でやってた「西中島南方駅物語」。
(あ、西中島南方(にしなかじまみなみがた)というのは、
大阪市営地下鉄御堂筋線、新大阪の一つ隣にある駅の名前で、
近くには、阪急京都線の南方(みなみかた)駅があります)
通るたびに長い駅名だなあ、と思ってたけど、こんな理由があったのね、
と納得のお話でした。
S080208
うまくまとめられないので、箇条書きにするけど、
【大正10年】北大阪電気鉄道(現在の阪急)南方駅開業
  駅名の由来は、当時の地名(西中島村大字南方)。
【大正14年】西中島村が大阪市に編入。東淀川区南方町になる。
 「西中島」が消えて、住民がっかり。
【昭和24年】南方町が東西に分割され、西中島町と南方町に。
 「西中島」復活に住民バンザーイ。
【昭和30年後半】新幹線の開業に合わせて、
 大阪市営地下鉄御堂筋線を梅田~新大阪まで延長することに。
 駅名を決めるときに、市営地下鉄側は、近くにある阪急線の駅に合わせて
 「南方駅」を予定していたが、周辺住民から「西中島の地名を付けて欲しい!」と
 強い要望があり、両方を合体させる形で決着。
【昭和39年9月】日本初の地名が合体した駅名「西中島南方駅」誕生!
だそうで(@_@)。

でもって、大阪には他にも、「太子橋今市」、「千林大宮」、「関目高殿」、「野江内代」、
「四天王寺夕陽ヶ丘」、「岸里玉出」などなど、地名を合体させた駅名がたっくさん。
ハイヒールモモコ氏のお父様も、「玉出の名前を残す会」の会長をやってらしたとか。
そういえば、私が住んでる吹田市にも、
「千里山佐井寺図書館」っていう地名合体名の図書館があったなあ、
なんて思ったり(どういう経緯でこの名前になったのかは知らないけど)。

何でも足して付けとけばいいってもんじゃないでしょ、と思わなくもないけど、
足してしまえばそれでいいってのも、大阪っぽいと言うかなんというか。
自分が住んでるところの名前に、そこまで愛着があるってのは、
ステキなことなのかもですね。

青いポリタンク

♪冬は早く来る あなたの街の方が~♪
と歌うのは、「青いエアメール(松任谷由実)」ですが、
冬と言えば灯油。
(めっちゃムリヤリな展開(^^;)

関東では、灯油を入れるポリ缶は赤色が定番だったけど、
関西では灯油缶=青色なんですね(@_@)。
S080204r
灯油の巡回販売の日に、青いポリ缶が並んでるのを見ると、
遠い国に来てるなあ感でいっぱいになるけど(笑)、
大阪の人は、灯油に赤いポリ缶?(@_@)と思ってるのかも。

ちなみに赤い灯油缶はコチラ
(適当な画像がなかったので、楽天にリンクしてます(^^;)↓

検索してたら、緑色のも見つけたけど、他にもいろんな色があるのかしらん。

みなさんのおうちの灯油缶は何色ですかあ?

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ