« 琵琶湖周辺おいしいものめぐり その② | トップページ | 電クラ2 »

ちりとてちんめぐり

笑ったり泣いたりで、一回の放送があっという間に過ぎる
NHKの連続テレビ小説「ちりとてちん」
大阪と小浜が舞台ということなんで、ゆかりの場所をふらふら~っと。
(小浜へ行ったのは2/11ですが)

NHK大阪放送局BKプラザ
S080214001
谷町四丁目にあるNHK大阪放送局。
ちりとてちんは、ここのスタジオで収録しているので、
運がよければ見学コースでガラス越しに収録の様子が見られることも(^^)。

この日は、魚屋食堂のシーンや、若狭&草々の家のシーンを撮ってましたが、
放送は3月下旬の予定ということだったので
(148回のシーン①と151回のシーン③)、そろそろクランクアップかもしれません。
しかし、5分足らずのシーンを撮るのに、小物や照明の準備、打ち合わせ、
リハーサル、メイク直しなんかで、1時間近くかかるんですねー(@_@)。
2シーンの撮影を見てたら、2時間くらい経っちゃってましたよ(^^;。
S080214002
S080214003 S080214004
スタジオは撮影できないので、ちりとてメンバーの等身大パネルなどをパチリ。
「徒然亭一門さん江」のノボリと、
徳永医院(「芋たこなんきん」の舞台)の看板が並ぶ不思議な空間~(^^;。
S080214005
売店で買った「ちりとてちん本染め手ぬぐい」840円。
セミ模様がキュートっす~。

大阪天満宮
S080214006 S080214007
草若邸の近くにあるという設定の大阪天満宮。
S080214008
3/11までは「てんま天神梅まつり」ってことで、
境内に出てたオープンカフェ(って書いてあったけど、どう見ても屋台(^^;)で
梅うどん200円をいただきました。
昆布のお出汁ととろろ昆布に、梅の味がよく合っていて、
とても美味しゅうございましたよ(^^)。

天満天神繁昌亭
S080214009
大阪天満宮近くにある上方落語の常打ち小屋。
この日の夜席には、草原兄さん役の桂吉弥さんが出演されたよう。
開場前から行列ができてました。

◆いづみ町商店街
S080214017 S080214015
小浜にある、鯖街道起点の商店街で、「魚屋食堂」のロケ地、だそうです。
S080214010 S080214012
実際のところは、外観が「加福鮮魚」という魚屋さん、
焼き鯖は「朽木屋商店」のもの、という二本立てですが(^^;。
お店には、出演者のサインや写真がはってあったりも。
S080214011  S080214014
どちらも、前から好きだったお店なので、この日もお買い物~。
加福鮮魚さんの干物は、写真の地カレイ、3枚900円、ハタハタが800円。
朽木屋さんの焼き鯖は、1本1200円。
どれもウマー(^○^)です。

« 琵琶湖周辺おいしいものめぐり その② | トップページ | 電クラ2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13724/40135079

この記事へのトラックバック一覧です: ちりとてちんめぐり:

« 琵琶湖周辺おいしいものめぐり その② | トップページ | 電クラ2 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ