« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

アーモンドのお花見&芦屋散策

神戸市東灘区にある東洋ナッツ(株)の「アーモンドフェスティバル」へ。
S080322001 S080322002
開放された工場の敷地で、
植えられている約100本のアーモンドのお花見を楽しんだり、
お安く売られているナッツやドライフルーツ商品を買ったりしちゃおう!なイベント。
今年で20回目だそうです。
S080322003 S080322004
アーモンドは、バラ科サクラ属の植物ということで、花はサクラとそっくり。
白いのやピンクの、早咲きのものや遅咲きのものなど、
数種類あって、どれもかわいらしかったです。
S080322008 S080322009
物販コーナーでは、ナッツ類(1袋250円)や、
プルーンの試食パック(200円)などを購入。
S080322010
実演販売のアーモンドペースト(500円)とピーナツペースト(300円)は、
絞り器からどろ~んと出てくる様子にワクワクしたり(^○^)。
S080322006 S080322007
栽培用のアーモンド種や、東洋ナッツの製品もいただけたし、
入場無料で、かなり楽しめました。
(人はめちゃめちゃ多かったけど)

 -------
お花見を堪能した後は、芦屋に移動。
芦屋に行ったのは初めてだったけど、
繁華街とか商店街じゃないのに、オシャレなお店があちこちにたくさんあって、
住んだら楽しいだろうなあ、と思うような街でした。
(住めないけどさ(^^;)

Cuisine Peri亭(キュイジーヌ ペリ亭)
S080322011 S080322013r
阪神芦屋駅から歩いて5分くらいのところにある、こぢんまりとしたお店。
ランチは3種類あって、私達がいただいたのは
スープ、サラダ、メイン、ドリンク、パンが付くAランチ1260円。
メイン料理は5種類くらいの中から選べるし、量もたっぷり。
おいしゅうございました。
S080322012
(写真は、鶏胸肉のロティ ワインビネガーソース)
後で芦屋出身の人に聞いたら、「ケーキもめちゃおいしいねん♪」とのこと。
機会があったらまた行ってみたいなあ。

ヨドコウ迎賓館
S080322014 S080322015
建築家フランク・ロイド・ライトが、
灘の酒造家・山邑太左衛門の別邸として設計したという、国重要文化財の建物。
入館料は500円。
阪急の芦屋川駅からは、歩いて10分くらいなんだけど、
かなりの旧坂に、さすが芦屋山の手、と思いましたですよ。

内部は撮影禁止だったので、入り口の写真しかないけど、
ベージュの壁や、マホガニーの木組み、窓の取り方などの雰囲気は、
自由学園明日館と似てました。
(今年の1月に自由学園明日館に行ったときの写真は
Jennyとおでかけ 自由学園明日館へ。あ、人形が苦手な方は要注意(^^;)

ワタシ的にツボだったのは、和室四畳半の「小間使の部屋」。
「はい、おくさま」なんて言っている自分を想像してわくわくしたり(←バカ(笑))。

2月中旬から4月初旬までは、
山邑氏が長女の誕生を祝って作らせたという有職雛人形も飾られているのですが、
これがまた大きくて(高さ45cm。スーパードルフィーさん並?(@_@))、美人さん揃い。
花嫁人形の嫁入り調度品も、凝っていてステキでした。

自転車で山崎へ

4ヶ月ぶりの自転車散歩。
街中をゆるゆる走るより、自転車道をガシガシ走りたいキブンだけど、
それなりにお楽しみもなくちゃイヤ、ってことで、
前々から行きたいと思っていた「サントリー山崎蒸留所」とその周辺へ。

行きが向かい風で、一生懸命漕いでも時速15kmくらいにしかならず、
帰りたくなるくらいつらかったんだけど、蒸留所に予約を入れていたおかげで、
走りきることができて、達成感も味わえたし、帰りは追い風で快適だったんで、
まあ、よかったかな、と(^^;。

走行距離は約57km、所要時間は約7時間半(見学、休憩、食事時間含む)。
キョリ測で作った、とってもアバウトなルート図→その① その②

◆サントリー山崎蒸留所
S0803120011 S080312001
大正12年(1923)年に作られた日本初のウイスキー蒸留所。
京都府にあるものと思っていたので、
住所が大阪府三島郡島本町なことにびっくりしたり(^^;。

参加無料(予約優先)のガイドツアーは、
案内嬢に製造工程の説明をしてもらいつつ、
蒸溜釜や貯蔵庫などを見学できる、というもの。
出発ロビーに向かう途中にある昔のポスター類や、
ずら~っと並んだウイスキー原酒のビンを見てるだけで、気分ワクワク(笑)。
S080312002 S0803120021
S080312003
「トリスでハワイ」の1等商品(ハワイ旅行積立預金証書)は、
受取金額が398455円。
昔のハワイ旅行って、めちゃめちゃ高かったんですねぇ(@_@)。

ガイドツアーでは、金管楽器のような蒸留釜とか
S080312004 S0803120051
(パッと見、どれも同じに見えるけど、それぞれ形が違う~)、
S080312007
樽詰めの様子とか
S080312008 S080312010
貯蔵庫、水源などを見学。
温度や湿度は自然のまま、という貯蔵庫は、
夏場は30度くらいになることもあるそうですが、
「ウイスキーは、樽を通して山崎の温度や空気を呼吸しながら、
年月を重ねていく」(言い方は違ってたけど)というガイドさんの説明に、
ロマンを感じて感動したり。

見学の後は試飲会場へ。
S080312011
用意されてたのは、山崎の名水、ウイスキーの「山崎12年」と「白州12年」、
「なっちゃん」、「伊右衛門」&おつまみ。
S080312012 S080312013
自転車の私たちは「山崎の名水」と「なっちゃん」でカンパイ。
(受付時に「私はハンドルキーパーです」という札を渡されたよん)
「山崎の名水」は、とろんとやわらかな口当たりで、
からだにとけ込むような味わい。
とてもおいしゅうございました(^^)。

白州蒸留所には何度か行ったことがあるので、
山崎では別に試飲できなくてもいいや、と思ってたんだけど、
貯蔵庫の雰囲気や、ガイドさんの説明、仕込みの水のおいしさに、
山崎の地で山崎のウイスキーを飲んでみたい~という気持ちがふつふつと(笑)。
有料のテイスティングカウンターにもそそられたし、
今度は、電車で行って、あれこれ飲ませてもらいたいと思います。

ファクトリーショップでは、
山崎12年ミニチュアボトル&山崎12年使用のウイスキーチョコレート1000円と
山崎蒸留所仕込水割 オンザロックウイスキー350円 を購入。
S080312016 S080312017

インターネットの優待券を持って行ったら、こんなグラスもいただけましたヨ(^^)。
S080312014
サントリー山崎蒸留所見学案内
 (優待券もココに)
山崎蒸留所ブログ
 (トラックバックキャンペーン参加してます)

山崎蒸留所横の線路は、電車の撮影スポットのようで、
撮りテツさんがいっぱいでした。
そういえば、3/15に開業するJR東海道線の島本駅は、
到着ベルがサントリーオールドのCM曲(♪ドン ドン ディドン~♪のヤツ)だとか。
こちらも一度聞きに行かなくてはっ。

離宮八幡宮(りきゅうはちまんぐう)
S080312018
山崎蒸留所から自転車で5分足らずの場所にある神社。
(こちらの住所は、京都府乙訓郡大山崎町)
日本における製油発祥の地ということで、
神前に供えられているのは、御神酒ではなくて御神油の一斗缶(@_@)。
境内には、油祖神サマの銅像も建ってました。
S080312020 S080312021
ころんとした感じの拝殿で、
油のようにとろんとした雰囲気の神社でした。

結風(ゆいかじ)の日替わりランチ 700円
S080312022 S080312023
阪急大山崎駅近くにある「沖縄陶器とティールーム」のお店。
この日の日替わりランチは、鶏肉の唐揚げニンニクソース、
白菜のクリーム煮、菜の花のごまあえ、もずくスープ、ごはん。
野菜たっぷりのメニューが、ぷっくりした沖縄陶器に盛られていて、
日だまりで食べる理想のお昼ごはんって感じ。
テイクアウトしたサータアンダギー(3個120円)ともども、
とてもおいしゅうございました。

◆水無瀬神宮
S080312024 S080312025
後鳥羽上皇の離宮跡に建てられた神社で、
ご祭神は、後鳥羽天皇と土御門天皇と順徳天皇。
境内には、大阪府下で唯一「名水百選」に選ばれたという名水
「離宮の水」がわいています。
飲んでみたかったけど、ポリタンクやペットボトルを持った人が
行列してたし、入れ物もなかったので、今回は見送り。
今度行くときは、空ボトル持参っとφ(・_・)メモメモ。

WITH LOVE

S08031201
東京グランスタで買った「東京もちべん」900円の
バレンタインデー&ホワイトデーバージョン。
ハート型の人参に、青春の日々を思い出しました(うそ(^^;)。
S08031202 S08031203
あ、「東京もちべん」というのは、「本邦初のおもちの駅弁」だそうで、
一口サイズの5種類のおもち(磯辺醤油、青のり、五穀、醤油揚げ、黒米黒糖)と、
じんわりおいしい和風のおかず入り。
ごはんのお弁当より手軽に食べられるし、
味もバラエティーに富んでるし、なかなかステキな駅弁だと思います。
バレンタイン&ホワイトデーバージョンでは、黒米黒糖のかわりに生チョコもちが入っていて、
デザート付きって感じだったのもよかったです。

---------------

ついでに、グランスタで買った東京みやげ紹介。

まめぐいのまめぐい 1枚420円
S08031204
まめぐい=豆てぬぐい=ハンカチサイズのてぬぐい。
(てぬぐいと違って、端はまつってあるけど)
かまわぬがやっている雑貨ショップだそうで、
手ぬぐいと同じく、粋でユニークな柄がいっぱい。
お値段もお手頃なので、ちょっとしたプレゼントにもよさそうです。
S08031205 S08031206
とりあえず、切符と東京駅がモチーフの柄を購入。
他にもテツごころくすぐる柄が、いくつかございましたよよよ(笑)。

旧西尾家住宅見学

確定申告のついでに、
前から気になっていた旧西尾家住宅(吹田文化創造交流館)
(って、税務署からはけっこう離れてたけど(^^;)。
S080311001 S080311002
吹田市内本町にあるこの建物は、
江戸時代に仙洞御料の庄屋を勤めた西尾家のお屋敷で、
夭折の音楽家、貴志康一の生家でもあるのだとか。
敷地は約1400坪(@_@)。

見学は無料ですが、、ボランティアガイドの方が、主屋や離れ、茶室、庭などを、
ひとつひとつ解説しながら案内してくれるという丁寧ぶり。
全部見るのに1時間くらいかかりましたが、
贅を尽くした様子がよくわかったし、あれこれ質問もできて、
めちゃめちゃおもしろかったです。
S080311003 S080311004 S080311005
屋敷内は、ライト、欄間の飾り、ステンドグラスなどなど、
欲しくなってしまうようなステキな装飾がいっぱい。
ワタシ的には古いお人形さんたちもツボでした(笑)。
S080311007
貴志康一誕生の間に飾られてたいちまさん。
部屋の隅っこで、ちょっと寂しげなのが気になりますが。

S080311008 S080311009
離れに飾られてたお雛様は、お道具類も手が込んでいてステキでした。
今日明日くらいに片づける予定だったということなので、
ギリギリセーフ(^。^)と思ったら、
ひな祭りの頃には、もっとたくさんのお雛様が飾られていたのだとか(T_T)。
来年のひな祭りにまた来なくてはっ。

 --------
自分のためのメモ(^^;。
◇武田五一
◇茶道藪内家
甲南学園 貴志康一記念室 

谷四、谷六でごはん

ちりとてのセット公開を見に行ったついでに。
毎月20日と毎週金曜日は、
600円のノーマイカーフリーチケットを買うと
大阪市営の地下鉄やニュートラム、市バスが乗り放題になるので、
あちこち寄り道しやすくて便利っす(^^)。

グリル STEREO(ステレオ) ハンバーグセット 800円
S08030723r
谷町四丁目にある洋食屋さん。
ジャズの流れる店内は、カウンター主体で一人でも入りやすい雰囲気。
ハンバーグは、ふわっふわの食感で美味。
13時以降じゃないと注文できないという「トルコライス」も気になる気になる~。

ANY’s BURGER(エニーズバーガー)
ハンバーガー500円+セット(フライドポテト・サラダ・ドリンク)300円
S08030720
谷町六丁目にある、アメリカンでポップな雰囲気のハンバーガー屋さん。
ちょっと変わった四角いバンズは、
近くにあるパン屋さんブーランジェリーイエナとの共同開発なのだとか。
しっかりした食感でガッツリ肉味のハンバーグに、たっぷりとかかったデミグラソース、
シャキシャキの野菜、主張はないけどソースやパテの味に負けてないパン
がよく合っていて、ボリュームもバッチリ。
大満足のおいしさでした(^○^)。
キレイに食べるのは難しいけど、ナイフとフォークも用意されてるので、
なんとかなります(笑)。

Boulangerie IENA(ブーランジェリー・イエナ )
クリームパン110円、チョコアーモンド130円、クルミ(ハーフ)180円
S08030722
ANY’s BURGERと同じ谷町筋沿いにある、ちっちゃくてかわいいパン屋さん。
おいしそうに撮れてない写真でごめんなさいですが、
(クリームパンは持ち帰る途中でつぶれちゃったし(>_<))
菓子パン系、デニッシュ系、ハード系、どれもおいしゅうございました。
お値段お手頃なのも◎(^^)

ちりとてちんめぐり ふたたび

NHK大阪放送局1階アトリウムで公開されている
ちりとてちんの収録セットを見に行ってきました~(公開は3/9まで)。
S080307001 S080307016
今回公開されているのは、「草若師匠の家」と「寝床」のふたつ。
S080307003 S080307004
S080307005 S080307006
S080307007
草若師匠の部屋に置かれた硯や筆置きがヒグラシの形だったり、
寝床のお店には、店主熊五郎にちなんだ熊グッズがあちこちに置かれてたり、
身近で見ると、いろんなところにこだわりがあるのがわかって、楽しゅうございました。
ワタシ的には、こんなの↓(NHK印入りの平台やスタッフさん用のメモ?)が
見られたのもツボだったり。
S080307008 S080307009 S080307010

S080307011
こちらは、草若邸の仏壇に置かれているリン。
「ちんと鳴らしてください 草若」と書いた紙が置かれてたので、
私が「ちん」と鳴らして先に進むもうとしたら、
後ろにいたおじさまに、「鳴らしたら拝まな」とつっこまれました(@_@)。
さすが大阪、と思いましたです、ハイ(^^;。

  -------------------------
せっかくなので、お笑いつながりってことで、なんばにある「ワッハ上方」へ。
S080307012 S080307014
「ワッハ上方」は、大阪府立の上方演芸資料館で、入場料は400円
(演芸ライブラリー利用だけなら無料)。
上方演芸や喜劇の歴史がテレビ・ラジオの演芸番組などが視聴できたり、
3D映像で上方のお笑いを紹介したりと、工夫はされてるんだけど、
吉本などのお笑いや上方落語を知ってる事が前提の展示のようで、
上方演芸初心者の私には、ちょっと置いてきぼり感がありました。
もう少し初心者にやさしい展示だといいなあ。
(って、何も知らずに行くのが悪いのかもだけど(^^;)
S080307015
売店で買った社団法人上方落語協会誌「んなあほな 第11号」300円。
「ちりとてちん特集」、「師匠の手ぬぐい拝見します!」
「上方落語家系図」などの記事があって、なかなか読み応えがありました(^^)。

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ