« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

青森でごはん&函館でごはん

ローカル線とフェリー目的に青森~函館へ。
(人形写真の旅行記はコチラ
その時食べたものあれこれ。

【青森】
◆すし処三國 大間産鮪寿司2500円と中落丼1000円
S081028a0001
青森駅前のビルアウガの地下、新鮮市場内にあるお寿司屋さん。
アウガは、地上階は、図書館などの公共施設も入ってるおしゃれなファッションビル、
地下は、築地やアメ横のような市場という、かなりユニークなビル。
S081028a0002 S081028a0003
青森に来たら、やっぱり大間産の本鮪を食べてみなきゃ、ってことで入店。
S081028a0004 S081028a0005 S081028a0006
店内は、いかにも市場の食堂って感じの雑多な雰囲気なので、
繊細さは期待できないけど、寿司も中落丼も、まぐろたっぷり。
ガシガシいただけて、満足(^○^)でした。

三味線居酒屋 いぶし銀
S081028a0007
青森駅から歩いて10分くらいのところにある居酒屋。
青森に来たら、やっぱ津軽三味線をきかなきゃ、ってことで、
ホテルで津軽三味線のライブをやっているお店を教えてもらって、ここへ。
S081028a0008 S081028a0011
S081028a0009 S081028a0010
津軽三味線のライブは、18:30と20:00頃ということなので、
それまでは、つがる漬や貝焼き味噌、たらのジャッパ汁などの郷土料理に、
青森の地酒をいただきながら、まったりと。
S081028a0012
ライブは、津軽三味線の他、民謡、手踊りなどもあり。
お客さんを巻き込んだ盛り上がりで、とても楽しゅうございました。
三味線と手踊りを披露してくれた女のコが、
まだ高校一年生というのにもびっくりでした。

たいやき藻川屋 焼きそば(肉・野菜入り)400円
S081028a0013 S081028a0015
青森市のお隣、黒石市にある、たい焼・やきそば・大判焼のお店。
「黒石焼きそば」は、黒石市のご当地メニューで、
太平麺(ふとひらめん)に辛口ソースを絡め、
中華なべやフライパンで調理するのが特徴だそうです。

カゴメソースを使っているという焼きそばは、
もちっとした蒸し麺に、ソースの味がしっかりとしみこんだ素朴な味。
焼きそばを食べながら、東北弁で話すお店のおじいちゃんの話を聞いていたら、
子どもの頃に戻ったようで、涙が出そうな気分になったりも。
藻川屋のおじいちゃん、いつまでもお元気でガンバッテ下さいねー。

空港レストラン「ひば」 お気軽定食1500円と津軽秋之道御膳1500円
S081028a0016 S081028a0017
青森空港2階にある和食レストラン。
老舗の「青森国際ホテル」がやっているお店で、
地物食材を使ったメニューや地酒が豊富。
空港内のお店にしては、お値段お手頃で量はたっぷりというのもgoodでした(^^)。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

【函館】
◆自由市場 市場亭の うにいくら丼 2300円
S081028h001 S081028h002
函館自由市場の中にある食堂。
「生ものは注文をしてからの仕入れ」だそうで、
うにいくら丼を頼んだら、お店のお兄ちゃんがふらーっとお店の外に出て行き
(お店の外=自由市場)、しばらくして、ウニ折を手に戻ってきました。
あのウニが私たちの丼に、とワクワク(笑)。
S081028h003
で、これがうにいくら丼。
うにもいくらも、甘くてちょー美味(゚▽゚*)でしたっ。

ラ・メゾンドゥカンパーニュ
S081028h004 S081028h005
函館 遺愛高校の裏にあるフランス料理屋さん。
味も雰囲気も大好きで、今までにも何度か行ってるけど、秋に行くのは初めて。
S081028h006 S081028h007 S081028h008
S081028h009 S081028h010
今回いただいたのは、5000円のコース。
スズキのカルパッチョ、野鴨の葡萄の葉包み、オニオングラタンスープなど、
秋らしいメニューで、おいしい&楽しゅうございました。

まんぷく甲斐

小淵沢みやげの駅弁。
製造はどちらも(株)丸政

◆高原野菜とカツの弁当 850円
S08102401 S081024021
日本ではじめての生野菜が入った駅弁で、
昭和45年発売のロングセラー駅弁だそう。

中身は、レタス、プチトマト、セロリ、コーン、
カリフラワーなどのシャキシャキ野菜にリンゴ、
チキンカツ3つとケチャップあえのスパゲティと白ごはん。
野菜は、添付の塩かドレッシングでいただきます。

目新しい味というわけではないけれど、
昔の喫茶店で出されたランチのような、
なんだか懐かしくてほっとするおいしさ。
アンノン族が流行った頃を思い出したりもしましたよ。

◆甲州ワインで育った牛と豚の弁当(まんぷく甲斐?)1100円
S08102403 S08102404
甲州甘辛牛丼とソースメンチカツ丼がセットになったお弁当。
牛肉は、ワインを搾った後のブドウ粕を飼料にして育てた甲州ワインビーフ、
メンチの豚肉は、山梨産の白ワインを飲ませて育てたというワイントンを使用、だそう。

甘辛牛丼は、添付のわさびをのせて食べると、
味のメリハリが効いて更に美味。
メンチカツ丼は、キャベツの替わりに野沢菜の油炒めが使われている
というのがユニークでした。

うなぎでげんき

名古屋みやげ。
最近なんだかだるだる~(>_<)だったのでリクエスト。

うなぎ しら河 上ひつまぶし折 1680円
S08101601 S08101602
S08101604 S08101603 
名古屋に数店舗あるひつまぶしのお店。
JR名古屋タカシマヤには、持ち帰り専門のお店があるので、
帰りがけにちょこっと買うのに便利です。

ひつまぶし折には、きざみ海苔・乾燥ネギ・わさび・山椒の薬味付き。
別売りのお茶漬け用お出し(168円)も買えば、
おうちでもカンタンに
「一杯目はそのまま、2杯目は薬味を添えて、三杯目は薬味を入れお茶漬けにして」
というひつまぶしの楽しみ方ができます(^^)。

折に入ってる時は少なく見えたけど、実はけっこう量あり。
(ごはん茶碗に5杯分くらいあったような・・・(^^;)。
カリッとおいしいうなぎ&たれ&出汁で、満腹満足でございました。

 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*
うなぎといえば、埼玉県の浦和(さいたま市)は、
うなぎの蒲焼き発祥の地?と言われているとかいないとか。
JR浦和駅西口改札前には、「浦和うなこちゃん』がたっていたりも。
S08101605
デザインは、やなせたかし氏。
浦和のうなぎを育て会のパンフ(PDF)には、
やなせ氏作詞の「ウナギヌラヌラソング」の歌詞も載ってますが、
歌い出しは ♪わたし かわいい ヌラヌラウナギ♪ ・・・(@_@)。
CDもあったらしいけど、どんな曲なのか気になるなあ。

東京見物

所用で横浜に来ていた大阪のお友達と、都内をぶらぶら。

新宿末廣亭
S081014001r S081014002
新宿三丁目にある落語色物の定席寄席。
料金は、昼の部夜の部入れ替えなしで、2700円。
伊勢丹の地下で買いこんだお弁当を食べつつ、
のんびりと落語をきくのは、とても楽しゅうございました。

しかし。
のほほんとした上方落語のテンポに慣れてしまっていたせいか、
江戸落語のチャキチャキした物言いに、最初はちょっと違和感が・・・。
上方落語を、なんだかまどろっこしいなあ、なんて思った頃もあったのに、
慣れとはおそろしいもので・・・(^^;。
大阪の人が、「東京の人の話し方は恐い」と言うのが、
なんとなくわかる気がしましたですよ。
S081014003
売店で買った手拭い(700円)。
キリッと男前!って感じですなあ。

◆TEA ROOM バルコニー
S081014004 S081014005
末廣亭の近くにある喫茶店。
スピッツ(ミュージシャンの)がデビュー前に
よく打ち合わせをしていた喫茶店、だそうです。
ブレンドコーヒーは450円とお手頃値段。
古くて、静かで、落ち着いていて、
とてもいい雰囲気の喫茶店でございました。

雑誌「音楽と人」2007年11月号の表紙の写真も、
ここのバルコニーで撮ったもののようですねえ。

東京タワー
S081014007 S081014006
昭和33年に完成した高さ333mの集約電波塔。
「東京観光言うたら、やっぱここは外せへんでしょ」(←なぜに大阪弁?(笑))
ってことでGO!
リニューアル後に行くのははじめてだったので
(ってゆーか、前に行ったのは20年くらい前(^^;)、
ショップも展望台もおみやげのラインナップも、
かなり印象が違っていてびっくりでした。

展望料金は、高さ150mの大展望台までが820円、
大展望台から高さ250mの特別展望台までが600円。
夜ということもあって、カップルさんでいっぱいでした(*^_^*)。
S081014008
テレビ朝日のナニコレ珍百景で紹介されていた
「もう1つの東京タワー」(展望台から見た道路が、
車のライトで東京タワーのように見える)も確認(^^)。
・・・って、この写真だと、 東京タワーというよりヒトデみたいですが。

自転車でご近所散策

久しぶり(埼玉に戻ってきて初めて)の自転車散歩。
関東の自転車事情がさっぱりわからないので、
まずは近場をさらっとぐるっと様子見に。

走行距離は約50km、所要時間は約6時間(休憩、食事、見学含む)。
キョリ測で作ったアバウトなルート図↓
その①多摩湖まで その②多摩湖から上富まで

  * * * * * * * * * * * * * * * * * *

北山公園@東京都東村山市
S0810130004 S0810130005
狭山丘陵を背景にした自然公園。
右の写真に写ってるこんもりした丘は、
「となりのトトロ」に出てくる七国山のモデル?な
八国山(はちこくやま)緑地。

園内は、菖蒲や蓮や稲が植えられていて、のどか~な雰囲気。
休憩がてら、のんびり過ごすのにいい感じでした。
八国山の手前を西武電車が通るというのも、
鉄道好きにはポイント高し!です(笑)。

  * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

◆多摩湖自転車道
S0810130006 S0810130007 S0810130008
西東京市から多摩湖までの水道導水路上の道と、
多摩湖一周の道からなる、全長約22kmの大規模自転車道。
といっても、今回走ったのは、多摩湖3/4周くらいの部分だけですが(^^;。

道幅が狭い上に、カーブやアップダウンがちょこちょこあるし、
ウォーキングやジョギングの人も多くて(自転車歩行者道だから)、
ペースがつかめず、私にとってはあまり走りやすい道ではなかったけど、
慣れれば、この狭さとアップダウンも楽しめるようになるのかしらん?(^^;

* * * * * * * * * * * * * * * * *

◆狭山湖
S0810130009 S0810130010
埼玉県所沢市・入間市にある湖で、正式名称は「山口貯水池」。
多摩湖(村山貯水池)と同じく、
東京都の水がめとして作られた人造湖、だそうです。

湖周辺は、キレイに整備されていて、
ベンチやあずまや、展望デッキなどもあり。
ちょっと異国風味の取水塔と、空と湖の青、キレイでした。

* * * * * * * * * * * * * * * * *

◆Caffe KMTのランチパスタセット 960円 
S0810130011 S0810130012
S0810130013 S0810130014
西武池袋線狭山ヶ丘駅東口(埼玉県所沢市)にあるイタリアンレストラン。
パスタセットは、スープ、サラダ、パンorシフォンケーキ、ドリンク付きで、
パスタは週替わりの3品から選べます。
私がチョイスしたのは「里芋と栗のトマトソース」。
長ネギも入ってたりする意表をついた組み合わせでしたが、
これがなかなかの美味。
ボリュームもあって大満足(^^)でした。
S0810130015
ツレが注文した「松阪豚のポークソテー」
(スープ、サラダ、ライスorパン、ドリンク付きで980円)も、おいしそうでしたよ。

* * * * * * * * * * * * * * * * *

◆多福寺(たふくじ)
S0810130016 S0810130017
埼玉県入間郡三芳町上富にある臨済宗のお寺。
車で近くを通るたびに、カーナビが観光案内モードになって
「多福寺が、近くにあります♪」と言うので、どんなところか気になってました。

このあたりは、江戸時代に川越藩主柳沢吉保によって開拓された新田集落で、
多福寺は入植した人たちの精神的安住のよりどころとして創建されたお寺だそう。
S0810130018 S0810130019
S0810130020 S0810130021
雑木林にかこまれた境内は、ほこっとあたたかな雰囲気。
さすがカーナビさんが案内するだけのことはあるねえ、の
いいお寺でした。

* * * * * * * * * * * * * * * * *

◆富(とめ)の川越いも
S0810130023 S0810130024 S0810130025
三芳町上富(旧川越藩上富村)は、
「栗(九里)より(四里)うまい十三里半」と言われた川越いもの産地。
「いも街道」沿いの農家では、「富の川越いも」というノボリを立てて
直売もしているので、「武田園」さんで紅東を2kgほど購入。
まずは蒸かしていただいてみましたが、
甘さとほくほくとねっとりのバランスがよく、
「栗よりうまい」という言葉も納得、のおいしさでした(^○^)。

11月になったら、
本来の川越いもである「紅赤(べにあか)」の販売がはじまるそう。
また買いに行っちゃおうかな。

* * * * * * * * * * * * * * * * *
ルートの参考にした本。
「自転車生活vol.16」
 P140 『一周サイクリング③多摩湖の自転車道を散歩気分でぶらり周遊』の記事

金沢みやげ

どれも小松空港で購入、だそうです。
お手ごろ価格のおいしい和菓子がいっぱいあっていいなあ>金沢。

圓八 あんころ 1包350円
S08100101 S08100102
あんころ餅を竹皮で包んだお菓子。
べったりとひとかたまりになっているけど、
あんこの下には9粒のおもちが入ってます。

こしあんもお餅もさらっとした食感。
甘さは控えめだけど、黒砂糖のようなコクも感じて、美味。

しおりに書かれていた「あんころ餅の由来」
ココでも読めます)も、
「それでいいんかい?」とつっこみを入れたくなる感じが、
なんかイイっす(^^;。

松葉屋 月よみ山路・比咩(ひめ)くるみ 630円
S08100103 S08100104 S08100105r
葛を加えて蒸し上げた味噌餡羊羹の中に、くるみが入ったお菓子。
滋賀の丁稚羊羹に似てるけど、
この比咩くるみさんは、餡の方がつなぎ?ってくらいに、
くるみがゴロゴロ入ってます。

くるみのざくざく感と、さらっぽそっとした甘さの餡がよく合っていて、
ひとりでまるかぶりしたいくらい美味。
栗バージョンもあるらしいので、今度はそちらも食べてみたいなあ。

金沢の味「佃の佃煮」 花くるみ 700円
S08100106
野生の鬼くるみを米飴で炊いた佃煮。
甘くて香ばしくて、お茶やお酒のおともにぴったり。
これと治部煮と加賀のお酒があったら言うことなし!っす。

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ