« アゲアゲ | トップページ | 国立で音楽鑑賞&ごはん »

さつまいも三昧

職場の人からいただいた紫いも(おうちで栽培したそうな(@_@))。
S08111301 S08111302
中まで鮮やかな紫色でキレイだけど、
そのまま食べるにはイマイチの味だったので(ゴメンナサイ~)、
ネットで見かけたレシピ↓でケーキに。
山陰女性サイト「わ・ら・うーまん!」紫芋とリンゴの天板ケーキ(レシピ)

S08111303
天板ではなくパウンド型で焼いたせいか、
しっとりというより、どっしりって感じの食感になっちゃったけど、
紫いも+リンゴ+シナモンは、なかなかの相性でした。
この紫色で、ハロウィン用とかに
毒々しい色のお菓子を作るのもおもしろいかも( ̄▽ ̄)。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

先月の自転車散歩の時に買った紅東(べにあずま)。
S08111304r

おまけにつけてもらったタレ(日本食研製)と、
コチラのレシピ↓で、2種類の大学芋に。
Cpicon 魔法の簡単大学芋 by おから星人

S08111305 S08111309
(写真左はタレ使用。右は簡単大学芋)

とろ~り甘しょっぱいのとカリッと甘いの、どちらもおいしいけど、
いも自体にけっこう甘みがあるので、
シンプルな味付けの簡単大学芋の方が、飽きずに食べられて好き、かな。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

元祖川越いも、紅赤(べにあか)。
(上の紅東と同じ農家さんから購入)
S08111306
こちらも、COOKPADのレシピで簡単大学芋にしてみましたが、
同じ作り方をしたのに、できあがりはずいぶんと違うものに(@_@)。
S08111307
紅赤さんは、水分が多いのか、
入れた油を全部吸ってしまい、時間をかけても表面はあまりカリッとせず(^^;。
いも自体の甘さも、紅東とくらべるとかなりあっさり。
食感はホクホクしていて、これはこれでおいしくて好きだけど、
大学芋らしく食べたいなら、タレを使うか、正統派の作り方をした方がいいかも。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

◆紅赤ものがたり-サツマイモの女王 青木雅子著 けやき書房

「紅赤」を発見した山田いちさんの生涯を描いた物語。
子ども向けの本だけど、読んでたらなんか元気がでましたよ(^^)。

« アゲアゲ | トップページ | 国立で音楽鑑賞&ごはん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13724/43105237

この記事へのトラックバック一覧です: さつまいも三昧:

« アゲアゲ | トップページ | 国立で音楽鑑賞&ごはん »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ