« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

あしゅららら

57年ぶりに東京にやって来たという、奈良・興福寺の阿修羅さん。
 09041702
asahi.com国宝阿修羅展
東京国立博物館 阿修羅展

開催は6/7までだけど、
八部衆像と十大弟子像が全部揃っているのは4/19までというので、
見に行ってきました。

09041701 09041703r
午後1時半の時点で、入場は30分待ち。
会場内もけっこう混雑してて、
特に阿修羅さんのまわりは、人が二重三重にぎっしり(>_<)。
あの憂いを帯びたような表情が、
「ファンにがっちり取り囲まれちゃって困惑している少年アイドル」
に見えちゃうほどでした(^^;。

とはいっても、阿修羅を含めたほとんどの仏像を、
ガラスケースなしで360度ぐるーっと見られる今回の展示と演出には感動。
第2会場に展示されている、中金堂の菩薩像と四天王も、
絶妙のライティングで、ゾクゾクする美しさでした。

500円で借りられる音声ガイドは、黒木瞳さんのナレーション。
落ち着いた雰囲気の解説を聞きつつ、
ゆったり気分で展示を見ることができて、とてもよかったです。

09041704
ミュージアムショップで買ったミニクリアファイルは、1つ280円。
阿修羅もステキだけど、クリッした目がキュートな迦楼羅(かるら)、
ファイナルファンタジーXIに出てくるタルタルのような沙羯羅(さから)、
シブいおじさま系の畢婆迦羅(ひばから)、
口元がなんかカワイイ鳩槃荼(くばんだ)などなど、
八部衆の他のメンバーも個性豊かでステキでございますheart

たびづくり

「岩槻の人形」の次は、やっぱ「行田の足袋」だよね、ってことで、
行田市の「足袋とくらしの博物館」で開催されている
「My足袋づくり体験会」に行ってきました。

090412001
行田は、埼玉の県名発祥の地といわれる「さきたま古墳群」や、
小説「のぼうの城(和田竜・著/小学館)」の舞台にもなった忍城(おしじょう)や、
「うまい、うますぎる」の十万石の本店なんかがある、埼玉県北部にある旧城下町。
昭和初期には、全国の足袋の約8割を生産していたという
足袋の産地でもあります。

*-*-*-foot-*-*-*-*-*

足袋とくらしの博物館

090412002
建物は、大正時代後半に建てられ、
2005年まで足袋商店「牧野本店」の工場として使われていたものだそうです。
入館料は200円。

今回参加した「MY足袋づくり体験会」は、
足袋職人の方と一緒に、自分で選んだ生地で、
自分サイズの足袋を作るというもので、参加料は足袋1足2500円。
090412004
生地は持ち込みも可。
私達は、用意されていた生地を使わせてもらいましたが、
表地と裏地を別生地にしたり、内甲と外甲を別柄にしたりもできる
というので、布をあれこれひっくり返して迷いまくり(^^;。
結局、花柄の布+白の裏地にしましたが、
参加する場合は、どんな感じの足袋が作りたいか、
ざっくりとでもイメージしておいた方がいいかもです。
090412003
足袋づくりの工程は、13~14あって、
工場では、完全分業&流れ作業で生産していたそう。
090412005 090412006

090412008 090412009
090412010 090412012
裁断、かけ糸通し、コハゼ付け、尻止め(かかとの止め縫い)、爪縫いなどなど、
それぞれの工程専用のミシンや道具があって、
それを見るだけでも、とても面白かったです。

その気があれば、見るだけではなくて実際にやらせてもらえるので、
私も、かけ糸通し、羽縫い、尻止め、千鳥がけ、仕上げにチャレンジ。
慣れないミシンにおっかなびっくりでしたが(不器用だしさ(^^;)、
ボランティアという職人さん達に、親切丁寧に教えていただき、
新人の女工さん気分にもなれて、楽しゅうございました。
090412014 090412013
で、できあがった足袋がコチラ。
生地から足袋になっていく過程をずっと見ていたので、
(ちょっとだけ製作にも加わったし)、愛着もひとしお。
今度は、持ち込みの生地で作ってみたいなあ。

*-*-*-*-*-foot-*-*-*-*-*-*

足袋づくりのあとは、行田名物でおやつ。

かねつき堂 フライ卵入り(小)350円 ゼリーフライ1人前(2個)200円
090412017

090412018フライ

090412019 090412020ゼリーフライ

小麦粉を溶いたものに、ネギや肉、卵などの具を入れ、
鉄板で焼いたのが「フライ」。
おからにジャガイモや野菜のみじん切りなどを混ぜて、
油で揚げ、ソースにくぐらせたのが「ゼリーフライ」。
名前は似てるけど、全くの別物です。

どちらもおいしかったけど、ゼリーフライは
お持ち帰りしたくなるほど気に入りました~♪

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

忍城が舞台の小説~。

 

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ