« グリーンカレー | トップページ | 方言自販機 その2 »

時刻表2万キロ

やっと読みました~(^^;。
(オススメ下さった方、ずいぶんと遅くなりましたが、ありがとうです)

◆時刻表2万キロ 宮脇俊三・著
(左は河出文庫版、右は角川文庫版)
 
出版社勤務の会社員だった宮脇氏が、国鉄全線乗りつぶしを目指して、
それまでに乗り残していた地方のローカル路線に乗車。
3年かけて国鉄全線2万800キロを完全乗車するまでを綴る紀行文。
発行は1978(昭和53)年。

時刻表や電車に詳しくない私は、
発車時刻、駅名、路線図からルートをたどろうとするうちに、
なんだか算数問題みたいな気がしてきて、頭がクラクラしたりもしましたが(笑)、
文章は飄々と明るくて、物好きな親戚のおじさんの旅行話を聞いているよう。
お茶目な行動にクスッとしたり、蘊蓄にへぇ~と感心したり。
よくやるなあsadと呆れるような、でもちょっと羨ましいような、
そんな気分になる本でした。

それにしても、無くなってしまった列車や路線のなんと多いことか(T_T)。
1000円高速でドライブもいいけど、電車の旅もしましょうよ、みなさんsign01
(って、誰に呼びかけてるんだか(^^;)

JR東日本えきねっと
JR西日本おでかけネット


« グリーンカレー | トップページ | 方言自販機 その2 »

コメント

時刻表2万キロ、読まれたんですね!
宮脇ワールドへようこそ~train
僕も時刻表を読むのは苦手なので、鹿児島本線~佐賀線の辺りのトリックの解明(?)のところは何度か読み返さないと意味がわかりませんでした。
でも車両や時刻表に詳しくなくても、いつの間にか引き込まれる文章の魅力があるんですよね(^^)

あ、アサヒ・カルピスの方言自販機ですが、先週女房の実家がある広島へ行ってきたんですが、残念ながら見つけることができませんでした。
自販機を見つける度に確認してたんですが、見落としたかもしれません。
広島弁バージョンがありそうなので、次の機会に再度調査したいと思います!

masamingmさん>
確かに、「宮脇ワールド」と言いたくなるような、独特の雰囲気と魅力がありますね。
こんなにおもしろいなら、もっと早く読むんだったと、ちょっと後悔してます(^^;。
ステキな本を紹介していただき、ありがとうございました~。

方言自販機の調査(?)も、ありがとうございます~。
アサヒカルピスの自販機って、ひっそり置かれてる事が多くて、
見つけにくいですよねー笑)。
広島弁バージョン、どんなんでしょうねえ??ワクワク

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13724/46209496

この記事へのトラックバック一覧です: 時刻表2万キロ:

« グリーンカレー | トップページ | 方言自販機 その2 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ