« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

デジカメ

買い換えました~。
買ったのは、カシオのEXILIM ZOOM EX-Z2000

100427001  

今までずーっとFUJIFILMのFinePixを使っていて、
暗いところでフラッシュなしでもキレイに撮れる点や、
華やかで明るい色出しが、とてもとても気に入っていたので、
フジのF70EXRも最後まで購入候補に残っていたんですが、
本体の軽さとピント合わせのスピードと価格で、Z2000に。

早速、今まで使っていたFinePix F11と撮りくらべをしてみましたが
(お天気が悪かったので、室内撮影のみですが)、
やっぱり、色合いとか、ピントの合い方とか、かなり違うんですねえ。

左がEXILIM Z2000、右がFinePix F11での撮影。
100427003c 100427003f

100427004c 100427004f

1004270051c 100427005f 
どの写真も、EXILIMで撮った方が、被写体がスリムに見えるような?(^^;

人形を撮るなら、やっぱり明るい色合いのフジの方がよかったかなー、
なんて思ったりもするけど、EXILIMさんにも早く慣れて、
満足のいく写真が撮れるようになりたいっす。
とりあえず、ゴールデンウィークは、撮って撮って撮りまくるぞーsign01camera

カシオ ホームページ
富士フィルム デジタルカメラ

そうだ、図書館行こう

本を読むときに図書館を利用することも多い私。
昔にくらべると、開館時間が長くなったり、自宅のネットで本を予約できたり、
予約した本をコンビニで受け取れたり、
いろいろ便利になったなあ、とは思ってましたが、
最近は全国の図書館の蔵書を横断検索できる検索サイトなんてのもあるようで(@_@)。

◇カーリル
カーリル

検索先の図書館は、全国4372館の中から任意に選んで設定可。
検索スピードがちょっと遅いので、利用してる図書館が1館だけで
探すのは目的の本だけというのなら、
その図書館のサイトで検索した方が早そうだけど、
Amazonのデータベースと連動していて、本の表紙画像が見られる、とか、
検索した本と関連した本まで表示されるとか、
今話題の本のリストが表示されるとか、読みたい本や読んだ本のリストが登録できる、
なんて機能があるのは、便利です。

まあ、借りるばかりじゃなくて、
イイ!と思った本はちゃんとお金を出して買わなきゃダメだよなあ、
とも思いますが。

*-*-*-*-*

公共図書館のサイトといえば、クスッと笑えるのが
福井県立図書館の「覚え違いタイトル集」
人の記憶って、こんなにもあいまいなモノなんだなあ、と
ある意味感心させられます(笑)。

私が遭遇して印象に残ってる「覚え違い」は、『真山仁の「レッド」』。
確かに、平積みされてるのをパッと見ただけだと、
勘違いしちゃいそうな表紙ですが(^^;。

     
(正しいタイトルは「レッドゾーン」。上下巻になってます)

*-*-*-*-*

そうそう、図書館の職員さんって、けっこういろんなタイプの人がいらっしゃるから、
本の相談をするなら、カウンター周りで応対をちょっと観察して、
相性の良さそうな人にお願いするのがオススメっすよ(^^;。

らぶりぃ埼玉

埼玉県内の主な駅などで配布されている
コバトンの埼玉情報「Vividly!(ビビドリー)」
100416001 100416002
県内のあれこれが紹介されていて、なかなか楽しゅうございます。

現在配布中の35号では、
「ジャポニズム47」というマンガが紹介されていたりも。

「都道府県擬人化マンガ」だそうですが、
作者が埼玉出身だからか、埼玉県がらみの細かいネタ多し。
地味でけなげな埼玉くんに、クスッとさせていただきました。

ジャポニズム47公式ウェブサイト
 ちょこっと試し読みもできます。

*-*-*-*

埼玉県って、県内の移動がしにくくて、
同じ県なのに行ったことない~って場所も多いんだけど、
(ほとんどの鉄道が東京に向かってるので、
たとえば、県庁所在地のさいたま市より、池袋とか新宿に行く方が近かったりする)
もうちょっと地元に目を向けるのもいいかなー、と思う今日この頃。

ってことで、おでかけの参考にはコチラ。
ご当地コバトンの旅日記
 ぬいぐるみコバトンが紹介する県内各地の「ご当地」。
 更新を楽しみにしつつ、「人形写真の旅行記」ジャンルとして、 
 ひそかにライバル視もしている私であります(笑)。

まぐろ三昧

転勤で東京を離れる人との、さよなら飲み会。
どうせなら江戸っぽい食べ物がいいよね、ってことで、
神田にある「べっぴん」へ。
100412001
神田 べっぴん
神田駅から歩いて3分くらいのところにある居酒屋さん。
築地や産地から直接仕入れの鮪がウリだそうです。

マグロ以外のメニューもあるけど、今回はマグロ料理中心にオーダー。
100412002 100412003
ハチトロ(脳天)、ホホ身刺、骨付き中落ちなどが入ったまぐろ刺盛(2310円)に、
あご肉を塩焼きしたアントニオロースト(1050円)、
100412004 100412005
東京風のキリッとしたダシに脂ののった鮪と、甘い白ネギがおいしい大江戸ねぎま鍋(2人前1470円)、
コリっとした食感で、脂ののったびんた焼(ほほ肉ステーキ)(1050円)、
100412006
ホクホクとして食べごたえのあるテール焼(尾肉ステーキ)(1050円)などなど、
マグロのいろんな部位が食べられて、楽しい&おいしゅうございました。
日本酒や焼酎が1杯525円とリーズナブルなのもぐ~goodでしたよん。

銀魂in池袋

アニメを見だしたのは昨年の11月からだし(で、3月には最終回(T_T))、
コミックスも4巻までしか読んでいないというのに(現在33巻まで発売中)、
なぜか勢いで行ってしまった「銀魂 池袋ジャック!」。
池袋で銀魂まみれの一日を過ごしてきました。

あ、「銀魂(ぎんたま)」っていうのは、
少年ジャンプ連載中のマンガと、そのマンガが原作のテレビ東京のアニメ。
 
ギャグあり、人情あり、闘いあり、パロディあり。
短い話も多いので、ちょこっと時間が空いたとき読むのにも最適です。

*-*-*-*-*-*

まずは、10時のオープンと同時にナムコナンジャタウンへ。

100403001
ここでは、期間限定の銀魂アトラクション「大江戸捕物帳」や、
銀魂縁日屋台があったり、銀魂デザート&スイーツがいただけたりします。

「大江戸捕物帳」(800円)は、入場してほぼすぐに並んで、約1時間半待ちcoldsweats02
「頑張りすぎて逆にうぜぇよ」ステッカーをいただいたり、
巨大犬「定春」に噛まれたり(?)、
真選組や攘夷派のお兄さん方もがんばってるなーって感じで、
とても楽しゅうございました。
100403009 1004030102rr

アトラクションの後は、
「かたぬき」や「ジャスタウェイ倒し」などの屋台(それぞれ300円)で遊んでから、
フード&スイーツコーナーへ。
いただいたのは、イタリアントマトの「土方特製マヨ丼」1500円と、
100403002 100403003
サンタチューボーの「宇治銀時丼(小)」500円と
100403004 100403005
横浜夢本舗の「沖田のアイマスク」780円。
100403006 100403007
ステッカー付きのせいか、お値段はちょっとお高めでしたが、、お味はどれもぐ~。
他のメニューも、よく考えたなーと感心するものばかりで、
あれこれ食べてみたかったんだけど、おなかいっぱいになってしまってムリでした(>_<)。

ショーケースに並ぶ「沖田のアイマスク」たち。
100403008
4~5才くらいの女の子(たぶん銀魂は知らない)が、
「このケーキこわいねえ」と言いながらも楽しそうに眺めていたのが印象的でした(^^;。

しかし、ナンジャタウンは何回行っても配置が覚えられませんwobbly
銀魂のアトラクションが、広範囲を歩き回るモノじゃなくて、ホントよかったっす。

*-*-*-*-*-*

お次は、サンシャイン60展望台へ。

100403021
こちらではアニメの原画(線がキレイで感動した)や
声優さんの直筆のメッセージ色紙が展示されてたり、
銀時さんたちの等身大パネルがあったりと、まずまずの見ごたえでした。

展望台なので、もちろん窓からの眺めもぐ~。
建設中の東京スイカツリーも見えてましたよ。
100403022 100403023

*-*-*-*-*-*

その後、池袋パルコ別館、シネ・リーブル池袋、アニメイトを回って、
スタンプラリーを完成させ、「銀ファイル」をゲット。
100403024
楽しかったけど、どこも人が多く、時間にも余裕が無くて、
あまりゆっくりできなかったのが、ちょっと残念だったかな。

*-*-*-*-*-*-*

そうそう、「大江戸捕物帳」でもらった「安眠マスク」(ファスナーチャーム)は、
サイズが1/6ドールにぴったりでした。
100403011

100403012 100403013
モデルはジェニーフレンドのレイフくんとロベリアちゃん。
こんなアイマスクでも、似合う似合わないってあるんですねえ(^^;。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ