« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

歌川国芳展

六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで開催されている
『没後150年 歌川国芳展』に行ってきました。
(観覧料は1500円。会期は2012/2/12まで)
11121900011r
幕末の浮世絵師、歌川国芳(うたがわくによし 1797-1861)の浮世絵や直筆画が、
これでもか!と展示されていて、みごたえじゅうぶん。
行ったのが平日の昼頃だったからか、混み具合もほどほどで、
ダイナミックな武者絵に、イケメンの役者絵、
すずやかな美人画に、おもしろかわいい戯画・・・と、
3時間近く江戸の世界を満喫させてもらいました♪

展示は、前期・後期でほとんどの作品が入れ替わるということなので、
後期(1/19~)になったら、また行かなくてはなりませぬが(^^;。

500円で利用できる音声ガイドは、23点の作品を紹介していて、所要時間は約35分。
ナビゲーターの山本耕史氏が、国芳の弟子の芳宗に扮して江戸っ子風にガイドする
スペシャルトラックも、雰囲気があって楽しかったです。

展覧会場特設ショップで買ったのは、
猫や金魚など国芳っぽいモチーフの和三盆735円と、
「きん魚づくしぼんぼん」の絵柄のチケットファイル320円。
(「ぼんぼん」は後期に展示されるそう。楽しみ~♪)
1112190003 1112190002
国芳が猫好きだったということもあってか、
今回の展示やグッズの推しメンは猫!って感じ。
私は金魚や蛙や鳥推し(笑)なので、
そそられるグッズかあまりなかったのが、ちょっと残念・・・sweat02

没後150年歌川国芳展

*-*-*-*

ランチはヒルサイド1Fにあるこのお店で。

◆南翔饅頭店(なんしょうまんとうてん)
1112190005
上海に本店がある小籠包や点心のお店。
ランチタイムが11:00~17:00と長いので便利です。

いただいたのは、平日ランチAセット 1000円。
1112190006 111219007 111219008
中国茶、醤油味干しきりダイコン、豚肉入り小籠包6個に
麺か飯どちらか(今回は麻婆豆腐丼をチョイス)のセット。

小籠包は、熱々で肉汁たっぷり。
豚肉の味がどーんとくる、けっこうコッテリした味なので、6個だと多いくらい。
中国茶や干しきりダイコンで、口の中をさっぱりさせつついただくと
ちょうどいい感じでしたcoldsweats01

ぐるなび 南翔饅頭店 六本木ヒルズ

私のひばりちゃん&肉汁うどん⑦

まちぞう(野老澤町造商店-ところざわまちづくりしょうてん-)で行われた
「ミニひばりちゃん手作り教室」に参加してきました~♪
1112120001

「ひばりちゃん」というのは、所沢市広報職員のこのコ↓
02【所沢市広報マスコットひばりちゃん】
「ひばりぽーと ひばりちゃんの知っトコ!所沢案内」

ひばりちゃんが、市のおすすめのスポットや公共施設、イベントなどを紹介している
「ひばりぽーと」の大ファンなので(夏に「ひばポロ」でも記事にしたけど(^^;→
今日は、ホンモノのひばりちゃん(&カエルさん)にも会えて、大カンゲキっっheart04
1112120002 1112120003
細いアンヨで、しっかり自立できるひばりちゃん。
季節感たっぷりの手編みのクリスマス服がステキです。

さて、ミニひばりちゃん作りは、というと・・・
参加費500円で、こんなキットをいただき、
ひばりちゃんの生みの親の講師さんに教わりつつ、
切ったり縫ったり貼り付けたりhairsalon
1112120004
服やボタンや足の色を選ぶのに迷いまくったり、
クチバシや目の位置に悩んだり、と
作ることにめちゃめちゃ夢中になっちゃったので、途中経過の写真は無いけど(^^;、
2時間近くかかって、できあがったのがこのコ↓
1112120005
むむむ、ちょっとパチモンくさいかしら?coldsweats01

他の参加者さんが作ったミニひばりちゃん達と一緒に記念撮影camera
(クリックすると拡大します)
11121200060
同じ材料や型紙なのに、大きさや表情が違ってるのが、
手作りの醍醐味♪ですわね。

せっかくなので、レーシングリカともツーショット写真をcamera
1112120011 1112120010 
いいお友達になれそうですnote

実はリカ、ホンモノのひばりちゃん&カエルさんとも
一緒に写真を撮らせていただいたですよ~happy02
1112120007 1112120008
右の写真、ひばりちゃんが見切れててゴメンナサイですが(^^;。
ひばりちゃん&カエルさん、どうもありがとうございました~。

*-*-*-*-*

さてさて、教室が終わっての帰り道、
お昼ごはんは、盃横町(さかづきよこちょう)にあるこのお店で。

◆武蔵野うどん専門店 なか屋  肉汁うどん600円
1112120020 なか屋 肉汁うどん
11月15日に開店したばかりという、武蔵野うどんのお店。

埼玉県産の地粉100%といううどんは、
注文を受けてから茹で始めるので、できあがるまでちょっと時間かかかるけど、
カウンター席から、調理しているところを見ているのも楽しかったり。
麺は、つやつやなめらかで、ほどよい弾力、塩味ほんのりのキレイなお味。
私は普通盛りを頼んだけど、大盛りでもお値段は一緒だそうです。

化学調味料不使用というつけ汁は、ほどよい鰹風味で、
豚バラ肉、油揚げ、ネギの具がた~っぷり。
うどんとのバランスも良く、とてもとてもおいしゅうございました。

肉汁うどんの他にも、野菜汁うどんとか、にしんうどんとか、
おいしそうなメニューがあったので、
市の中心部に行く用事があるときはまた行ってみたいなあ。
(市のはずれに住んでいるので、中心街にはなかなか行く機会がないのよ~(^^;)

盃横町

お城見学

お城といっても、西洋のではなくて、戦国の、
しかも建物は残っていない城跡、ですが(^^;、
所沢市にある「滝の城(たきのじょう)跡」で行われた
第1次発掘調査現地説明会に行ってきました~。
1112100001 11121000001
所沢市の東部、柳瀬川と東川の合流点にある「滝の城」は、
室町時代に山内上杉氏の家臣・大石氏が築いたとされるもので、
後に、北条氏照の本城・滝山城の支城となったが、
豊臣秀吉の小田原攻めの際、浅野長政の攻撃を受けて落城したのだそう。

建物は全く残っていないけど、空堀などの遺構はかなりしっかり残っているこの城跡は、これから数年、発掘調査をしたあと、保存整備される予定だそうです。

今回の説明会は、発掘の途中経過と、城跡の遺構の解説で、
埋蔵文化財調査センターの方の解説を聞きつつ、城跡をぐるりとひとまわり。
わかりやすい&発掘調査のわくわく感が伝わってくるような説明で、
とても楽しゅうございました(^^)。

*-*-*-*

最寄りのバス停は、そのものずばり「城」!
(っていうか、このあたりの地名自体が「所沢市城」なんですね(@_@))
西武線・所沢駅から志木駅南口行きのバスに乗って約20分です。
1112100002

1112100005 1112100006
滝の城跡入り口。

*-*-*-*

現在は「ニの郭」を調査中ということで、発掘現場はこんな感じ。
(全体の写真を撮るのを忘れた(^^;)
1112100007 1112100008
右の写真は、トレンチされた箇所。
青いテープで示されているのが、もともとの地形、
赤いテープで示されているのが、城を築く時に盛り土された部分、だそう。
確かに土の色が違います(@_@)。

*-*-*-*

本郭跡に建っている城山神社。
1112100010 1112100009jpg
落城後は愛宕神社という神社が祀られていたんだけど、
明治41年に村内の神社を合祀した際に、
城跡の名をとって「城山神社」としたのだそう。

本郭から南東方面(清瀬方面)の眺め。
崖になっているので、見晴らしバツグン。
スカイツリーが見えることもあるんだとか。
地元では、初日の出スポットとしても、メジャーな場所らしいです。
1112100011

*-*-*-*

三の郭跡。
1112100014
北条氏は、普段はこのお城には住んでいなかったんだけど、
在城の時は、この三の郭で、家臣と共に茶の湯を楽しんだと言われていて、
茶飲み郭とも呼ばれているそう。
来年は、ここも発掘調査をするそうです。わくわく。

三の郭から、中堀(遊歩道になってます)を見下ろしたところ。
高低差は6mくらい?
1112100016

でもって、中堀におりたところ。
右側のこんもりした場所が三の郭。
1112100017

*-*-*-*

「血の出る松」の跡。
1112100018
この場所には、傷をつけると赤色の樹液が出る大きな黒松があって、
落城した際に討ち死にした城兵の血ではないかと言われていたそう。

asahi.comマイタウン埼玉 納涼スポット 所沢・血の出る松/弓持つ城兵・火柱・・・目撃情報も

*-*-*-*

「城」のバス停近くには、めっちゃ素朴なおだんごやさん(野村商店)があったので、
1本買ってみたり。
11121010 11121011
1本100円の焼きだんごは、もちもちのおだんごに、きりっとした醤油味が効いていて、
お城散策のお供にもぐ~good

あ、焼きだんごは、「埼玉ご当地B級グルメ王決定戦」に出場しちゃうくらいの
所沢名物なんですって。
(他に名物は無いのかsign02と思わなくもないがcoldsweats01

ちょこたび埼玉  埼玉ご当地B級グルメ王決定戦  所沢焼だんご(所沢市)

*-*-*-*

城跡&遺構に興味を持ったのは、この本がきっかけだったり。

◆城あるきのすすめ 春風亭昇太(著) 小学館

落語家さんだけあって、語り口は明るく楽しく、時にプッと笑ってしまうところも。
歌舞伎俳優・坂東三津五郎さんとの対談も、マニアックさ加減がぐ~goodです。

焼き鳥LOVE

すっかり寒くなりました。
こんな日は、やきとりで熱燗を一杯bottleなんていいですよねえ。
・・・ってことで、お気に入りの焼鳥屋さん。

◆やきとりたかの
1112020001 1112020002
川越市笠幡にある、建物は質素だけど(←失礼(^^;)、焼き鳥は本格派!な、
持ち帰り専門の焼き鳥屋さん。

やきとりは、若どり、ねぎま、とりレバー、かしら、かわ、なんこつなどの
9種類があって、1本120円~140円。
11120200031
備長炭を使って、生肉から丁寧に焼かれたやきとりは、
やわらかくジューシーで、
スーパーの店頭なんかで焼かれている焼き鳥とは
一線を画すおいしさでございますhappy02
おまけでつけてくれる味噌だれも美味。

*-*-*-*

ついでに、最近飲んでおいしい♪と思ったお酒ふたつ。

◆鶴見 白濁無濾過 1800ml 2100円
Photo
鹿児島県・大石酒造の芋焼酎。
「無濾過」なだけあって、芋の香りが濃厚で、
後口が「ねっとりおいしい蜜のような石焼き芋」のようなお酒。
といっても、別に焼き芋のように甘いわけではないので、
これだけで飲んでもよし、料理と合わせてもよし!
お値段もお手頃なのも、ぐ~でございます。

◆村祐 亀口取り 茜ラベル 無濾過本生 特別純米 1800ml 2835円
Photo_2
新潟県・村祐酒造の日本酒。
ブドウのような風味と甘みがあって、
グレープジュースのようというか、白ワインのようというか、
ちょっと日本酒っぽくない感じがおもしろいお酒です。
甘いんだけど、ほどよく酸味もあって、後口もすっきりしているので、
料理と合わせても違和感なしです。

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ