« さよなら第三舞台 | トップページ | ゴーカイジャーショー »

歌川国芳展(後期)

六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで開催されている
『没後150年 歌川国芳展』の後期展示を見に行ってきました。
(前期に行った時の記事はコチラ

日経新聞の特集や、BS日テレの「ぶらぶら美術館・博物館」でも
取り上げられたせいか(会場内でもその話をしている人がチラホラ)、
平日の午前中なのに、かなりの人が(@_@)。

BS日テレ ぶらぶら美術・博物館

前半部分は作品を間近で見るのに行列必至な状態だったけど、
後半は比較的人がばらけていたので、「金魚づくしぼんぼん」や、
東京スカイツリーのようなモノが描かれている「東都三ツ股の図」などは、
ゆっくりした気持ちで見られて、楽しゅうございました。

120202001
時代背景を知って細かい部分をじっくり見たら、
もっと楽しいだろうなあ、と思う作品が多かったので、
私にしては珍しく(^^;、図録も購入。お値段は2500円。
オールカラーで発色もキレイ。これからじっくり楽しみます♪

没後150年 歌川国芳展

*-*-*-*

帰りに立ち寄った書店で、ふと目にとまったので買ったみたマンガ。

◆「ひらひら 国芳一門浮世譚」 岡田屋鉄蔵/著

河に身を投げたところを国芳に拾われ、国芳の一門に入った武家出身の男
田坂伝八郎を中心に、国芳やその弟子達を描いたお話。

虚実を取り混ぜた渋い時代劇って感じで、粋でいなせで人情味あり。
国芳も弟子達も、その他の登場人物達も、とても魅力的に描かれていて、
実際もこんなだったんじゃないかなあ、と思いながら、とても楽しく読めました。

*-*-*-*

遅めのランチは、東京ミッドタウン近くのお店で。

HAVANA CAFE(ハバナカフェ) チミチャンガ 890円
120202002
六本木駅7番出口から歩いてすぐのところにあるメキシコ料理屋さん。
ランチは、スープとサラダとドリンクが付いていて、
ドリンクは同じ種類ならおかわり自由だそうです。

チミチャンガってのは、ジャンバラヤの揚げブリトー包み、って感じかしら。
上に乗っているワカモレ(アボカドディップ)や、
小皿に入ったサルサやサワークリームをつけながらいただくようです
(実は食べ方をよく知らない(^^;)。
ジャンバラヤには、大きめのチキンがごろごろ入っていて、
お味もぐ~だし、食べごたえもじゅうぶん。
お安くて満足!なランチでしたrestaurant

« さよなら第三舞台 | トップページ | ゴーカイジャーショー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13724/53917187

この記事へのトラックバック一覧です: 歌川国芳展(後期):

« さよなら第三舞台 | トップページ | ゴーカイジャーショー »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ