« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

魂の音楽

お友達(と勝手に思ってる(^^;)ベチコちゃんが出演するライブへ。
会場は西荻窪の「ビストロサンジャック」
1208310011 1208310021r
120831004
店内は、楽器を演奏するネコのイラストがたくさん飾られていたりして、
温かみのある雰囲気。
店名に「ビストロ」とついているだけあって、お料理もおいしゅうございました。
120831003←かつお刺身山かけ丼750円

で、ライブkaraokenote
キレイなメロディーに乗ったちゃんとした歌なんだけど、
「曲の付いた詩」みたいというか、
歌詞がこちらに向かってまっすぐ飛んでくるような印象の早川氏のボーカル&ピアノに、
ベチコちゃんの、深くて真摯で静かに激しいバイオリンの音がからまって、
濃厚&かっこよかったっすheart01
ちょっと宇野亜喜良の絵とかを連想したり。
表現する人ってすごいなあ、と改めて思いました。

出演のおふたりについての詳しい情報はこちらをチェックチェック!
早川義夫公式サイト
磯部舞子 Web Site

*-*-*-note-*-*

終演後は、西荻窪に詳しいけちょもぐさんご夫婦に案内していただいたお店で、
ちょっと一杯。

◆西荻窪 しんぽ
120831006

120831005 120831008 120831007 120831010r
おいしそうなラインナップのお酒とおいしいお料理に大感動。
ごちそうさまでしたっhappy02

男前デビュー★セット

UNOフォグバーの「男前デビュー★セット」。798円。
120828001 120828002
フォグバーに、オリジナルハンドタオルと
「UNOフォグバー×オー!マイキー」スペシャルDVDが付いているというので、
マイキー見たさに、ついふらふらと買ってしまいました(^^;。

資生堂 UNOフォグバー

OH!Mikey!

あ、「オー!マイキー」っていうのは、
マネキン人形のアメリカ人家族「フーコンファミリー」が繰り広げる
短編ブラックコメディドラマ。
登場するのはマネキン人形ばかりで、
動きや表情があるような無いようなシュールな映像と、
棒読みのような(?)セリフが魅力的なドラマです。

フォグバーのDVDも、短いけど、フーコンファミリーらしさ満載。
くすくすっと笑わせていただきました♪
タオルも、しっかりしていて、なかなかようございましたよ。

フォグバーって、男性向けのイメージがあったけど、
手軽にクセづけできるので、女性が使っても便利そう。
(サイトには、「女の子のフォグバー」なんていうコンテンツもあるし)
せっかく買ったんで、いろいろ試してみようと思います(^^;。

*-*-**

そうそう、フーコンファミリーは、村内ファニチャーアクセスのCMにも出演中だそう。
村内のサイトでも、動くマイキーが見られますよ♪↓
村内ファニチャーアクセス CMギャラリー

其礼成心中

三谷幸喜氏が作・演出した文楽
「其礼成心中(それなりしんじゅう)」を見に、渋谷のパルコ劇場へ。
120820001
あ、文楽っていうのは、人形浄瑠璃とも呼ばれる
人形と太夫(語り)と三味線が一体となった総合芸術・・・で合ってるかな?(^^;

パンフレットは2000円で、床本(台本)付き。
B6サイズで、かさばらないのもうれしかったり。
120820002
お話は・・・
近松門左衛門が実際の事件を元に書いた『曽根崎心中』が大ヒットしたせいで、
心中のメッカとなった天神の森。
その森の入り口にある饅頭屋の夫婦と、心中にやってくる男女が繰り広げる
人情コメディ・・・ってとこかしら。

文楽の公演は、大阪にいる頃に数回見ただけで、そんなに詳しくはないんだけど、
この作品は、古典作品とくらべると、語りのテンポが早いし、
言葉も現代語の関西弁(「逆ギレ」とか「カミングアウト」やらのカタカナ語もありsign01)で
聞き取りやすく、すんなりお話の世界に入れてよかったです。

人形の動きもちょっと現代っぽい感じ。っていうか、
文楽人形にあんなに笑える動きができるなんて!とびっくり。
(じたばたするおふくちゃん、めっちゃかわいかったしheart04

義太夫も、語っている太夫はひとりなのに、瞬時に声色を切り替えるので、
複数の人がしゃべっているように聞こえるのにびっくり。
(古典の時は、言葉を聞き取ることに一生懸命で、そこまで気がつかなかった(^^;)

と、あれこれびっくりしつつ、いっぱい笑えて、ちょっぴり泣けて、
ホント、めちゃめちゃ楽しめました。
この作品を見て、「曾根崎心中」や「心中天網島」も見てみたくなったし、
こういう新作がもっと増えるといいのになあ。
それに、こんなに面白いのに、文楽の本場・大阪での公演が無いなんて、
もったいないような。

【蛇足(笑)】
大阪在住時代に見た文楽についての記事↓
大阪びっくり日記スクラップブック 2003/04/21文楽、見てきました
ちきんばすけっとぶろぐ 2004.07.23 文楽デー

*-*-*-*-*-*

ランチは、文楽とは全く関係なくw、暑かったのでエスニックなこのお店で。

ホァングン 渋谷スペイン坂店 ランチセット(チャーハン&フォー) 680円
120820003
パルコパート1とパート3の間にあるベトナム料理屋さん。
ランチのセットは、数種類あって、どれも680円でした。

今回いただいたのは、鶏肉のフォーと、チャーハンのセットで、
サラダと生春巻きと杏仁豆腐付き。

おいしくて、そこそこボリュームもあって、大満足でした。
+200円で、ベトナムコーヒーや蓮茶、タマリンドジュースなど、
ベトナムっぽいのドリンクがつけられるのもうれしいです。
ベトナムコーヒー、甘~くておいしゅうございましたよ(^^)。

ひつじや

お友達から「なんか美味しいもの食べに行かない?」とメールが来たので、
仕事帰りに池袋へ。
ビアガーデンにもそそられるけど、夕立が来そうだし、
なんか羊肉の気分だよねariesってことで、
近くにあるもうひとつのお店とどっちにするか迷った末、
シンプルな店名にひかれて(?)、こちらのお店へ。

◆ジンギス館ひつじや
120811001
池袋駅西口から歩いて5分くらいのところにあるジンギスカンのお店。

まずは、生ビールに、上ラム肉のたたき1100円と、
ジンギスカンセットを2人前(900円×2)注文~。
120811002
たたきは、柔らかくて、さっぱりしているけど甘みもあって、めちゃうま♪

ジンギスカンセットは、野菜もたっぷり。
お肉は、ちょっと赤いところが残る焼き具合でも食べられる鮮度のものだそう。
120811003 120811004
臭みのない柔らかいお肉と、お店特製のタレがよく合っていて、
エンドレスで食べ続けられそうなおいしさ。

ってことで、更にお肉を2人前追加up
120811005
その後、ビールをもう1杯ずつと、ジンギスカンセットをもう1人前、
ジャガイモ料理を1品食べて、ひとり3000円ちょっと。
ビアガーデンより安くて、おいしくて、大満足happy02でした。

ぐるなび ひつじや
 10%OFFのクーポンありyen

*-*-*-*-*

ついでに。
池袋で見かけたガチャふたつ。

◆ほっケース 200円
120811020 120811021
東急ハンズでガチャnote
魚の干物のカタチをした小物入れで、
ホッケ、アジ、サンマ、キンメ、カキ、ホタテの6種類があるみたいです。
(写真のはキンメ)
ちっちゃい(長さ12cmくらい)のに、ファスナーで開閉できるようになっていて、
ちゃんと小物入れとして使えるのがスバラシイです。

調べたら、大きいサイズのもあるみたい。
妄想工作所 ほっケース

発案者さん?のこの記事もすごいぞ~sign03
@nifty:デイリーポータルZ:ホッケはペンケースに似ている

・‥…━━━…・‥

トイカメラエフェクトレンズマスコット 200円
120811030
ヤマダ電機でガチャnote
ケータイのカメラと合わせると、おもしろ効果のある写真が撮れるというもの。
トイカメラ風、マリン、複眼、アクティブ、キラキラ、クローズアップと、
色違いで6種類あって、黄色のこれは複眼レンズ。

人形に合わせたらどうかな、と思ってガチャってみたけど、
1/6サイズさんには、ちょっと大きすぎかな(^^;。
120811031 120811032

ケータイにつけて撮ってみると、こんな感じに。
120811033
おもしろい写真にはなるけど、使い道あるかしら?(^^;

下町夕涼み

江戸東京たてもの園の下町夕涼みへ。
120805001 120805005
普段は午後5時半で閉園してしまうたてもの園だけど、
この日は午後8時半まで開いていて、
盆踊りや屋台など、いろんな催しが楽しめるのが魅力。
浴衣で行くと入園料(400円)が2割引になるのもウレシイです。

(昨年の下町夕涼みの記事はコチラ

童心に返って紙芝居を見たり、月光仮面さんを目撃したり、
12080509 120805004

屋台であれこれ買い込んで、食べたり飲んだりしたり。
1208050031 12080522 12080520_2
1960年代の味とデザインを再現したという復刻版三ツ矢サイダーと、
ケーニッヒのソーセージとドイツビールと、出茶屋のアイスコーヒー。


居酒屋「鍵屋」も、営業中~。
120805006 P1000654
私たちは昨年入ったので今年はパスしたけど、
入った友人に聞いたら、今年はおつまみが乾き物だったそうな。

見るたびに住んでみたいなーと思う「前川國男邸」と、
なんだかなつかしい気持ちになる「三井八郎右衛門邸」(たぶん(^^;)。
120805008 120805007

写真はないけど、江戸時代に建てられた農家の建物(吉野家)でやっていた
電子音楽のライブも、野外フェスのようで、とても良い雰囲気でした♪

【来年のための持ち物メモ】
●虫よけスプレー ●ウェットティッシュ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ