« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

ロイヤルポールウインナー

こちらのスーパーでよく見かける
伊藤ハムのロイヤルポールウインナーソーセージなる商品。
121026001 121026006
スーパーのセールの目玉商品になってたりもするけど、
関東にいた頃は見たことがなかったような・・・???と思ったら、
消費量の90%以上が関西圏なんだそうで(@_@)。
(実はずっと、ロイヤルというメーカーの「ポーク」ウインナーだと思いこんでました(^^;)

ってことで、これは大阪にいるうちに食べておかなければ!と買ってみました(笑)。
買ったのはスギ薬局。お値段は1袋(10本入)378円でした。
121026002 121026004

ロイヤルポールウインナー 121026003r
見た目は、おやつタイプの魚肉ソーセージ?って感じだけど、原材料は畜肉がメイン。
ギョニソより脂分があって、味も濃厚。口当たりもちょっとざらっとしてます。
強いて言えば、朝マックのソーセージとか、マルシンハンバーグの味に近いかな。
食べごたえがあるし、日持ちもするので、冷蔵庫に常備しておくと便利かも(^^)。

伊藤ハム 商品情報 ロイヤルポールウインナー

伊藤ハムポールウインナー商店
 掲示板には、関西以外の地域での取扱店情報あり。

◆伊藤ハム 楽天市場店↓

アヒルちゃんと花子さん

水都大阪2012開催中の中之島公園へ。
1210190001
会場までは淀屋橋駅から川沿いにてくてくshoe
ちょっと品川あたりを思い出したり。
1210190002

*-*-*-*

公園内。
黒くてスタイリッシュな建物は、この期間限定の「中之島ホテル」。
1210190003 1210190004
暖かみのある雰囲気で、居心地が良さそうなお部屋だけど、
なんと、このホテル、公衆トイレの一部を取り込んで作ったモノなんだって(@_@)。
そういえば、壁面にはトイレで見かけるあのマークが・・・toilet
1210190005 1210190006
クローゼットに見える扉も、普段は掃除用具が入っているところなんだそう。
宿泊はアメニティ(バスローブやタオル)買い取りで1泊1万円だとか。
泊まるには、かなりの倍率をくぐり抜けなければならなかったみたいだけど、
うーむ、泊まってみたいような、ちょっと勇気がいるような・・・?(^^;

ホテルでない側は、普通に公衆トイレとして使われてました。
1210190007

川側からみたホテルはこんな感じでした(って、写真がちっちゃくてわからないですね(^^;)。
1210190044

*-*-*-*

ばらぞの橋横にいた「ラバーダック」ちゃん。
オランダのアーティスト、フロレンタイン・ホフマン氏の作品で、高さは9.5mだそう。
1210190010 1210190012
目の覚めるような黄色に、つぶらな黒い瞳。
どんなに大きくなっても、かわいいモノはかわいいのねheart01

ばらぞの橋の周辺は、その名の通りバラ園になっていて、いろんな種類のバラが咲いてました。
2012_1019_113541aa 2012_1019_104333aa 2012_1019_113108aa 2012_1019_113512aa

1210190013 1210190019
バラにも負けない存在感のアヒルちゃん。すごいです。

*-*-*-*

こちらは芝生広場に立っていた『イッテキマスNipponシリーズ”花子”』さん。
1210190020
こちらも存在感大でした。でも可愛い(#^.^#)。

*-*-*-*

バラのシーズン限定の小型船クルーズは乗船料1000円。
1210190030

「小型船」なので船はこんな感じ。私が乗った回は、乗船者8人でした。
1210190031 1210190032

天神橋(他の橋にくらべて、骨組みが美しいshine)をくぐり、
1210190033 1210190034
中之島公園剣先の噴水を見て、
1210190035 1210190036
花子さんの後ろを通り、
1210190037
ラバーダックちゃんのすぐ横を通り、
1210190039 1210190038
中央公会堂を眺めて戻る、約25分のクルーズ。
1210190042
青空の下、とろんとした水の上を走る船に乗って見る大阪の景色は、
なかなかいいものでございました。
大阪には、川を走るいろんなクルーズがあるみたいなので、他のコースも乗ってみたいなあ。

*-*-*-*

中之島公会堂前に出ていた屋台で買った小龍包500円。
TV番組「料理の鉄人」で鉄人を制した料理人、程一彦氏のお店「龍潭」のものだそうです。
以前は梅田にお店があったけど、まだあるかしら?とスタッフの人に聞いてみたら、今はお店はなくて、自宅で完全予約制でやっているんだそう。
1210190050 1210190051r
小龍包、ミニ小籠包×2、エビ水晶、餃子風小龍包?の5コ入り。
それぞれ違う味わいでジューシー。めちゃめちゃおいしゅうございましたhappy02

龍潭
デパートの催事で買えるチャンスがあるみたいなので、機会があったら買おうっと。

丹波篠山で秋の味覚満喫♪

食欲の秋riceballmaple
大阪にいるなら、丹波篠山の黒豆枝豆や栗は外せないよね、ってことで、
「丹波篠山味まつり」に行ってきました。
1210140001

丹波篠山味まつり 公式サイト

(2007年に篠山味まつりに行ったときの記事はコチラ

篠山までは、うちからだと一般道を使っても1時間半くらいなんですが、
しばらく大阪を離れていたためか、所要時間を読み間違えて、早く着きすぎちゃったので(^^;、お店が開く時間になるまで、篠山城跡を散策したり。

建物は復元した大書院しかないけれど、
よく整備されていて、説明板もわかりやすく、楽しい場所でした>篠山城跡。

青空と石垣。ちょっと外国みたい?
1210140002 1210140003
石垣石の刻印は、江戸幕府の命により築城に参加した諸大名が、
それぞれの符牒や紋を刻んで、その所有を明らかにしたもの、だそう。
けっこうたくさんあったので、刻印探しも楽しいかも。

*-*-*

ほどよい時間になったので、
味まつり会場&市内のお店で、買ったり食べたり。

◆猪焼 500円
12101400041r 1210140005
赤身部分はほどよい噛みごたえ、脂身部分はサックリとした食感。
臭みは全くなく、しっかりした味わいで、とても美味しゅうございました。

-----

◆大正ロマン館 とろろ揚げ300円 とろろ汁200円
1210140007r

1210140008 1210140009
どちらも篠山特産の霧芋(山芋)使用だそう。
とろろ揚げは、きめ細かでトロッふわっな食感の揚げとろろに、
銀あんがよく合っていて、とても美味。
海苔がまたいいアクセントになってました。

とろろ汁は、赤味噌の汁に、もっちりした食感のとろろが入って、こっくりした味わい。
この汁に、さっき食べた猪焼を数枚入れたら、さらにおいしいかも~なんて思いましたが、それじゃぼたん鍋になっちゃうか(^^;。

-----

◆くりの里 丹波栗ソフトクリーム300円
1210140018

1210140019 1210140020
丹波栗をつぶして作った栗あんこを練り込んだソフトクリーム、だそう。
栗味濃厚。
もったりと重めな食感で、食後は、「ソフトクリームを食べた」というより、
「冷たいケーキを食べた~happy02」って感じの満足感がありました。

*-*-*-*

ここからは持ち帰りで。

◆角清 鯖寿司1500円
1210140021rr

1210140022 1210140023
二階町にあるお寿司屋さん。
肉厚でねっとりした食感の鯖と、少し甘めのすし飯がよく合っていて、とてもおいしい鯖寿司でございましたhappy01
しっぽ側までこんなにジューシーな鯖寿司って、これがはじめてかも。

-----

◆潯陽楼(じんようろう) 松茸飯800円
1210140027 1210140028
二階町にある料理旅館。
じんわりおいしいお味のごはんに、シャキシャキとした食感の松茸入り。
これでおにぎりを作って、秋の野山散策のお供にしたらシアワセになれそうな、
そんなおいしさでした。

-----

◆京丹波 焼ポン1000円
1210140015rrr

1210140016 1210140017
栗を特殊圧力製法で焼き上げているそうで、
焼き上がる時の音や雰囲気は、お祭りの時によく見るポン菓子みたいな感じでした。

焦げた皮の色と香りが、いかにも焼き栗~って感じ。
ほっこりねっとり、栗の自然な甘みが感じられて、とても美味しゅうございました。

-----

◆「小西のパン」の黒豆パン3個525円と 「パンのプー」の黒豆パン3個360円
1210140010r 1210140012

1210140013 1210140014
「小西」のは、きめ細かでふんわりで、小公女の甘パンのイメージ、
「パンのプー」のは、無添加でもっちりやわらか、ハイジの白パンのイメージ。
それぞれ違ったおいしさで、楽しかったです。

-----

◆丹波黒枝豆 1kg700円くらい
1210140025 12101400251
丹波黒大豆を、黒豆になる前の青いうちに収穫したもので、
買えるのは10月上旬から下旬までの約1ヶ月だけ。
ねっとりした食感と、ほんのり感じる甘みが美味。

-----

食べ物ではないけれど。

◆青木百貨 パンかご(?)1280円
1210140030

P1000882_2 1210140031

1210140032
二階町にある雑貨(?)屋さん
店頭には、カゴやザルなどの他、超レトロ~なブリキの虫かごなんかも置かれてました。中はちらっとしか見なかったけど、昭和雑貨の宝庫!だそう。
また篠山に行くことがあったら、中もじっくり見なきゃ。

銀英伝@宝塚

『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』を見に、宝塚大劇場へ。
大劇場付近には自転車散歩で行ったことがあるけど(その時の記事はコチラ(^^;)、
中に入って歌劇を見るのは初めてなので、ワクワク。

阪急宝塚駅から宝塚大劇場までは「花のみち」をてくてく。
1210041 1210042
道沿いには、宝塚関係のおみやげ屋さんがあったり、
「ベルサイユのばら」などの銅像があったり、花のペイントがされていたり。
「お嬢さま」って感じのお洋服(でもコプレではないっぽい)の人や、
背広に帽子にステッキの老紳士、「大おくさま」って感じの着物の人なんかも歩いていて、なんだか少女漫画の世界に迷い混んだようでした。

10分くらいで宝塚大劇場に到着。
1210043
レストランやオフィシャルショップまでなら、公演チケットを持っていなくても入れます。

客席はこんな感じ。
1210044
今回はB席(2階席)の後ろの方でしたが、傾斜が急になっているので、
前の人が全く気にならず、舞台もよーく見えてよかったです。

開演直前のステージ。
1210045

あ、「銀河英雄伝説」(略して「銀英伝」)というのは、
銀河を舞台に繰り広げられる戦いと人間ドラマを描いた田中芳樹氏のベストセラーSF小説。
登場人物が多いし、人や組織の関係もめちゃめちゃややこしいのですが、
宝塚版では、小説やアニメ版を知らない人にも、わかるように作られていたので、
ストーリーで迷子になることもなく、とても見やすかったし、
登場人物の深みや苦悩もちゃんと描かれていて、胸にぐっと来るところもあり。

何より、衣装や舞台装置の豪華さとキャストの人数の多さ
(レビューの時はいったい何人出てくるの~?と思ったよ(^^;)&美しさ&
キラッキラshine感がハンパなく、なんだか夢の世界のようでした(^^;。

思ってたよりずっとずっとおもしろくて楽しかったので、
これからも気になる公演があったら行っちゃうかも>宝塚歌劇。
やっぱり、伝統あるものはすごいです。

宝塚歌劇

*-*-*-*

ランチは、劇場内のレストラン「カフェテラス」で、
公演ごとに内容が替わるという「レビュ-ランチ」1200円を。
1210046 1210047
スープ、サラダ、パンかライス、デザート、ドリンクのセット。
メイン料理は「チキンクラボーデン 完熟トマトのソース 星のパイを散りばめて」だそう。
お味は、まあ、普通でしたが(^^;、歌劇の映像を見ながらのんびりお食事できてよかったです。

さよならさいたま、まさかおおさか

というわけで(?)。
4年と2ヶ月の間、のほほーんと所沢で暮らしておりましたが、
家族がまた転勤になり、またまた大阪に住むことになりましたcoldsweats01

埼玉でお世話になったみなさま、ありがとう~heart04weep
121001003 121001002
トコロードの「トコちゃん」のことや、
ご当地娘「萌えにゃんこ」のことは、ずっとずっと忘れません(笑)。
あ、ひばりちゃんのこともね。

萌えにゃんこ観光協会/facebook


そして。
大阪のみなさま、出戻りですが、またよろしくお願いしまーす。
121001004r
↑気に入っていたのに、前回の大阪暮らしの時には写真を取り損ねていた標語。
今回撮影できて満足っす(笑)。

121001001
送別会でいただいた花束。
かわいらしい色合いなのに、バックを暗くしたら、ちょっとコワい雰囲気になっちゃった(^^;。

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ