« お酒の仕込み体験と近江の料理 | トップページ | 新聞回収袋 »

陶芸体験

滋賀県立安土城考古博物館とまんなかの会が協働した酒の文化を紹介するツアー 「旨し酒 醸し醸され冬景色・春景色」の第2回「 ぐい呑造りと豪快松明鍋」に参加してきました~happy01bottle
(第1回の記事はコチラ

滋賀県立安土城考古博物館
滋賀の旅と観光を考える まんなかの会

*-*-train-*-*

集合は前回と同じく、JR安土駅。
1301270001 1301270002
駅前ロータリーでは、信長さんが
♪人生~、五十年~♪と、能の「敦盛」を舞って?お出迎えしてくれてます。

まずは、安土城考古博物館へ。
1301270003
この写真なら、博物館の建物のかっこよさが伝わるかしら、どうかしら?(^^;

ここでは、「オールドバイオテクノロジー 酒造りの文化史」というテーマの講座を聴講。
醸造酒の発酵技術の違いや、日本酒の酒造りの行程などを、詳しく知ることができて、
今までよりいっそう日本酒と仲良くなれた気がします(^^)

*-*-rvcar-*-*

お次は、「水茎焼き陶芸の里」で、陶芸体験。
1301270004

手回しろくろを使って、ぐい呑みの作成です。
1301270006 1301270005
粘土の固まりをこねこねぐるぐるして、好きな形のぐいのみに。
作り方がわからなかったり、上手くできなかったりした時は、
インストラクターさんが手伝ってくれるので、作業自体はそんなに難しくないんだけど、
どんな形にするかとか、どこで「もうこれでOK」と判断するかとか、
感性や決断力が問われるところが、私には難関でした(^^;

で、感性と判断力を使いまくった結果がコレ↓(笑)
1301270007
いびつに歪んでるのは、あえて、なのよ~w
この後、乾燥して、上薬を塗って、焼成して、
3月のツアーの時までにできあがるそう。
どんな雰囲気のぐいのみになるのか、楽しみです♪

水茎焼 陶芸の里

*-*-*

お昼ごはんは、豪快!松明鍋happy02
13012702r130127031
鍋にドボドボと日本酒を入れて沸騰させ、
沸騰したら火を付けて、一気にアルコールを飛ばし、
まずは豚肉だけを入れてポン酢で、次にだし汁と野菜を入れていただき、
締めにはラーメン投入!なお鍋。
13012704 13012705
豚肉が、ふんわり柔らかくなって、めちゃめちゃおいしゅうございましたよ(^^)
13012703
パーティーとかで作ったら、
キャンドルサービスみたいで盛り上がりそう。

*-*-train-*-*

・・・ってなところで、ツアー終了。

帰りは、大都市近郊区間の特例を利用して、ちょこっと大回り乗車。
130127100j←クリックで拡大します

近江八幡から新大阪まで、通常は青い線のルートのところを、
赤い線で示した、近江八幡-(琵琶湖線)-草津-(草津線)-柘植-(関西本線)-木津-(大和路線)(大阪環状線)(東海道線)-新大阪、で。
1302127021 130127020
関西本線に非電化(ディーゼル)・単線の区間がある、とか、
甲賀は「こうが」ではなくて「こうか」とか、
柘植は滋賀県ではなくて三重県伊賀市とか、
知らなかった土地を旅するのは、とても楽しゅうございました(^^)

« お酒の仕込み体験と近江の料理 | トップページ | 新聞回収袋 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13724/56667189

この記事へのトラックバック一覧です: 陶芸体験:

« お酒の仕込み体験と近江の料理 | トップページ | 新聞回収袋 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ