« チキンライス | トップページ | 近江の本いろいろ »

オリジナル地酒の宴♪

滋賀県立安土城考古博物館とまんなかの会の、酒の文化を紹介するツアー
「旨し酒 醸し醸され冬景色・春景色」の第4回
「陽春の西の湖巡りとオリジナル地酒を味わう宴」へ。
今回も、かなり盛りだくさんな内容で、充実の2日間でした。

滋賀県立安土城考古博物館
滋賀の旅と観光を考える まんなかの会

前回までの記事はコチラ↓
 ・2013.01.13 お酒の仕込み体験と近江の料理
 ・2013.01.27 陶芸体験
 ・2013.02.23 早春ひなめぐり

*-*-*-bus-*-*-*

今回は1泊2日の日程なので、集合は午後1時過ぎ。
ってことで、集合前に、ちょこっと腹ごしらえ。

◆そば処 さわえ庵
1303100001
安土駅前にあるお蕎麦屋さん。
安土町のある近江八幡市の隣町、竜王町のそば生産者の直営店だそう。

いただいたのは、お昼のいなりセット700円と、おすすめという近江牛肉そば(温)1000円。
1303100003 1303100002r
お蕎麦は、細目で、やさしい口あたり。
つゆは、関東のキリっとした感じとはまた別の、すっきりした味わい。
するっといただけるざるそば、ジューシーな牛肉が食べごたえありの牛肉そば、
どちらもおいしゅうございました。
いなりずしも、甘くてふんわり柔らかくて美味でしたよん(^^)

*-*-*-bus-*-*-*

集合後は、解説を聞きつつ、安土城周辺の神社めぐりshoe

石部(いそべ)神社
1303100006 1303100007
百々橋(どどばし)から安土城に上る途中(といっても、現在はこちら側からは城趾には行けないみたいだけど)にある神社。
拝殿の床は土間。
城下の町並みの向こうは琵琶湖、そのまた向こうは比叡山。

*-*-*
 
新宮大社
13031000090 1303100010
こちらも拝殿は土間。
屋根は、茅葺きかと思ったら葦葺きだそう。

*-*-*

沙沙貴神社
1303100011 1303100012 1303100014 1303100015  1303100017 1303100019
佐佐木源氏の氏神さま。
広い境内に、どっしりした社殿の、かっこいい(という表現で良いのか?(^^;)神社でした。

祀られている少彦名神(すくなひこなのかみ)さまは、ものづくりの神様ということで、
栽培・豊作・醸造祈願がされていたりも。
130310000001 1303100016
神さま、これからもおいしいお米とお酒をお願いします~happy01

*-*-*-bus-*-*-*

神社めぐりの後は、安土城考古博物館で、展示を見たり、講座を聞いたり。
1303100020 1303100022
酒瓶の展示も17日までということなので、もういちどじっくり見直し。
中身は入っていないのに、ちゃんと封がされている酒瓶って、
考えてみたらかなり貴重かもsign03

*-*-*-bus-*-*-*

お次は、船に乗って、西の湖(にしのこ)遊覧。
1303100023r 1303100029
あ、西の湖というのは、琵琶湖最大の内湖(ないこ)で、
「内湖」というのは「琵琶湖本湖と切り離されてはいるが、
本湖(外湖)に水路などで通じている湖沼のこと」だそう。
1303100024 1303100027 1303100028
葦が茂る夕暮れの水郷を、船でのんびりめぐるのは、
風情があって、とてもよかったです。

島真珠水郷観光船部

1303100030 1303101
島真珠さんでは、淡水真珠の養殖もしているんだそう。
右の写真の白い柵のようなものが立っているところ(って、わかりづらいですが(^^;)が、
淡水真珠(イケチョウガイ)の養殖場だそうです。

*-*-*-bus-*-*-*

1303100031
夕日を眺めながら、本日の宿泊先へ。

休暇村近江八幡
1303100032
琵琶湖畔に建つお宿。
お部屋は、西館の8畳の和室。窓の外は琵琶湖。
1303100033 1303100034

夕食は、1月に仕込んだお酒と自作のぐいのみで、大宴会bottleshine
1303100036 1303100070
お酒は、口に含んだ瞬間のやわらかさと、後から効いてくる辛さが絶妙で、想像以上のおいしさ。
ぐいのみは、想定以上にごつごつしちゃったけど(^^;、、
形が歪なことで、口をつける場所によって、同じ酒を違う味で楽しめる
(丸い部分から呑むと甘口に、角張った部分から呑むと辛口になる(@_@))
おもしろい器になりました(自画自賛w)。

1303100037 1303100038 1303100039 1303100040
お料理も、鮒ずしにモロコに小鮎に、近江牛のすき焼きと陶板焼き、
鴨と鹿の薫製と陶板焼き・・・と近江の食材満載。
この他に、天ぷらや小鉢、近江牛のローストビーフやシチュー、サラダにフルーツなどなどなど、種類豊富なバイキングもあって、おなかいっぱい、大満足でした。

*-*-*

朝食もバイキング。
1303100041 1303100042
和食派も洋食派も満足happy01の品揃え。
湖魚の佃煮は、とてもおいしかったので、おみやげにも買いましたよ。

山甚水産 しじみの佃煮630円
1303100060  1303100061
程よい甘さとしょっぱさで、ごはんにもお酒のアテにもぴったりのおいしさ(^^)。
冷凍もできるので、常備しておくと便利かもflair

*-*-*-bus-*-*-*

ってなところでツアー終了。

翌日はオプション(といっても、施設の入館料以外は無料)で、
ボランティアガイドさんに案内していただきながら、近江八幡の街を散策shoeshoe

新町通り
1303100052 1303100053
伝統的建造物群保存地区になってるそう。
見越しの松のある商家の並ぶ、趣ある通り。

旧伴家住宅
1303100050 1303100051

八幡堀(はちまんぼり)
1303100055 1303100054
時代劇のロケにもよく使われているそうな。
(鬼平犯科帳のエンディングとか剣客商売とか)

日牟禮八幡宮(ひむれはちまんぐう)
1303100056 1303100057

ひととおりの見どころが見学できて、
自分で見ただけではたぶん見逃してしまうであろう部分の
詳しい説明が聞けたので、とてもよかったです。
今回はお天気がいまいちだったので、
今度はお天気の良い日に、食べ歩きなどしながら、ゆっくり歩いてみたいなあ。

« チキンライス | トップページ | 近江の本いろいろ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13724/56947045

この記事へのトラックバック一覧です: オリジナル地酒の宴♪:

« チキンライス | トップページ | 近江の本いろいろ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ