« 愛媛みやげ&伊予西条でごはん | トップページ | 飴ちゃん »

柱のきずは おととしの~♪

5月5日は端午の節句。

童謡『背くらべ』(海野厚作詞 中山晋平作曲)にも
♪粽(ちまき)たべたべ 兄さんが 計ってくれた 背のたけ♪
と歌われている「ちまき」ですが、
両親が新潟出身の私にとって、「ちまき」と言えばコレでした↓
(手持ちの画像に適当なのが無かったので、楽天にリンクしてます。)
 

でもって、大阪に来て、スーパーで見かけた「ちまき」はコレ↓
130505001 130505002
130505003
販売者は、愛媛県八幡浜市の株式会社あわしま堂

形も違うけど、中身も、越後ちまきは、もち米が蒸されたもの、
大阪で買ったのは、甘~いういろうのようなものと、全然違う~。
この形のちまきは、祇園祭の時にも見たけど、
あれって飾るだけのものじゃなくて、食べられるものだったのかあ、とちょっとビックリ。

そういえば、埼玉にいる頃、こどもの日にスーパーでちまきなんて売ってなかったような・・・?
と思って調べてみたら、端午の節句に食べるものは、
地方によって、柏餅派と粽(ちまき)派、ふたつの混在派に分かれるらしく、
「図説 和菓子の今昔(青木直己・著 淡交社)」という本によると、
埼玉は柏餅派、新潟と大阪は粽派なんだそう。
(ちなみに。近畿地方でも兵庫や和歌山は柏餅派。
関西が全部粽派というわけではないのが、おもしろかったり)

粽そのものも、新潟タイプ、京阪タイプの他にも、いろいろな作り方があるみたいで、
包み方も、三角だったり、四角だったり。

鹿児島のあく巻は、羊羹のような四角形。
山形庄内地方の笹巻は、新潟と同じ三角形だけど、煮るときに木灰を使うので、お米の色が黄色に!(@_@)

ついでに、和菓子の老舗とらや(京都で創業、現在は東京が本店)では、
柏餅も粽も、関東と関西で中身を変えているという事も発見(@_@)
とらやブログ 端午の節句に『柏餅』と『粽』はいかがでしょうか

新潟のちまきは、きな粉をつけながら食べるので、
「ちまき食べ食べ」背を計ったら、あたりにきな粉がこぼれて大変だろうに、とか思ってたけど、大阪のちまきなら、そんなことにはならないんですね(^^;

ってことで、同じ「背くらべ」を歌っていても、イメージするものは、
地方によってかなり違うのかもしれません。

「背くらべ」の作詞者の海野氏は静岡県出身で、この歌の舞台も、2番の歌詞に富士山が出てくるから、たぶん東日本。
どんな粽をイメージして詞を書いたのか、気になります。

もっとじっくり調べたらおもしろいと思うけど、とりあえず今回はここまでっ(^^;

*-*-*

【参考資料】

日本経済新聞 ちまきvsかしわ餅 端午の節句の定番、東西差の謎

◆図説 和菓子の今昔(青木直己/著 淡交社)

All About 「端午の節句」柏餅と粽の謎と魅力

« 愛媛みやげ&伊予西条でごはん | トップページ | 飴ちゃん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13724/57346501

この記事へのトラックバック一覧です: 柱のきずは おととしの~♪:

« 愛媛みやげ&伊予西条でごはん | トップページ | 飴ちゃん »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ