« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

夏の京都でごはん&お散歩

京都のお気に入りのお店に呑みに行くついでに、
祇園界隈をぶらぶらしてきました。

*-*-*-*

お花見散歩の時と同じく、梅田からは阪急の快速特急「京とれいん」でtrain

13072700001 1307270002

1307270003jpg 13072700041
前回乗った6号車は、麻の葉をイメージしたグリーンの座席だったけど、
今回乗った4号車の座席は、畳の背もたれか畳地になったタイプ。
2人用のボックスシートもあるので、ふたりでも半個室気分が味わえてよかったです。

*-*-*

7月の京都は、祇園祭の真っ最中。
八坂神社に「祇園祭」の幟がたっていたり、お店の軒先や商店街に提灯が飾られていたりで、お祭り気分を味わえます。
とはいっても、山鉾巡行や神幸祭のような祭事は、あらかた終わっちゃってるんですが(^^;
1307271r 1307270007

1307270005 1307270006
花見小路や白川通りで写真を撮りつつふらふら。
「京都の夏は油照り」とか言うけれど、時折通る風はひんやりしているので、
私には大阪の街中より涼しく感じられましたsmile

*-*-*

◆祇園甲部歌舞練場(ぎおんこうぶかぶれんじょう)
1307270010
毎年4月に行われる「都をどり」の舞台となる、京都の花街「祇園甲部」の劇場。

今年は、7/13~9/30まで、「第38回 京の夏の旅 文化財特別公開」として、
普段は見学できない庭園が公開されているというので、入ってみました。
料金は600円。
13072700111307270012

八坂倶楽部1階の大座敷。 
1307270013 1307270014
都をどりの時は、待合いとして使われるそうです。
欄間は、祇園のシンボル「つなぎ団子」のデザイン。

八坂倶楽部は、大正5年に大正天皇即位の饗宴場として建てられたものだそう。
1307270015

庭園は、八坂倶楽部と歌舞練場別館に囲まれた、池を中心とした回遊式庭園。
1307270016 1307270020 1307270018_2 1307270017
この場所は、織田信長の弟で茶人の織田有楽斎(うらくさい)の邸跡と伝えられているそうで、有楽斎の作った茶室と同じ名の、「如庵」という茶室もありました(ホンモノの如庵は、愛知県犬山市にあるそう)。
そんなに広くはない庭園だけど、水やら木やらの自然たっぷりなので、見学の時は虫除け対策をお忘れなきよう(笑)。

八坂倶楽部内に展示されていた都をどりの衣装。
1307270021 1307270022
着物は京友禅、帯は西陣織で、半年以上かけてつくられるそう。
すべて毎年新しく誂えているというのもスゴイです(@_@)

*-*-*-*

さて、あれこれ見たあとは、お気に入りのお店へbottle

◆味野里香
新町御池にある居酒屋さん。

メニュー表みたいなのはないので、料理はいつもおまかせですが、
季節感あふれるお料理と、それによく合うお酒が出てきて、とてもシアワセになれます。

この日は、ぐじ(甘鯛)、鱧、小鮎、なす、おくらなどで、夏の味満喫!でした。
130727m0003 130727m0002 130727m0004

アニメな一日

展覧会と映画をはしご。

*-*-*-pencil-*-*-*

まずは、「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」を見に大阪歴史博物館へ。
130711001

大阪歴史博物館

現代刀匠たちが「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」の世界からインスピレーションを受けて製作した新作刀が展示されていて、観覧料は800円。
130711002 130711003

500円で利用できる音声ガイドの声は、
ヱヴァの登場人物・葛城ミサト(声優・三石琴乃)。
ガイドの申し込み受付カウンターでは、「いらっしゃいませ~」「今日も一日サービスサービス♪」という声が流れてて、なんだかスーパーの売り場っぽかったりも(^^;
あ、ガイド自体は落ち着いた声で、とても聞きやすかったですよん。
130711017
ペンシル型の機器は軽くてスマートだけど、ガイド用のシートを一緒に持ち歩かなければならない(ガイドを聞くときは、ペンシルの先端をシートの番号に当てる)のは、ちょっと不便な気も・・・(^^;

*-*-*

会場内は、ごく一部を除いて撮影可だったので、展示物あれこれ。

アスカのプラグスーツ仕様の短刀、レイの零号機仕様の脇指、マリのプラグスーツ仕様の短刀。
130711004 130711005 真希波マリプラグスーツ仕様短刀

合成塗料?と思っていた鞘の外枠の可愛らしいピンク色(この画像だとよくわからないけど(^^;)も、漆塗り(カシューだけど)なんですって。伝統工芸の技術ってスゴイ。
130711007

*-*-*

「関鍛冶の孫六」と「刀工・備前長船(びぜんおさふね)」がモチーフの「マゴロクソード」と「ビゼンオサフネ」。
130711008 130711011
実在のモノをモチーフにした2次元のモノが3次元で製作されているのを見るのは、
なんか世界がぐるぐる回る感じ~(@_@)
130711012 130711010
柄に巻かれた革とか、刃の厚みとか、ホンモノならではのどっしり感がスバラシイ。

*-*-*

そして、何と言ってもすごかったのが、「ロンギヌスの槍」。
130711013
全長は332cm、重さは22.2kg。
あまりの大きさに、工房そのものから作り直して製作したんだそう(@_@)

素材は、玉鋼やニッケルの合金を層状に重ねる技法でつくられた「ダマスカス鋼」。
複雑な地肌模様が、めっちゃ美しかったですshine
130711015  130711014  130711016
ぐるぐるした部分は、クロワッサンやパイのようで、おいしそうでもありました。

*-*-*

他にも、カッコイイ刀がたくさん。
ヱヴァや日本刀には、そんなに詳しくないけど、とても楽しかったです。
会場内の展示物はもちろんだけど、トイレ横の休憩スペース?で流れている「刀ができるまで」みたいなビデオも、とても勉強になりました。

*-*-*-pencil-*-*-*

お次は梅田に移動して、映画「劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ」を。
130711020 130711021
右の画像の、コミックスみたいなのは、来場者特典のメモ帳&フィルム。

あ、「銀魂」ってのは、「少年ジャンプ」で連載中の空知英秋氏のマンガで、
TVアニメにもなってるんだけど、今回の映画は、そのアニメの劇場版第2弾。

ストーリーについては、詳しく書かないけど(だって、面倒なんだもんw)
笑いあり、涙あり、アクションあり。
気持ちよい勢いがあって、大満足の2時間でした。

「銀魂」といえば、3年前にはこんなのにも行ったっけ・・・と遠い目をしてみたり(笑)。

出石皿そば

新しいカメラの撮影練習をかねて、余部橋梁までドライブ。
途中、出石(いずし)の皿そばでお昼ごはん。
(余部橋梁の人形写真旅行記はコチラ

あ、「出石皿そば」というのは・・・
信濃国上田藩から但馬国出石藩に国替えとなった仙石政明が、
信州の蕎麦職人を連れてきたことが始まりという蕎麦で、
出石焼きの白地の小皿に盛って出されるのが特徴、だそうです。

出石皿そば共同組合

出石の街には、お蕎麦屋さんが約50軒あるそうですが、
今回立ち寄ったのは、こちらのお店。

手打ち出石蕎麦 沢庵
130706001 130706002
店先の奴(やっこ)?の人形がインパクト大smileのお店。
店内は、個室っぽく仕切られていて、落ち着いて食べられるのがよかったです。

皿そばは、1人前(5皿)800円。
薬味として、塩、わさび、ねぎ、大根おろし、とろろ、生卵が付いてます。
130706003 130706004
お蕎麦は、さらっとした口当たりで、塩だけで食べても、味わいがあって美味。
つゆは、鰹の風味が濃厚で、ねぎや大根おろし、卵にもよく合いました。

お蕎麦は、1皿120円で追加できるので、2皿ほど追加。
薬味がいっぱいあるので、一人で10皿くらいは食べられちゃうかも(^^;

今回は、物珍しいこともあって、
お蕎麦が運ばれてからも、ついつい写真を撮りまくっちゃいましたが、
早く食べた方が絶対おいしいので、
運ばれてきたら、すぐに食べるのをオススメしますsweat01

130706005
食後の卓上。
皿が積みあがっているのが、ちょっと回転寿司っぽい?

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ