« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

かにかに合戦

近畿で冬と言ったらカニでしょ!ってことで(?)、
カニを食べに、香住(@兵庫県美方郡香美町)に行ってきました~
(人形写真の旅行記はコチラ

香住までは、車での移動。
豊岡市付近の工事現場で見かけた単管バリケードは、コウノトリ型でした。
131229001 131229002
そういえば、豊岡市の市鳥はコウノトリで、
豊岡市にある空港は、コウノトリ但馬空港、ですもんねえ(^^)
あ、兵庫県の県鳥もコウノトリなのね。

豊岡市/総合案内 >豊岡市の紹介 >その他 >豊岡市の鳥・両生類・石が決まりました!!
兵庫県/県政情報 > 広報広聴 > 県の概要 > 兵庫県のシンボル

*-*--*-*-*

お昼ごはんは、出石(@兵庫県豊岡市)で、お蕎麦。
(前に出石で皿そばを食べたときの記事はコチラ

◆元祖出石皿そば 南枝(なんし)小人店
131229003
創業宝永三(1706)年という出石そばのお店。

出石皿そばというのは、
宝永3年に、信濃国上田藩から但馬国出石藩に国替えとなった仙石政明が、
信州の蕎麦職人を連れてきたことが始まりという蕎麦。

「南枝」は、その国替えの時に、そば打職人として家臣と共に随伴して、
出石で最初に創業したお蕎麦屋さん、だそうです。

今回いただいたのは、皿そば一人前(5皿)840円
131229004 131229005
131229006 2013_12310013_2
ついてくる薬味は、わさび、ねぎ、たまご、山芋とろろ。
おそばは黒っぽい田舎風で、食感も蕎麦の風味もしっかり。
食べごたえがあって、おいしゅうございました。

131229007_2
食後にサービスで出していただいた蕎麦ぼうろと蕎麦かりんとう。
おいしかったので、おみやげに購入しましたよ(^^)

*-*--*-*-*

さて、昼食後、ちょこっと観光して、いよいよカニに挑みます!(笑)

この日のお宿は荒神の宿 三宝 (さんぽう)」

131229s001
民宿なんだけど、24時間入浴OKの温泉もあって、夕食も部屋食。
とてものんびりできました。

食事は、松葉蟹(ズワイガニ)と香住蟹(紅ズワイガニ)を食べくらべられる
「頂上決戦!ブランド栄福丸香住蟹VS松葉蟹!」というコースをチョイスしました。

紅ズワイは、本ズワイとくらべると、味がやや劣ると言われているそうですが、
香住の紅ズワイ漁は、小型の日帰り船で行うので、鮮度がよく、
選別もしっかりしているので、身入りもよくて、おいしいんだとか。

ズワイと紅ズワイの違いなんて、意識したこともなかったけど、
そんなに違いがあったなんて!
ちなみに、かに缶のカニは、紅ズワイだそう。

131229sk001
夕食は、全部で10品。
この写真を撮った時には、こんなの全然余裕で完食だわ~と思ってたんだけど、
2時間後には、それが間違いだったと思い知ることに・・・

ま、それはおいといて、お料理は・・・
食前酒に、先付け、お造り、
131229sk002 131229sk003

カニ刺し、ゆで蟹、
131229sk004 131229sk005
かに炭火焼
131229sk008 131229sk009
カニチリ
131229sk010

カニは、どれも、紅ズワイとズワイの2種類が盛られていて、
火が通っていなくても赤い方が紅ズワイ。
131229sk006 131229sk007
ゆで蟹にはタグも付いていて、
香住蟹は「日帰り船 栄福丸」、松葉蟹は「柴山 栄正丸」となってました。

お味は・・・
ズワイガニの方が、身がしっかりしていて、
これぞカニ!という食感と味だったけど、
紅ズワイのとろけるような食感のカニ刺しや、
ゆで蟹のふわっとした口当たりも、捨てがたく・・・。
勝負は引き分けって感じかなあ。

しかし、1人あたり3匹のカニというのは、思っていたよりずっと多くて、
食べても食べても減らず・・・

食事時間は3時間あるので、時間的余裕はけっこうあるんだけど、
目や口は「おいしい」と感じているのに、
胃袋が、「もう、カニはこれ以上入りません!!!(>_<)」とギブアップ。
ズワイVS紅ズワイは引き分けだったけど、カニVS私は、私の完敗でございました。

ってことで、半分近くは、お持ち帰りに
でも、翌日には、ちゃんとおいしくいただけて、
数日後には、またカニを食べに行きたいなあと思える不思議。
来年は、もうちょっと少なめのカニに挑みたいと思います

中之島 冬のアヒルちゃん

『中之島ウエスト 冬ものがたり2013』の中之島ウォーターファンタジアに
あの巨大アヒルちゃんが登場というので、見に行ってきました。
(水都大阪2012のアヒルちゃんを見に行った時の記事はコチラ

中之島ウエスト 冬ものがたり2013

アヒルちゃんが浮かんでいるのは、堂島川沿いのほたるまち港。
131216001 131216002
あ、この巨大なアヒルちゃん(ラバー・ダック)は、
オランダの芸術家フロレンタイン・ホフマン氏の作品で、高さは9.5m。
「政治的な意味合いで分断される国境などに関係なく、世界中の水辺を旅している」
という設定で、「喜びや幸せの象徴」でもあるそうです。

千鳥土地開発株式会社 アヒルプロジェクト

今回は、噴水と光と音楽がシンクロしたショーとコラボしているので、
ショーの時間は、音楽に合わせたライトアップで、
アヒルちゃんの表情が変わるように見えるのもイイ感じ。
131216003131216004131216005

こちらは、ABCリバーデッキから見たアヒルちゃん。
131216006 1312160061
131216007
遠くから見ても存在感ありまくり(^^)

こちらにも、小型(といっても、けっこう大きい)のアヒルちゃんが3羽いましたよ。
131216008

会場横では、缶バッジやステッカーなど、ラバーダックのグッズが売られていたので、
30分ほど並んで、レプリカを購入。
131216011
1羽1000円。
シリアルナンバー入りの4000個限定で、
この日は、1時間ごとに25羽ずつの販売でした。
お店のお姉さんが、「かわいがって下さいね♪」と言いながら渡してくれて、
ほんわかした気分になったり
バニラのような甘~い香り付きなのにも、癒されます。

1/6ドールとのツーショット
131216013
レプリカアヒルちゃん、思っていたより大きかったです。

*-*--*-*-*

アヒルちゃんを満喫したあとは、なんばに移動して、お友達が出演するライブへ。
131216m1
ほろ酔いで、心地よい音に身をまかせつつ、
音楽って、才能ってスゴイなあ、と思うライブでありましたよ・・・。

ぐぐってさがそう。

天保山や竹田城が出てくるGoogleのCM「さがそう。冬のお出かけ」篇。
関西とその他の地域では、ちょこっとだけ行き先が違ってるんですねえ。

◇さがそう。「冬のお出かけ」全国篇

◇さがそう。「冬のお出かけ」関西篇

さすが、Googlleさん、
大阪の人は、たこ焼きを食べに、車でわざわざ通天閣になんか行かへんって知ってて、
内容を変えてはるんや・・・なーんて、エセ大阪弁で感心してみたり(笑)。

しかし、キミ達、竹田城に車で行くなら、もっとしっかり下調べをした方がいいよ!
と、9月のとある夕方に、ふと思い立って竹田城に行ったら、
駐車場の待ち時間が40分で、すごすごと引き返してきた私が言ってみる(笑)。
ま、それも含めて、Gooleで検索してね、ってことかしらね

参考までに(?)、
その時、竹田城向かい?の藤和峠(ふじわとうげ)で撮った
雲海無しの竹田城の写真。
130921002
藤和峠。「竹田城趾カメラスポット」の看板もありました。

普通のデジカメで撮ると、こんな感じ
1309210001

コンデジのズームでがんばって、こんな感じ
1309210011

ちょっといいカメラのズームで、こんな感じ。
130921004 130921003
スマホで撮影しようとしていた人は、かなり苦戦してました(^^;

そうそう、竹田城跡登山道は、冬の間、史跡保全や道路修繕などの工事のため、
通行止になってる区間あり、だそうです。
というか、そもそも、「基本的には冬期間中の登城はご遠慮ください。」との事。
行かれる方は、情報収集をしっかりとどうぞ

朝来市 観光されるみなさまへ

ししし

町名に「猪」が付く兵庫県川辺郡猪名川町で見かけた猪肉の専門店。
前に通りかかったときは、シーズンじゃなかったからか閉店していたけど、
今回は開いていたので、立ち寄ってみました。

肉の根木
1312140001 1312140002
北摂の山で獲れた猪を販売している野生猪肉の専門店。
狩猟期間中(11/15~2/15)に獲れた猪を、3月末頃まで販売しているそうです。

猪肉は部位ごとにわけられていて、それぞれ脂の多さとお値段が違っていたので、
上肉(モモ・赤身)900円/100g、上選肉(モモ・バラ)1000円/100g、特上1200円/100gを購入。
1312140003 1312140004 1312140005
それぞれ100gずつ。

お店では、ぼたん鍋用の味噌も売っていたので、
それも買って、おうちでぼたん鍋~
1312140006 
↑料亭っぽく盛りつけてみたよ

1312140007 1312140008
こちらの猪肉は、厚めに切られているので、味わい濃厚。
肉肉しさはたっぷりだけど、クセは豚肉より無いくらいなので、
言われなければ猪肉と気づかないかも?

味噌は、香辛料などが入っていない、シンプルな味。
これだけクセがない肉なら、臭み消しの香辛料はいらないよなあ、と納得のおいしさでした。

このお肉なら、すっきりとすき焼きなんてのもおいしそう。
シーズン中に、また買いに行こうっと

いつまでも住み続けたい町 猪名川町(猪名川町公式サイト)
 町外に住んでいる人が、猪名川町に10000円以上のふるさと納税(寄付)をすると、
「猪名川町ふるさと宅配便」として、ボタン鍋セットなどの特産品がもらえるそうですよ。

京都で食べもの三昧

お友達の杏さんに案内していただく京都♪
今回は「第108回 京料理展示大会」へ行ってきました~。

*-*--*-*-*

四条烏丸で待ち合わせて、まずはランチ。

びすとろ希味(のぞみ)
131213b001
四条烏丸から歩いて5分くらい、
仏光寺通東南角の路地にある創作料理のお店。

今回は2100円のおまかせコースをいただきましたが、
まあ、お料理が出るわ出るわ・・・(@_@)
131213b002 131213b003
①こんにゃくのピクルス・あんきも・かぼちゃのヨーグルトあえ
②サーモンマリネのはちみつソース
131213b004 131213b005
③さつまいもの和山椒みつ
④海老のスイートチリソース 
131213b006 131213b007
⑤かぶらのヨーグルト風味グラタン ⑥びっくりきつねうどん
131213b008 131213b009
⑦鴨まんじゅう ⑧鱈の蒸し物
131213b010 131213b011
⑨ピザ ⑩梅の茶碗蒸し
131213b012 131213b013
⑪手羽中の甘辛煮 ⑫なめこのカレーにゅうめん
131213b014 131213b015
⑬栗の冷製スープ ⑭豚の角煮のポテトあんかけ 
131213b016131213b017 
⑮鴨ロースの柚子風味 ⑯焼きおにぎり 
131213b0200 131213b021
⑰ほうじ茶のシャーベット ⑱アールグレイのクリームブリュレ 
131213b022
⑲フルーツの白ワインゼリーかけ

バリエーションに富んだ料理が、次から次へと意表をつく順番で出てくるので
(「にゅうめんが出たし、そろそろシメかな?」と思ったら、また肉料理が続くとか)、
テンションあがりまくり
料理の品数で、こんなにハイテンションになったのは、初めてかもしれません(笑)。

お料理はどれもおいしく、最初の一皿からデザートまで、
おしゃべりしながら2時間以上ゆっくり楽しませていただきました。

人気店なので、行くときは予約必至。
おなかと時間には余裕をもっておくべし!です(笑)

*-*--*-*-*

バスで「みやこめっせ」へ移動して、「京料理展示大会」会場へ。
131213k001
京料理展示大会というのは、
「一子相伝とされ,しかも口伝で継承されてきた京料理の技術を披露し、
更なる京料理の発展に資す」事を目的に始められた催しで、
第1回は明治9年に開催されたんだそう。
料金は800円ですが、今回は杏さんから招待チケットをいただきました♪

会場には、有名料亭から出品された豪華な京料理の作品や、
京都の伝統的な京料理,名物料理がずらーっと並べられていました。
131213k002 131213k003
正統派のお料理が美しく素晴らしいのはもちろんだけど、
一風変わった?お料理もなかなか楽しくて、京料理の奥深さを思い知ったりも
131213k017 131213k004 131213k006
いったいどんな意味が?と考えてしまった「輪手の鯉」とか
(14/02/03追記:「式包丁」という「節会の折々に魚の切り方でもって瑞祥表現(おめでたい形)するもので、めでて、何かをおくみ取りいただき、次の宴に移っていきます。」というものらしいです)、
「ロンギヌスの槍」のようにも見える「太刀魚の変わり焼き」とか、
ゆるキャラのおすしとか

他にも、京料理教室が行われていたり、
131213k008

131213k009131213k010131213k012
海老芋と金時人参が丁寧に調理されて、海老芋のあんかけ白味噌風味に

舞妓ちゃんの京の舞が見られたり。
131213k0141

京料理に詳しい人は、より深く、
詳しくない人もそれなりに(笑)
京料理について詳しくなれる、
楽しい催しでした。

大人の遠足

東近江市にある老舗料理店「納屋孫」さんの「大人の遠足」に参加してきました~♪

近江の文化財を解説付きで見学した後、郷土料理とお酒を味わうという企画で、
今回のテーマは「長命寺とことん探訪と天然真鴨鍋」。
参加料は6000円でした。

納屋孫

*-*--*-*

まずは長命寺へ。
13120900001
近江八幡市にあるお寺で、西国三十三カ所第31番札所の霊場。
3世紀後半から4世紀初め、武内宿禰(たけのうちすくね)がこの山で長寿を祈り、
三百歳以上の長寿を保ったということで、
「寿命長遠」の御利益があるお寺だそうです。

13120900002
標高約250mの山腹にあるので、湖岸からの参道は808段と言われる石段(@_@)
今回は車で9合目まで上ったので、石段を歩くのは100段ほどでしたが、
それでも、かなりきつかったです(^^;

境内はこんな感じ。
13120900003 13120900004

本堂のうしろには
「六処権現影向石(ろくしょごんげんようこうせき)」という大きな岩が。
13120900005
って、この写真じゃ大きさが伝わりにくいですが。(^^;

*-*-*

重要文化財の三重塔は、現在、こけら葺の屋根の葺き替え修理中。
13120900006 13120900007
修理現場は、見学用通路から自由に見られるようになってます。
(平成26年1月中頃まで)

撮影禁止だったので、写真はないけど、
今回は特別に、こけら葺の作業を間近で見学させてもらえて、
その職人技に感動でした。

修理中の今は、こんな風景だけど、
13120900009
修理が終わったら、パンフレットのような風景が見られるのね。
楽しみ楽しみ。
1312091

*-*-*

鐘楼も重要文化財。
13120900008 13120900011
裏手にある巨石「修多羅岩(すたらいわ)」は、武内宿禰のご神体、だそうです。

*-*-*

太郎坊権現社。
13120900012  13120900013
祀られているのは、太郎坊という大天狗。
もとは、長命寺で修行をしていた普門坊という僧で、
厳しい修行の結果、超人的、神がかり的能力を身につけ、
大天狗になって、寺を守護しているのだとか。

屋根に覆い被さるような巨石は「飛来石」。
愛宕山に移り住んだ太郎坊が、長命寺を懐かしく思って、近くにあった大岩を投げ飛ばし、長命寺の境内に突き刺ったものだそうです。

しかし、懐かしく思ったからって、近くにあった大岩を投げ飛ばすとは・・・
さすが天狗の考えることは違うわあ

13120900014
太郎坊権現社からは、琵琶湖も一望。
ちょっぴり空飛ぶ天狗気分が味わえます。

*-*--*-*-*

長命寺から坂を下って、長命寺山中腹へ。
13120900015 13120900016 13120900017
ちょこっと山に入ると、中世のものらしきお墓?がたくさん。
誰のものかとか、どこで作られた墓石かとか、
詳しいことはまだよくわかっていないそうな。

地面はふかふか。
なんだか不思議~な雰囲気の場所でしたよ

*-*--*-*

見学の後は、納屋孫さんで、おひるごはん~。
131209n01

131209n02 131209n07 131209n03 131209n04 131209n06 131209n08
鯖ずし、フナの子まぶし、ヒウオ、モロコ、本鴨・・・と琵琶湖の冬の味満喫
特に、天然本鴨を、秘伝の出汁で炊いたという鴨鍋は、めちゃうまでした。
鴨さん、はるばる渡ってきてくれて、ありがとう

ってなところで、遠足終了~。
お酒も入り、和やかな雰囲気で、楽しゅうございました。

*-*-*-*-*

帰りは、近江八幡で途中下車して、ちょこっとおやつ。

◆クラブハリエ 近江八幡日牟禮ヴィレッジ
131209k01 131209k02
近江八幡駅からバスで10分くらい。
日牟禮八幡宮近くにある洋菓子屋さん&カフェ。

いただいたのは、焼きたてバームクーヘン472円とアールグレイティー472円。
131209k03 131209k08
左の写真、食べかけでスミマセン

バームクーヘンは、ほんのり温かく、ふわふわで、こっくりした味わい。
クラブハリエのお店は、梅田にもあるので、バームクーヘンはよく買うけど、
家で温めて食べるのとは全く違うおいしさがありました。
また行きたいけど、休日は混んでそう

クラブハリエ

リーガルパイ!

東京みやげ?
(東京駅のフジテレビショップで購入)

131207001
「リーガルハイ」ならぬ「リーガルパイ」525円。

包み紙には、リーガルパイの文字と、
劇中で古美門弁護士が吐いた名言が、ずらずらっと印刷されてました。

中身のパイは、観光地のおみやげなんかによくある
源氏パイとかうなぎパイみたいなタイプ。
とりたてて特徴はないけど、さらっとした味で、食べやすいです。
131207002 131207003
お手頃なお値段だし、重さも軽いので、話題作りのおみやげにいいけど、
中箱やパイのパッケージには、リーガルパイの文字が入ってないので、
包装紙をはがしてしまうと、ただの名も無きパイになってしまうのが残念(笑)。

リーガルハイ オフィシャルサイト

ゆっぴ~

京都府南丹市にある道の駅、スプリングスひよしの駅長「ゆっぴ~」。
1312010002 1312010001
「ひよし温泉のお湯が大好きで長湯をしてしまい、
身体がふやけて風呂桶から抜けなくなったひよこちゃん」で、
南丹の観光大使でもあるそうです。

愛媛県今治市のゆるきゃらバリィさんとよく似ているけど、
誕生したのは、ゆっぴ~が2002年、バリィさんが2009年と、
ゆっぴ~の方が7年も先輩なんだそうですよ。

物産販売所の「里の市」では、タオルや缶バッジなど、いろんな種類のゆっぴ~グッズが売られていたので、マスコットストラップ525円を買ってみたり。
13120100

せっかくなので、うちにいるバリィさんとツーショットでパチリ
1312010003
色合いや服装?はよく似てるけど、性格はかなり違いそう。
巷でよく見かける、「顔立ちは似てるけど、のほほん~とした性格のお兄ちゃんと、しっかりちゃっかりした性格の弟」みたいな?(笑)

実際のゆっぴ~とバリィさんは、赤の他人(他鳥?)だけど、
これからは、どちらも応援しますぜっ

*-*-*

道の駅スプリングスひよしには、温泉や物産販売所の他にレストランもあって、
特産品を使ったメニューや、「医食同源」を基本とした薬膳料理がいただけたりも。

ってことで、今回は、12/1に解禁になったばかりのぼたん鍋と、
野生の鹿を使ったすきやきをいただいてみました。
どちらも、うどん、ごはん、香の物がついて、1500円。

1312010004 1312010005

ぼたん鍋は、さらっとした味わいの味噌味のダシに、厚めに切られた猪肉3枚に、白菜、ネギ、しめじ、エノキ、水菜などの野菜入り。
1312010008 1312080009
丹波亀岡産という猪肉は、ちょっぴりクセのある味だったけど、
野性味があって、これはこれでおいしゅうございました。

鹿すきは、野生鹿のバラ肉に、マイタケ、ゴボウ、しめじ、水菜などの野菜と、しらたき、焼き豆腐入り。
1312010006 1312010007
鹿のバラ肉は初めて食べたけど、コリッとした歯ごたえに、コクのある脂がジューシー。
割り下の味ともよく合っていて、赤身の部分ほどのクセもなく、後味は、ちょっぴりラムに似てるかな、って感じ。
とてもとても好みの味でした。

どちらもお手頃なお値段で、珍しいお肉が食べられ、ボリュームもたっぷりで大満足。
道の駅にしては遅くまで営業してるので、ドライブ帰りの夕食にも使えて便利だと思います。
また行くよっ! 

道の駅 スプリングスひよし

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ