« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

リカちゃんキャッスルin大阪

梅田アクトⅢホールで開催された「リカちゃんキャッスルin大阪」に行ってきました~。
1401260001 1401260002
あ、「リカちゃんキャッスル」というのは、昨年20周年を迎えた
福島県にあるリカちゃん人形のオープンファクトリー&博物館。
全国各地でも、お人形の販売をメインにしたイベントを開催しているそうです。
(詳しくはココ↓でチェック!)
リカちゃんキャッスル出張イベント情報

イベントの存在はなんとなく知っていたけど、行くのは今回がはじめてでしたsweat01
会場には、服を着て展示されたお人形や
売り物の箱入りのお人形などがずらーり。

どのコもかわいかったけど、特に気になったコをパチリcamera&メモpencil
こうやって撮ってまとめてみると、自分の好みがよくわかりますね(^^;

着物モデル。
1401260003

1401260005 1401260006
リカちゃんときらちゃん。

着物さん達は、後ろ姿も粋。
14012600032
この着物、総裏だったりするんだよねー。スゴイ。

バレンタインのマリーさん。
1401260004r
小公女ごっこができそう?

2014-1月TOGOドールのみらいさんと『クラシックモードフェア』のGalum×みらいさん。
1401260008 1401260009
TOGOドールのみらいさんを見てたら、
「はみだしっ子」(作/三原順)というマンガに出てきたクークーという女の子を思い出したよ・・・。

うふふheart04と言う声が聞こえてきそうな縦ロールさんふたり。
1401260007
2月のTOGOドールの初代ジェニーさん。

そうそう、普通のおもちゃ屋さんで売られているリカちゃんやジェニーさんは、
(株)タカラトミーの商品で、中国製のモノも多いんだけど、
ここに並んでいるのはリカちゃんキャッスルで作られた国産品。
やっぱり、作りや表情が違う気がします。

ってことで、私もひとりくらいは連れて帰ろうと、お人形教室のジェニーを物色happy01
お人形教室というのは、リカちゃんorジェニーに、ドレスと小物を自由に組み合わせて、
自分だけのリカちゃんやジェニーを作る事ができるというもので、
お値段は、リカちゃんが1800円、ジェニーが2200円。

こんな風にどっさり置かれているお人形から1体を選びます。
140126010
同じジェニーさんのはずなんだけど、
髪型や、髪の色、目やリップやチークの色の違いで、かなり雰囲気が違うので、どのコにするか、もう迷いまくり・・・。

あれこれ見比べているうちに、自分が欲しいのがどんなタイプの子だったのかすら分からなくなってきたので、もう今回の選択ポイントは、「うちにいない髪と目の色のコ」ってことでいいや!と、
このコ↓を連れ帰ってきましたsweat01
140126012 140126011
オレンジ系の明るい髪色&緑目のジェニーさん。
服と小物は、高原のお嬢さん風でまとめたつもり(季節はずれだけど(^^;)。

(うちにいる他のジェニーさん(アウトドアとかJASとかSPSとか)と撮ってみた
ツーショット写真などはコチラ

うちに、リカちゃん系の新しいお人形が加わるのは、なんと7年ぶり。
撮影とか服作りとか、またいろいろ遊ぼうと思いますnote

おはなはん

昭和41年に放送されたNHKの連続テレビ小説。
「そうそう、これを見たくて、よく学校を遅刻したなあ・・・」
・・・ではなくて(笑)、カップ入りのお好み焼きセット。
140123002
今まで全くノーチェックの商品だったんだけど、
21日に、日経新聞朝刊(地方経済面 近畿B)で、この会社についての記事を読み、
その日に行ったスーパで、賞味期限間近の値引き販売になっているのを見て、
思わず買ってしまいました(^^;
140123001
記事によると、おはなはんは和歌山市にある会社で、
生カップお好み焼きの製造販売を始めて30年超、
今では年間500万食を売り上げる定番商品、なんだそう。
賞味期限は、店頭に並んでから4日ほど。
「お店の味」をそのまま出すため、「生」にこだわっているんだそうです。

カップの中に入っているのは、
パック入りの刻みキャベツ、豚肉スライス、お好み焼き粉、紅ショウガ、ソース、青のり。
140123003 140123004
マヨネーズのようにも見えるのは、「だしで練ったお好み焼き粉」。
関東人のワタシは、「お好み焼きの粉って、こんなに少しでいいのsign02impact
」と衝撃を受けたり(笑)。

作り方は、中身をカップにあけて、家にある卵を加え、混ぜて、焼くだけ。
ふわっと軽い食感で、ほんのり甘いソース味の、おいしいお好み焼きが作れます。

あれこれ材料を用意したり、キャベツを切ったりする手間無く、
カンタンにおいしいお好み焼きが作れるので、
ひとりの時の食事なんかに重宝しそうです。

って、まあ、大阪だと、近所のお好み焼き屋さんで買う方が
早くてカンタンだったりもするんですが(^^;

株式会社おはなはん

03レンズでカメラ散歩@松尾大社&嵐山

昨年のクリスマスにサンタさんがプレゼントしてくれた(?smile
Qちゃん(PENTAX Q)用のレンズ 03 FISH-EYE。
140111q001 140111q003
大きさは約3cm、重さは29g、
35ミリ判換算で焦点距離17.5mm、画角160°の対角魚眼レンズです。
140111q002
06、02レンズと一緒に並べると、親子のよう?(^^;

カニ旅行の時にも、ちょこっと使ってみたけど、
もうちょっとしっかり使ってみよう、ってことで、03レンズで京都をお散歩shoe

*-*-train-*-*

まずは初詣も兼ねて松尾大社へ。

阪急嵐山線の松尾大社駅は、
昨年の12月21日に、駅名が「松尾」から変わったばかり。
140111m01

03レンズは、マニュアルでフォーカスを合わせるので、
ツメが甘いと、ピンボケ写真になりがちcoldsweats01
昼日中は、液晶画面が見づらいので、難易度が上がりますsweat01

更に、画角が広く、ボディとレンズが小さい ので、
油断してシャッターを押すと、自分の指が写ってて、ああーっ(ノ∀`)てことにも。
140111m02 2014_01120010
いっそのこと、指先に顔を描いて、人形の変わりにしようかしら?
なーんて事まで思ったり(笑)

・・・と、それはさておき、松尾大社。
140111m03 140111m04
創建は大宝元(701)年。京都で最古の神社のひとつ、だそうです。

お酒の神様としての信仰を集めているということで、
境内には奉納された酒樽がいっぱい。
140111m08 140111m05
門松の土台も酒樽でした。

高さ3・2メートル、幅5・5メートルというジャンボ絵馬。
140111m07
ポップな絵柄のお馬さんがカワイイ。

お守りは、あらゆる酒難から逃れられるという「服酒守」を。
(あ、この写真は01レンズで撮ってます)
140111m09
今年も、おいしいお酒を楽しく飲めますようにbottle

*-*-train-*-*

お次は嵐山へ。

阪急嵐山駅~。
140111a01

嵐山公園 中之島地区。
140111a04
すっかりきれいになっていたけど、台風の傷跡もまだ少し。
140111a03 140111a02

渡月橋。
140111a05

川を眺めながら、渡月橋をてくてく。
140111a07 140111a06
この川、渡月橋から上流が大堰川、下流が桂川なんだって。

*-*-shoeshoe-*-*

おみやげ屋さんが並び、人で賑わう通りを過ぎ、
嵯峨野方面にずんずんと歩いて、清涼寺へ。
140111s01
もとは、光源氏のモデルといわれる源融の山荘だった場所だそう。
境内は広く、散策したら、とてもすっきりした気分になりましたsun
140111s02 140111s03

歩いて、小腹が空いたので、境内にあるお休み処「大文字屋」へ。
140111s06 140111s08
いただいたのは、あぶり餅650円。
140111s07
香ばしくあぶられた柔らかいお餅に、
ほんのりきな粉風味の甘いお味噌がからまって、ほっとするおいしさ。
小腹を満たすのにちょうどよい一品でした。

境内で、ちょっと気になった倉庫。
140111s04
自衛消防隊と文化財レスキュー隊の倉庫だそう。
文化財が多い京都では、消防局と市民が一緒になって
いろいろな防火運動をやってるんですねえeye
京都市消防局 平成24年文化財防火運動の実施結果について

ってなところで、散策はおしまい。

魚眼は広い範囲が写せるし、一風変わった写真も撮れて楽しいけど、
こればっかりだと、撮るのも見るのも、なんかちょっと疲れる気が。
・・・って、そんな事言ってないで、使いこなせるよう精進しないといけませんねcoldsweats01

*-*-*-*

夜は、01レンズに替えて、
お気に入りのお店「味野里香(みのりこ)」さんで、おいしいお料理をパチリcamera
140111mi01 140111mi02 140111mi03 140111mi04 140111mi05 140111mi06
季節を感じられるお料理は、どれもとてもとてもおいしくて、
明日からまたがんばろう!という気にさせてくれます。
この日は、かぶらとふぐと熟成酒が秀逸sign03でございました。
ごちそうさま!

味野里香

お正月

松の内も終わろうとしていますが
(あ、でも関西なら15日までが松の内か)、
今年もよろしくお願いします~。

ってことで、今年のお正月あれこれのメモ。

*-*-*-fuji-*-*-*

◆串柿
140101001
関東ではあまり見かけたことがなかったけど、
こちらではお正月飾りの売り場に必ずといっていいくらい置かれているモノ。

前の大阪在住時代から、ずーーっと気になってたんで、今年は勇気を出して?購入。
10個刺しのものと5個刺しのものがあって、
お値段は、5個刺しのもので400円程度でした。

140101002
中身は、串に刺さった干し柿。

正月飾りでは、鏡餅を「鏡」、橙を「勾玉」、串柿を「剣」と、
三種の神器に見立てるのだそう。

刺さっている数は、10個のものは、「いつもニコニコ(2個2個)仲むつ(中6つ)まじく、共に白髪(白い粉)の生えるまで。」、5個のものは「ひとりひとり(1個1個)が、皆(3個)しあわせに。」という語呂合わせになっているのだとか。

140101004 140101003
本来は、鏡餅の上に乗せて、このように↑飾るらしいですが、
うちは、小さいサイズの鏡餅しか飾らないので、上には乗らず、こんな↓感じにsweat01
140101005

パッケージには、
2013_12280007rr
と書かれてるけど、四郷串柿のHPを見ると、カビや黒変等がなければ、食べても大丈夫そう。
どうやっていただこうか、考えるのもまた楽しnote

四郷串柿部会 公式HP

*-*-*-fuji-*-*-*

◆おせち料理

今年の、うちのおせち。
140101o0001
といっても、私が作ったお料理ではなくて(^^;
梅田・中崎町にある、女性スタッフだけで切り盛りしている和食屋さん
「和彩厨房 KATURA」さんに注文したもの。

おせちは、100%手作りのお料理が入った2段重(2~3人前)で、お値段は15000円。
140101o0003 140101o0004
品数いっぱい。
海老や煮物、きんとんなどの基本メニューが入りつつも、
どれも一捻りしてあって、お酒にもよく合う味付けで、めちゃウマー。
お品書きを見ながら、あれこれつついて、
元旦からシアワセ気分になれましたup

和彩厨房 KATURA

*-*-*-fuji-*-*-*

◆お餅とぜんざい
140101z1 140101z2
中村軒のぜんざい用餡(2・3人前)600円と、粟餅5個550円。
この他に、お雑煮用の白餅5個550円なども注文。

中村軒は、京都・桂にあるお店だけど、
買いに行く時間がなかったので、今回はお取り寄せ。
お正月用のお餅は、30日か31日に届けてくれるので、便利です。

ぜんざい餡は、水を加えて煮るだけでいいのでカンタン。
すっきりした甘さで、おいしいです。
お餅はつきたてなので、焼くととろ~り柔らかく、
あわ餅は、ぷちぷちした食感がぐ~でございます。

京都 桂 和菓子の中村軒

*-*-*-fuji-*-*-*

本田味噌
お雑煮用の白味噌は、いろいろ買ってみたけど、ここのが一番好みかも。
今回は、JR大阪三越伊勢丹で購入。
梅田阪神と大丸梅田店では、売っているのを見つけられず、
阪急梅田店は未確認です(^^;

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ