« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

旧西尾家住宅のおひなさま

吹田市内本町にある旧西尾家住宅(吹田文化創造交流館)へ。
1402250001 1402250002
西尾家というのは、江戸時代に仙洞御料の庄屋を勤めていた家で、
この建物は、西尾家の第十一代と十二代によって、
明治中期から昭和初期にかけて建築・整備されたものだそう。
平成21(2009)年12月には、重要文化財にも指定されたそうです。

見学は無料。
通常は、ボランティアガイドの方に説明してもらいながら、
1時間くらいかけてじっくり見学するんだけど、
今回は、ひな人形の展示を見るのが目的だったので、
説明なしで見学させてもらいました。

旧西尾家住宅(吹田文化創造交流館)

参考までに、2008年に見学したときの記事はコチラ
そして、昨年3月に、オリンパスE-PM1で撮った写真はこんな↓感じ。
(見学途中でカメラのバッテリーが切れて、庭園や離れや茶室が撮影できなかったので、記事にしなかった(^^;)

廊下と照明。
1303050001 1303050002

レトロ~なスイッチボード。
1303050004 1303050005

タイル貼りの配膳台と、手の込んだ配膳台の飾りなど。
1303050006 1303050008 
1303050007 1303050009

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

で、今回の写真。
(カメラはPENTAX Q 02 STANDARD ZOOMを使用。
露出ミスで赤っぽくなっちゃった写真が多いですがsweat01

1402250003 1402250006
玄関部(味々庵)に飾られていた御殿飾り雛。
昭和4(1929)年に京都島津で作られたものだそう。
1402250004 1402250005
「御殿飾り」というのは、最上段に御所の紫宸殿を模した「御殿」を作り、その中に内裏雛を飾るというもので、上方で主流だった飾り方だそうです。
御殿の中、向かって右に男雛、左に女雛。

*-*-*

座敷に飾られていた段飾り雛は、向かって右に女雛、左に男雛。
1402250012 1402250013

撮影禁止だったので、写真はないけど、
座敷の床の間には、西尾家の第十二代当主・愛太郎の子の誕生に合わせて贈られたという、京都・丸平製(おおっ、ここにも!)の平飾りのひな人形も。
気品ある顔立ちのおひなさまでした。

*-*-*

貴志康一生誕の間に飾られていたのは、段飾りの御殿雛。
1402250010 13030500
御殿飾りだけど、向かって右に女雛、左に男雛が飾られていて、東西折衷な感じ?(^^;
今年は説明の展示がなかったけど、
昨年飾られていたものと同じなら、昭和13(1938)年に作られたお雛さま。
(右の写真は昨年のもの)

*-*-*

他にも、立ち雛や、掛け軸や、貝合わせなどが飾られていて、
ひな祭り~cherryblossomな雰囲気を満喫できました。
1402250008 1402250009 1402250020

*-*-*

そうそう、昨年まで、貴志康一生誕の間の隅っこで寂しげだったいちまさんは、
髪をきれいに整えられて、座敷の床の間に飾られてましたよ。
よかったよかった。
1402250014rr

去年のいちまさん1303050003

いちまさんがいたタンスの上には、
昭和初期のものというポーズ人形さんが飾られてました。
1402250011

今回も、庭園や茶室や離れは見学せず、写真も撮らなかったので、
また機会を作って見学に行かなくてはっ。

中村軒のおひなさま

京都・桂にある「御菓子司中村軒」の茶店へ。
1402220001

中村軒

いただいたのは、11月~2月限定のお雑煮900円と
12月~2月限定のみたらしだんご210円。
1402220003 1402220006
お雑煮には、丸餅がふたつと、頭芋がひとつ入っていて、
お店で削った削りたてのかつおぶし付き。
1402220004 1402220005
山利商店の白味噌を使ったお出汁と鰹節の香ばしさが、
とろ~りやわらかいお餅にからんで、お味はまったり、たべごたえはガッツリ。
おいしゅうございました。

P1030907
みたらしだんごは、醤油味と白味噌味の2種類。
すっきりした甘さのタレの醤油味は、安定のおいしさだけど、
山椒が効いた白味噌味も、なかなかでした。

おみやげには、花見だんご1本180円を。
1402220007
桜味のピンク、抹茶味の緑、甘くてモチモチの白、
それぞれのお味がおいしく楽しく、
お天気のいい日に、外で食べたくなりましたsun

この時期は、茶店の座敷に雛人形が飾られていたりもribbon
140222h01 140222h02
内裏雛は、明治時代につくられた丸平さんのものだそう。

あ、「丸平さん」というのは、京都中京区にある「丸平大木人形店」のこと。
皇室や旧家のお嬢様などが、ここでひな人形を誂えたという、老舗の人形店だそうです。

そういえば、以前、ヨドコウ迎賓館で見た雛人形
(ヨドコウ迎賓館の建築主で山邑家の8代目当主の太左衛門が、
長女雛子さんの誕生を祝って作らせたもの)も丸平のだったし、
谷崎潤一郎の「細雪」にも、
『この家の雛というのは、昔悦子の初節句の時に京都の丸平で作らせたもので』
なんていう記述があったような・・・。

中村軒さんのおひなさまは、段飾りにはなってるけど、
お内裏様と三人官女の他は、花嫁人形やたいこもち人形、いちまさんなどが並んでいて、
ゆる~っとした感じ。
140222h03 

でもって、更に下の段には、お人形サイズの調度品が、ずらずらーっと。
140222h04 140222h05 140222h06
古くて貴重なものばかりなので、さわったりすることはできないけど、
また行って、おいしい御菓子をいただきながら、じっくり眺めたいです。

琵琶湖八珍

滋賀県立安土城考古博物館の「琵琶湖八珍を楽しむカルチャー&ツアー弐之膳」に参加してきました~♪

14020200011

あ、「琵琶湖八珍」というのは、安土城考古博物館が中心となって提案した琵琶湖の新ブランドで、選定されたのは、ビワマス、コアユ、ニゴロブナ、ハス、ホンモロコ、イサザ、ビワヨシノボリ、スジエビの8種類の湖魚だそうです。

で、ツアーは、「琵琶湖八珍」の魚について学び、
実際に、琵琶湖八珍を使った料理を食べてみよう!という4回シリーズの企画。
第二回目のテーマ?は「漁師が造る八珍料理と水郷めぐり」でした。

滋賀県立安土城考古博物館

*-*-fish-*-*

まずは、八珍の魚達の生態や漁、料理法などについての講座を聴講pencil
1402020003
1回の講座で取り上げるのは、
八珍魚のうちの2種類ということで、
今回は、コアユとハスについて。

コアユを琵琶湖以外の河川に移殖すると、普通のアユのように大きくなるので、
食用以外に、放流種苗用の需要が増している、とか、
ハスは、琵琶湖淀川水系と、三方五湖およびその流入河川の固有種だったけど、
近年は、放流されるコアユに混じって出荷され、生息域が全国に広がっているとか、
知らなかったことをいろいろ知ることができて、楽しかったです。

そうそう、ハスは魚食魚なので、アユに似せた毛針でも釣れるそう。
試してみたいなあ。

*-*-fish-*-*

お勉強のあとは、「湖国料理やまじん」さんでお食事。
こちらのお店、普段は、夜のみ、1日1組(6名以上)限定の完全予約制で、
お値段もかなりするそうです。
そんなお店でお料理がいただけるなんて!とテンションあがりまくりhappy02

山甚水産

いただいたお料理は、
140202y002 ②140202y003
140202y004 ④140202y005
140202y006 ⑥140202y007
140202y010

①地元で「ジョキ」と呼ばれる皮ごと刻んだニゴロブナのお刺身に、
②エビ豆(スジエビ)、③ハスゴのメズシ(なれずし)、④ヒウオ(コアユの稚魚)の釜揚げ、⑤イサザのからあげ ⑥子持ちモロコの網焼き、⑦ウロリ(ビワヨシノボリの稚魚)の佃煮の茶漬け、などなど。

ジョキは、フナが冬眠状態のこの時期じゃないと臭みがでてしまうし、
モロコは、左義長祭りを過ぎると、骨が硬くなって食べにくくなってしまうそうで、
まさに、今、この時期ならではのお料理。

特別な味付けはせず、家庭にあるような調味料を使っているとのことでしたが、
淡水魚と聞いて想像するような臭みやイヤな風味は全くなく、
どのお料理も、とても洗練されたお味で、めちゃめちゃおいしゅうございました。
ごちそうさまsign03

*-*-fish-*-*

ごはんの後は、船に乗って、
琵琶湖の内湖である西の湖(にしのこ)の水郷めぐり。

島真珠水郷観光船部

140202s01
水郷めぐりの船は、冬の間、営業しているところはほとんどないそう。
この日も、特別な運航ということで、なかなか貴重な体験ができました。

140202s02 140202s031 水郷めぐり
琵琶湖の水の浄化には、内湖やアシが重要な役割を果たしているんだそう。
役に立っていないように見えて、実は重要なモノって、たくさんあるだなあ、と思ったり(^^;

船に近寄ってきたカモさん。
思ったより泳ぎが早くてびっくりしました。
140202s05rr
琵琶湖は、全域が鳥獣保護区に指定されているそうなので、
カモさんも撃たれる心配が無くて安心?

滋賀県 県政eしんぶん 狩猟解禁について

*-*-fish-*-*

おまけw
今回のツアーで乗った近江鉄道の観光バス。
1402020002
近江鉄道は西武グループなので、
パスも、白地に青・赤・緑 三色ラインのライオンズカラーにライオンズマーク。
つい noteウォウォウォウ ラーイオーンズーnote(「地平を駆ける獅子を見た」阿久悠/作詞)と歌いたくなる元所沢市民のワタシでございますsmile(でも、ライオンズファンというわけではない(笑))

近江鉄道バス

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ