« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

高知でごはん

さあ、春休み♪(って、実はあんまり関係ないけど(^^;)
ちょっと長めに休みが取れた家人が、中野川に釣りに行くというので、
私は途中から合流して、高知~室戸を観光してきました。

1403280001 14032700011

右の写真のぼんぼりに書かれている文字は「ハワイの高知城」。
何だ??と気になったので調べてみたら、
ハワイのマキキ聖城キリスト教会のことらしいです。
世界には、いろんなモノがあるんですねえ。

そして、こちらは、街中でよく見かけたキリンビールの看板。
1403280002
「いかん」はわかるけど、「たっすいがは」って何?どこで区切るの?と思って調べたら、たっすい=味が薄い、ということだそう。
ライバル会社の(アサヒスーパードライ?)は、薄くてダメ!ってことなんでしょうか(笑)。
なんか、外国語以上のインパクトがありました。
いやあ、日本も広いぜよ。

・・・とそれはさておき(笑)。
高知で食べたもの、買ったものなどなど。
(人形写真の旅行記はコチラ(Blogになりました)

*-*-*-restaurant-*-*-*

高知城散策のおやつ。

◆アイスクリン
1403280004 1403280003
高知城には、アイスクリンの屋台が、いくつも出ていたので、
その中の一つのアイスクリンよりハトエサの文字の方が目立つこの屋台で購入(^^;
1つ200円。
アイスクリームよりさっぱりとしてるけど、シャーベットよりはミルク感あり。
シャリシャリした食感も、楽しゅうございました。

*-*-*-restaurant-*-*-*

夜は、高知市街の居酒屋さんで一杯bottle

◆大衆割烹ときわ
1403280005
天神商店街近く、昭和の香り漂う「宵まち横町」にある大衆割烹。

いただいたのは、かつおの酢じめ、しめさば、浜アザミの天ぷら、かつおせんべい、うつぼのたたき、ゆずゼリー、ところてんなどなど。
1403280006 1403280007 1403280008 1403280009 1403280010 1403280011 1403280012 1403280013
どのお料理も、とてもおいしく、かつおのおいしさも期待通りだったけど、
特に印象に残ったのは、うつぼのたたき。
焼き目の香ばしさと、身のジューシーさ、ねっとりした食感が、いいバランスで、
おかわりしたくなるおいしさでした。
そうそう、ところてんが、酢醤油味でも黒蜜味でもなく、かつおだし味というのにもびっくりでしたよ。

お会計は、これに、ビールと日本酒をちょこっと呑んで、ふたりで1万円ちょっと。
お店は、まったりした雰囲気で、注文を通すのにはちょっとコツがいる感じだけど(^^;、
お料理は丁寧でおいしいので、そんな雰囲気も含めて楽しんじゃう気でいれば、
とてもいいお店だと思います。

*-*-*-restaurant-*-*-*

高知でモーニング。

メフィストフェレス ボリュームモーニング 580円

1403280014 14032800151
大橋通り商店街西詰にある喫茶店。
雑貨や置物、観葉植物やらがいっぱいの店内は、なんだか、お芝居の舞台のようでもあり、非日常気分で、ゆったりできました。

ボリュームモーニングは、パン2種に、サラダ、ゆでたまご、ヨーグルト、コーヒーのセット。
喫茶店で食後にお茶が出てくるのは、高知では普通のことなんですってeye
1403280016

*-*-*-restaurant-*-*-*

室戸でお昼ごはん。
2014_03300213
室戸と言ったら、やっぱ鯨は食べておかないと、ってことで、鯨料理。

道の駅きらめっせ室戸・食遊鯨の郷(いさのごう)

140329k03

鯨の竜田揚げ定食 1155円 
140329001 140329002

鯨のたたき定食 1680円 
140329k1 140329k2rr

鯨の竜田揚げは、柔らかくて、臭みも少なく美味。
味付けもちょうどよく、ボリュームもありました。

たたきは、私は味見程度につまんだだけだけど、
魚とも牛や鳥とも違う独特な味でしたconfident

そうそう、「鯨の竜田揚げ」と言うと、「給食で食べた~。懐かしい~」と言う人が多いけど、私が通っていた学校の鯨料理は、赤くて固いステーキオンリーでした。
竜田揚げの方が、調理も簡単そうだし、おいしいと思うのに、何でだったんだろ?

*-*-*-restaurant-*-*-*

室戸市東洋町でランチ。

アント・ダイナ 唐揚げとカツオのたたきセット 1345円 

140330001 140330002
東洋町にある白浜海岸は、サーフィンでも有名ということで、
こちらのお店も、サーファーさんに喜ばれそうなボリュームのあるメニューがいっぱい。

唐揚げは、ジューシーで、ちょっぴりエスニックな味付けが美味。
かつおのたたきも、フレッシュな柑橘の味で、おいしゅうございました。

お店では、人気メニューの「波乗りポーク」が作れる「波乗りのたれ」750円というのが売られていたので、買ってみたりも。
140330008
こちらも、ちょっとエスニックな味付け。
焼いた豚肉にからめると、カンタンにおいしく味付けできて、便利です。

*-*-*-restaurant-*-*-*

高知のみやげ

◆芋けんぴ
140330o001
いろんなメーカーのが売られていて、どれもおいしいんだけど、
今回、はまったのが室戸の海洋深層水を使っているという「塩けんぴ」。
(「塩けんぴ 」は南国製菓の登録商標だそう。)

甘さの中に感じる塩加減が程よくて、食べる手がとまらなくなるおいしさ。
つい、たくさん買い込んでしまいましたよ。
*-*-*

◆ミレービスケット
140330o002
油で揚げられた、甘くて香ばしくて、ちょっぴり懐かしい感じのするビスケット。
作っているのは、高知市大津にある、野村煎豆加工店

大阪でも、関西スーパーなんかで売られているけど、
大きいパックや、プラスチック容器入りのは売っていないので購入。

プラ容器に手を突っ込んで、ポリポリ食べると、シアワセ~happy01

*-*-*

◆ところてん
140330o004
「ときわ」で食べたところてんが、かつおだし味だったので、
じゃあ、お店で売られているのは何味だろう?と
高知県を中心に展開しているスーパー、サンシャインを偵察(笑)。
売られていたのは、かつおだし味だけでした。
140330o005 140330o006
酸っぱいの苦手な男子には、こっちの方が好まれると思うんだけど、
他府県に、かつおだしのところてんが広まらないのは、何でなんでしょ?)

キモノでクラシック鑑賞

お友達の杏さんにお誘いいただき、「きものクラシックコンサート」へ。

1403210001

これは、京都市の「伝統産業の日」のイベントのひとつで、
きもの姿で参加できる人1800人を、無料で招待してくれるというもの。
といっても、事前申し込みが必要で、招待は抽選だったようですが。

「伝統産業の日」は、このコンサートの他にも、
着物を着ていると、市営地下鉄や市バスに無料で乗れたり、
二条城や平安神宮などの文化施設に無料で入れたり。
街には着物姿の人がいっぱいで、オトクで楽しい一日でした。

伝統産業の日2014

*-*-*- cherry -*-*-*

コンサートは13時開場なので、その前にちょこっと腹ごしらえ。
「伝統工芸の日」のチケットがあれば、大丸京都店内の喫茶店は100円OFFになるというので、1階にあるイノダコーヒーのコーヒーサロン支店へ。

◇コーヒーサロン イノダ イタリアンセット(ミニサラダ・ドリンク付)1200円
140321i0011r 140321i002r
堺町三条に本店がある、京都では有名なコーヒー屋さん。
コーヒーは、砂糖とミルクを入れて出されるのがデフォだそうで、
(注文時に、入れていいかどうかは聞かれるけど)
アイスコーヒーは、2層になった色合いがキレイ。

ナポリタンは、太くてやわらかい麺に、ぽてっとしたケチャップが絡んでいて、
そうそう、昔のスパゲティって、こんなだったよねー、という懐かしい味わいでした。

イノダコーヒー

*-*-*- cherry -*-*-*

ごはんを食べたら、コンサート会場の京都コンサートホールへ。

1403210002r

1403210003
写真は、終演後に撮ったものだけど、キモノの人人人・・・
華やかで、なんだか楽しい気分になりましたよ♪

開演前には、「京都・ミスきもの」の発表も。
1403210004
第1次選考から選ばれた20人。
きれいな振り袖姿のお嬢さんがいっぱいで、眼福でした。
(って、この写真だと、よくわかりませんね(^^;)

*-*-*

さて、クラシックコンサート。
指揮は川瀬賢太郎氏、演奏は、京都市交響楽団。
この京都市交響楽団は、日本で唯一の自治体直営のオーケストラなんだそうです。

演目は、
・チャイコフスキーのエフゲニー・オネーギン~ポロネーズ~
・ラヴェルの組曲「マ・メール・ロワ」
・チャイコフスキーの交響曲第4番ヘ短調op.36
アンコール曲に、シベリウスの悲しきワルツ。

軽やかだけど細かいところまで丁寧な演奏と、やわらかく温かみのある音で、
とても心地よい時間を過ごすことができました。
交響曲4番の第4楽章とか、感動でゾクゾクしましたよ。

どうでもいいことだけど、
エフゲニー・オネーギンのポロネーズの最初の数小節は、
何度聞いても、「あれ?ドラクエ?」と思ってしまう私です(笑)。

*-*-*- cherry -*-*-*

終演後は、京都駅に移動して、
京都伊勢丹内にある美術館「えき」KYOTOの「日本の創作人形作家たち展」へ。
140321n002
いろんなタイプのお人形が見られて、楽しゅうございました。
プリンセスプリンプリンも懐かしかったわ。

美術館「えき」KYOTO

琵琶湖八珍四之膳

滋賀県立安土城考古博物館の「琵琶湖八珍を楽しむカルチャー&ツアー四之膳」に参加してきましたnote
(第二回に参加したときの記事はコチラ
4回目の今回は、休暇村近江八幡に泊まる、1泊2日のツアーo(^-^)o

14020200011

滋賀県立安土城考古博物館

*-*-*-*

集合は午後なので、滋賀に向かう前に、新大阪駅でランチ。

大阪焼肉 松屋 新大阪店

1403080003
新大阪駅2階の飲食街「味道筋」にある焼き肉屋さん。
いただいたのは、焼肉とミニピビンバがセットになった焼肉定食A1280円。
1403080001 1403080002
焼き肉はアツアツの石鍋に入っていて、
肉の下には、キャベツとタマネギが敷かれています。
この他に、サラダ、キムチ、スープもついていて、
ピビンバも「ミニ」というには量がたっぷり。
おいしくて、ボリューム満点のランチで、大満足でした。

*-*-*

新大阪駅のホームでは、寝台特急トワイライトエクスプレスを見かけたりも。
1403080005
客車の写真なので、いまいち地味ですが(^^;

*-*-*-train-*-*-*

さて、「琵琶湖八珍ツアー」。

まずは、八珍の魚に関する講座を聴講pencil
今回は、ビワマスとスジエビについて。

ビワマスについては、
今までは、アマゴが海の代わりに琵琶湖に降りるようになったものという考え方が主流だったが、
fishDNA分析によると、ビワマスはアマゴよりも古い型であること、
fishアマゴは海水親和性示すが、ビワマスは海の水を拒否することなどから、
アマゴ→(降湖)→ビワマスではなくて、ニジマス→ビワマス→アマゴ・ヤマメと分かれたのではないかと考えられるようになったこと、
fishアマゴとアメゴは、同じものと思われていたが、違う魚であったこと、fish放流事業によって、現在、ビワマスと言われている魚の中には、サツキマス(アマゴの降湖型)が混じっているかもしれないこと
などなど、興味深い話がたくさんでした。

*-*-*

講義の後は、解説を聞きながら、安土城考古博物館の冬季特別展「近江三都物語」を見学。
1403081 1403082
天智天皇の大津宮(おおつのみや)、淳仁天皇の保良宮(ほらのみや)、聖武天皇の紫香楽宮(しがらきのみや)など、近江は、何度も国の政治の中心だったことがあるんですねえ。

で、「近江三都物語」展では、宮都の遺跡から出土した遺物や資料などが展示されてました。
「近江」という場所が、奈良などから見て、どのような位置づけだったか、
なんてことがわかって、なかなかおもしろかったです。

*-*-bus-*-*-*

講座を聞いて、企画展を見た後は、バスで長命寺へ。
140308c0010
こちらの長命寺さんへは、昨年の12月に「大人の遠足」で訪れているので、
その時の記事→もどうぞ(^^;
140308c004rr 140308c005r

140308c006r 140308c007r
12月には修復工事中だった三重塔は、修理が終わってピカピカにshine
明るい色合いが、すがすがしい感じでよかったです。

*-*-*-bus-*-*-*

今宵のお宿は、琵琶湖畔建つ休暇村近江八幡。
140308q0001

夕食は大広間で、琵琶湖八珍を使ったお料理と、近江のお酒(あ、違うのも混じってる(^^;)restaurant
140308q0002 140308q0016

モロコの南蛮漬けにハスの甘酢漬け、
140308q0004 140308q0005
ウロリ煮に、鮒寿司、
140308q0006 140308q0007jpg
琵琶鱒のへぎ造りと鯉子(鯉の子まぶし)に、イサザのジュンジュン(すき焼き風の鍋物)、
140308q0008 140308q0009
小鮎の天ぷらに、陶板焼き用の近江牛、
140308q0012 140308q0011
その他、茶碗蒸しや、近江鶏の煮もの、石貝の釜飯にデザートの果物と、
琵琶湖&近江の幸満喫でした。

*-*-*-sun-*--*-*

翌日は、沖島へ。
140309o00001
休暇村近江八幡のある宮ヶ浜から見た沖島。

沖島は、琵琶湖の沖合約1.5kmに浮かぶ、琵琶湖最大の島で、
現在、約350人が暮らしているそう。
淡水湖の島に人が住んでいるのは、国内では唯一この島だけ、
世界的にも珍しいんだそうです。

沖島へは、近江八幡の堀切港から定期船も出ているけど、
今回は団体ツアーなので、チャーター便で渡ります。
140309o0002
10分ほどで沖島へ。
140309o0003
わーい、沖島町だ~!と写真を撮ったけど、
対岸の休暇村がある場所も、沖島町なんですね(^^;

主な産業は漁業ということで、町のあちこちには、漁のためのいろんな種類の網が。
140309o021r 140309o0005r

P1040021r 140309o020r

とれたての鮒もどどーんと。
140309o0004

*-*-*

島には、三輪自転車もいっぱい。
140309o0007r 140309o0008r
島には車が1台もないので、島の人の主な交通手段はこれなんだそう。

奥津島(おくつしま)神社や、
140309o91

140309o012r 140309o013r

西福寺に立ち寄ったり。
140309o015r 140309o016r

岬の石切場の跡を眺めたり。
140308o019
ここで切り出された石は、船で湖上を通って運ばれ、
琵琶湖疎水や南郷水堰、東海道線の鉄道工事などに使われたそうです。

島の西側からは、琵琶湖西側や比良山系も見えました。
140309o0181

漁港の売店では、「沖島よそものコロッケ」なるものが売られていたので、
買って食べてみたり。
140309o022 140309o023
材料は、琵琶湖のよそもの(外来魚)ブラックバス。
カップの中には、一口サイズのコロッケが6個入っていて、300円でした。

「沖島で水揚げされた鮮度の良い天然バスのミンチを使用し、
おから、ハーブなどを加えたクリームコロッケ風で、
外来魚の加工から製品完成(揚げる前)までの全工程を島内で行っています」だそう。
臭みやクセは全くなく、おいしいコロッケでした。
ばんばん食べて、琵琶湖からバスを駆除しちゃおうぜ~bleah

売店では、えび豆若煮500円も購入。
140309o1 140309o2
「若煮」というのは、昔から沖島の漁師の家庭に受け継がれている、佃煮より短時間で炊き上げる炊き方だそう。
豆よりエビが多いのが、漁師っぽくて、なんとも贅沢。、
濃い目の甘辛味なんだけど、毎日でも食べたい、飽きのこないおいしさ。
沖島に行く機会があったら、ぜひまた買いたいです。

沖島漁業協同組合

*-*-*-bus-*-*-*

昼食は、水茎焼陶芸の里で、「近江八幡郷土料理四季膳(八珍)」を。
140309m001 140309m002 140309m003 140309m004 140309m006 140309m005
赤蒟蒻や丁字麩、エビ豆、ワカサギなどなど、こちらも近江の幸満載。
おいしく、満腹、大満足のごはんでした。

水茎焼 陶芸の里

*-*-*-bus-*-*-*

・・・ってなところで、ツアーは終了。

帰りは、大都市近郊区間の特例を利用して、琵琶湖をぐるっと大回り乗車。
Ws000000rr ←クリックで拡大します
近江八幡から大阪方面へ、通常は緑色の線のルートのところを、
オレンジの線で示した、近江八幡-(琵琶湖線)-米原-(北陸本線)-近江今津-(JR湖西線)-山科~ってなルートで。

140309t0011 140309t0021

140309t00311 140309t0061
「近江舞子」って人名みたいだなあ、と思ったら、こんなのがあったよ~(^^;

知ったかぶりカイツブリ 告白の唄②

Youtube 【BBC放送番組】告白の唄2誤解編

滋賀のあるあるネタ。おもしろいです。

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ