« 塩屋の異人館で | トップページ | 山の神仏 »

五色塚古墳

兵庫に住むお友達とデート。

三ノ宮あたりでランチとお茶もいいけど、
もうちょっとおもしろそうな場所に行きたいねー、ってことで、
お友達が、「電車の窓から見えるので、乗るたびに気になっている」と言う、
五色塚古墳(神戸市垂水区)に行ってみることにしました。

五色塚古墳・大歳山遺跡web-site

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+

五色塚古墳の最寄り駅は、JR垂水駅か山陽電鉄・霞ヶ丘駅なんだけど、
待ち合わせとランチは明石で(^^;

魚の棚商店街のお店で食べるつもりでいたら、
気になっていたお店が臨時休業だったので、
お友達が、「以前、海鮮丼を食べて、おいしかった」という、こちらのお店へ。

漁師めし 新浜

1405190001 1405190002

明石駅から歩いて10分くらいのところにある海鮮料理屋さん。
前は、たこフェリーの乗り場にあったらしいです。
(たこフェリー、なくなっちゃって、ホント残念weep

いただいたのは、たこづくし定食1500円(税別)。
1405190003r
やっぱり、明石と言ったら、タコでしょ!

1405190006r 1405190005r

1405190007r  1405190004r
たこ刺し、たこ天、たこ酢、たこめしに、サラダ、味噌汁、漬け物付き。
柔らかくてプリプリのタコがたくさん食べられて、満足でした。

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+

明石からは、山陽電車で霞ヶ丘駅へ。

1405190010 1405190010rrr
先頭車には、姫路市の黒田官兵衛イメージキャラクター「かんべえくん」のヘッドマークが。

霞ヶ丘駅ホームの向こうには、明石海峡大橋。
1405190011

*-*-*

駅から五色塚古墳へは、歩いて5分くらい。
1405190012
案内板は何カ所も出てるし、道も、線路沿いの一本道なので、
迷うことはなかったです。

住宅街を通り過ぎると、見えてくる小高い丘が古墳。
1405190013
このあたりのおうちは、「窓を開けたら古墳」という「古墳ビュー」なんですねえ。
古墳を眺めながら洗濯物を干す生活、・・・ちょっといいかも。

管理事務所で、人数と代表者の名前を書いて、
パンフレットをもらったら、いざ古墳へ。
見学料は無料。
1405190014
あ、管理事務所の中には、発掘調査の様子や、
出土した埴輪などが展示されているので、そちらを見るのも忘れずに。

1405190015

五色塚古墳は、4世紀後半に築造された、全長194mの前方後円墳で、
広さは、甲子園球場と同じくらい。
兵庫県で一番大きな(全国的には40番前後の大きさの)古墳だそうです。

地図で見ると、こんなかたち。

前方後円墳って、オバQみたいで、カワイイよね(例えが古い?(^^;)

*-*-*

墳丘は3段になっていて、中段から上段方向を見るとこんな感じ。
1405190016


1405198
振り返ると、明石海峡大橋と淡路島。


墳丘の斜面には小石、はしには埴輪がぎっしり。
14051900211
並べられている石は、この古墳に元から並べられていた石で、
成分分析の結果、日本書記に書かれていた通り、淡路島から運ばれてきたものということがわかったそう。
淡路島は、近いと言えば近いけど、重機など無い時代に、
これだけの量の石を運ぶのは、かなり大変な気が・・・(@_@)

*-*-*

階段を上がって、墳頂へ。
1405190017 五色塚古墳 墳頂斜面
こちらの斜面に並べられている石は、復元工事の時に、新しく購入したものだそう。


墳頂。
14051900180
手持ちの広角レンズでは、全体が入らなかったので、
魚眼レンズで撮ってみたけど、いまいち広さが伝わらないわ・・・sweat01

この部分は発掘調査をしていないそうで、葬られている人については、
「明石海峡とその周辺を支配した豪族と考えられる」くらいしか、
わかっていないんだそう。
この下に、まだ眠っていらしたりするのかしら?

パワースポットとしても有名みたいで、
ここで喋ると、音がぽわーんと響くような、ちょっと不思議な感覚がありました。


墳頂から、明石海峡大橋方向を眺めるとこんな感じ。
140519191
左手方向には、「三井アウトレットパーク・マリンピア神戸」が見えたりも。
よく買い物に来てるけど、こんな近くに、こんな大きな古墳があるなんて、気づかなかったよー。

古墳の上から住宅街を眺める(笑)。
1405199

*-*-*

並べられている埴輪(レプリカ)は、鰭付円筒埴輪と朝顔形埴輪というものだそう。
4世紀後半から5世紀にかけて、主に近畿地方の古墳で使われた埴輪ということですが、人や馬の形じゃない埴輪もあるのねー、と勉強になりました。
1405190023
瓦煎餅みたいで、なんだかおいしそう、と思うのは、私だけではないはず(笑)。
(特に、鰭の部分がパリパリして良さそう)smile
この埴輪の形のお菓子、どこかで作ってないかなあ。

*-*-*

・・・ってなところで、見学おしまい。
1405190030r
一風変わった風景が見られる古墳見学、なんだかクセになりそうです(笑)。


+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+


古墳めぐりをするなら、この一冊。


古墳シンガー・まりこふん氏が、オススメの古墳を紹介するガイドブック。
五色塚古墳の他にも、全国のステキな古墳かいっぱい載ってます。

古墳にコーフン協会>

« 塩屋の異人館で | トップページ | 山の神仏 »

コメント

おはようございます。
古墳にいかれたんですね。
古代の人々の生活を妄想できましたでしょうか?
僕も城址とか古墳とか一人歩きで行くと,戦国武将や古墳時代の人々の様子をいろいろ想像してしまいます。
一人だから妄想できるのかもしれませんが...。
埼玉にも近隣にも古墳はありますが,そちらは景色が段違いですね。
いつか見に行きたいです♪

あぶさん>古墳や城址で妄想ですか・・・flair
意識してやったことがないですが(知識があまりないので、できない、とも言う(苦笑))その時代に思いを馳せるのは楽しそうですね。今度やってみます~♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13724/59708441

この記事へのトラックバック一覧です: 五色塚古墳:

« 塩屋の異人館で | トップページ | 山の神仏 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ