« 空と君のあいだに | トップページ | 天神祭 »

祇園後祭

山鉾曳き初めを見て、お祭り気分を味わった祇園祭ですが、
今年から「前祭(さきまつり)」と「後祭(あとまつり)」に分かれての開催となり、
蛤御門の変で消失して以来、ずっと休み山だった「大船鉾(おおふねほこ)」も
150年ぶりに復活!というので、後祭の宵々山の昼間に、再度行ってきました~(^^;

*-*-*

大船鉾
140719f0001 140719f0002
神功皇后が新羅に出船し、戦に勝って凱旋する場面を表している鉾だそう。
船の舳先に付けられた大金幣は1814年に作られたものなんですって!(@_@)

四条町大船鉾保存会

鉾の横では、ちまきや手ぬぐいなどの他に、お酒も売られていたので、買ってみたり。
140719f0006
京都府亀岡市にある丹山酒造の「清酒凱旋」(升付1080円)。
どんなお味か楽しみ~♪

*-*-*

南観音山
140719m0001

140719m0002
山の中心に立つ真松の木の上には、木彫りの鳩が!

*-*-*

北観音山
140719k0001 140719k0002
下水引きは、江戸後期~明治時代の画家・中島来章が下絵を描いた「関帝祭の図」だそう。(って、この写真じゃ、よく見えないけど(^^;)

140719k0003
こちらの真松の上には、尾長鶏!

昨年までは、南観音山に尾長鶏、北観音山に鳩を飾っていたけれど、
古文書から、かつては逆だったことが判明したので、今年から入れ替えることになったんだそう。
入れ替えに伴って、鳩と尾長鶏も新しく作られたそうですよ。

京都新聞 北観音山、南観音山の「鳥」入れ替え 祇園祭・後祭

*-*-*

八幡山
140722ha002rr
会所前は、消防訓練の真っ最中。
山の横で、人形に心臓マッサージをしたり、水消火器で消火訓練をしたりしていて、
祇園祭といっても、近所の人には普通の日のひとつなんだなー、とあらためて感じたり(^^;

「厄除御手拭」は500円。
140719ha0001r
色遣いと鳩の絵柄がステキ。

八幡山保存会 はちまんさんのかわら版

*-*-*

黒主山
140719ku0001 140719ku0002
大伴黒主が桜の花をあおぎながめている姿をあらわす山ですが、
まだ、ご神体が乗っていないので、桜だけ(^^;

黒字に赤い文字がカッコイイ手拭いは800円。
140719ku0005r

黒主山保存會
*-*-*

鯉山
140719koi0001
鯉が滝を登り切って龍となったという、中国の故事、登龍門にちなんで作られた山。

ご神体は、左甚五郎作と伝えられる、全長1.5mの鯉、
巡行の時に、鯉山の周囲を飾っていたタペストリーは、
16世紀にベルギーのブリュッセルで織られた壁掛(現在は復元品を使用)と、
なんだかすごいものがいっぱいの山でした。

Kazari
今回、会所内の写真を撮り忘れたので、2002年に撮った写真をどうぞ(^^;

手拭いは600円。
140719koi0005r
2002年に買ったものには、木瓜紋が入っていなかったので、
何年かごとに新しい図柄になるのかも。

鯉山町衆

*-*-*

途中から、山鉾を見るより手拭いを買うのがメインになってしまったりsweat01

それほど混雑してないので、ゆっくりはできるけど、
お囃子や提灯の灯りもなく、ご神体が飾られてないので、ちょっと寂しい感じが。
うーーん、来年は山鉾巡行の日に行こうかな-。

« 空と君のあいだに | トップページ | 天神祭 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13724/60052082

この記事へのトラックバック一覧です: 祇園後祭:

« 空と君のあいだに | トップページ | 天神祭 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ