« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

京の夏の旅

9月もあと少しで終わりだし、もう「夏」という感じではないですが(^^;、
「第39回 京の夏の旅キャンペーン」(2014年7月~9月)で特別公開されている
島原の輪違屋(わちがいや)を見学してきました。

京都市観光協会

14092701 14092702

島原は、わが国最古の公許花街で、正式名称は「西新屋敷」。
寛永18(1641)年の移転騒動が、九州島原の乱の直後だったので、
それになぞらえて「島原」と呼ばれるようになったのだそう。

入り口にある島原大門は、一間幅、本瓦ぶき、切妻の高麗門で、
往時は、門内の通りの左右に、格子造りの古い揚屋や置屋が、整然と並んでいたのだとか。


今回、見学した輪違屋は、
元禄年間(1688~1704)創業の、島原で唯一現存する置屋。

14092706 14092705 

「置屋」というのは、太夫や芸妓が所属するお店(?)で、
太夫や芸妓は、ここから、饗宴の場である「揚屋」に派遣されるというシステム。

よく映画やドラマに出てくる、八文字の足運びが独特な「太夫道中」は、
太夫が揚屋の客からの招きによって、置屋から出向く時のものなんだそうです。

輪違屋は、現在も、お茶屋(お茶の販売所とか喫茶店的な店ではなくて、お座敷遊びをするようなところね(^^;)として営業しているので、入り口には「観覧謝絶」の札があったりも。
 
14092708 14092704 
本来なら、一生縁が無いであろう場所を、600円で見学できるのは、ウレシイかぎり(^^)

たてもののあちこちに輪違マーク。
14092709

1階にある主座敷「主の間」。
14092711 14092710

14092712 14092713
襖に貼られているのは、太夫さんが書いたお手紙。
屏風は近藤勇の書。坪庭にはキリシタン灯籠。
西日よけのための長~い庇には、柱が一本もありません(@_@)

有名な「傘の間」のある2階は、撮影禁止だったので、写真はないけど、
桂小五郎の掛け軸とか、本物の紅葉を塗り込んで造った紅葉の間とか、
西日よけのために無造作に掛けられている、豪華な太夫の打掛だとか、
なかなか見ごたえがありました。

14092714
道中傘などに書かれている文字が「髙」なのは、
当主が「高橋さん」だからだそう。

ワタシ的には、シャキーン!と尖ったコイツも、気になりましたですよ。
14092715
泥棒よけ?

*-*-*

輪違屋や太夫について、よく知りたいなら、
輪違屋十代目当主・高橋氏の綴ったこの本を。

◇京の花街「輪違屋」物語 高橋利樹/著 PHP研究所


読みやすい文章で、興味深い話がたくさん。

*-*-*

輪違屋を舞台にしたこんな小説も。

「土方歳三を慕う島原の芸妓・糸里は、
姉のような存在である輪違屋の音羽太夫を芹沢に殺され、
浪士たちの内部抗争に巻き込まれていく」という話。

輪違屋に糸里という名前の芸妓がいたという記録は無いらしいですが。

大人の遠足 2014長月

滋賀県東近江市にある老舗料理店「納屋孫(なやまご)」さん主催の「大人の遠足」へ。

近江の文化財を解説付きで見学した後、お酒とおいしいものをいただくという企画で、今回のテーマは「長月」。
参加費は、料理・拝観料、酒代込みで8000円でした。

納屋孫

*-*-*-bus-*-*-*

JR大津駅前に集合して、まずは、栗東市にある金勝寺(こんしょうじ)へ。

滋賀県 公式観光サイト 金勝寺

1409150001 1409150002

金勝山(こんぜやま)の山中にある、天台宗のお寺。
天平5(733)年に、平城京の鬼門を守るために、東大寺の初代別当であった良弁(ろうべん)僧正が開基したと伝えられているそうです。

仁王門にいらっしゃる仁王さま。
1409150003 1409150004
ぎょろっとした目と、筋肉隆々で力漲る身体。迫力あります。

二月堂にいらっしゃるのは、軍荼利明王(ぐんだりみょうおう)さま。
 1409150005 1409150007
ヒノキの一刀彫りで、像高は4m超だそう。 
頭髪を逆立て、唇を噛んで、睨んではいるけれど、
胸の前で組まれた手や、指先の表情は、なんとなく女性を感じさせるようなsmile

仏像は、本尊の釈迦如来坐像、虚空蔵菩薩半跏像、毘沙門天立像、地蔵菩薩像など、国の重要文化財に指定された仏像がいっぱい。
そうそう、毘沙門天立像は、がっしり体型なのに、顔が小さくて、なんだか速水もこみちクンのようでした(^^;

金勝寺は、「天文18(1549)年の大火で、諸堂悉く消失」したということで、
現在の本堂は、慶長14(1599)年頃に造られた仮堂なんだとか(@_@)
1409150010
パンフレットにも、「現在の本堂(仮堂)には…」とか書かれていたけど、
400年も♪「仮」のままの~♪って、どうなの?(笑)

1409150009
境内の高台には、大講堂跡。
どんな建物が建っていたのかなあ。

*-*-*-bus-*-*-*

金勝山(こんぜやま)の展望台駐車場から、近江を一望。
1409150020
夜景スポットとしても、有名だそうですよ。

*-*-*-bus-*-*-*

お次は、野洲市にある福林寺跡へ。

滋賀県 公式観光情報 福林寺跡磨崖仏

140915f0003

福林寺の遺跡は、遺構の大半が野洲中学校の敷地になっていて、発掘調査が部分的にしか行われていないので、詳しいことはよくわかっていないそうですが、文献では、天武天皇の時代に、鎮護国家を祈念して建てられた寺院とされているそうです。

周辺には、室町時代頃のものという磨崖仏がごろごろ。

140915f0004 140915f0006_2

140915f0008

140915f00061 140915f0010rr

この磨崖仏さん達、大正時代より前には、大阪方面の富豪の庭に持ち去られるということもあったそうで、切り取ろうとしたノミの痕が残っているものもcoldsweats02

持ち去られた磨崖仏さんは、今、どうしているんでしょうねえ。
返してもらったものとか、今の所在がはっきりしてるものとかはないのかなあ。

*-*-*-bus-*-*-*

…と、いろんなタイプの仏さまと対面した後は、納屋孫さんで、お食事restaurant

今回は「長物食べて長寿長命祈願」ってことで、
うなぎとハモに、琵琶湖の幸ビワマスと、秋の味覚いちじくと松茸♪

1409150050 1409150051 1409150052 1409150053 1409150054

うなぎは、「新子」と呼ばれる、養殖期間が一年未満のものだそう。
白焼きも、うな重も、関西風(蒸さない)なので、脂ノリノリで、外はカリッと、中はふっくら柔らか。
とてもとてもおいしゅうございました。

お酒も、長寿長命にちなんだ銘ということで、
高島市・上原酒造の「不老泉」とか、東近江市・喜多酒造(ブランド名が「喜楽長」)の「権座(ごんざ)」とか。
1409150055 1409150056

1409150057r
「権座」というのは、琵琶湖の内湖である西の湖にある、舟でしか行けない湖上の田んぼで、この権座というお酒は、そこで育てられた酒米「滋賀渡船6号」を使って作られたものだそう。

しっかりした味で、華やかさもあって、おいしくて飲みやすかったです。

*-*-*-bus-*-*-*

帰りに立ち寄った五個荘観光センターでは、
赤こんにゃくなどの近江名物や、地元産の野菜に混じって、
「ポポ」という果物が売られていたので、買ってみたり。
140924001 140924002
お値段は、3コで100円。

「黄色くなったら、皮をむいて食べて」ということで、1週間後にお味見、
バナナのような、メロンのような、下記のような、アケビのような、アボカドのような不思議なお味。
さらっとした甘みで、なかなかおいしゅうございましたよ。

五個荘観光センター

お月見だんご

今夜の月は「中秋の名月」fullmoonshine

14090800003
(写真はイメージです。
…っていうか、2014/8/11、スーパームーンの翌日の月ですsmile
PENTAX Q+06TELEPHOTO ZOOMで撮影)


スーパーのチラシも、「十五夜」「お月見」推しですが、
関西の月見だんごは、白くて丸いお団子ではなくて、
楕円形のだんごに、こしあんを巻いたものなんですよねー。
Img_0001 Img_0002r Img_0003r

いかりスーバーのチラシによると、
「この時期は里芋の収穫期で、里芋をお供えするところから、「芋名月」とも言われ、
関西の月見だんごはお月さんを里芋の形に、あんを雲に見立て巻いております」だそう。

  ◇いかりスーパー
    兵庫県尼崎市に本社があり、京阪神に展開する、
    ちょっと高級な(関東で言ったら、紀ノ国屋とか成城石井みたいな)
    スーパーマーケット。 

そういえば、まだ食べたことはなかったなあ、ってことで、
近くの和菓子屋さんで買ってきました。
(家で、ちゃんとしたお月見というのをしたことがないので、
白くて丸いお月見だんごも、食べたことは無いけど(^^;)

千壽庵吉宗 大阪本店 月見だんご 1コ150円

1409080001 1409080002
もっちりと甘いお団子に、さらっとしたこしあん。
見て、想像したとおりのお味で(笑)、おいしゅうございました。

今夜は、ちゃんと、お月さまにお供えしてからいただこう(^^;

*-*

千壽庵吉宗大阪本店さんは、「わらび餅」や「みたらしたれうさぎ」、「たこやん」など、
新大阪駅や空港で見かける大阪みやげ菓子も作っているお店。
本店は、隣が工場で、アウトレット品や、
少量簡易包装のお徳用パックなども売られているので、
ちょっと和菓子を食べたいときに便利です(^^)

楽天にもお店あり。
「たこやん」は、たこやきのような見た目の白あんまんじゅう。
味は、ひよことか千鳥まんじゅうみたいな感じだけど、
おみやげでウケを狙いたい時にはイイと思います。

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ