« ル・クルーゼ | トップページ | 四国でごはん&みやげ »

かにかに旅行

関西の冬、カニの冬…ってことで、
今年もカニを食べに香住(@兵庫県美方郡香美町)に行ってきました~wave
(人形写真の旅行記はコチラ

*-*-*-car-*-*-*

香住までは車での移動cardash
途中、篠山市に寄り道して、お昼ごはん。

箱鮨 澤藤(はこずし さわとう)

150227001
篠山城近くにある、箱鮨と鯖鮨のお店。

いただいたのは、箱鮨1296円。
150227002 
見た目は、大阪や京都などでもよく見かけるような押し寿司ですが、
魚を塩や酢でしめるのが大阪流、生のお刺身を使うのが篠山流、なんだそう。

黒豆煮も、酢飯も煮切りも、甘さはほとんどなく、
キリッと、サラッと、すっきりした味わい。
いい意味で、想像を裏切るお味で、おいしゅうございました。

巻きずしとの盛合わせは1620円。
15022710
巻きずしも、やさしいお味で、おいしかったです。

箱鮨 澤藤|お食事|丹波篠山篠山観光協会 - 篠山市観光情報

*-*-*-car-*-*-*

昼食後は、またまた寄り道して、養父(やぶ)市の銀海酒造さんへ。

150227003 150227005
(写真の白い点々は雪ですsnow
家族だけで酒造りをしているという、小さな酒蔵。
お酒を何本か買ったけど、まだ飲んでないので、味の感想はまた後ほど。

銀海酒造(但馬地酒、蔵元から直送) - Facebook

近くには、忍法帖シリーズや「魔界転生」などの伝奇小説で有名な作家、山田風太郎氏の記念館があるんですが、この銀海酒造がある場所は、山田風太郎の父が開いた病院の跡地だそう(@_@)
150227004 
山田風太郎の小説、久しぶりに読み返してみたくなりましたよ。

*-*-*-car-*-*-*

…と、寄り道しつつ、チェックイン。
お宿は、昨シーズンと同じ、『荒神の宿 三宝』さん。
(昨シーズンのかに旅行についてはコチラ

150227s001 150227s002

昨シーズンは、松葉蟹(ズワイガニ)と香住蟹(紅ズワイガニ)で1人当たりカニ3杯がつくプランで、全部を食べきれずに悔しい思いをしたので、今年は、カニ1.5杯に、A4但馬牛の塩釜がつく『♪冬色♪A4但馬牛塩釜と魚と松葉ガニ♪』というプランで^^;

料金は、平日1日3組限定で、15000円(税別)でした♪

出てきたお料理は…
食前酒に八寸、お造り、
150227s005 150227s006

カニ刺し
150227s008 150227s009

茹で蟹、蟹宝楽焼き、
150227s007 150227s010

蟹しゃぶ、かに天ぷら、
150227s011 150227s014

自家製天然蟹みそ、茶碗蒸し
150227s013 150227s012

但馬牛フィレ香草塩釜焼き
150227s016jpg 150227s017

そして、雑炊にデザート。
150227s018 150227s019

いろいろなお料理のカニが楽しめて、牛肉も柔らかでジューシー。
量もちょうど良く、最後の雑炊まで、余裕を持って、味わいながら、おいしくいただけて、よかったです。
カニ料理は、どれもおいしかったけど、特に、かに刺しと宝楽焼きの甘さが感動モノでしたhappy02

*-*-*

翌朝、宿の前のミニ朝市で、おみやげ用のカニを購入。
150228s03

150228s04 150228s05
お値段は1匹7000円~というので、7500円のモノを。
カニに関するいろんな話も聞けて、勉強になりました。
150228s06
調理方法が書かれた紙を入れてくれたので、家でそれを見ながら捌き、ホットプレートで焼きガニに。
150228s08 150228s09
これはこれでおいしかったけど、やっぱりプロの調理には敵わないなあ、というのが実感coldsweats01
来シーズンは、持ち帰ることは考えず、お宿でカニを満喫したいと思います。

*-*-*-car-*-*-*

帰りは、出石(いずし)@兵庫県豊岡市で、お昼ごはん。

◆元祖出石皿そば 南枝(なんし)本店
150228030
昨シーズンに立ち寄ったお店の本店になるのかな?
メニューは皿そばのみ!の潔さと、鄙びた雰囲気が、いい感じでした。
1502283
皿そばは、一人前5皿(玉子・山芋付き)で860円。
150228032 1502280310
もちっとしたお蕎麦に、醤油のキリッとした味わいのつゆで、飽きのこないおいしさ。
150228033
お蕎麦は、一皿130円で追加できるので、2皿ほど追加して、ごちそうさま!
いつか限界までチャレンジしてみたいものです(笑)。

« ル・クルーゼ | トップページ | 四国でごはん&みやげ »

コメント

こんにちは。
カニいいですねぇ♪
僕は職場の食堂で出るカニクリームコロッケ以外,カニと名のつく食物を食べてません。どんな味がしたかも忘れてるし...。カニ缶も高くて買わないし。たまには食べてみたいです♪どれもおいしそうなお料理ですね。最後の焼きカニもよい感じですよ。プロの調理って更に凄いんでしょうね。ごちそうさまでした(目で楽しめました)♪

あぶさん>こんにちは。カニ、いいですよー(笑)。
関東にいる頃は、カニなんてめったに食べなかったし、わざわざ食べに行くこともなかったけど、関西では、冬になると、旅行パンフやローカル情報誌が、カニであふれるし、日本海までの距離も、そう遠くないので、食べに行かずにはいられなくなりました(笑)。

でも、「職場の食堂で出るカニクリームコロッケ」ってのも、おいしそう。
食堂のある職場、憧れです(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13724/61224263

この記事へのトラックバック一覧です: かにかに旅行:

« ル・クルーゼ | トップページ | 四国でごはん&みやげ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ