« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

やまのぼり

四国第二の高峰で、日本百名山のひとつにもなっている、剣山(つるぎさん)@徳島県に登ってきましたsun
(人形写真の旅行記はコチラ

Imgp4241

剣山の標高は1955m。

といっても、登山口がある見ノ越駅(標高1420m)までは、車で行ったので、
実際に歩いた高低差は、500mくらい(^^;

久しぶりの山登りだったので、身体が慣れるまでに、けっこう時間がかかっちゃいましたが、剣山の広~い山頂や、剣山~次郎笈(じろうぎゅう)への稜線歩きは、とてもとても気持ちよかったです。

1504300001r 1504300002r

1504302

1504300027

*-*-*

「山旅ロガー」というAndroidの無料アプリで記録した今回の歩行データを、グーグルマップの地形図にインポートしてみたのがコチラ↓
Google

途中、ルートを間違えて、次郎笈~下山のつもりが、再度、剣山に登っちゃったので、
歩行距離×標高のグラフは、こんな↓感じに(苦笑)。

20150430_r
持って行った地図(昭文社「山と高原地図54 石鎚・剣山」)には載っていなかったルートがあったのが、間違いの原因……なんて、言い訳していては、いけませんねsweat01

昭文社 山と高原地図 54 石鎚・四国剣山 2015

昭文社 山と高原地図 54 石鎚・四国剣山 2015
価格:1,080円(税込、送料別)

それにしても、スマホを持って歩くだけで、軌跡とか、距離とか気圧とか歩行速度とかが記録されちゃうなんて、便利な時代になったものですhappy01

地図ロイド for Android  山旅ロガー

*-*-*

そして。

今回の登山中、お恥ずかしいことに、私の靴のソールが剥がれましたsweat01
1504303
ポリウレタンの経年劣化の事は知っていて、事前にチェックもしたつもりだったのですが、使っていない期間が長すぎた&チェックが甘かったようです。

手持ちのバンダナを結んで固定し、無事下山できましたが、グッズの管理は、しっかりしないとダメだなあ、と反省しきりでございますsweat02

日本山岳救助機構合同会社>経年劣化にご用心!履いていなくても、登山靴は壊れます。

ぐりとぐら展と伊丹散策

伊丹市立美術館で開催されている「誕生50周年記念 ぐりとぐら展」に行ってきました。
会期は2015年4月11日(土) ~5月31日(日)、入館料は900円。

2015_04260072

伊丹市立美術館
朝日新聞社 誕生50周年記念 ぐりとぐら展
福音館書店

「ぐりとぐら」というのは、中川李枝子氏と山脇(大村)百合子氏の姉妹が作った、ふたごの野ネズミが主人公の絵本。(って、ご存じの方がほとんどだと思いますが)

今回の展覧会は、1963年に誕生した「ぐりとぐら」が、2013年に誕生50周年を迎えたことを記念したものだそうです。
親から子、孫へと読み伝えられ、50年経っても色あせない魅力があるって、スゴイですよね。

でも。
私は、ぐりとぐらと同世代なので、作中のファッション(半ズボンや吊りスカートの子どもとか)や小物に違和感はないけど、今の子ども達は、どう思って見てるのかなあ、とちょっぴり気になったり。
フィクションの世界と思って、気にしてないのか、レトロ可愛い~heart02と思ってるのか。
機会があったら、聞いてみたいです(笑)。

と、まあ、それはさておき。

かわいらしい卵形のチケットや、入り口にどどーんと置かれた大きなたまご(って、この写真じゃ大きさが伝わらないけどsweat01)にワクワクup
1504240001 1504240003

展示されているのは、「ぐりとぐら」の初出誌「母の友」や、「ぐりとぐら」が載った「こどものとも」初版本、ぐりとぐらシリーズ7作品や、「いやいやえん」、「そらいろのたね」「」の原画、中川李枝子氏と映画監督・宮崎駿氏の対談映像(5分だけだけど)などなど。

中川氏が、「ぐりとぐらは、保育士時代に、子ども達を喜ばせるために作ったお話。目の前にいるかわいい子ども達を、最高の状態にして眺めることができるのが、保育士の醍醐味」(意訳です。実際のコトバは、かなり違うかもsweat01)と語っていたのが、とても印象に残りました。

他にも、ぐりとぐら目線で絵本の世界に入り込めるような展示や、ゆっくり座って、ぐりとぐらの絵本を読めるコーナーなどもあり、ほのぼの気分で楽しめる展覧会でした。

展示は、2階と地下1階に分かれてるので、階段を上ったり下りたり…。
1504240002
こちらは、地下の展示室に向かう階段。
展示室によって、雰囲気が違うのも面白かったです。

ショップでは、ポストカード150円とハンカチ1000円を購入。
1504240004

ハンカチは数種類の絵柄があって、どれにするか迷ったけど、チケットと同じこの絵を。
1504240005r
そういえば、ハンカチってのも、最近はあんまり使わない、レトロな品物かもなあ、と思いつつ。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

「ぐりとぐら展」を見た後は、美術館のお隣にある「旧岡田家住宅」を見学。
入館は無料。
1504240006
伊丹の酒造家・松屋与兵衛が、延宝2(1674)年に建てたもので、
町家としては兵庫県内最古、酒蔵は、年代が判明し現存するものでは日本最古だそう。

1504240007 1504240008

伊丹は、清酒醸造法を確立し、酒造業で賑わった地ということで、建物の中には、酒造りの道具なども展示されてました。

2015_04260061

こちらは、レンガ造りの酒造用カマド。
1504240009
昭和59年に、ここの酒蔵が廃業するまで使われていたそうです。

伊丹には、今も2軒の酒造会社があるそう。
次は、そちらでゆっくり飲み食いしようかな(笑)。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

伊丹といえば、昨年の大河ドラマ「軍師官兵衛」でも大活躍(?(^^;)だった戦国時代の武将・荒木村重ゆかりの地でもある、ということで、有岡城跡にも行ってみました。
1504240020
JR伊丹駅・西出口からすぐ。

1504240021

有岡城は、天正7(1579)年に落城し、その後、廃城したということで、
現在、あるのは、野面(のづら)積みの石垣と、土塁、建物の礎石跡、井戸跡だけ。

1504240022r 石垣

1504240024 土塁

1504240023 井戸跡

小さいし、ゆっくり滞在できるような公園ではないけど、戦国時代に思いを馳せるには静かでいいかも。

伊丹市ホームページ ▶ 伊丹市の紹介

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ランチは、阪急伊丹駅から歩いて5分くらいの所にある、こちらのお店で。

イタリアンレストラン アントン

サービスランチコース シカ肉のカツレツ 1800円
1504240050r 1504240052r 1504240053r 1504240054r

コースのお料理は、サラダ前菜、パン、魚のだしのミネストローネ、シカ肉のカツレツ、デザート、食後の飲み物。
前菜はみずみずしく、スープは、じんわりとしたうまみに、野菜がたっぷり、佐用町の猟師さんが獲ったシカ肉を使っているというカツレツは、柔らかくて、ジューシーで、添えられているソースとの相性もピッタリ。
とてもとてもおいしゅうございました。

お店の雰囲気もよかったし、近くに行くことがあったら、また寄りたいな。

桜の通り抜け

所用で天満橋付近に行くという家族と待ち合わせて、
造幣局の「桜の通り抜け」に行ってきましたcherryblossom

独立行政法人 造幣局

1504110001

桜の通り抜けに行くのは、なんと11年ぶりsweat01(家族は初めての通り抜け)
 -- 2004年に行ったときの話はコチラ --

前に行ったときも、それなりに人は多かったけど、
今回は、雨の晴れ間の土曜日ということもあってか、想像以上の混雑ぶりwobbly

1504110002 1504110003

入り口付近は、ぎゅうぎゅう詰めで、通り抜けできないんじゃ…?coldsweats02と思うほどでしたが、先に進むにつれて、人がばらけていき、そこそこ落ち着いて、桜を楽しむことができました。

1504110004

1504110007 15041100091
花の色が黄緑色の「御衣黄」と、ピンクの花がふさふさに咲いた「紅虎の尾」。
 
1504110006
レンガの建物は、造幣博物館。
明治44年(1911年)に建てられた火力発電所を改装したもの、だそう。

普段入れない場所で、いろんな桜が見られるのは、特別な感じがして楽しいけど、次に行くのは、また10年後くらいでいいかなcoldsweats01

売店では、前回買わなかった「造幣せんべい」を購入。
1箱500円。
1504110010r

1504110011r 1504110012
硬貨の形をした瓦せんべい。
バリバリ食べたら、お金持ちになれるかしら??

亀井堂總本店

*-*-*

桜を見たあとは、天満のスペインバルで、夕食&呑みwine

NINO TRAVIESO TEMMA(ニニョ トラヴィエソ 天満)

1504110020 1504110021 1504110022 1504110023
お料理は、どれもおいしく、店員さんの応対もGood (o^-')b
ふたりで、料理8品と、飲み物5杯を頼んで、8000円ちょっとでした。

今回は、アラカルトだったけど、飲み放題付きのお得なコースもいろいろあるみたいなので、次に行くときは、そっちにしようかな。

二度漬けお断り

行きたいと思いながら、なかなか行く機会がなかった「ソースの二度漬けお断り!!」の串カツ屋さんに、やっと行くことができました~(笑)。

150406003

名代 串かつ うつのみ屋

阪急梅田駅近く、「HEP FIVE」の横にある、カウンター席のみの串カツ屋さん。

1504060011 150406002

串カツは、1本120円~200円。
サクッと揚がったカツに、さらっとしたソースで、牛串はもちろん、アボカドや山芋、プチトマトなどの野菜串も美味。
40種類以上ある串メニューから、あれこれ気ままに頼めるのが楽しかったです。

生ビール2杯に、串カツ10本くらいとおでん2~3品を食べて、2500円くらいなので、
さくっと軽く飲みたいときに、また行こうっと。

「ティム・バートンの世界」展

お友達が招待チケットをわけてくれたので、
グランフロント大阪で開催されている「ティム・バートンの世界」展を見てきました。
(会期は2015.2/27~4/19)

ティム・バートンの世界 オフィシャルサイト

150407001 150407002

150407003r 15012400000

展示されているのは、『シザーハンズ』や『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』、『チャーリーとチョコレート工場』などの監督として有名なティム・バートン氏のスケッチやデッサン、写真作品、オブジェ、手紙、映像作品など、約500点。
映像作品は、25分以上の物が3本もあって、ほとんどが立ち見状態なので、
全部見るつもりなら、かなりの時間と体力が必要ですcoldsweats01

作品は、繊細で、透き通っていて、暗くて、怖くて、かわいらしくて、エグくて…
紙ナプキンに描かれたイラストなんかは、まさに才能が溢れ出してる!って感じ。
まだ見たことがない映画のイラストもたくさんあったので、またいろいろと見てみたくなりました。

 以前私が見たティムバートン氏の映画についての記事↓

 ◇2012.12.17 映画と展覧会とごはん@梅田(フランケンウィニー)
 ◇2005.11.14 コープスブライド
 ◇2005.12.07 ナイトメアー・ビフォア・クリスマス


ショップでは、「ミスター・ハッピーフェイス」のポストカード164円を購入。
150407004
絵の下に書かれた「Mr.happyface remembers better days」の文字に、
なんだかジーンweepときたですよ。

*-*-*-cafe-*-*-*

ランチは、梅三小路のこのお店で。

お野菜とワイン 美山cafe

150407010
京都・美山の野菜を使った料理が食べられるお店。

いただいたのは、「美山のお野菜たっぷり健康洋風ランチ」1000円
150407011r

150407014 150407016 150407017 150407012 150407013 150407018
サラダにオムレツ、野菜のジュースに美山牛乳、野菜スープ、鶏肉のグラタン、鴨のローストとトマト、玄米と野菜のパン…。
思っていたよりボリュームがなかったのが残念だけど、野菜をちょっとずつ、あれこれ食べたいって時にはいいかも。

今回は注文しなかったけど、ランチタイムには、300円でサラダバーを付けられるので、野菜をバリバリ食べたー!と実感したいなら、そちらも注文した方がよさそう。

*-*-*-cafe-*-*-* 

谷町六丁目に移動して、おやつ。

FRUIT GARDEN  山口果物

果物いっぱいのフレンチトースト 1500円
150407021 2015_04070022

「空堀どーり商店街」から上町筋を北に上がってすぐのところにある果物屋さん。
カフェメニューは、入り口のレジで前払いして、お店のカフェコーナーでいただく方式。
注文の時に店員さんに相談すると、その日のおすすめの果物を教えてもらえたりもします。

「果物いっぱいのフレンチトースト」は、名前の通り、果物がてんこもりで、
フルーツの下には、ふわふわに焼かれたフレンチトーストがたっぷり。
フルーツソースが2種類選べるので、それにつけていただきます(写真のはブルーベリーソース)。
カットしたものと、ソースになった果物は、味わいが違っているので、フルーツの魅力をあますところなく味わえるって感じ。
お友達とふたりでシェアして、おいしく楽しくいただけましたhappy01

フレンチトーストと一緒にいただいたのは、いちごフルーツティー 800円。
150407020 
ポットの中には、いちごがゴロゴロ。
甘い香りと、いちごの酸味と甘みで、めちゃめちゃおいしかったです。
こちらもふたりでシェアして、じゅうぶんな量がありました。

旬の果物を使うので、季節ごとにメニューが変わるそう。
季節が変わったら、また行かなくては!

さくらさくら

前日の天気予報では「曇り時々雨」だったので、
お花見はムリだねえdespairdownとあきらめていましたが、
朝起きたら、雲ひとつ無い青空sunだったので、
急遽、桜を求めてドライブしてきました~car
(といっても、運転したのも行き先を決めたのも、私ではないんだけどbleah

*-*- cherryblossom cherryblossom -*-*

まずは、道の駅スプリングスひよし@京都府南丹市へ。

150404001

150404002 150404003

日吉ダムのすぐ横にある道の駅。
周囲には、芝生広場やお花見広場などの公園になっていて、
のんびり桜を楽しむことができました。

*-*-*

日吉ダムは、淀川の支流である桂川の中流にある重力式コンクリートダムで、高さは67.4m。

150404018

150404005 150404006

ダム堤体内部が見学できる「インフォギャラリー」という施設があったので、入ってみました。
150404007 1504040077

ダムの堤頂部分から、エレベーターでぐぐーんと降りた、
このあたり↓にあるのがインフォギャラリー。
150404010

中は、コンサートとかしたら楽しそうな、かなりイカした空間(笑)。
150404008 150404009
コンクリートの壁?には、日吉ダムの建設や管理についての説明展示が貼られていて、いろいろ勉強になりました。
2013年の台風18号の時の話は、今読んでもハラハラドギトキcoldsweats02

洪水時に、ダムに貯めた水を放流するための「常用洪水吐きゲート」を見ることもできました(ガラス越しだけど)。
作動時の様子は、展示ゾーンの映像ビデオで見られます。

150404013 150404015

150404012

見学は無料なので、ダムや巨大構造物好きの方に、ぜひぜひオススメ。

水資源機構 日吉ダム

*-*-*

スプリングスひよしの売店では、桧の菜箸を購入。540円。
150404019
作っている「よろず庵」さんは、京都・北山にある、北山杉の木工品や木材を販売しているお店だそう。
桧の箸って、とても軽いんですね。びっくり。
すべすべで手ざわりも良く、使いやすいです。

よろず庵

*-*- cherryblossom cherryblossom -*-*

スプリングスひよしから、福井方面へcar

ランチは、道の駅名田庄@福井県大飯郡おおい町の「そば処よってっ亭」で。

鯖そば大盛り 1000円。
150404020rjpg

自然薯が練り込まれた名田庄の「じねんじょそば」に、
若狭湾の鯖の甘露煮がトッピングされたおそば。
にしんそばの鯖バージョンって感じかな。
コシのある蕎麦と、柔らかく甘辛い鯖が、想像以上によく合ってました。

150404023

薬味は、大根おろしと針しょうがと梅。
薬味を入れると、とてもさっぱりとしたお味になります(^^)

こちらは、普通盛り 800円。
(って、上の写真との違いがわかりづらいですが(^^;)
150404022 

鯖そばは、「西の鯖街道」に因んだ名物メニューとして作られたもので、他にも食べられる施設がいくつかあるようです。
食べ比べてみるのも楽しいかも。

西の鯖街道・新名物 鯖そば

*-*-*

道の駅の売店では、名田庄漬けが安くなっていたので、ひとつ購入。

◇名田庄漬け しそ風味 特価で108円
150404028 150404n

こまかく刻んだ大根に、しその葉と実を加えた漬け物。
パリパリした食感と、ほんのりした甘さに、しその風味がアクセントになって、おいしいです。
おにぎりの具にしたり、お弁当のすみっこに、ちょこっと入れたりするのによさそう。

*-*-*

道の駅と同じ敷地にある、暦と天文学に関する資料を展示した「暦(こよみ)会館」にも入ってみました。
入館料は200円。
150404024

名田庄は、陰陽師安倍晴明の子孫である土御門(つちみかど)家が、3代にわたって移り住み、天文暦学の道場を開いた場所なんだそう。

館内には、昔の天体観測の道具や、古い暦、土御門家に関する書状などなど、興味深い資料がたくさん。

展示室には、イケメン陰陽師・安倍晴明さまの等身大フィギュア?があったりもlovely
150404026
(館内を撮影するときはスタッフさんの許可が必要なので要注意danger

この日は、空いていたこともあってか、スタッフの方が、いろいろと説明して下さったので、自分だけでは気づかない部分を知ることができて、とても楽しかったです(^o^)。
毎年2~3月には企画展もあるそうなので、またその時に行ってみたいなあ。

*-*- cherryblossom cherryblossom -*-*

日没後は、妙祐寺@福井県小浜市へ。

150404050

ここのしだれ桜は、140年ほど前に、檀家のひとりが、山梨県の久遠寺に参拝した際、見延桜の苗木を譲り受けて、植えたものと伝えられているそう。
高さは20m、幹周りは2.5mで、市の天然記念物にも指定されているそうです。

150404051r 150404052r

毎年、開花の時期にはライトアップされるそうで、案内表示や駐車場が、きちんと用意されていましたが、お寺自体は、山あいの住宅街の奥に、ひっそりとある小さなもの。
暗い中、近所からぽつりぽつりと人が集まってくる様子が、
なんだか初詣のようでしたよconfident

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ