« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

神戸でティークルーズ

15052300003

家族が、ボート免許の更新時に招待券をもらってきたので、
「ミュージック・グルメ船 コンチェルト」のティークルーズに行ってきましたnote

神戸コンチェルト

15052300001 15052300004r

招待券があるので乗船は無料ですが、料理は別料金なので、あらかじめネットで予約をしておきました。
ティークルーズのメニューには、デザート、軽食、鉄板焼がありますが、今回は軽食メニューをrestaurant
チケットカウンターで料金を払い、チケットを受け取って、いざ乗船です。

15052300002 P1050003

船室と座席は指定になっていて、今回、私たちが食事をしたのは「ルビー」という船室。

15052300005 1505230017

15052300006 15052300015
窓からの景色を眺めつつ、ティータイム。

私がいただいたのは、飲茶セット2200円
15052300007 15052300012
花茶に、蒸し点心の海老餃子・翡翠餃子・香港焼売・椎茸焼売、飴入り揚げ胡麻団子と紫いものタルト。デザートは、仙草ゼリー、杏仁豆腐、ココナッツミルクから1つを選びます。
しょっぱいものと甘いもの、両方がいただけるのがウレシイです。

デザートで選んだ仙草ゼリーは、ちょっぴり薬のような香りがするけど、なかなか美味。
中国では、暑気払いやのどの渇き、筋肉や関節の痛みに効果があると言われているそうです。

花茶は、「金の蝶々」という、緑茶芽に玉胡蝶と金蓮花が包まれたもの。
お湯をそそぐと、ふわっと花開きますshine
15052300008 15052300009 15052300010
こちらも、「喉をすっきりさせたい人にお勧め」だそう。
そういえば、この飲茶をいただいたら、風邪気味でのどが痛かったのが、すっかりラクになりました(^^)

家族が注文したのは、ビアセット2200円。
15052300013
瓶ビール1本に、棒々鶏、蒸し点心3品、海老のマヨレモンソース和え、鶏の唐揚げ・春巻のワンプレート。
いろいろな味が楽しめて、ボリュームも想像以上。かなりよかったようです(^^)

コンチェルトの総料理長は、日本に2人しかいない、中国料理界の最高位「中国烹任大師」の称号を持つ料理人だそう。どのお料理も、とてもおいしかったです。

炒飯や香港風炒めそば、胡麻団子など、1品550円のアラカルトメニューもあったので、それを組み合わせるのも良さそう。


さて、食事を食べ終える頃、船は、明石海峡大橋の手前あたりに。
1505230023
デッキに出て、写真を撮ってみたけど、靄っていて、よくわかりませんね(^^;
船は、このあたりで旋回して、神戸港へ戻ります。

1505231
船室に戻って、コーヒー(別注文で500円)を飲みながらピアノの生演奏を楽しんだり、景色を眺めたり。

1505230020r 1505230021r

1505230022rrrr 1505230020rr
川崎重工グループの造船所では、潜水艦やジェットフォイル(東海汽船のセブンアイランド?) も見えましたhappy02
(って、この写真じゃ、よく分からないけど(^^;)


招待券をもらわなかったら、行くことはなかったかも(^^;な神戸クルーズだけど、雰囲気も良くて、思っていたよりずっとずっと楽しかったです。
関西に遊びに来たお友達を案内するのにもいいかも。

*-*-*

そして。

ポートタワー、海洋博物館、メリケンパークオリエンタルホテルと遊覧船という、今回行った場所にドンピシャのイラストが描かれているのは、KIRIN神戸工場限定醸造の「一番搾り 神戸づくり」。

1505236 1505237
買ったのは、神戸ではなくて、近所(大阪)の関西スーパーですが(笑)。

兵庫県産の酒米・山田錦を使ったビール。
甘くて、さらっとしていて、料理の邪魔をしない、グビグヒいけるお味でしたgood

KIRIN 一番搾り>地域限定発売!“地元うまれ”の「全国9工場の醸造家がつくる9つの一番搾り」

若狭・三方五湖ツーデーマーチ 2日目

*-*-*- 若狭・三方五湖ツーデーマーチ1日目 からの続き -*-*-*

前日とは打って変わって快晴sunの近江今津駅前ロータリー。
1505170001
木々の向こうに見える茶色い建物が、前日泊まった「ホテル可似登」。

7:45発のシャトルバスに乗って、会場に向かいます。
1505170002

*-*-*- shoeshoe -*-*-*

会場の若狭さとうみパーク。
1505170003
さわやかな青空で、アドバルーンも気持ちよさそう。
空気もさらっとしていて、絶好のウォーキング日和です。

*-*-*

今日歩くのは、「五湖一周・ふれあいの道」コース。
といっても、五湖すべてを回るのは、40kmコースだけで、
20kmコースは、三方湖、菅湖、水月湖の3つを、10kmコースと7kmは、三方湖をちょっとだけ回ります。
そして、私は、今日も20kmをチョイスです(^^;

あ、三方五湖というのは、三方湖、水月湖、菅湖、久々子湖、日向湖の5つの湖のこと。
どれも、運河や水路によって、日本海とつながっていますが、水質は、淡水、半塩水、塩水と異なっているそうです。

と、そんな予備知識を頭に入れて、watch9:00スタートdash

梅の実を眺めながらてくてく。
1505170004

三方湖(みかたこ)
1505170006
淡水湖で、周囲9.6km、水深2.5m。

*-*-*

菅湖(すがこ)
1505170010
こちらも淡水湖で、周囲4.2km、水深14m。

*-*-*

ところで。
水辺を見ると、つい魚の姿を探してしまうワタシ(^^;
残念ながら、魚の姿は見えなかったけど、「外来魚ノーリリース」、「夜間の遊漁は禁止」、「遊漁料は日券600円、年券6000円」、「この水域で採捕したマゴイ・ニシキゴイを、持ち出して他の水域に放流するのは禁止」という情報は確認しましたよ(笑)。
1505170007 1505170008 1505170009r

*-*-*

watch10:15 浦見川赤橋 (チェックポイント。残り16.4/22.8km)
1505170011r 1505170012

浦見川は、水月湖(すいげつこ)と久々子湖(くぐしこ)を結ぶ水路。
昨日いただいた、しじみ汁のしじみは、このあたりで採れたものだったんですね。
1505170013
浦見川の横を通って、水月湖へ。

水月湖は、三方五湖の中で一番面積の大きい湖で、周囲9.8km、水深38kmの弱塩水湖。
1505170014

この嵯峨隧道で、塩水湖の日向湖(ひるがこ)とつながっているそうです。
1505170015

*-*-*

watch11:15 海山屋内ゲートボール場(残り10.8/22.8km)
1505170016r

ここで、お弁当を引き換えて昼食。
1505170018 1505170020
中身は、おにぎり2個に、焼き鮭、唐揚げ、肉団子、オムレツ。
おにぎりの具は、たらこと、おぼろ昆布&梅干し。
焼き鯖寿司がない分、昨日よりボリュームが少なめかな。

watch11:45出発

*-*-*

R216沿いをてくてく。
1505170021 1505170021r
「梅干し、梅ジュース」をサービスしてくれているお店も(^^)

お天気がいいので、ツーリングのバイクもいっぱいでした。
1505170022

*-*-*

何かの工事?と思ったら、年縞(ねんこう)採集のために湖上に設置したやぐらだそう。
1505170023

1505170024

年縞というのは、湖の底などで、土や葉が積み重なってできる年輪のようなモノ。
水月湖で2006年に採集された年縞からは、約7万年分の連続した堆積物の縞模様を確認することができたんだとか(@_@)。
そんな年縞は、地質学や考古学の年代測定の「ものさし」として使われたりもしているそうです。

私は、「年縞」の読み方すら知らなかったけど、前を歩いていた地元の小学生くんたちは、湖上のやぐらを見るなり、「あ、年縞を採るところだー」みたいなことを(福井弁で)言っていたので、さすが!と思いました。

*-*-*

かやぶきの舟小屋や、「福井梅発祥の地 伊良積(いらづみ)」の看板?を横目にてくてく。
1505170026 1505170027
このあたりの湖は、三方湖。

*-*-*

watch12:50 梅の里会館 (残り5.3/22.8km)
1505170028

カリカリ梅入りの「梅ソフトクリーム」250円と、福井県産の梅果汁10%が入った「ウメラルサイダー」200円で、疲れてきたカラダに、クエン酸パワー注入punch
1505170029 1505170030

*-*-*

watch13:45 縄文ロマンパーク
1505170032
若狭町には、古代文化の遺跡が多くあって、中でも、三方湖のほとりにある鳥浜貝塚は、「縄文人のタイムカプセル」と呼ばれるほど、多くの縄文時代の遺物が発掘されているんだそう。

鳥浜地区には、けっこうよく行ってるけど、遺跡があったなんて全然知らなかったなあ、と思いつつ。
この日は、若狭三方縄文博物館の入館料が、特別無料というので、見学させてもらいました。

1505170033
この周辺から出土した土器や丸木舟などが展示されている博物館。
水月湖の年縞が見られるコーナーもあって、なかなか見ごたえがありました。
今回は、歩き疲れてて、ゆっくり見られなかったので、機会を作ってまたゆっくり見たいな。

ミュージアムショップでは、縄文時代の編み技術「アンギン」を使ったコースター250円を買ってみました。
1505170034
このコースターの上に、土器っぽいぐいのみを置いて、濁り酒をいれたら、縄文人の気分になれるかも?
(って、縄文人は、コースターなんて使ったのかしら?どうかしら?(^^;)

*-*-*

鳥浜貝塚公園。
1505170035
縄文人?の像が、インパクト大だったので、思わずパチリcamerasmile

*-*-*

watch14:30ゴールscissors
1505170037r

*-*-*

会場で売られていた「熊川の葛まんじゅう」1個100円。
1505170038r
水は、名水百選にも選ばれた「瓜割の水」を使っているそう。
もっちりプリプリの葛が、めちゃウマでした。

*-*-*

ってなところで、2日目終了~。
GPSでの軌跡はこんな感じ。
Photo

*-*-*

参加者は、1日目が1901人、2日目が2745人の、のべ4646人だったそう。
1505170039_3
2日間、お世話になった方々に感謝ですheart04

*-*-*- shoeshoe -*-*-*

そうそう、今回は、新たに、こんなウェアも導入してみました。

Foxfire(フォックスファイヤー) 魅せタイ

疲労軽減が目的のライトサポートタイツ。
きつすぎず、ゆるすぎずの、ほどよい締め付け感で、足の運びが軽くなり、疲れにくく、筋肉痛も軽減された気がします。
いかにもスポーツ用というデザインじゃないところも、ぐ~good

若狭・三方五湖ツーデーマーチ 1日目

若狭町@福井県で、5/16~17日に開催された
『第24回 若狭・三方五湖ツーデーマーチ』に参加してきました~。

若狭町観光情報 Discover Wakasa - 若狭町役場

*-*-*-*-shoeshoe-*-*-*-*

メイン会場の「若狭さとうみパーク」へは、JR近江今津駅からシャトルバスで1時間弱。料金は片道500円。

1505160003r 1505160002r
バスは、若狭町にある観光会社、レインボー観光自動車(株)さんのモノ。

*-*-*

ツーデーマーチの参加費は、事前申し込みで2000円(当日申し込みだと2200円)。
1505160001 1505170040
参加記念品は、福井産のコシヒカリ300gと、若狭産の紅サシ梅を使った梅干し。
コシヒカリって、昭和31年に福井で誕生したお米だったんですねえ。知らなかった。

あ、あと、若狭町の温泉施設「きららの湯」の割引券が2枚入ってました。

お米と梅干しは、ウォーキングのお供にするには、ちょっと重いので、
ゴール後に受け取れるよう、引換証になってましたよ。

1501240000rr

*-*-*-*-shoeshoe-*-*-*-*

「ラムサール条約の三方五湖と若狭熊川宿を歩こう!」がテーマのこの大会。
1日目は、若狭鯖街道コースで、距離は40km、20km、10km、7kmの4つということなので、20kmをチョイスです。

watch9:00 小雨が降ったりやんだりする中、いざ、スタートdash
1505160004r

*-*-*

watch10:00 牛小屋の横を通過taurus
1505160005 1505160006

1505160007
角がシャキーンshine 
つり下げられているタイヤは、何のため?

*-*-*

watch10:05 B&G海洋センター(残り17.7/22.1km)
1505160008
給水&トイレポイント。

*-*-*

円成寺道を歩いて…
1505160009

watch10:13 円成寺 みかえりの松
1505160010r 1505160011
江戸時代の宝暦元(1751)年に、円成寺の淳長和尚が植えたと伝えられる、樹齢250年余の松。

1505160012
高さ12m、東西24.5m、南北27mという枝振りが見事なのはもちろんだけど、
それを支えている台木が、うっすらと苔むしているのも、美しかったり。

1505160013r
「みかえりの松」の名の通り、振り返って見た姿も、立派で美しかったです。

*-*-*

watch11:05 かみなか農楽舎 (残り12.1/22.1km)
1505160014r 1505160018r

福井県若狭町役場、地元農家、民間企業が共同出資して、平成14年に誕生した農業生産法人で、都市からの若者の就農・定住を促進し地域集落を活性化する『就農・定住事業』を主軸に、米・野菜の生産や加工、農業体験事業などの、多角的な農業経営に取り組んでいるそう。

かみなか農楽舎

20kmコースは、ここが昼食会場。
今回は、事前に注文しておいたお弁当(500円)をいただきましたrestaurant
1505160015 1505160016
中身は、福井県産のお米を使ったおにぎり2個に、焼き鯖寿司、海老フライ、チキンカツ、肉団子。
おぼろ昆布&梅干しのおにぎりと、焼き鯖寿司が、若狭っぽかったけど、あとは、まあ普通、かな(^^;

お天気がよければ、野外で気持ちよく食べられのになあ。残念sweat02
1505160017r
watch11:45出発

*-*-*

熊川宿に向けて、ゆるゆるとした峠越え。
1505160020 1506162rr

前を歩いている迷彩服の人達は、陸上自衛隊金沢駐屯地の隊員さんたち。
訓練と地域触れ合いの一環として参加しているんだそうです。

装備中の自衛官さんたちに、こんな間近でお目にかかれる事なんて、なかなかないので、ついガンミしちゃいましたがsmile、同じように見える装備も、それぞれちょっとずつ違ってたりしてたのが、興味深かったです。
整然と歩く姿が、とてもかっこよかったけど、靴は、固くて重そうな半長靴だし、聞いたところによると、背負っているザックは、20kgくらいあるんだとか(@_@)
そして、20kmコースに参加といっても、途中で、違う道に逸れたりして、回り道をしている模様。
いや、ホント、お疲れさまでございます~。
 
このあたりは、40kmコースの人とすれ違うようなコース設定になっていて、知り合い同士、声を掛け合ったり、ハイタッチしたり。
ぼっち参加の私も、そんな人達を見ているだけで、元気がもらえましたよhappy01scissors

*-*-*

watch12:40 熊川宿資料館(チェックポイント)
1505160022r 15051600211r
熊川宿は、若狭と京都を結ぶ鯖街道の中継点とした栄えた宿場町。
昔ながらの建物が残る街並みがステキです。
今年の4月には、文化庁の『日本遺産』にも認定されたそうです。

文化庁 「日本遺産(Japan Heritage)」の認定結果及びロゴマークの発表」(PDF)

*-*

熊川児童館前では、「長操鍋(ちょうそうなべ)」の振る舞いがあったりも。
(残り6.8/22.1km)

1505160023r 1505163

大豆の年貢の引き下げを懇願した若狭の義民・松木長操(まつのき ちょうそう)氏にあやかって考案された大豆入りの豚汁で、しいたけとこんにゃくは熊川産だそう。

1505160024

具だくさんで、ほっとするようなやさしいお味。
とてもおいしゅうございました。ごちそうさま!

*-*-*

北川沿いをてくてく。
1505160026 1505160027r

1505160028r
金色の麦畑shine

「その者、蒼き衣を纏いて、金色の野に降りたつべし」というナウシカのセリフが思い浮かんだり(^^;

*-*-*

watch14:03 JR上中駅
1505160029r
ここからJR三方駅までは、電車で移動します。
ツーデーマーチ20kmコース参加者の電車賃は、町で負担してくれるということで、切符は買わずにそのままホームへ。

駆け込みで14:06発の臨時電車に乗車sweat01
1505160030 1505160031
25分でJR三方駅に到着。
1505160032
ホームには、すでに歩き終えて、敦賀方面に帰る人達が。みなさん早いのねー(@_@)

三方駅から7分ほど歩いて、watch14:40 ゴールscissors
1505160033r

*-*-*-*

会場では、サービスのしじみ汁をいただきました。
1505160034
しじみは、三方五湖の久々子湖と水月湖を結ぶ浦見川で採れたものだそう。
身がぷくぶくしていて、歩いた後の身体にしみわたるおいしさでした。

*-*-*

会場で売られていた、「若狭そば愛好会」さんの越前おろしそば400円。
1505160035
もちっとした食感のお蕎麦と、甘めのおつゆに、さっぱりとしたおろしがよく合っていて美味でした。

*-*-*

…ってなところで、1日目終了~。
GPSで記録したこの日歩いたルートは、こんな感じでした。

Map_2

*-*-*-*-shoeshoe-*-*-*-*

大阪~三方は、日帰りも可能な距離だけど、行ったり来たりが面倒な気がしたので、この日は、近江今津駅前の「ホテル可以登(かいと)」に宿泊。
1505160036
リーズナブルなお値段で、明るく広いお部屋。
大浴場もあって、使い勝手はとてもよかったです。

ホテル可以登

*-*-*-*-shoeshoe-*-*-*-*

若狭・三方五湖ツーデーマーチ2日目につづく~

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ