« 謹賀新年 | トップページ | ねずみのそうし »

新春福風呂敷

お正月と言えば福袋。

「丹波立杭焼」の産地にある「丹波伝統工芸公園・立杭陶(すえ)の郷」の窯元横丁では、
焼き物がセットになった「福袋」ならぬ「福風呂敷」が販売されるというので、のぞきに行ってきました。

丹波伝統工芸公園 立杭陶の郷

160103001

「丹波焼」は、瀬戸、常滑、信楽、備前、越前と並ぶ日本六古窯(にほんろくこよう)の一つ。

陶の郷は、丹波焼の展示販売をしている窯元横丁や、陶芸教室、レストランなどがあって、入園料は200円。
1/2~3は、入園無料で、昆布茶のサービスなどもありましたhappy01

窯元横丁では、55の窯元の焼き物が展示販売されているので、
まずはじっくりと見て回り、好みの作風の窯元さんを見つけてから、福風呂敷売り場へ。
(福風呂敷には参加していない窯元さんもあるけど)

福風呂敷自体も、中身が写真で表示されている物、品名が詳細に書かれている物、
ざっくりとした内容だけしか書かれていない物、といろいろで、迷いまくりましたが、
最終的に、このふたつをチョイス。

160103002 160103004

山五陶勝窯さんの五千円のものと、丹波まるいち窯さんの三千円のもの。

160103003 160103005

どちらも、想像以上にステキで遣い勝手のいいものが入っていて、大満足happy02でした。
今年もいい年になるといいな♪

*-*-*-*

ランチは、陶の郷にあるレストラン「獅子銀」で。

しし鍋うどん(1500円・税別)と、丹波の牛とろ飯(1200円・税別)。

160103007 160103008

160103009

しし鍋うどんは、さらっとした味噌味で、野菜たっぷり。
ごはんもついているので、おなかいっぱいに。

牛肉に、きめ細かな味付けとろろの牛とろ飯は、
「三日とろろ」のこの日にピッタリ(?)。

*-*-*-car-*-*-*

食事の後は、陶の郷でいただいた招待券で、兵庫陶芸美術館へ。

160103010 160103011r 

兵庫陶芸美術館は、
『全県的な陶芸文化の振興を図るとともに、陶磁器を通した人々の交流を深めることを目的として整備され』た施設だそう。

開館して10周年ということで、特別展は丹波焼きにスポットを当てた
 「再゛丹波(冬)-丹波の登窯とその時代-」。

160103100

焼き物は詳しくないので、楽しめるかなとちょっと心配でしたが、
江戸時代中期から後期の丹波焼がたくさん見られて、丹波焼の歴史もわかり、
展示の章タイトルが、「丹波の行方」、「丹波いろいろ」、「これが丹波の生きる道」、「丹波に包まれたなら」と、歌謡曲のタイトルをもじっているのに、ちょっとクスッとさせられたりもして、かなり楽めました。

開館10周年記念テーマ展×2015年度著名作家招聘事業の「市野雅彦 -軌跡、丹波にて」も、
作品のすごさが感じられて、とてもよかったです。

*-*

この日は、新春特典ということで、丹波焼きの小皿と、
開館10周年記念特別展のポストカードをいただいたりも。

160103015 16010311

ゆったりとした建物の、居心地のいい美術館だったので、今度は、ちゃんと観覧料を払って見学するよー。

兵庫陶芸美術館


 

« 謹賀新年 | トップページ | ねずみのそうし »

コメント

素敵な窯元巡りでしたね。
しし鍋うどんもおいしそうですね。

去年素敵な備前焼の作家さんの作品に出合いました。
そして私もチョットだけ、陶芸をしてみました(現在進行形でもありますが・・)
陶芸も知れば知るほど楽しいですね。

novchanさん>こんにちは~。
買ってきた食器を使ったら、レトルトカレーもカフェごはんのように美味しそうに見えて、
器の力ってすごいなあと思いました(笑)。

備前焼もステキですよね。そして、ご自分でも作られたのですか(@_@)スゴイ
今度会ったら、お話聞かせて下さい~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13724/63015377

この記事へのトラックバック一覧です: 新春福風呂敷:

« 謹賀新年 | トップページ | ねずみのそうし »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ