« tonton Cafe  | トップページ | 京都散歩~手づくり市、観梅、ポルトガル菓子~ »

♪かにっ食べ行こう~♪

冬になると、行かずにはいられない(笑)カニ食べ旅行。
今年も香住(@兵庫県美方郡香美町)のお宿に行ってきました~。

(人形写真と旅行記は、後日UP予定)

*-*- cancer cancer -*-*

初日のお昼ごはんは、出石(いずし)@兵庫県豊岡市で、皿そば。

1601290001

今回伺ったのは、『ミシュランガイド兵庫2016特別版』に、
「ビブグルマン」(手ごろな価格で食べられる推薦店)として掲載されているという「甚兵衛」さん。

さらそば甚兵衛

こちらのお店の皿そばは、一皿150円。
山芋・卵つきの薬味は200円で、
皿そばは一皿単位で注文できます。

注文の目安は、男性が10~15皿、女性が7~8皿くらいだそうですが、
今回は、ひとり10皿ずつ食べるつもりで、20皿を注文~smile

1601290002 1601290004

20皿が一度に並んで、テンション上がりまくり~(笑)。

細いけど、味わいしっかりのお蕎麦に、鰹だしの効いたつけ汁。
いくらでも食べられちゃうようなおいしさに、「10皿なんて楽勝」と思ったけど、
薬味に卵を入れたら、とたんにお腹いっぱいに…sweat01
私は、9皿で満足しちゃいましたcoldsweats01
卵の威力、恐るべし!です(笑)

1601290005 1601290006

お皿に描かれているイラストもカワイくて、一皿一皿、おいしく楽しくいただけました♪

1601290003

そうそう、但馬の郷土料理という「いかの麹漬」350円も、
味わい深くて、とてもおいしゅうございましたよ。

*-*- cancer cancer -*-*

お宿と料理は、昨シーズンと同じ
「荒神の宿 三宝」さんの「♪冬色♪A4但馬牛塩釜と魚と松葉ガニ♪」プランで、
料金は16500円(税別)でした。

(昨シーズンのかに旅行についてはコチラ

お部屋に置かれていたお茶菓子は「かにまんじゅう」cancer

16012900011 16012900

カニの形をしているだけで、かにの身は入ってないけれど(当たり前)、
ほくっとした餡子入りの、おいしいお菓子でした。

*-*

夕食は、
1601290012

食前酒、八寸、お造り
1601290022 16012900161

蟹刺し、
1601290013 2016_01300065

松葉ガニと旬菜のしゃぶしゃぶ、蟹宝楽焼き、
1601290015 1601290017

松葉蟹半匹分の茹で蟹、自家製天然蟹みそ、
16012900141 2016_01300053

牛肉の蒸し物、蟹天ぷら、
1601290018 1601290020

但馬牛フィレ香草塩釜焼き、デザート。
Imgp5464 Imgp5467

そして、カニのおともには、地元の酒蔵「香住鶴」の微発砲にごり酒「金魚」。
1601290019
すっきりした甘さで、カニにもよくあって、おいしゅうございました。

前の週くらいから荒天続きで、蟹の水揚げが少なく、
お値段も高騰していたようで、昨シーズンとくらべると、カニが小さめでしたが、
今年も、おいしいカニが食べられて、満足でしたhappy02

*-*

朝ごはんにもカニ。
1601290030 1601290031

*-*-*

おみやげには、「いかの麹漬け」800円を。

1601290040

ピリ辛風味で、お酒にもご飯にも合うおいしさ。

ホントは、おみやげ用に、茹で蟹も買いたかったんだけど、
今年は宿の朝市が無くて買えず、残念でしたsweat02

*-*- cancer cancer -*-*

帰り道。
通りかかった温泉に、なんだか心ひかれて、立ち寄り入浴spa

七釜(しちかま)温泉ゆ~らく館

1601300001

七釜温泉は、浜坂温泉郷と呼ばれる三つの温泉地のひとつで、
(あとのふたつは「二日市温泉」と「浜坂温泉」)
浜坂では、いちばん最初に発見された温泉なんだそう。

ゆ~らく館は、源泉掛け流しの日帰り入浴施設で、入浴料は500円。
うっすらと緑色がかったお湯は、湯触りはさらっとしているけど、よく温まって、
とても気持ちよかったです。

大浴場も露天風呂も気持ちよかったけど、特に、この大釜のお風呂↓
(浴室内は撮影禁止だったので、写真はパンフレットのモノ)
1601300r

自分が茹でガニになったような気分にもなれて、楽しかったです。

*-*- cancer cancer -*-*

ランチは、生野銀山にあるレストラン「マロニエ」で。

1601300011 1601300010

1601300013r 1601300012

生野が鉱山で賑わっていた頃、生野の町にある鉱山社宅には、
東京から赴任した鉱山職員やその家族がたくさん住んでいたんだそう。

そして、その鉱山社宅の食卓にのぼるメニューには、
モダンでハイカラなホームメイドのハヤシライスがあった、
ということで、こちらでいただけるのは、
昭和30年代から40年代にかけて、鉱山社宅の食卓で食べられていたような、
懐かしい味のハヤシライス。

1601300014
牛肉コロッケハヤシライス 950円

さらっとしたソースに、柔らかな牛肉たっぷり。
子どもの頃、お料理上手の近所のおばさん作ってくれたような、
「モダンでハイカラ」で「懐かしい」、とてもおいしいハヤシライスでした。

生野には、このお店の他にも「生野ハヤシライス」を食べられるお店があるみたい。
機会があったら、食べくらべとか、してみたいなあ。

朝来(あさご)市>観光されるみなさまへ>生野ハヤシライス食べ歩きマップ


 

« tonton Cafe  | トップページ | 京都散歩~手づくり市、観梅、ポルトガル菓子~ »

コメント

こんばんは。
蟹ですかぁ,いいですね。もうずいぶん食べてません。カニカマすら食べてません。
ほぼ味を忘れてしまいました(^^♪
お蕎麦は凄いですね。1皿も結構ボリュームありそう。
でも楽しく食べられて2度おいしいですね。
今回も見ている僕もお腹がいっぱいになりました....今晩御飯食べたところだった(^^♪

あぶさん>こんにちは~。
カニ旅行は、関西の冬の風物詩みたいなものなので、つい食べに行ってしまいますが、
関東にいたら、私もわざわざ食べには行かないかも(笑)。

出石そばは、お皿がたくさん並ぶのはめっちゃ楽しいですが、
一皿の量は一口か二口分って感じで、そんなに多くないんですよー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13724/63164731

この記事へのトラックバック一覧です: ♪かにっ食べ行こう~♪:

« tonton Cafe  | トップページ | 京都散歩~手づくり市、観梅、ポルトガル菓子~ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ