« 第7回京都ツーデーウオーク2日目 | トップページ | 2016春 四国旅行② 泊まったところ編 »

2016春 四国旅行① フェリー編

今年も四国へ、釣り&観光旅行。
(人形写真の旅行記はコチラ

今回の旅行、続きはコチラ↓
②泊まったところ編
③食べ物編
④うどん編

*-*-*-*- rvcar -*-*-*-*

四国への往復には、神戸三宮とうどん県高松を約4時間半で結ぶ
ジャンボフェリーを使いました。

ジャンボフェリー

160330j001 160330j002

料金は、普通車(運転手1名含む)が4490円、
同乗旅客が1490円(深夜便は、どちらも+300円)ですが、
事前に、ETC乗船実験の参加申込みをしておけば、
乗船名簿に記入すること無く、ドライブスルーでフェリーに乗れて、
なんと同乗者は運賃無料!と、かなり便利&オトクに乗ることができます。

1603250002

1603250001r 160330j003r

ETCでの乗船券は、こんなレシート風のモノ。
行きの乗船券は、受付日時がなぜか2007/06/01になってましたよ(笑)。

*-*

神戸三宮フェリーターミナルからは、
ポートタワーやモザイクの観覧車が見えたりも。

1603250

1603250004 1603250005
ポートタワーを見ると、「神戸にいるぞー」って気がしますね。

*-*

いざ、乗船。

1603250007

1603250008

車は、こんな感じ↑で積まれてます。
屋根がないので、海のしぶき浴びまくり(^^;

*-*

船内

1603250006

160330j004 160330j005

椅子席のシートは、うどん柄。

行きに乗った高松行きの深夜便は、乗客が多くて、
椅子席どころか、ジュータン敷きの大広間にも入れず、
ゲームコーナーに敷かれたゴザの上で寝ることになり、
オバサンには、ちょっとツライ旅になりました(^^;
深夜便でゆっくり寝たいなら、+2000円の個室を予約した方がいいかも。

*-*

展望デッキには、ヤノベケンジ作の「ジャンボ・トらやん」。
バーコード頭にちょび髭の彼は、「ポーランド民謡を歌う世紀のトリックスター」なんですって。

160330j006 160330j007

壁面には「トらやんの大冒険」というお話が描かれていたりも。

これは、原発事故後のチェルノブイリを訪れたヤノベ氏が、
廃墟となった保育園で見つけた人形と太陽の絵をモチーフに
10年の歳月をかけてまとめあげた物語なんだそう。
そう思って読むと、いろいろと深いです。

*-*

小豆島にも寄港(目的地が小豆島の乗客以外は下船できないけど)。

160330j008 160330j009r

小豆島・坂手港に置かれている大きなミラーボール?も、
ヤノベケンジ氏の作品の「THE STAR ANGER(スター・アンガー)」。
瀬戸内国際芸術祭2013の時に設置されたものだそうです。

*-*

船内売店では『シマイトシ ジャンボフェリー手ぬぐい』を購入。1470円。

160330j10 160330j11

160330j12r

「小豆島-島が愛おしい」で「シマイトシ」。
イラストを描かれているのは、香川県在住のイラストレーター、オビカカズミ氏だそう。

いつか小豆島も、ゆっくり観光してみたいなあ。

« 第7回京都ツーデーウオーク2日目 | トップページ | 2016春 四国旅行② 泊まったところ編 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13724/63438703

この記事へのトラックバック一覧です: 2016春 四国旅行① フェリー編:

« 第7回京都ツーデーウオーク2日目 | トップページ | 2016春 四国旅行② 泊まったところ編 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ