« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

文楽 夏休み名作劇場

夏休み文楽特別公演の第2部を見に行ってきました。

国立文楽劇場

16072900031

演目は、「薫樹累物語(めいぼくかさねものがたり)」の豆腐屋の段、埴生村の段、土橋の段と
伊勢音頭恋寝刃(いせおんどこいのねたば)」の古市油屋の段、奥庭十人斬りの段。
観覧料は5400円。

16072900041rr 16072900081

1607290006 1607290007

午後2時開演で、終演は午後6時過ぎという長丁場
(といっても、文楽公演としては短い方らしいけど)。
まだまだ初心者なので、「話がわかんなくなったから寝ちゃったー」というのを防ぐべく、
プログラム650円を購入して、イヤホンガイド650円も利用ですcoldsweats01

イヤホンガイドは、ストーリーや、演者や人形、その他の豆知識を、
浄瑠璃を邪魔しない絶妙のタイミングで説明してくれるので、
とてもわかりやすくて、よかったです。おすすめ。

あと、字幕が出るようになったので、床本を見なくても、何を言ってるかわかるのは、便利でした。
(関西ネイティブじゃないので、関西イントネーションの浄瑠璃のヒアリングは、難易度が高いのよ(^^;)

*-*

「薫樹累物語」は、
好きな人と夫婦になれた豆腐屋の末娘・累(かさね)だけど、
夫になった人は、主君のために、累の姉・高尾を殺した敵だった。
そんな累に姉・高尾の亡霊が乗り移り、夫との気持ちもすれ違って…というお話。

悲しい最期を迎えてしまう累ちゃんだけど、積極的で、けなげで、とても可愛らしかったです。
現代なら、「私と仕事、どっちが大事なの!?」的なお話になるのかしらん(いや、違うか)。

Imgp8695
(パンフレットより。姉の亡霊のせいで、顔が醜くなってしまった累ちゃん。
この後、もっとコワイ顔になります。
そうそう、累といえば、怪談「累ヶ淵」が有名だけど、この累ちゃんは、あの累ちゃんとは別人です)

「伊勢音頭恋寝刃」は、
主君のために銘刀青江下坂の折紙(おりかみ=鑑定書)を探し求める福岡貢(ふくおかみつぎ)が、
手にした銘刀に魅入られたかのように、行き会う人達を次々と殺めていく…というお話。

寛政5(1796)年に、実際にあった事件を脚色したものだそうですが、
次々に人を殺めていく場面は、凄惨というよりは、アクションスゲーといった印象。
ダイナミックな場面転換に、クスッと笑えるような演出、衝撃的ハッピーエンド(笑)の幕切れ、
どういう気持ちで見ればいいのか、かなり迷いながらの観劇でしたcoldsweats01
って、ワタシ的には、かなり楽しかったですが。

*-*

売店では、文楽劇場のマスコットキャラクター?「床やんず」の手ぬぐい1100円も購入。

1607290009 1607290010

浄瑠璃の犬本ケン大夫と、三味線の猫澤デン右衛門。
かわいいけど、猫が三味線弾きって…いいのか?(笑)

収益金は、NPO文楽座の運営費や文楽普及活動に使われるそうです。

特定非営利活動法人 人形浄瑠璃 文楽座

*-*-*-*-*

観劇前のお昼ごはんは、黒門市場で。
アジア系の観光客がいっぱいで、更に店員さんもアジア系の人が多かったりして、
ここはどこ?状態になってましたが(^^;

夢食卓 招福庵

1607290001 1607290002

いただいたのはローストビーフ丼990円。
ローストビーフ丼と味噌汁に、漬物と冷奴付。

やわらかいお肉たっぷりで、おいしゅうございました。

祇園祭 後祭の宵山

今年は、お祭りの雰囲気が味わえればいいや、ってことで、
混雑していた会所を見ることはせずに、通りをぶらぶら(^^;

*-*

北観音山(きたかんのんやま)さん。

1607230004 1607230005

*-*

黒主山(くろぬしやま)さん。

160723k01

ご神体は、六歌仙のひとりである大伴黒主(おおとものくろぬし)が、
謡曲「志賀」にちなんで、満開の桜を仰ぎ眺めている姿をあらわしたもの。

2016_07240082

といっても、宵山の時は、まだ、山にご神体が乗っていないので、
山の上は桜だけ~状態でしたがcoldsweats01

160723k02 160723k03

町会所になっているマンションの前庭には、黒主山の桜が植えられていたりも。
この桜は、2015年に植え替えられたものだそう。
早く大きくなあれcherryblossom

産経WEST 2015.3.7 祇園祭・黒主山の象徴 桜を40年ぶり植え替え

*-*

黒主山の斜め向かいにある帯問屋 誉田屋源兵衛の前には、
たくさんの鯉が描かれた巨大な幟(のぼり)が。

160723k041 2016_07240085

2008年に、創業270年を記念して、木村英輝氏が製作した「登り鯉」。
毎年1匹ずつ鯉が増えているそうで、今年は278匹。

金色の鯉や、新しく描かれた鯉を見つけられたら、いいことがあるんだとか。
来年は、もっとじっくり見て、がっつり見つけなければっ(笑)。

*-*

大船鉾(おおふねほこ)さん。

160723o011

船首には、幕末の禁門の変(=蛤御門の変 1864年)で焼失して以来、
約150年ぶりに復元新調されたという「龍頭(りゅうとう)」が。

160723o02r

高さは、約2メートル。
ウワサによると、分割して収納できるようになってるらしいです。スゴイcoldsweats02

*-*

鷹山(たかやま)さん。

160723t01 160723t02

鷹山は、応仁の乱以前から巡行していた由緒ある山鉾で、
「くじとらず」の大きな曳山だったそうですが、
1826(文政9)年の大雨で、懸装品が損傷して、翌年から巡行に参加できなくなり、
更に、1864年の元治の大火では、殆どのものを焼失sweat02

約190年もの間、巡行に参加しない、「休み山(やすみやま)」となっていますが、
宵山の期間は、居祭(いまつり)として、ご神体が飾られています。

160723t03

御神体の「鷹匠」「樽負」「犬飼」の御三方さん。
鷹や犬を連れたお二方もかっこいいけど、
粽を食べてる樽負さんも、かなりいい味出してます。

授与品の「鷹みくじ」は、500円。
160723t04
おみくじは、お腹の中。

平成38(2026)年までの巡行復帰を目指しているという鷹山さん。
寄付は、一口1000円から受け付けているそうです。
私も協力しようかしらん。

鷹山保存会

*-*

夕食は、御池通沿いにあるこちらのお店で。

鳳城

2016_07240168
閉店後に撮ったら、なんだか怪しい写真になっちゃったsweat01

町家を改装した店内で、京都らしい、やさしい味の中華料理がいただけるお店。
担々麺で有名みたいですが、炒飯や焼きそばも、おいしいです。

160723h01

160723h04 160723h05

そしてそして、今回いただいて、 (゚Д゚)ウマーだったのが、「うなぎのみそ炒め」900円。

160723h03 160723h031

甘味噌味のうなぎを、野菜と一緒に米粉の皮で包んでいただくという、
北京ダックのうなぎ版みたいなお料理。
次は一人で一皿抱えて食べたいわ(笑)。

*-*

食事の後は、お散歩がてら、四条通の八坂神社御旅所(おたびしょ)へ。

160723ota01 160723ot02

7月17日の神幸祭から24日の還幸祭までの間、八坂神社のお神輿が置かれる場所。
御神輿に乗っているのは、素戔嗚尊 (すさのをのみこと) ・櫛稲田姫命 (くしいなだひめのみこと) ・八柱御子神 (やはしらのみこがみ)だそう。

祇園祭りの山鉾巡行は、神様が乗った御神輿が通る前に、道を清めるものだったんですね。
来年は、神幸祭や還幸祭も、見学してみようかな。

びわ湖周辺ドライブ

暑い毎日、自然の中でリフレッシュしたい~cloverってことで、緑を求めてドライブ。

*-*-*- rvcar-*-*-*

まずは、道の駅くつき新本陣の朝市で、食料調達。

1607180005 1607180006
福美屋さんのお赤飯といなりずしに、ひだまり堂さんのパンいろいろ、

1607180002 1607180003

1607180004
山味彩さんの鯖寿司と、山菜?の天ぷら。

お赤飯は、やわらかでもちもちで小豆たっぷり、いなり寿司は甘めの味付け。

パンは、シンプルでやさしい味わい。

鯖寿司は、ごはんたっぷり。

天ぷらは、パリパリとした食感で、
いろんな味が楽しめる葉っぱのかきあげといった感じ。

どれもおいしゅうございましたよhappy01

道の駅くつき新本陣
 朝市は、日曜・祝日の朝7時~昼までの開催だそう。

*-*-*- rvcar-*-*-*

お次は、「リバーランズ角川(つのかわ)」へ。

1607180010

石田川沿いにある、キャンプと釣りが楽しめる施設。
フライ・ルアー池は、7/19から夏期休池のため、この日は料金が半額でした。

1607180013r 1607180012r

魚の反応は鈍かったけど、貸し切り状態で、ぼーっとできてよかったです(^^)

釣り&キャンプ リバーランズ角川

*-*-*- rvcar-*-*-*

お昼ごはんは、琵琶湖畔で。

1607180020 1607180021

サンドイッチは、道の駅くつき新本陣で買った、民宿笹百合荘さんのもの。
具は、トマト・レタス・たまご。ジューシーでおいしゅうございました。

*-*-*- rvcar-*-*-*

奥琵琶湖に移動して、賤ヶ岳(しずがたけ)へ。

160718030

登山道もあるけど、春~秋の土日祝は、近江鉄道グループがリフトを運行しているので、
それに乗って頂上に向かいますbleah

賤ヶ岳リフト

160718032 160718031

リフト乗り場周辺には、
「賤ヶ岳の合戦」で活躍した賤ヶ岳の七本槍メンバーの幟が立てられていたりも。
♪七人合わせて七本槍~♪と歌いたくなったり(笑)。

リフトは、往復800円で、片道の乗車時間は約6分。

160718033r 160718034

リフトを降りて、300mほど山道を歩いたところが頂上。

160718040
160718036r 160718037

160718041 160718038
三等三角点が設置されていたり、賤ヶ岳砦跡の説明板があったり。

余呉湖もキレイに見えました。
160718042 160718043


帰りのリフトも抜群の眺め。
160718047 160718048

リフトの下に茂っている葉っぱは、アヤメ科の植物シャガだそう。

セミの声と、スピーカーから流れるゆったりした音楽を聞きながら、
緑と土の香りを感じて、ぼーっとリフトに乗っていると、カラダと心が解れていくよう。
リフレッシュできました。

*-*-*- rvcar-*-*-*

帰りは、奥琵琶湖パークウェイの入り口近くにある「かぐや餅」さんで、草餅を購入。

1607180500r 160718050

草餅は、1個100円。
ヨモギが香る、ちょっと粒の残ったお餅と、とろりと甘い粒あんで、めちゃうまです。

今回は、行った時間が遅かったので、パックのものしか残ってなかったけど、
箱入りのものは、包装紙のイラストもイイ感じです。

151031001r 151031002
(↑昨年10月に買ったときの写真です(^^;)

今回は、お店のおばあちゃんが漬けた
という梅干しも売られていたので、買ってみました。1パック400円。

160718051

使われているのは、梅と紫蘇と塩だけ。
しっとりした果肉に、すっきりした塩気と酸味で、おいしいです。
この夏は、この梅干しを食べて、乗り切るよーpunch

森の京都をドライブ

京都・宝ヶ池までお買い物に行ったので、ついでに、周山街道をドライブ。

*-*-*-rvcardash-*-*-*

まずは「北山の里」でおやつ。

1607090001 1607090002

小野郷にあるお店。
草餅は1個150円。
店内でいただくときのお茶は、セルフサービスで無料でした(^^)

ヨモギの色と香りが鮮やかなお餅の中には、甘さ控えめの粒あん。
もっちりとした食感で、おいしゅうございました。

*-*-*-rvcardash-*-*-*

道の駅 ウッディー京北 の直売所コーナーでお買い物。

160709010 160709011

鮎の骨せんべい(300円)に、 猪肉のチャーシュー(700円)、ナスにキュウリ(どちらも100円)、
にんにく(150円)、モロッコ豆(180円)、鷹峯とうがらし(150円)。

どれも安くて新鮮でおいしかったですが、
特に、きめ細かなナスと、肉厚で柔らかい鷹峯とうがらし、ファンになりました!


そしてそして、納豆もち(200円)。

160709013r 160709014 
1607090161r
(↑ピントがずれてますがsweat01

京北は、納豆発祥の地と言われる場所のひとつで、
関西では珍しい納豆食地域なんだとか。

納豆もちは、納豆をお餅でくるんで、きなこをまぶしたもので、
山仕事や川下りのいかだ師の弁当に用いられたり、
正月三が日に、お雑煮の代わりに食べられたりしていたそう。

きなこのほんのりした甘さと、納豆のつるんとした食感で、食べやすくて、栄養豊富。
確かに、力仕事のお弁当によさそう。
ウオーキングの時のお弁当にも、いいかもしれません(笑)。

納豆が練り込まれたタイプのものも売っていたので、
次はそちらも買ってみようっと。

*-*-*-rvcardash-*-*-*

最後は、「美山かやぶきの里」でのんびり。

16070900051

雨上がりの水と草とたき火の香り。
おばあちゃんちで過ごした子どもの頃の夏休みを思い出しました。

『没後100年 宮川香山』 展

大阪市立東洋陶磁美術館の特別展「没後100年 宮川香山」展へ。

16070100020

会期は2016年4月29日~7月31日。
観覧料は一般1200円。(東洋陶磁美術館のサイトに割引券あり)。

大阪市立東洋陶磁美術館

*-*

初代宮川香山(1842~1916)は、
陶器の表面を写実的な浮彫や造形物で装飾する「高浮彫(たかうきぼり)」と呼ばれる技法や、
釉薬の下に下絵を描き、焼成により発色させる「釉下彩(ゆうかさい)」という技法を駆使した作品を作り、
海外でも絶賛された陶芸家だそう。

_0001 _0002

チラシに載っている猫ちゃんや蟹さんのような、高浮彫の作品目当てで行ったんだけど、
つややかで透き通るような色合いの釉下彩の作品も、魅力的でした。

(高浮彫の作品は、細かい部分のお掃除が大変そうだから、
家に置くなら釉下彩の作品の方がいいかなー、なんて思ったり。
…って、買えるだけの財力はないけど(笑))。

*-*

展示室には、撮影OKの場所があったりも。

16070100030

「撮影してSNSに投稿しましょう!」なんて書かれてたけど、
ガラス越しの作品を、魅力が伝わるように撮るのは難しいですねsweat01


「高浮彫四窓遊蛙獅子鈕蓋付壺」
(たかうきぼりしそうゆうけいししつまみふたつきつぼ)

160701011

160701012 160701013

「高浮彫蛙武者合戦花瓶」
(たかうきぼりかえるむしゃかっせんかびん)

160701020

160701024r 160701023

色んなポーズの蛙さんがいっぱい。
こんなミニチュアフィギュア、どこかにありそう…。

*-*

全部見るのに、2時間以上かかっちゃいましたが、
朝イチでの入館だったからか、会場は比較的空いていて、
間近でじっくり見られたので、よかったです。

常設展示の国宝「油滴天目茶碗」も、すいこまれそうな魅力がありましたですよ。
次は、もうちょっと陶芸のことを勉強してから行きたいと思いますcoldsweats01

*-*-*- restaurant -*-*-*

ランチは、北浜駅近くにあるコチラのお店で。

農家厨房 北浜店

160701050 160701051

野菜が主役の中華料理が楽しめるお店、だそう。
今回いただいたのは、医食同源ランチのお粥セット1000円。

160701052
鶏肉団子とたまねぎのスープ

160701053
飲茶3品、野菜セイロ蒸し、お粥、一口菓子

160701055 160701054 

160701056
マンゴプリン

セイロ蒸しは、もやし率が高かったけど(笑)、
どのお料理も、じんわりとしたうまみと、程よい味付けで、おいしゅうございました♪

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ