« 祇園祭 後祭の宵山 | トップページ | ゴーゴーボーイズゴーゴーヘブン »

文楽 夏休み名作劇場

夏休み文楽特別公演の第2部を見に行ってきました。

国立文楽劇場

16072900031

演目は、「薫樹累物語(めいぼくかさねものがたり)」の豆腐屋の段、埴生村の段、土橋の段と
伊勢音頭恋寝刃(いせおんどこいのねたば)」の古市油屋の段、奥庭十人斬りの段。
観覧料は5400円。

16072900041rr 16072900081

1607290006 1607290007

午後2時開演で、終演は午後6時過ぎという長丁場
(といっても、文楽公演としては短い方らしいけど)。
まだまだ初心者なので、「話がわかんなくなったから寝ちゃったー」というのを防ぐべく、
プログラム650円を購入して、イヤホンガイド650円も利用ですcoldsweats01

イヤホンガイドは、ストーリーや、演者や人形、その他の豆知識を、
浄瑠璃を邪魔しない絶妙のタイミングで説明してくれるので、
とてもわかりやすくて、よかったです。おすすめ。

あと、字幕が出るようになったので、床本を見なくても、何を言ってるかわかるのは、便利でした。
(関西ネイティブじゃないので、関西イントネーションの浄瑠璃のヒアリングは、難易度が高いのよ(^^;)

*-*

「薫樹累物語」は、
好きな人と夫婦になれた豆腐屋の末娘・累(かさね)だけど、
夫になった人は、主君のために、累の姉・高尾を殺した敵だった。
そんな累に姉・高尾の亡霊が乗り移り、夫との気持ちもすれ違って…というお話。

悲しい最期を迎えてしまう累ちゃんだけど、積極的で、けなげで、とても可愛らしかったです。
現代なら、「私と仕事、どっちが大事なの!?」的なお話になるのかしらん(いや、違うか)。

Imgp8695
(パンフレットより。姉の亡霊のせいで、顔が醜くなってしまった累ちゃん。
この後、もっとコワイ顔になります。
そうそう、累といえば、怪談「累ヶ淵」が有名だけど、この累ちゃんは、あの累ちゃんとは別人です)

「伊勢音頭恋寝刃」は、
主君のために銘刀青江下坂の折紙(おりかみ=鑑定書)を探し求める福岡貢(ふくおかみつぎ)が、
手にした銘刀に魅入られたかのように、行き会う人達を次々と殺めていく…というお話。

寛政5(1796)年に、実際にあった事件を脚色したものだそうですが、
次々に人を殺めていく場面は、凄惨というよりは、アクションスゲーといった印象。
ダイナミックな場面転換に、クスッと笑えるような演出、衝撃的ハッピーエンド(笑)の幕切れ、
どういう気持ちで見ればいいのか、かなり迷いながらの観劇でしたcoldsweats01
って、ワタシ的には、かなり楽しかったですが。

*-*

売店では、文楽劇場のマスコットキャラクター?「床やんず」の手ぬぐい1100円も購入。

1607290009 1607290010

浄瑠璃の犬本ケン大夫と、三味線の猫澤デン右衛門。
かわいいけど、猫が三味線弾きって…いいのか?(笑)

収益金は、NPO文楽座の運営費や文楽普及活動に使われるそうです。

特定非営利活動法人 人形浄瑠璃 文楽座

*-*-*-*-*

観劇前のお昼ごはんは、黒門市場で。
アジア系の観光客がいっぱいで、更に店員さんもアジア系の人が多かったりして、
ここはどこ?状態になってましたが(^^;

夢食卓 招福庵

1607290001 1607290002

いただいたのはローストビーフ丼990円。
ローストビーフ丼と味噌汁に、漬物と冷奴付。

やわらかいお肉たっぷりで、おいしゅうございました。

« 祇園祭 後祭の宵山 | トップページ | ゴーゴーボーイズゴーゴーヘブン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13724/64011964

この記事へのトラックバック一覧です: 文楽 夏休み名作劇場:

« 祇園祭 後祭の宵山 | トップページ | ゴーゴーボーイズゴーゴーヘブン »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ