« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

第16回 瀬戸内しまなみ海道スリーデーマーチ 1日目 

yachtwave 第16回瀬戸内しまなみ海道スリーデーマーチ0日目?からのつづき waveyacht

*-*

会場には、ゆるキャラも大集合~heart01

160930006 160930007rr

実業団女子バスケットボールチーム「今治オレンジブロッサム」のマスコットキャラクター「ミーナちゃん」に、
いまばりバリィさん、本州四国連絡橋のシンボルキャラクター「わたるくん」、
2017えひめ国体マスコットの「みきゃん」、
今治造船のキャラクター「いまぞう君」(見切れちゃった写真でゴメンsweat01)。

こんなにたくさんのゆるキャラを一度に見ることはあまりないので、
超テンション上がりましたよ(笑)。

*-*-*-shoeshoe-*-*-*

1日目にチョイスしたコースは、【A-1 3日間縦断コース①】。
中央会場から、しまなみ海道で、伯方島までの30kmを歩きます。

準備運動は「今治タオル体操」。

160930008r

タオルをうまく利用した、なかなか楽しい体操でした。
DVD付の本も出てるみたいですよ。買っちゃおうかしら(笑)。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

今治タオル体操 [ 今治タオル体操愛好会 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2016/10/4時点)


*-*-*

watch 8時30分

今治城築城の先ぶれ太鼓が起源という「今治寿太鼓」に見送られ、
今治城の鉄御門(くろがねごもん)を通って、いざスタート!

160930009r

*-*

商店街を通り、今治公会堂前に置かれたコンテナ船のプロペラを見ながら、てくてく。

160930010r 160930011r

*-*

市街地から海沿いの道へ。

160930012r

はるか遠くに来島海峡大橋。
(この写真じゃ、よくわからないかもだけど(^^;)

160930013r 160930014r

鳥居のずっと先にある「大浜八幡大神社」は、越智氏族発祥の地だそう。

*-*

橋も、ちょっぴり近づいてきて、

160930016r

watch 9時45分 大浜接待所

160930017r 160930018jpg

蜂蜜漬けのレモンで、ウォーキングパワー注入!happy02

*-*

watch 9時55分 サンライズ糸山でトイレ休憩coldsweats01

160930019

*-*

watch10時00分 糸山接待所

160930020r 160930021r

こちらでいただいたのは、「大三島産の初穫り極早生みかん」。
酸味と甘みのバランスが最高でした。

*-*

来島海峡大橋の入り口。

160930023r

ぐるぐる道を歩いて、橋の上へ。

160930024 160930025

160930026r 160930027r

上がって行く途中では、造船所や、さっき通ってきた糸山接待所が見えたりも。

160930029r 160930028

遊園地のアトラクションや、サーキットのようにも見える、おもしろい眺めでした。

*-*

来島海峡大橋は、世界初の三連吊り橋で、
橋長は、第一大橋が960m、第二大橋が1515m、第三大橋が1570mの全長約4km。

四国側から最初に渡るのは、来島海峡第三大橋。

160930031rr 160930032r

雨が降ってきてしまって、視界があまり良くなかったけど、
これはこれで、水墨画のようで美しい…かな?

*-*

途中にある馬島ICは、馬島の住民専用で、一般車の出入りは出来ないそう。

160930033r 160930034r

歩行者・自転車は、エレベータや階段で出入りできたみたいなので
(コースマップでは、トイレポイントになっていた)、下りてみればよかったかなあ。

*-*

来島海峡第一大橋を渡って、大島へ。
(ありゃ、第二大橋に気付かなかったわsweat01

160930035r

160930036 160930037r

*-*-*-*

watch 11時00分 よしうみいきいき館(チェックポイント&昼食会場)

1609300380

ここで、事前に注文しておいた、おにぎり弁当(500円)を受け取って、お昼ごはん。

1609300410r 160930042r

昆布の佃煮とふりかけのおにぎりに、わかめの酢の物、唐揚げ、カレー味のキャベツ炒め。
海風に吹かれ、橋を眺めながら、おいしくごはんが食べられるって、シアワセheart04

watch 11時30分 再スタート

*-*-*-*

造船中の大きな船を眺めたり、マンホール蓋の写真を撮ったり。

160930046r 160930047rr

マンホール蓋の絵柄は、来島海峡大橋とバラ。
そういえば、12時のチャイム(行政防災無線?)も、
♪わ~らべ~は見たり~♪のヴェルナーの「野ばら」でした。

*-*

海辺の塀には、「採らないで!カブトガニと卵」の文字。
近くに造船所がある、こんな場所にもカブトガニがいるのかあ、なんて思いながら、てくてく。

160930048 160930049r

*-*-*-*

watch 12時30分 よしうみバラ公園接待所

160930050r 160930051

こちらでもみかんをいただきました。
ウオーキング途中でいただくみかん、最高~♪

*-*

watch 12時45分

ゴールまで10kmの案内板を見ながら、てくてく。

160930052

このあたりから、だらだらと上り坂が続きます。
しまなみ海道を走るサイクリストさん達にとっては1番の難所。

160930053 

横を走っていった二人連れのサイクリストさん達は、先輩っぽい人が、後輩らしき人に、
「はい、今のうちにちょっと息を整えながら漕いで! この先、またキツイ上りになるよー」
なんてアドバイスしてました。がんばれー。

160930054r

宮窪峠てっぺん?

*-*-*

watch 13時30分 宮窪観光案内所

160930057r

宮窪観光案内所 接待 160930059

こちらでいただいたのは、シャインマスカットとプチトマト。
マスカット、甘くて超美味でした。

ゴールまでは、あと5km。
能島村上水軍が本拠地としていた島を眺めながらてくてく。

160930060r 1609300610r

潮の流れが、すんごく速くて、びっくり。、
この潮流を越えて、あの島に攻め込むのは、かなり難しそう。
能島が難攻不落の島だったというのにも、納得です。

160930056r

宮窪町のマンホールには、村上海賊の姿。

*-*-*

伯方・大島大橋まで、あと1.6km。

160930063r_2

160930064r

傘が裏返っちゃったみたいな状態で生えている、このキノコは何かしら?coldsweats01

*-*-*

伯方・大島大橋。

160930066r 160930067r

橋長840mの大島大橋と、橋長325mの伯方橋を渡って、

160930069r 160930072r

watch 14時35分 伯方SCパークでゴール\(^O^)/

160930073r 160930gr

IVVの認定距離は、21kmでした。

GPSで取った経路と標高差はこんな感じ↓

Map  160930g_2

*-*-*-shoeshoe-*-*-*

ゴールの後は、伯方の塩ソフトクリーム(大)で乾杯happy02

160930080r

160930078r 160930079

昼食のお弁当と一緒もらった「道の駅で使えるソフトクリーム50円引券」を使ったので、お値段は350円。
券売機に、「クーポンをお持ちの方」用のボタンがあるのが、すばらしいです(笑)。

*-*-*-bus-*-*-*

伯方島からは、臨時運行バス(500円)で今治へ移動しました。

今回、泊まったお宿は、「ホテル七福」さん。

160930h01r 160930h02r

2食付きプランにしたので、夕食もお宿で。

160930h05 160930h06 160930h07 

160930h08 160930h09

お刺身に、貝に、煮魚に、唐揚げ。
おいしくて、ボリュームもあって、大満足でした。

*-*-*-*-*-*-*-*

瀬戸内しまなみ海道スリーデーマーチ 2日目につづく→

第16回 瀬戸内しまなみ海道スリーデーマーチ 0日目?

9/30~10/2に開催された「第16回瀬戸内しまなみ海道スリーデーマーチ」に参加してきました~。

160930s01r

広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶ「瀬戸内しまなみ海道」を舞台としたウオーキング大会で、
大会テーマは『君とゆく、海の碧、空の青』。
参加費は、事前申込で大人2,000円。

160930s03 160930s02r 

参加記念品は、タオルマフラー。
それと、今治に本社と工場がある日本食研の「野菜炒めの素」と、
今治市大三島に工場がある伯方塩業(株)の「伯方の塩」と、
尾道市因島に本社がある万田酵素、今治にある温泉施設「キスケのゆ」の優待券も入ってました。

日本食研
伯方の塩® | 伯方塩業株式会社
万田発酵 | 人と地球の健康のために
天然温泉 キスケのゆ | キスケ株式会社(愛媛県松山市/今治市)

*-*

しまなみスリーデーは、今回が初参加の私だけど、
参加記念品のタオルは、日本スリーデーマーチ(@東松山市)の会場で買ったり、
お友達からもらったりしたモノを、何枚か持っていたり。

1609290

まだ、今治タオルが、あまり知られていない頃に、
色の鮮やかさとお手頃なお値段にひかれて、何気なく買ったのですが、
その肌触りと使い勝手の良さに、お気に入りアイテムとなり、
「いつかは、しまなみスリーデーにも行くぞー!」と思い続けて、この日に至りました(笑)。
参加記念品の魅力って、けっこう重要ですよね。

そうそう、しまなみ海道は、9年ほど前に自転車で走ったこともありました。
その時の記事は、コチラ↓
自転車でしまなみ海道①~④

*-*-*-ship-*-*-*

と、まあ、それはさておき。

中央会場は、愛媛県今治市にある「今治城吹揚公園」。
大阪からのアクセス方法はいくつかあるけど、
私は、大阪南港からのフェリーを利用しました。

出港は22時だけど、乗船は20時からOKなので、
早めに乗船して、お風呂に入ったり、ご飯を食べたりすれば、睡眠時間もたっぷりとれます。

オレンジフェリー|四国開発フェリー株式会社

ニュートラムの「フェリーターミナル駅」からフェリー乗り場へは、連絡通路を歩いて3分くらい。
迷ったり、雨に濡れたりする心配がないのがいいですね。

160929001r

乗船手続きをすませたら、船の横をてくてく歩き、階段を上って、船内へ。

船内で使わない大きな荷物は、乗船前に乗船口の窓口で預けると、
下船後に下船港の窓口で受け取れる「まごころ手荷物サービス」というのを利用すると、
船まで持ち運びしなくてすむので、便利です。

160929003r 160929004r

この日の運航船は「オレンジセブン」。

利用したのは、2等寝台のレディースルームで、
料金は、大阪南港~東予港往復で11,380円(往復割引利用)。

160929007r 160929008r

160929009r 160929010r

通常の2等寝台は定員8名だけど、レディースルームは定員6名で、洗面台付。
通路もベッドの幅もゆったりしていて、快適でした。

夕食はレストランで焼肉丼 720円。
160929011r
ガッツリ濃いめの味付けでしたが、おいしかったです。

*-*-*-ship-*-*-*

翌朝6時に、愛媛県西条市の東予港に到着。
東予港からは、無料連絡バスで今治へGO!bus

160930001

約1時間で、中央会場に到着~。

160930005r

さあ、いよいよ、これからウオーキングsign01ですが、
長くなりそうなので、瀬戸内しまなみ海道スリーデーマーチ 1日目に続くっcoldsweats01 →

千林大宮

お友達が所属している劇団のお芝居を観に、千林大宮へ。

地下鉄の駅を出てすぐに始まる「千林商店街」は、
人気ゲーム「ポケモンGO」のモンスター取り放題イベントをやったことでも有名ですね。

朝日新聞DIGITAL 2016/07/30 ポケモン取り放題! 大阪の商店街、有料アイテムで集客

2016_09230005

公式サイトには、ボケストップMAPなんてのもUPされてましたよ。
(私はポケモンGOはやってないので、よくわからないけど(^^;)

大阪旭区の千林商店街公式サイト - SENBAYASHI.com


そして、そんな千林商店街には、こんな自販機があったりも。

16092301 16092302jpg

売られているのは、広島県江田島にある二反田醤油の「だし道楽」。

だし道楽『だしの自販機でおなじみ』有限会社二反田醤油

春の江田島で見かけた時には、「あごだし醤油」のことをよく知らず、
昆布入りの方しか買わなくて、残念に思っていたので
(そのことについての話は2016 GW旅行 食べたモノ編 その④の中に)、大阪で買えるのはウレシイです。

16092303

焼きあご入りのだし道楽は、500ml 650円(税込)。
ペットボトルの中には、焼きあご(とびうお)がどどーんと一匹。

10月には、大阪梅田の茶屋町にも、自販機が設置されるそう。
さらに近くで買えるようになって、ウレシイ限りhappy01

*-*-*-restaurant-*-*-*

お買い物の後は、観劇前の腹ごしらえ。

◆欧風料理イスタンブール

1609230001 16092304

大阪市立芸術創造館近くにある洋食屋さん。
ショーケースのサンプルに、子どもの頃の「外食」のワクワク感を思い出しました。

いただいたのは、このお店の「名物」というトルコライス。
ポークとエビの2種類があったので、エビをチョイスです。

1609230003

1609230002

じんわりおいしい海老入りケチャップライスの上には、ふわふわのたまごと、ぷりっぷり肉厚の開き海老フライ。
香ばしいデミグラスソースともよく合って、めちゃうまでした!
千林方面に行くことがあったら、また食べたいわ。

*-*-*

そして観劇。

「舞台工房 SOLA-Tobu」さんの「ノクティス」。

160923000001r

魅力的なキャラクターと、独特の世界観、意表を突く展開で、
とてもおもしろかったです。

次回作は、コチラでチェック!
舞台工房 SOLA-Tobu.

日帰りで有馬温泉へ

近いけど、あんまり行くことのない有馬温泉。
(だってお高いんだもん~(^^;)。
昼食付き日帰りプランの招待券をもらったので、行ってきました♪

伺ったのは、自家泉源を持つ元湯旅館の「古泉閣」さん。

1609220001

温泉街からは、ちょっと離れた高台にありました。

有馬温泉元湯 古泉閣【公式サイト】

今回利用したのは、広間席での食事に、温泉入浴1回がついたプラン。
温泉は、食事の前に入るか、後に入るか選べます。

私たちは、先に温泉に入ることにしたので、
まずは、フロントで、入浴券とフェイスタオルを受け取って、お風呂へ。

1609220002

温泉は、源泉掛流しの「岩風呂」と展望風呂の「八角堂」のふたつがありますが、
清掃時間の関係で、食事前に入れるのは、「八角堂」のみです。

温泉に向かう廊下。

1609220003

大きなガラスの向こうには、緑がいっぱいで、清々しい~clover

そして、展望風呂「八角堂」。
(私以外、誰もいなかったので、こっそり撮らせてもらっちゃいましたsmile

1609220004

こちらも、広いガラスの向こうには、清々しい緑。
透明なお湯の広い浴槽の他に、半露天になった金泉の浴槽もあるので、
両方を出たり入ったり。
温泉を満喫できましたspa

脱衣所を出たところには、お茶やお水、無料のマッサージ器などもあるので、
食事の時間まで、ゆったりできてよかったです。

ある程度のんびりしたところで、お食事会場の6階へ。

1609220005

6階廊下の窓からは、遠くまで見晴らせて爽快。

食事をする広間席は、カーテンで区切られているので、景色は望めないけど、
他にお客さんを気にせず、食事が出来るのはよかったです。

1609220006

2016_09220052 2016_09220053 1609220008r 1609220009r 1609220010r 1609220011r 1609220012r

松茸と鱧の土瓶蒸しとか(あ、食べるのに夢中で、写真を撮ってなかったcoldsweats01)、菊の花や里芋、黒豆、山椒、甘酒などを使った、季節感あふれるお料理。

そういえば、黒豆の丹波も、山椒の朝倉も、お酒の灘も、
みーんな有馬温泉と同じ兵庫県のものなんだなあ、となんだか再発見したような気分にもなり、
楽しく、おいしくいただけました。

次は、お泊まりで、ゆっくりしてみたいわ。

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ