« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

ユニバーサルスタジオジャパン

家族がJALのキャンペーンでUSJのチケットを当てたので、初ユニバの家族と一緒に、
十数年ぶりのユニバへ。

1707290001

ユニバーサルスタジオジャパン、関東にいた時は「USJ(ユーエスジェー)」と呼んでましたが、
大阪に来てからは「ユニバ」と呼ぶようになっちゃいました(^^;

朝早くから行く気力と体力は無いので、ユニバには午後2時頃に到着。

1707290003 1707290002

1707290004r

ちょうど始まっていた「ミニオン・ウォーター・サプライズ・パレード」は、濡れないよう、後ろからこっそりと見学(笑)。

ミニオンズパークでは、ミニオンたちの可愛らしさにノックアウトされました。

1707290006r

1707290007 1707290008r

乗り物酔いしやすいタイプなので(^^;、回ったアトラクションは
「ウォーターワールド」、「ターミネーター2・3D」、「バックドラフト」、「ジョーズ」だけで、
あとはまったりと散策。

1707290005

2017_07290009 2017_07290012

1707290010r 1707290011

夜はハリーポッターエリアで「エクスペクト・パトローナム・ナイト・ショー」を見て、
21時前にユニバを後にしました。

昔、知らずに乗って酔いまくった「バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド」が
「ミニオン・ハチャメチャ・ライド」に取って代わられてたり、
ターミネーター2で描かれていた未来が、だいぶ現実のものになっていたりと、
月日を感じたりもしたけど、楽しかったです。

天神祭・御迎え人形スタンプラリー

一昨年スタンプシートを手に入れたのに、
昨年はスケジュールが合わず行けなかった「天神祭御迎え人形スタンプラリー」、今年は行ってきました。

天神橋筋商店街には、御神輿や催太鼓(もよおしだいこ)が。

1707240010 1707240011r

催太鼓は、なかなか動かず、その間は道を通り抜けることができないので、
出くわしてしまうとちょっと大変(笑)。

今年、大阪天満宮に展示されていた御迎え人形は、
「胡蝶舞(こちょうのまい)」、「素戔嗚尊(すさのおのみこと)」、「羽柴秀吉(はしばひでよし)」の3体。

1707240001 1707240002 1707240003

胡蝶舞の背中には、ホントは羽がついているそうですが、
傷みが激しいので展示はしていないのだとか。
早く修復できるよう、修復寄付金にも、ちょこっとだけ協力しました。

012017_07240149

スタンプはこれで6つ。(赤色のが自分で押したスタンプ)。
まだまだ先は長いなcoldsweats01

夏の京都散策 ~狸谷山不動院&祇園祭・後祭宵山~

出町柳から叡山電車に乗って、狸谷山不動院へ。

17072100001

駅には、「有頂天家族」のポスターやコラボ切符の案内があったり、
「有頂天家族 京巡りスタンプラリー」の用紙が置かれていたり。

17072100002 17072100003

17072100004 17072100005r

「有頂天家族号」なる車両も走っていたけど、
私たちが乗ったのは、緑色の外装と木目の内装が施された「ノスタルジック731」という車両。

2015年に叡山電車開業90年を記念して登場したもので、
1925年の叡山本線開業当時に運行していた「デナ1形」車両をイメージしているそうです。

17072100006

一乗寺駅で降りて、坂道を歩く事しばし。(←思っていたより遠かった(^^;)
狸谷山不動院(たぬきだにさん ふどういん)に到着です。

17072100007 17072100008

「タヌキダニのお不動さん」の名で知られる真言宗修験道のお寺。
境内には狸の置物がたくさん。

17072100009 17072100010

白龍弁財天の鳥居をぐぐり、250段の石段を上って、懸崖造りの舞台がある本堂へ。

17072100017 17072100011

17072100012

本堂への入山料は500円。
中にいらっしゃるのは、難病退散に霊験のあるという本尊の不動明王さま。
目力すごかったです。

17072100

御朱印をお願いしたら、不動明王さまのおふだをいただきました。
交通安全のステッカーセットは500円。

本堂の脇からは、ハイキングコースになっていたりも。

17072100016

階段を上がると、鳥居があって、その先はけっこう本格的な山道でした。

17072100013

17072100015 17072100014

ハイキング用の装備はしてなかったし、暑かったので、
今回はちょっとだけしか歩かなかったけど、しっとりとした緑が気持ちの良い場所でした。
気候の良い時期に、じっくり歩いてみたいな。

*-*-*-*

帰りには、一乗寺駅までの道の途中にあった甘味処でひと休み。

◆一乗谷中谷 わらびもちパフェ880円。

17072100020 17072100021

ぷるぷるもちもちのわらびもちに、とろとろの豆乳プリン、冷たいアイス。
食べごたえもあって、ほっこりできました。

せっかくなので、ネットショップでは3ヶ月待ちという「三色お豆のタルト」1,110円も購入。

1707210

タルト生地の中には、ほんのり白あん風味の生地。
和と洋が上手くミックスされている感じで、とてもおいしかったです。

*-*-*-*

出町柳からは京阪電車で移動。

17072100023 17072100025

17072100024r

乗車した2624車両は、扇風機や網棚があったりと、めっちゃレトロな内装でした。

*-*-*-*

夕方からは、祇園祭・後祭の宵々山の鉾町をぶらぶら。

17072100026r

17072100027 P1060198

屏風祭。
建屋や調度品の豪華さと、京町家の奥に長~い造りに、ちょっとびっくり。

南観音山、大船鉾、鷹山では、手ぬぐいを購入。

17072100030r

17072100052r 17072100051r 17072100050r

お値段は、南観音山が500円、大船鉾、鷹山が1,000円でした。
それぞれ個性があってステキ。

*-*-*-*

そして、「味野里香(みのりこ)」さんでお食事&吞み。

17072100040

17072100041 17072100042

季節感のあるお料理と、それに合うおいしいお酒が、おまかせで出てくるお店。
今回も大満足のおいしさでした。

味野里香(みのりこ) - Home | Facebook

越前大野でごはん

釣りをするために越前大野(福井県大野市)周辺に行ったので、
そのとき食べたものなど。

*-*-*-restaurant-*-*-*

◆お食事処 しもむら

1707150002r 1707150001r

越前大野のご当地グルメ「醤油かつ丼」は、このお店が元祖だそう。
いただいたのは、カツ丼・おろしそばセット1,000円。
玉子、ソース、しょうゆから選べるカツ丼は、当然しょうゆをチョイスです。

1707150003

カラッと揚げられたカツの下には、千切りキャベツとごはん。
上には大根おろしと大葉の千切りが乗っています。

2017_07180023

醤油ダレもすっきりとした味で、さらっといただけるおいしさでした。

*-*-*-*-restaurant-*-*-*-*

翌朝は、七間朝市通りへ。

1707150005

1707150006 1707150007

朝市は終わりかけの時間でしたが、お総菜を購入。

1707150008 1707150009

ヤスマ食品の里芋の煮っころがし300円と、山菜ふーど・まつもとの中野茄子の煮物。
中野茄子も大野市中野地区の名産品なんだそう。

きめ細かく柔らかくて美味でした。

健康長寿ふくいの食「旬の里ふくい」- vol.27 - - 福井県ホームページ

*-*-*-*-restaurant-*-*-*-*

お次は、「とんちゃん」を買いにこちらのお店へ。

(有)星山商店

1707150010

越前大野では、牛、豚の内蔵のホルモンを、
味噌・醤油・砂糖・みりん・にんにく・唐辛子・調味料などで味付けした
いわゆる「ホルモン」を「とんちゃん」と呼んでいるそう。

毎年夏には、ホルモン日本一を決める「とんちゃん祭」も行われていて、
2010年に開催された第弐陣では、こちらの星山商店が優勝したそう。

購入したのは、白ホルモン、若鶏もも肉、上ホルモン。

1707150011 2017_07090016

上ホルモンは、白ホルモンにタンとセンマイがミックスされたもの。

ホルモンらしいクセが嫌味にならないような絶妙の味付け。
こってりした白ホルモンに、さっぱりしたタンとセンマイがいいアクセントになって、
ひとりで500gペロッといけちゃうおいしさでした。

2017_07090020r

*-*-*-*-restaurant-*-*-*-*-*

ランチもとんちゃん。
福井インター近くにあるこちらのお店で。

六間星山 福井店

1707150012

「星山」だけど、(有)星山商店とは全く別のお店ということで、
味付けもお値段も違いました。

2013年に行われた「とんちゃん祭 第参陣」で優勝したのは六間星山本店だそう。

いただいたのは、ホルモンランチ1,300円。
サラダ・スープ・ライスはおかわり自由。
お肉は、上ホルモンかミックスホルモン+若どりで、トータル250g。

1707150013 1707150014

こちらのホルモンも、クセが気にならない絶妙の味付け。
若どりは、ほんのり味噌風味がぐーgood

香ばしく焼けたホルモン、めちゃウマでした。

天王寺七坂巡り2017

「七夕のゆうべ in 四天王寺」の併催イベント「天王寺七坂巡り2017」に参加してきました。

17070700001r

「大阪中心部にある屈指の歴史スポット 世界でも珍しい寺町にある七坂(七つの坂)を
てんのうじ観光ボランティアガイドと一緒に散策&ウオーキングしてみませんか?」というイベントで、
参加費は1,500円。

コースは、一般向けのAコース、欲張り・健脚向けのBコース、
子ども連れや車いすでも参加可能なCコースの3つ。
私はAコースに参加しました。

snailsnail

集合場所は、「いくたまさん」こと生國魂神社(いくくにたまじんじゃ)。
ボランティアガイドさん+参加者7人で1つのグループになってスタートです。

17070700002r 17070700004r

国土の神霊とされる生島大神・足島大神を祀る神社で、大阪城築城の時に現在の場所に移されたのだそう。

17070700003r

鳥居は、サントリーの創業者・鳥井信治郎の名が。
鳥井氏が昭和32(1957)年11月に奉納したものだそうです。

境内には、大阪城鬼門の守護神として鎮祭された城方向(きたむき)八幡宮や、
淀君が崇敬したとされる鴫野神社(しぎのじんじゃ)、近松門左衛門を祀る浄瑠璃神社など、
たくさんの社がありました。

1707070008 1707070007

1707070009r 1707070006

帽子とマント姿の彼は、オダサクこと織田作之助。宮沢賢治ではありません(笑)。

1707070010r

彼の書いた「木の都」には、この界隈のことが描かれているそう。
青空文庫でも読めるようですね。便利な時代です。

織田作之助 木の都 - 青空文庫

生國魂神社の北側には、天王寺七坂のひとつ「真言坂」。

1707070011

周辺に真言宗の生玉6ヶ寺があったことから、「真言坂」と呼ばれるようになったそう。
七坂のうち、唯一南北に通っている坂だそうです。

snailsnail

生魂山 齢延寺(れいえんじ)

1707070012r 1707070014

境内には藤沢一族のお墓があったりも。

snailsnail

源聖寺坂

1707070016

snailsnail

銀山寺(ぎんざんじ)

1707070017 1707070018r 

もとは「大福寺」と称していたが、豊臣秀吉が中国の金山寺に劣らぬとして「銀山寺」に改名したというお寺。
建物には千成瓢箪の印や、豊臣の家紋がついていたりも。

1707070019

鐘も撞かせてもらいましたが、鐘って撞く人によって音色が変わるんですね。

snailsnail

江戸時代の人形浄瑠璃作者・竹田出雲や
「川柳番傘」の創立者・岸本水府のお墓があるという青蓮寺(せいれんじ)。

1707070021jpg

1707070022jpg 1707070023

尼寺の月江寺(げっこうじ)は、境内も女性らしいたおやかな雰囲気。

snailsnail

塀の模様が特徴的な吉祥寺(きっしょうじ)は、大阪における赤穂藩浅野家の菩提寺だそう。

1707070024

1707070025 1707070026r

境内には、大石内蔵助や四十七義士の像と、
切腹御免となった寺坂吉右衛門が寺に依頼して建てたという四十六義士の冥福を祈る碑とお墓がありました。

snailsnail

太平寺(たいへいじ)は、十三参りで親しまれているお寺だそう。

1707070027

境内にある北山不動は、貧しい者からは診療代を取らなかったという
江戸時代の著名な医師・北山寿安(きたやまじゅあん ?~1701)が即身成仏した場所だそう。

snailsnail

口縄坂(くちなわざか)

1707070029r_2 17070700280r 
坂の下から眺めた時の道の起伏が、くちなわ(蛇)に似ていることから、口縄坂と呼ばれているそう。

1707070030

坂の上には、織田作之助の「木の都」の一節が書かれた文学碑、
坂の途中には、大阪府立夕陽丘高等女学校跡の碑もありました。

snailsnail

藤原家隆塚は、新古今和歌集の選者のひとりだった藤原家隆(ふじわらいえたか)が、
「契りあれば難波の里に宿り着て 波の入日を拝みつるかな」の和歌を詠み、
正座合掌してこの世を去ったといわれる場所で、夕陽丘の地名の由来となっているそう。

1707070031r 1707070032

近くには、伊達家・陸奥家の墓所跡も。

snailsnail

シルエットが格好いい塔は愛染堂(あいぜんどう)の多宝塔。

1707070033r

1707070034 1707070035

愛染堂は、聖徳太子が建立した四天王寺四院(敬田院、施薬院、療病院、悲田院)のひとつ施薬院の跡だそう。
現在の多宝塔は、文禄3(1594)年に豊臣秀吉が再建したもので、国の重要文化財。

1707070038

境内には映画化もされた小説「愛染かつら」のモデルとなった縁結びの霊木「愛染かつら」もありました。
「愛染かつら」の作者・川口松太郎氏は、この近くに住んでいたんだそうです。

1707070039r

聖徳太子ゆかりのお寺ということで、とびだし坊や?も聖徳太子さんでしたよcoldsweats01

snailsnail

愛染坂

1707070040 1707070041

1707070042

坂の途中には、かつて大坂を代表する料亭「浮瀬亭(うかむせてい)」があったそう。

snailsnail

清水坂から滝道を通って清水寺へ

1707070044

1707070045r 1707070046

1707070047r

正式名称は、有栖山清光院清水寺(ありすざんせいこういん きよみずでら)。
四天王寺の支院になるそうです。

境内にある「玉出の滝」は、大阪市内唯一の天然の滝だそう。

1707070048 1707070049

といっても、京都清水寺の音羽の滝を模した造りになっているので、
「天然の滝」と聞いてイメージしていたものとはかなり違ってましたが、清々しく雰囲気がある場所でした。

1707070050r

清水の舞台もあって、通天閣やあべのハルカスが見えました。

snailsnail

そして、天王寺でゴール。

1707070051

GPSのログはこんな感じでした↓

Map

ゴールでは、おみやげとして、
天王寺七坂ご利益いっぱい歴史も満載スタンプラリー用紙、
四天王寺布袋堂のミニ絵馬、​愛染堂の御淨米、天王寺観光歴史検定問題集、
パイン飴、塩飴、七夕のゆうべ第10回記念特製ライター、舞昆のこうはらの記念品をいただきました。

1707070052r

七夕短冊ももらったので、願い事を書いて笹に結びましたよshine

1707070054r 1707070053r

「七夕のゆうべ」では、3万球のLEDライトの天の川が美しい「笹トンネル」や、
ライトアップされた五重の塔、石舞台での奉納LIVE、仁王門前での七夕コンサートなどなど、
幻想的な雰囲気とお祭り気分が味わえて楽しかったです。

1707070061 1707070062

1707070059 1707070063

初めて巡った天王寺七坂でしたが、
大阪には、お笑いや串カツだけじゃない、こんなステキな場所があったんですねえ。
知らなかった大阪を知ることができる、とても楽しいイベントでした。
来年もあったら、今度はよくばり健脚Bコースに参加してみたいな。

ガイドさん、スタッフさん、一緒の班になった方々、どうもありがとうございました~。

beerbeerbeer

ゴール後の一杯は、一緒に歩いた方に案内してもらったお店で。

◆旬菜と海鮮 スタンド森田屋

1707070055 1707070056

のれんには「立呑処」と書かれてるけど、ちゃんと椅子がありました(笑)。
隣の席の人とも和気藹々、おいしく楽しく飲めました♪

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ