« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

JRふれあいハイキング「北沢産業網干鉄道廃線跡を歩く」

JR西日本のふれあいハイキング
「北沢産業網干鉄道廃線跡を歩く」(主催は加古川ウォーキング協会)に参加してきました。

18022500010

1802250002 1802250r

集合場所はJR神戸線の網干駅。参加費用は500円。

ふれあいハイキングの告知では「北沢産業網干鉄道廃線跡」と表記されていたけれど、
いただいた地図では「中村鉄道廃線跡」となっていました。
チラッと聞いたところによると、いろいろと事情があるようですcoldsweats01

地図には、中村鉄道の歴史や路線図、車両などについての説明書きも付けられていました。

中村鉄道は、東芝姫路・網干工場に物資を輸送するために、
網干駅と浜田港駅間を結んでいた貨物専用鉄道で、総延長は約6km。
1943(昭和18)年に建設され、1989(昭和64/平成元)年に廃止となったそうです。

…とまあ、そんなことを頭に入れつつ、

watch10:10頃スタート。

まずは、中村鉄道で走っていたという機関車「DB2」を見学。

1802250005

1802250003 1802250004
(ウォーキング時は、機関車の周りが人がいっぱいだったので、写真はゴール後に撮り直しましたsmile

駅近くの「北沢網干パーキング」に置かれているDB2くんは、1961(昭和36)年製だそう。
すぐ隣に車が停まっているのが、なんだか不思議な感じです(笑)。

*-*-*-*

網干駅に戻り、駅を抜けて反対側へ。

18022510r

1802250007 1802250008r

賃貸アパートが建ってしまっている「朝日高等小学校跡」や、
神功皇后が征韓の時に船をつないだという「船つなぎ岩」をチラ見しつつ、てくてく。

*-*-*-*

watch10:30 朝日山公園でトイレ休憩。

1802250009 朝日山公園

朝日山は、姫路市「緑の十景」に選ばれているそう。
霊園越しに、網干の街を見晴らすこともできますw

1802250011 1802250012

林の道を下ったところには、「厳島神社」がありましたが、
由来など詳しいことはよくわからずcoldsweats01

*-*-*-*

watch11:00 JRの跨線橋を渡ります。

1802250013r 1802250014r

1802250015r

中村鉄道廃線跡も見えました。

*-*-*-*

watch11:10 高田安田公園でトイレ休憩。

1802250016r

1802250017 1802250018

公園の片隅には「赤松塚」が。

碑の横には、
 天文元年(1532)頃より播磨を支配していた赤松一族の勢力紛争で、
 二度三度と朝日山合戦が続き、討死や恨みをのんで自刃した将兵は数十名と伝えられる。
  爾来この地に鍬入れしたり、犯したりすると祟りがあり病気や災難を受けると言われ、
 原野のまま今日に至っている。 往時の播磨の雄赤松一族に係る地と伝えられるから
 前述の合戦に関係ある土地かも知れない。
と書かれてました。

塚のうしろ側には、「南無阿弥陀仏」と彫られた石が置かれた祠もありましたが、
祟られたりしたらコワイので、写真はナシsweat01

*-*-*-*

1802250019r

途中の道沿いにあったレンガ煙突のこの廃屋は何かしら?

*-*-*-*

watch11:35 ウサギ屋鉄道模型店

1802250020r 1802250021r

NゲージとHOゲージの鉄道模型のお店。
店主さんは中村鉄道についてもお詳しいそうです。
店内にはレンタルレイアウトもありました。

*-*-*-*

東芝姫路工場を右手に眺めながらてくてく。

1802250022r

*-*-*-*

揖保川沿いの道から、廃線跡を眺め、

1802250023 1802250024r

1802250026r 1802250025r
(土手のようにも見える盛り土の上に線路)

さらに進んで、廃線跡の近くまで。

1802250028 1802250029

1802250030r 18022500r

列車が走っていないと思えないくらい、線路がキレイに残っています。
管理者さんから「線路には立ち入らないで」と言われたということで、ここは見るだけ。

*-*-*-*

watch12:30 龍門寺前公園で昼食休憩。

1802250031r

1802250032 1802250033r

公園の向かいにある龍門寺は、盤珪永琢禅師の根本道場として
寛文元(1661)年に創建された臨済宗妙心寺派のお寺だそう。

龍門寺

1802250035 1802250034

門前通りは、かつて「浜街道」と呼ばれた松並木だったけれど、
昭和13(1938)年頃に害虫被害に遭って、無くなってしまったので、
現在は、盤珪永琢禅師ゆかりの四寺を象徴する松が植え継がれているそう。

watch13:00 龍門寺公園 再スタート。
来た道を戻ります。

*-*-*-*

watch13:30 林松寺

1802250036r 1802250037r

*-*-*-*

watch13:40 揖保川に架かる八十大橋をてくてく。

1802250040r

1802250041 1802250042r

揖保川には、昔から荷物運搬のための高瀬舟が運行しており、
橋を架けると運行の支障になることから、昭和30年頃までは、渡し舟で川を渡っていて、
このあたりにも、八十の渡しがあったのだとか。

そして、姫路から室津に通ずる「室津道」と呼ばれる街道は
古来から交通の要衝で、江戸時代には役人たちも頻繁に往来して常に賑わっていたそう。
橋の高欄には、そんな時代を偲ばせる大名行列の様子がデザインされていたりも。

*-*-*-*

watch13:50 いよいよ廃線跡を歩きます。

1802250045r 1802250044r

1802250046r 2018_02260076

線路の保存状態は、場所によってまちまち。

1802250047r

途中、道路などでレールが途切れている場所もありますが、線路はまだまだ続いています。

1802250050r 1802250051

1802250052rr 1802250053r

切り替えポイントや踏切があったのかな?と思うような場所もありました。

1802250054r 1802250055

そして、JR山陽本線と合流する手前で、廃線跡はおしまい。

1802250057r 1802250058rr

JRの線路沿いに歩いて、

1802250059r

watch14:30 JR網干駅前でゴール\(^O^)/

1802250060 Map

IVVの認定は14km。GPSのログはこんな感じ↑でした。

廃線跡は、想像していた以上に保存状態が良く、そんな場所をのんびり歩けて大満足でした。
ウオーキングの会ではあまり見かけない、大きな望遠レンズを持った人(鉄道ファン?)が参加していたりしたのも印象的でした。

参加者は、130名強だったそう。
大人数を引率してくださったスタッフのみなさま、どうもありがとうございました~。

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ