« 国技館焼き鳥 | トップページ | 西舞鶴散策 »

「丹後の海」で西舞鶴へ

天橋立ツーデーウオーク参加のため、西舞鶴に前泊。
せっかくなので、 「丹後の海」車両の「特急まいづる」に乗ってみました。

 19092700021909270005

「丹後の海」は、タンゴ・ディスカバリー車両をリニューアルした車両で、デザインは水戸岡鋭治氏。
藍色メタリックの車体色は「海の京都」である丹後の美しい海のイメージだそうです。
(ピカピカでかっこいいけど、反射しちゃうので写真は撮りにくいぞ💦(笑))

出発は、京都駅31番線から。
綾部までは、久美浜行きの「はしだて5号」2両と、東舞鶴行きの「まいづる5号」2両が連結で走ります。

1909270001 1909270018

車内。
1909270006
洗面室には縄のれん。

座席には、数種類の色が。
1909270007
1909270008  1909270009

自由席車両には、ソファ席の展望エリアがあったりも。
1909270011 1909270013

天井は白樺板だそう。
1909270014
描かれてるのは何の模様かしら?

日よけはすだれ。テーブルは木。
1909270017 1909270015

先頭部分はこんな感じ。
1909270012 1909270016
綾部で切り離されてからは、進行方向が逆になるのも、ちょっとおもしろいです。

京都から約2時間半で西舞鶴に到着~。
1909270020

車内販売とかはないけど、旅気分が盛り上がる楽しい列車でした。

京都丹後鉄道 丹後の海

« 国技館焼き鳥 | トップページ | 西舞鶴散策 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 国技館焼き鳥 | トップページ | 西舞鶴散策 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ