« 週末乗り放題きっぷで列車旅(1)アンパンマン列車 | トップページ | 週末乗り放題きっぷで列車旅(3)かっぱうようよ号 »

週末乗り放題きっぷで列車旅(2)伊予灘ものがたり

松山駅からは「伊予灘ものがたり 大洲編」に乗車。

20210320100r_2021041313440120210320101r_20210413134401

乗車には、週末乗り放題きっぷの他に、普通列車用グリーン券1,000円が必要ですが、
松山~伊予大洲の乗車券(960円)+1,000円で、こんな観光列車に乗れちゃうのは、かなりおトク感があります。

観光列車「伊予灘ものがたり」|JR四国

列車は、1号車「茜の章」と2号車「黄金の章」の2両編成で、
1号車茜の章の車内はこんな感じ↓

20210320102r
P1020232  20210320106r

カウンター席のはしっこには、
JR四国の公式イメージキャラクター「すまいるえきちゃん」や、
愛媛県のイメージアップキャラクター「みきゃん」と「ブラックみきゃん」のぬいぐるみもいました。

20210320103r
あ、みきゃん、倒れてますね💦 直してあげなくてゴメン💦

化粧室の洗面台は砥部焼。
20210320104r
大洲藩の庇護の下で発展を遂げたという砥部焼。
ぽってりとしたおおらかな雰囲気がステキな陶器ですよね。

*-*-*-*

伊予灘ものがたり大洲編では、事前に予約しておけば、朝食をいただくこともできます。
お値段は2,600円(税込)。

メニューは月ごとに替わるようで、
3月は、よもぎキューブパンに桜鯛の桜クリームコロッケをはさんだサンドイッチや、
春野菜と塩豚のポトフ、竹の子やアスパラ、新タマネギのソテーなど、
春らしいメニュー満載でした。
20210320108 20210320109r
食後のコーヒーも砥部焼のカップ♪

別注文で、柑橘ジュースもいただきました。500円。
20210320110r
「温州みかん」と「ひめのつき」の2種類。
(鏡に映ってるようにも見えるけど、仕切りのアクリル板越しなの)
柑橘の味濃厚&それぞれ違った味わいで、とてもおいしかったです。

*-*-*-*

途中の下灘駅では8分間の停車。

2021032011120210320113P1010103
海がすぐそば。

この日はあいにくのお天気で、真っ青な海は見られなかったけど、

20210320114r

下灘の先、串で渡った鉄橋の下の海は、青くて透き通ってて、めっちゃキレイでした。

*-*-*

車窓からは、菜の花や桜が見えたりも。

P101009220210320115

*-*-*

伊予長浜駅のホームには、伊予市と大洲市の境界線が。
20210320116
五色姫やるり姫のイラストが描かれた看板は、アテンダントさん達の手作りだそう。

*-*-*

車内販売では、スマホ立てとコースターを購入。
20210320120
車内で流れている音楽が収録されたCDがあれば買いたかったんだけど、
「伊予灘ものがたり」のものは販売されてないんだって。残念。

*-*-*

松山から約2時間で、伊予大洲駅に到着~。

20210320117r20210320118

下車前には、「大洲市からのおみやげ」ということで、ハンドジェルやパンフレット入りの袋をいただきました。
ハンドジェル、このご時世にはありがたいですね。
みきゃんのイラストもかわいいの。

*-*-*

ってことで、列車の雰囲気が良く、食事がおいしかったのはもちろんだけど、
アテンダントさんや沿線の方々のおもてなしも温かい、とてもとてもステキな列車でした。

現行車両での運行は今年の12月までだそうなので、
それまでにもう一度乗りに行きたいなー。
そして、リニューアル後にも期待大!です。

« 週末乗り放題きっぷで列車旅(1)アンパンマン列車 | トップページ | 週末乗り放題きっぷで列車旅(3)かっぱうようよ号 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 週末乗り放題きっぷで列車旅(1)アンパンマン列車 | トップページ | 週末乗り放題きっぷで列車旅(3)かっぱうようよ号 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ