« 2022年11月 | トップページ | 2023年1月 »

蓼科アイス

食後は「道の駅ビーナスライン蓼科湖」にある「蓼科アイス」へ。
寒くても、アイスの文字を見たら、食べずにはいられません(笑)。

000_20230104151201 0002r_20230104151301

道の駅「ビーナスライン蓼科湖」 - 茅野市ホームページ

蓼科アイス🍦 (@tateshinaaisu20200717) • Instagram

昭和の時代の蓼科において、著名な文人墨客に愛された「蓼科アイス」をモチーフとしたお店だそう。

いただいたのは、牛乳ソフトはちみつがけ550円。

0003r_20230104152101

ぽってりしたフォルムが可愛らしいソフトクリーム。
八ヶ岳実践大学校の牛乳と、蓼科産のアカシアはちみつを使っているそうです。

ソフトクリームは、トルコアイスのような粘りがあって、牛乳の風味が濃厚。
すっきりとした甘さのはちみつともよく合っていて、とてもおいしかったです。

また行くことがあったら、ここのアイスをいただくのはマストですね。

信州手打蕎麦 黙坊@蓼科

大晦日。
お昼ごはんは、蓼科にある黙坊さんで、少し早めの年越し蕎麦。

0001_20230104142001

信州手打蕎麦 黙坊(万葉堂)公式サイト - 信州蓼科手打ちそば処「黙坊」

まずは、もりそば900円。
0002r_20230104142101 0003_20230104142101
花豆煮と蕎麦の実寒天の小鉢付き。

細めのお蕎麦は、ふんわりと蕎麦の香りがして、
するするっと啜るのが楽しくなるような食感とのどごし。
清らかなお味で、とてもおいしかったです。
0004r_20230104142201
写真を撮り忘れたけど、薬味を入れていただく蕎麦湯も
とてもとても美味でした。

それと、そばがき1,200円。
0006r_20230104142101
もちもちで、ねっとりで、ふわふわで、なめらか。
辛み大根と鰹節がとてもよく合って、
おなかにしっくりと収まる、大満足のおいしさでした。

牛乳パン

この日のおやつは、中央自動車道の駒ヶ岳SAで買った「牛乳パン」420円。

0001r_20230103152701 0002_20230103152901

ふわふわの生地にクリームがサンドされた「牛乳パン」は、 長野発祥のご当地パンだそう。
いろんなお店で作っているそうですが、
駒ヶ岳SAで売られていたのは、駒ケ根市にある「丸六田中製パン所」のもの。

駒ヶ根市の公式サイトには、牛乳パンのページもありました。
誕生エピソード、子育て幽霊飴みたいな怪談話になるんじゃないかと、
ちょっとドキドキしちゃいましたよ(笑)。

牛乳パン生みのまち「駒ヶ根市」/駒ヶ根市アルプスがふたつ映えるまち

各店補のパッケージデザインが似通っていることについての説明もあり。
牛乳パンファンは必読ですよ(笑)。


*-*-*

丸六田中製パン所
さんの牛乳パンは、
焼き目が香ばしいふわっふわの生地に、軽い口当たりのクリームで、
いくらでも食べられそうなおいしさ。
学生時代に、こんなのが学校の購買部で売ってたら、きっと毎日買ってたわ。

賞味期限が短いのと、年末でお休みのお店が多かったのとで、
今回は丸六田中製パン所のものしか食べられなかったのが残念。
いつか、食べくらべをするぞー!

うな富@下諏訪

年末年始は信州~飛騨へ。

お昼ごはんは、
以前、ちきんばすけっとぶろぐ2014.07.29 土用の丑の日 にも書いた
諏訪湖エリアのうなぎを。

今回伺ったのは、下諏訪にある「うな富」さん。

うな富 | 諏訪観光連盟

0001r_20230103132701

住宅街の中にひっそりとあるお店。
開店10分前くらいに到着したら、すでに10人ほどの行列ができていて、一巡目には入店できず。
番号札(フードコートなどでよくある呼び出しブザーみたいなの)を受け取り、
30分ほど待って入店しました。

いただいたのは、「うな丼 特上(1匹)」4,100円。
(特上は残り1つしかないということだったので、食べたのは私ではなく家族ですが)

0004r_20230103135101
0005r_202301031352010007r_20230103135201
お椀からはみ出すうなぎがインパクト大。

で、私は、「うな丼 上(3切)」3,200円を。
0010_20230103134501

2切れに見えるけど、3切が重なってます。
特上じゃなくても、じゅうぶん満足できる量でした。

うな富さんのうなぎは、諏訪湖エリアに多い、
背開きで蒸さずに焼く、関東風と関西風のミックスタイプ。

炭火で焼かれた肉厚のうなぎは、カリカリパリパリふわふわとろとろ。
こっくりとした甘さのタレともよく合っていて、
ご飯がぱくぱくイケちゃうおいしさ。
肝吸いも、ふっくらした肝がとてもおいしかったです。

諏訪湖周辺のうなぎ屋さんめぐり、してみたいなあ。

お刺身処五右衛門

お買い物がてら福井までドライブ。
おいしいお刺身が食べたい~ってことで、
ランチは若狭小浜お魚センターにあるコチラのお店で。

若狭小浜お魚センター

◆お刺身処五右衛門
001r_20221206135201

お魚センターにお店がある鮮魚店・大沢商店が営むお食事処。
お店の雰囲気は、いかにも市場の食堂といった感じ。

いただいたのは、お刺身定食。
002r_20221206135201
たっぷりのお刺身に、ごはん、味噌汁、漬物が付いて1,400円。
てんこもりのごはんは、1杯なら無料でおかわりOKだそうです。

お刺身ズーム。
003r_20221206135301
旬のお魚がたっぷり。
おいしさとボリュームに大満足でした。

家族が注文した海鮮丼は1,500円。
004_20221206135301
ごはんは普通の白飯だったそう。

ネタの種類はお刺身定食と同じだけど、
ごはんの上に3重くらい刺身が盛られてるので、
見た目よりボリュームがあったそうです。
お味はもちろんgood。

夜もやっているそうなので、若狭方面に行くことがあったら、またぜひ寄りたいです。

« 2022年11月 | トップページ | 2023年1月 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ