« みそだれやきとり | トップページ | 第22回SUN-IN未来ウオーク①スーパーはくとで倉吉へ »

実山椒、淡竹、赤そらまめ

実山椒のシーズン。

(過去の山椒しごと 
ちきんばすけっとぶろぐ 2020.06.07 山椒しごと2020
ちきんばすけっとぶろぐ 2019.06.07 山椒仕事 )

今年は、貴志川に釣りに行ったついでに、
和歌山県海南市にあるJAながみねの「とれたて広場」でゲットしました。

JAながみね-ファーマーズマーケット「とれたて広場」

0001rr_20230524094001 0r_20230524110601

今までは、茹でてアク抜きしてから冷凍保存していたけど、
売り場に置かれていたチラシ?に、
「そのまま冷凍するのがおすすめ」と書かれていたので、
今回はその方法でやってみることにしました。

やり方は…
「枝もそのままで、なるべく平たくラップし、
ファスナー付きの保存袋などに入れて冷凍する。
冷凍から取り出す際に、ふきんに包んでふきんごと軽くもむと、枝がキレイに取れる。
湯を沸かしている間に、残った枝を手で取り、ゆでてアクを取る」だそう。

冷凍前に水洗いしたりせず、
なるべく早くラップして冷凍するのがポイントということなので、
冷凍までのプロセスは、めっちゃラク。

解凍後の処理もうまくいくようなら、次からはこの方法でやろうと思います。

*-*-*

そして。
山椒を買いに行くと言ったら、
地元の方に「この時期なら、ハチクもおいしいわよー」とオススメされたので、
そちらも買ってみました。

0102rr
「破竹」かと思ってたけど「淡竹」なんですね。

皮をむいて、15~20分茹でたら下処理は完了。
0103r_20230524101401

作業に夢中になっちゃって、途中経過の写真を撮るのを忘れちゃったけど、
メリメリと皮を剥くのは、楽しくてストレス解消になりました(笑)。

タケノコと違ってアクが少なく、柔らかいので、処理はカンタン。

皮の剥き方は、こちらの動画↓がとても参考になりました。
【YouTube】気持ちいい!ハチクのタケノコ皮をペロッと剥く方法

ゆであがったら、そのまま山椒味噌を付けて食べたり、煮物にしたり。
0105r  0106
写真は無いけど、オリーブオイルでソテーしても美味しかった。

初夏を感じるシャキシャキとした食感。
来年は、もっとたくさん買おうと思いました。

*-*-*

そして、もうひとつ。
「米2合、塩、炊いたら赤飯だ」というメモ書きに、
おもしろそう!と買ってみた「赤そらまめ」。

0201rr

大きさは、普通のそらまめより、かなり小ぶり。
緑のさやを剥くと、中には、鮮やかな赤色の豆。

0202
つやつやでキレイ~。

メモに書かれた通り、お米と一緒に炊いてみたら、こんな感じに。
0203rrr
0204r

豆が、ほくほくした食感なので、
あずきを使ったお赤飯とはまた違った味わいで、美味。
調理法がカンタンなのもgoodです。

見かけたらまた買おうっと。

*-*-*

知らなかった素材に出会えてシアワセ~♪

« みそだれやきとり | トップページ | 第22回SUN-IN未来ウオーク①スーパーはくとで倉吉へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« みそだれやきとり | トップページ | 第22回SUN-IN未来ウオーク①スーパーはくとで倉吉へ »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ