« 2023年8月 | トップページ | 2023年10月 »

第21回神々のふるさと出雲の國ツーデーウオーク⑫出雲縁結び空港

①「特急やくも」で出雲へ
②木綿街道
③四季味処てんてん亭
④1日目20kmコース
⑤出雲大社・稲佐の浜
⑥天ぷら海鮮 岩八
⑦2日目20kmコース
⑧らんぷの湯
⑨ミートショップサイトウ
⑩和かふぇ 葉楽Koto
⑪出雲いろいろ からの続き。

*-*-*

出雲市駅から連絡バスで出雲空港へ。

出雲縁結び空港

0004r_20230926155701

え、電車で帰るんじゃないのかって?
ふふ。「特急やくも」で酷く酔ったらヤダなーと不安だったので、
帰りは大事を取って飛行機を予約してたんですよー(笑)。
ま、乗り物酔いの心配は杞憂に終わりましたが。

空港内には、平田一式飾の「古代の婚礼」があったり、
出雲阿国の像があったり。

0003r_20230926155901 0006_20230926160001

展望デッキでは、わりと間近に飛行機を見ることができました。
といっても、停まってる飛行機は少ないですが。

0001rr_2023092615560111r_20230926160501

飛んでる便も、こんな感じ。

0007_20230926160501

飛行機も小さいので、伊丹~羽田便などと違って、搭乗は定刻の10分前くらいから。
「まだ搭乗案内がないけど聞き逃しちゃったのかなあ?」とちょっとドキドキしちゃいました。

ってなところで、ウオーキングイベント参加のための出雲旅行はおしまい。
伊丹上空での着陸待機中の飛行機の揺れで、特急やくもより酔ったのは内緒ね(笑)。

第21回神々のふるさと出雲の國ツーデーウオーク⑪出雲いろいろ

①「特急やくも」で出雲へ
②木綿街道
③四季味処てんてん亭
④1日目20kmコース
⑤出雲大社・稲佐の浜
⑥天ぷら海鮮 岩八
⑦2日目20kmコース
⑧らんぷの湯
⑨ミートショップサイトウ
⑩和かふぇ 葉楽Koto からの続き。

この先は、
⑫出雲縁結び空港 で終わります。

*-*-*

【バラパン】

001_20230926151901 002_20230926151901

島根のご当地パンだというので、朝食用に買ってみました。
昭和24(1949)年頃に開発されたパンで、味・形・パッケージデザインすべてを
当時のままに、
1日2000個を手作りで製造しているそうです。

【公式】バラパンの有限会社なんぽうパン

どこで売ってるかわからなかったので、
初日に出雲市役所近くのラピタまで買いに行ったけど、
歩友さんから、出雲市駅構内のセブンイレブンでも売ってるという情報をいただいたので、
翌日はセブンイレブンで抹茶バラパンをゲット。

10_20230926154901

パラパンは、現在5種類のバリエーションがあるそう。
抹茶もおいしかったけど、私はノーマルの方が好みかな。

ラピタ|JAしまね

ラピタでは、なんぼうパンの「メロンシャーベット」と「ネオトースト」、
JAしまねの「出雲はとむぎ茶」や農協牛乳も購入。

003_20230926152902 004_20230926152901
005_20230926153101 006_20230926153001

どれもおいしくいただきました。

旅先のスーパーでのお買い物って楽しいよね。

*-*-*

【マンホールカード】

ウオーキングの人々の間でブームになってるっぽいマンホールカード。
私は集めてはいないんだけど、今回参加できなかった歩友さんが、
「配布場所に寄る機会があるなら…」と言ってたので、もらってみました。

20r_20230926153801

令和2(2020)年12月に配布開始の第13弾マンホールカードのひとつで、
配布場所は出雲市駅観光案内所。

描かれているのは「しまねSuper大使」の「吉田くん」。
鷹の爪団の密かなファンなので、カードを見ることができて、
ちょっとうれしかったです(笑)。

鷹の爪.jp|鷹の爪団公式ポータルサイト

次回は、マンホールの実物も見に行かなくてはっ。

「マンホールカード」の配布について【観光課】 | 出雲市

島根県:宍道湖流域下水道のマンホールカード

*-*-*

【VIVANT】

今クール話題沸騰だったテレビドラマ「VIVANT」。

日曜劇場『VIVANT』|TBSテレビ

0025rr

島根県でもいろんなシーンを撮影していたらしく、
駅のパンフレットラックには、「VIVANT島根県ロケ地マップ」なんてのが置かれてました。

マップはここでも見られるみたい。

日曜劇場 VIVANT × 島根県ロケ地MAP 特設サイト | しまね観光ナビ|島根県公式観光情報サイト

*-*-*

第21回神々のふるさと出雲の國ツーデーウオーク⑫出雲縁結び空港 に続く。

第21回神々のふるさと出雲の國ツーデーウオーク⑩和かふぇ 葉楽Koto

①「特急やくも」で出雲へ
②木綿街道
③四季味処てんてん亭
④1日目20kmコース
⑤出雲大社・稲佐の浜
⑥天ぷら海鮮 岩八
⑦2日目20kmコース
⑧らんぷの湯
⑨ミートショップサイトウ からの続き。

この先は、
⑪出雲いろいろ 
⑫出雲縁結び空港 へと続きます。


*-*-*

お酒の後は甘味でしょ、ってことで、駅近くのカフェへ。

和かふぇ 葉楽Koto

01r_20230926145701

明治44(1911)年創業の茶舗 「原寿園」直営のカフェ。
カフェの名前の「葉楽koto=ハラコト」は、「はらことぶきえん」からだったんですね。

株式会社 原寿園ホームページ

いただいたのは、特選パフェ880円。

02

抹茶アイスの下には、白玉と抹茶ゼリー。
お茶屋さんがやっているだけあって、抹茶アイスがめちゃうまでした。

店内は落ち着いた雰囲気で、店員さんの応対も上品。
ゆったりした気分になりました。

お茶も買ってみればよかったな。

*-*-*

第21回神々のふるさと出雲の國ツーデーウオーク⑪出雲いろいろ に続く。

第21回神々のふるさと出雲の國ツーデーウオーク⑨ミートショップサイトウ

①「特急やくも」で出雲へ
②木綿街道
③四季味処てんてん亭
④1日目20kmコース
⑤出雲大社・稲佐の浜
⑥天ぷら海鮮 岩八
⑦2日目20kmコース
⑧らんぷの湯 からの続き。

この先は
⑩和かふぇ 葉楽Koto
⑪出雲いろいろ 
⑫出雲縁結び空港 へと続きます。


*-*-*

温泉でさっぱりした後は、こちらのお店で昼呑み。

ミートショップサイトウ - 出雲市中心商店街公式ウェブサイト

ミートショップ サイトウ | Izumo-shi Shimane - Facebook

0001r_20230926142501

サンロードなかまちにあるホルモンメインの居酒屋さん。
14時オープンなので、ランチ時間逃しちゃったなーって時にも便利そうです。

まずはビール480円で、完歩乾杯~🍺

0002r_20230926143001

それから、ポテトサラダ380円とレバカツ380円。

0003r_20230926143001 0004_20230926143101

そして、ホルモン4種盛り合わせ1,280円に、
ビールをもう一杯追加(写真無いけど)。

0005_20230926143201

盛り合わせのホルモンは、チレ、フワ、アカセン、シキン。
珍しい部位がいろいろ食べられて、楽しかったです。
どれもおいしかったけど、食道部分だというシキンのコリコリした食感と濃厚な味は、
ビールがぐいぐいイケちゃうおいしさで気に入りました。

カウンター席あり&お肉は焼いた物をサーブしてくれるので、
ひとりでも快適でした。

20230920_12558

他にも気になる部位がたくさん。
(後ろの席に座ってた女の子が「おいしい~、おいしい~」と言いながら食べていたタンナカが、めっちゃ気になってる(笑))
また行きたいなあ。

*-*-*

第21回神々のふるさと出雲の國ツーデーウオーク⑩和かふぇ 葉楽Koto に続く。

第21回神々のふるさと出雲の國ツーデーウオーク⑧らんぷの湯

①「特急やくも」で出雲へ
②木綿街道
③四季味処てんてん亭
④1日目20kmコース
⑤出雲大社・稲佐の浜
⑥天ぷら海鮮 岩八
⑦2日目20kmコース からの続き。

この先は、

⑨ミートショップサイトウ
⑩和かふぇ 葉楽Koto
⑪出雲いろいろ 
⑫出雲縁結び空港 へと続きます。


*-*-*

雨と汗でしっとりしちゃったので、ひとっ風呂浴びに、出雲市駅近くの「らんぷの湯」へ。

出雲駅前温泉 らんぷの湯

0001r_20230926140701 0002r_20230926140701

利用料金は、休日950円、平日900円。
お湯は、地下1800メートルの湯脈からひいたカルシウム・ナトリウム塩化物泉だそう。
鉄分を含んだ茶褐色のお湯は、いかにも温泉♨って感じで、とても気持ちよかったです。

サウナや、竹林が眺められる掛け流しの一人用露天風呂もあって、
のんびりゆっくりできました。

利用料金はちと高めだけど、駅チカにこんな温泉があるのはいいわあ。
オススメっす。

*-*-*

第21回神々のふるさと出雲の國ツーデーウオーク⑨ミートショップサイトウ に続く。

第21回神々のふるさと出雲の國ツーデーウオーク⑦2日目20kmコース

①「特急やくも」で出雲へ
②木綿街道
③四季味処てんてん亭
④1日目20kmコース
⑤出雲大社・稲佐の浜
⑥天ぷら海鮮 岩八 からの続き。

この先は、
⑧らんぷの湯
⑨ミートショップサイトウ
⑩和かふぇ 葉楽Koto
⑪出雲いろいろ
⑫出雲縁結び空港  へと続きます。


*-*-*

2日目のスタート会場は、
一畑電車・川跡(かわと)駅から徒歩5分のところにある島根県立大学駐車場。
電鉄出雲市駅からの一畑電車は、ゼッケン提示で往復とも無料になりました。

0001r_20230926101501

川跡駅7時40分着の電車(右側の電車)から、ウオーカーさんがぞろぞろ(笑)。

0004r_202309261019010002r_20230926101901

会場の駐車場入り口には、島根県立大学のマスコットキャラクター「オロリン」。
ヤマタノオロチの精がモチーフだそうです。

マスコットキャラクター - 公立大学法人 島根県立大学

*-*-*

凍らせたスポーツドリンクをいただき、
出発式&準備体操の後、トランペットの演奏に送られて、8:10 スタート。

0003r_20230926102501 0005r_20230926102501

トランペットの演奏は、出雲市在住の熱田修二(あつたしゅうじ)氏。
美空ひばりのバックで演奏されてたこともある、プロのジャズトランペッターさんだそう。
厚みのあるまろやな音色が空に広がって、とても気持ちのいいスタートになりました♪

もっとじっくり聴きたかったなーと検索したら、熱田氏のYouTubeチャンネルを発見。
JR出雲市駅の列車入線メロディーも、この方の作曲だったんですね。

【YouTube】JR 出雲市駅列車入線メロディー

*-*-*

フライングスタートされた方が多かったので、
いつもなら縁の無い先頭集団でのウオークでるんるん♪

0006r_20230926104601

といっても、あっという間にひき離されちゃいましたが(笑)。

*-*-*

9:10 康国寺(こうこくじ)

0007_20230926104801

南北朝時代の元亨2(1322)年に建立された臨済宗妙心寺派のお寺だそう。

0012r_20230926105101 0014r_20230926105301

境内には「大阪市立明治国民学校 太平洋戦争に依る学童集団疎開地」の記念碑があったりも。

集団学童疎開について、どこからどこへ疎開したのか知りたい|レファレンス協同データベース

西区からの学童集団疎開|大阪市内で戦争と平和を考える

*-*

庭園は、松江藩7代藩主松平不昧公お抱えの庭師沢玄丹によって、
三年半の歳月をかけて築かれたものだそう。
 
0008_202309261052010009r_20230926105201

ゼッケン提示で無料で拝観させていただけました。感謝。

ここには15年ほど前に立ち寄ったことがあるけど、
ジェニーとおでかけ 2008/04/28~30出雲・松江・鳥取砂丘
人形の写真なので、苦手な方は要注意。そしてリンク切れ多数ですが、ご容赦)、
変わっているところあり、変わらないところあり。
でも、お庭のすばらしさは、以前と同じでした。

お庭を眺めてしばしのんびり。

*-*-*

まだまだ気温は高いけど、空はもう秋だなあなんて思いつつ、てくてく。

0015r_20230926112101

*-*-*

10:00 愛宕山公園 チェックポイント

0016_20230926112501 0017r_20230926112501

ペットボトルの冷たいお水をいただいて、坂道を登ります。

車止めには「動物のエサについて」の表示。

0018r_20230926112901

園内の動物広場では、持参した野菜などでエサやりが楽しめるようでした。
(あげられる物には制限があるようですが)

愛宕山公園(公式ホームページ)

0019r_20230926113301 0020r_20230926113301
0021r_20230926113301 0022r_20230926113301

近づくと、「エサをおくれ~」と寄ってくるロバさんや山羊さん。
園内にはエサの自動販売機もあったみたいなので、私もエサやりすればよかったな。

00r_20230926114301

平田の街並みを見渡して、坂を下ります。

*-*-*

10:20 木綿街道

0024r_20230926115401
0025r_20230926115401 0026r_20230926115501

一昨日来たので、今日はささっと通過して、雲州平田駅方面へ。
(おしょうゆのソフトクリームがもう一度食べたいなとも思ったけど、
方向音痴で、下手にコースアウトすると元に戻れなくなるので、やめた(苦笑))

0027r_20230926115601 0028r_20230926115701

駅チカの売物件は「480万円」と書かれてました。
このあたりの相場って、どれくらいなのかしらん。
いや、買いはしないけどさ。

*-*-*

10:50 竿井手用水路の先から、斐伊川の土手へ。

0029r_20230926120001 0031r_20230926120001

竿井出樋門 | 株式会社 藤原鐵工所


上がったところには、「宍道湖から6km」の表示がありました。

0032r_202309261213010033r_20230926121401

川跡駅までは4.7km。

0036r_20230926121501

走ってくる一畑電車を眺めながらてくてく。

この先、土手からコースが離れるあたりで雨が降り出し、
風も強くて、傘があまり役に立たず、足もとはびしょ濡れに💧

*-*-*

12:00 ゴール\(^O^)/

0037r_20230926121601 0039r_20230926122701

お水(お茶だったかも?)といちじくパイをいただきました。

0038r_20230926121601

昨日いただいたおまんじゅうも、このパイも、こちらのお店のもののようです。

有限会社井山屋製菓 | 花馬饅頭本舗 創業明治35年

いちじくパイは、出雲市多伎特産の蓬莱柿(ほうらいし)いちじくを使っているそう。
ごちそうさまでした~。

*-*-*

GPSのログはこんな感じ↓

 Map_20230926122701

2日間、とても暑かったので、
給水ポイントで冷たいペットボトルのお水がいただけるのは、とてもありがたかったです。

スタートやチェックポイントや誘導、ゴールでのスタッフの方々の対応も、
温かみがあって、ほっとできました。
ありがとうございました~。

来年もまた参加できるといいなー。

*-*-*

川跡駅で電車を待っている間に、土砂降り&カミナリ⚡に。
歩いてた人は大変だったろうなあ。
みなさん、お疲れさまでした~。

0040r_20230926124201 0041r_20230926124301

*-*-*

第21回神々のふるさと出雲の國ツーデーウオーク⑧らんぷの湯 に続く。

第21回神々のふるさと出雲の國ツーデーウオーク⑥天ぷら海鮮 岩八

①「特急やくも」で出雲へ
②木綿街道
③四季味処てんてん亭
④1日目20kmコース
⑤出雲大社・稲佐の浜 からの続き。

この先は、
⑦2日目20kmコース
⑧らんぷの湯
⑨ミートショップサイトウ
⑩和かふぇ 葉楽Koto
⑪出雲いろいろ
⑫出雲縁結び空港  へと続きます。

*-*-*

この日の夕食は、こちらのお店で。

101_20230926083501

天ぷら海鮮 岩八 Iwahachi - 出雲市中心商店街公式ウェブサイト

天ぷら海鮮 岩八 - お手頃で揚げたての天ぷら を食べられるお店ーサンロードなかまち


いただいたのは、
生ビールorチューハイ1杯に、小鉢、刺身、天ぷらがセットになった
岩八セット2,200円(税込み)。

102_20230926083701

飲み物は、ごはんセット(ごはん、汁、漬物)に変更することもできるそうですが、
いやいや、ここはやっぱピールでしょ(笑)。
この日の小鉢は、こんにゃくの煮物でした。

お刺身は、ヨコワとスズキ。

103_20230926084101

もちもちしてて美味。

そして、天ぷら。

105

さくさくでめちゃうま~。
島根の純米酒、十旭日(一合900円)も追加しちゃいました。てへ。

〆は、メニューに「宍道湖産・神西湖産」と書かれていたしじみ汁500円。

10620230920_12545

おいしいお刺身と天ぷらで、大満足。
カウンター席があるので、ひとりでもゆっくりできました。

*-*-*

第21回神々のふるさと出雲の國ツーデーウオーク⑦2日目20kmコース に続く。 

第21回神々のふるさと出雲の國ツーデーウオーク⑤出雲大社・稲佐の浜

①「特急やくも」で出雲へ
②木綿街道
③四季味処てんてん亭
④1日目20kmコース からの続き。

この先は、

⑥天ぷら海鮮 岩八
⑦2日目20kmコース
⑧らんぷの湯
⑨ミートショップサイトウ
⑩和かふぇ 葉楽Koto
⑪出雲いろいろ 
⑫出雲縁結び空港 へと続きます。


*-*-*

ホテルに戻り、シャワー&着替え後、一畑電車に乗って出雲大社へ。

0001r_20230925153401 0002_20230925153401

本日二度目の出雲大社前駅駅舎。

101r_20230925154001 102rr

昭和5(1930)年に建てられたもので、国の登録有形文化財に指定されているそう。
窓のステンドグラスがキレイでした。

そして、再びの「勢溜の鳥居」。

0003r_20230925153501

神牛の像をなでなでしたり、

0005_20230925153501
(みんなに撫で回されてツヤツヤ~✨な牛さん)

素戔嗚尊(すさのおのみこと)が祀られている素鵞社(そがのやしろ)では、
ご神体の八雲山につながる磐座に触れさせていただいたり。

0006r_20230925153501
(この写真じゃ、何が何だか、ですが)

もろちん、本殿にもちゃんとお参りしましたよ。

0504r0501_20230925160301
0502r 0503r

お参りしてたら、急に雨が降り出して、しばし雨宿り🌂
お参り前の禊ぎが足りなかったのかしらん💦

神楽殿には、大きな大きなしめ縄。

0007r_20230925161201

長さ約13m、重さは5.2tだそう。

*-*-*

そして、神迎えの道をてくてく歩いて、稲佐の浜へ。

途中には、歌舞伎の創始者である出雲阿国のお墓があったりも。

0100r_20230925161601
0101 0102r_20230925161601

*-*-*

15分くらい歩いて、稲佐の浜に到着。
旧暦の10月10日には、全国の八百万の神々が、出雲大社に集まるために、この浜に降り立つのだそうです。

0103r_202309251617010104

この浜の砂を取って、出雲大社の素鵞社の床下に納めると、お清めの砂がいただけるそう。
出雲大社から歩いてきて、スコップや入れ物持参で砂を取り、
また歩いて出雲大社に戻っていく人も、けっこういました。

「御砂」を持ち帰ることができる御社はどこですか? |よくある質問| 出雲大社

*-*-*

浜辺のベンチでのんびりした後は、再び、稲佐の浜~出雲大社~出雲大社前駅と歩いて、
一畑電車で電鉄出雲市駅へ戻りました。

0505r

一畑電車7000系車両。

0201r

外装のラッピングは、棚田をイメージしたものだそう。

0202_20230925163901 0203r

車内には、しまねっこのオブジェ。座席横には、出雲大社をイメージしたイラスト。

そして、お隣のホームには、「ご縁電車しまねっこ号Ⅱ」が。

0204r_20230925164601

今回は乗るチャンスが無くて残念でした。

*-*-*

第21回神々のふるさと出雲の國ツーデーウオーク⑥天ぷら海鮮 岩八 に続く。

第21回神々のふるさと出雲の國ツーデーウオーク④1日目20kmコース

①「特急やくも」で出雲へ
②木綿街道
③四季味処てんてん亭 からの続き。

この先は、
⑤出雲大社・稲佐の浜
⑥天ぷら海鮮 岩八
⑦2日目20kmコース
⑧らんぷの湯
⑨ミートショップサイトウ
⑩和かふぇ 葉楽Koto
⑪出雲いろいろ 
⑫出雲縁結び空港 へと続きます。

*-*-*

毎度の事ながら、余計な話が長くてすみませんですが、
本題の「神々のふるさと出雲の國ウオーク」。

0001r_20230922135801

参加費は2,000円。
申込書をFAXか郵送で送り、参加費は銀行振込か現金書留で支払い、という申込み方法でした。
ツーデーではあんまり無いやり方だと思うんだけど、準備とか大変だったのかなあ。

*-*-*

1日目のコースは、13kmと20kmのふたつ。
私は20kmコースを歩きました。

1日目のスタート会場は、出雲市役所。

0002_20230922141201 0003_20230922141201

受付で、地図とゼッケンとペットボトルのスポーツ飲料を受け取り(参加記念品みたいなものは無かった)、
開会式、準備体操のあとは、トランペットの演奏に送られて、
8:30 スタート。

0004r_20230922141601

8:40 高瀬川沿いの道へ。

0005r_20230922141601 0007rr

逆光で真っ黒に写ってる彼は、大梶七兵衛さん。
出雲平野の新田開発と用水路(高瀬川)の開削、治水に尽力した人物だそうです。

開拓と治水 大事業に取り組んだ大梶七兵衛 - 農林水産省

*-*-*

0009r_202309221425010100r

出雲市立高松幼稚園入り口で手をあげている彼は、高松交通安全協会の「まもるくん」だそう。
インパクトある可愛さに、通り過ぎた後、また振り返って写真を撮ってしまいましたよ(笑)。

*-*-*

9:40 大社線・荒茅(あらかや)駅跡

0010rr0012_20230922143301
0014r_202309221433010015r_20230922143301

この道は、1990(平成2)年まで出雲市駅と大社駅を結んで走っていたJR西日本・大社線の廃線跡だそう。
道の横には、駅のホームや「自衛隊前踏切」と書かれた踏切制御BOXが残ってました。

かつて走っていた列車に思いを馳せつつ、まっすぐ続く道をてくてく。

*-*-*

10:05 ご縁の道

0016rr_20230922144501

*-*-*

10:15 出雲大社 
宇迦橋大鳥居(うがばしのおおとりい)

0018r_20230922145101 

100年以上前に建てられたもので、高さ23m、幅14m。
昨年、耐震補強工事が終わったということで、ピカピカ~。

宇迦橋は、老朽化のため、2021(令和2)年末から、掛け替え工事中。
工事が終わるのはいつかしらん?

 0019r_20230922145101

単管バリケードは、島根県の観光キャラクターしまねっこ。

*-*-*

10:20 一畑電車 出雲大社前駅

0020rr_20230922151401

 *-*-*

10:25 出雲大社(勢溜の大鳥居)

0021r_202309221515010_20230922152101

右側の灯籠横がチェックポイントでした。
スタンプを押してもらい、冷たいスポーツスポーツドリンクを受け取って、
境内の参道へ。

*-*-*

気温は30℃超えで、日射しもジリジリ。
暑すぎてツラいので、
出雲大社はゴールしてから電車でお参りに来ることしようと決めて、
拝殿には寄らずに、社家通りへ。

0022_2023092215250160r_20230926165801

ご縁ポストなんてのがあったので、撮ってはみたけど、
暑すぎて、もう、なにもかもどうでもいい気分(苦笑)。

0023

島根ワイナリーに着いたら、
リタイアしてバスに乗って帰ろうかなーなんて考えつつ、てくてく。

*-*-*

11:00 島根ワイナリー

00420041

島根ワイナリー|出雲大社からすぐのランチ&おみやげスポット


よし、バスに乗って帰るぞ!と入り口の時刻表を見たら、次のバスが来るのは2時間近く先💧

0027r_20230922153301
……。

わかりました。歩きます…(涙)。

せっかくなので、気を取り直して工場見学。

0030r_20230922153601 0032r_20230922153601
0034 0035

祝日なので工場は稼働してなかったけど、工場内はひんやりしていて、涼しさに生き返る思いでした。

0036r_20230922154301
0037rr 0038r_20230922154401

売店では、ワインが無料で試飲できるので、ちょこっといただいたりも。

そして、屋外の販売コーナーでは、ワインソフトクリーム380円を購入。

Rimg2456
0039r_202309221546010040r_20230922154801

ワイン風味は、ほんのりと。
冷たいクリームたっぷりで、とてもおいしかったです。

コロッケも気になるし、ここは、もっと涼しい時期に、ゆっくり立ち寄りたいなあ。

11:30 カラダが冷えて、元気が出てきたので、再スタート。
冷房は偉大だわ。

*-*-*

クーラーの効いた場所で、しっかりカラダを冷やせたせいか、
ここからは割と快調に歩くことができました♪

11:50 出雲文化伝承館付近

0043rr 0044r_20230922155601

伝承館の駐車場には、浜山湧水群水汲み場。

0045r_20230922155701 0046r_20230922155701

横の蛇口をひねると、龍の口から水が出ます。
ミネラルやや多めの中硬水。
煮沸してからの飲料が推奨されてたけど、自己責任で一口ごくり。
おいしゅうございました~。

「平成の名水百選」 浜山湧水群|出雲観光ガイド【出雲観光協会公式ホームページ】

*-*-*

出雲文化伝承館内のお蕎麦屋さんは、
従業員不足のため、9/15~9/25は休業だそう。

0047r_20230922160601

ここで昼食にしようと思ってたので、超残念💧

*-*-*

出雲文化伝承館には、出雲地方の大地主だったという江角(えずみ)家の建物が移築されていたりも。

 00490050

座敷では、カメラマンが白無垢姿の女性を撮影してました。
モデルさんかな? それとも結婚式の前撮りかしら?

0048
お蕎麦屋さんはこの奥なのに…💧

出雲文化伝承館

*-*-*

12:20 「あと3kmです」の表示。

0051r_20230922162101

「ファイト!ファイト!」の文字に励まされました。

*-*-*

13:00ゴール\(^O^)/

0054 0056r

お水とおまんじゅうをいただきました。

GPSのログはこんな感じ↓
Map_20230922162501

暑すぎてどうなるかと思ったけど、無事完歩できてよかったです~。

*-*-*

第21回神々のふるさと出雲の國ツーデーウオーク⑤出雲大社・稲佐の浜 に続く。

ツーデーウオーク2日目についてはコチラ↓
第21回神々のふるさと出雲の國ツーデーウオーク⑦2日目20kmコース

第21回神々のふるさと出雲の國ツーデーウオーク③四季味処てんてん亭

①「特急やくも」で出雲へ
②木綿街道 からの続き。

この先は

④1日目20kmコース
⑤出雲大社・稲佐の浜
⑥天ぷら海鮮 岩八
⑦2日目20kmコース
⑧らんぷの湯
⑨ミートショップサイトウ
⑩和かふぇ 葉楽Koto
⑪出雲いろいろ
⑫出雲縁結び空港 へと続きます。

*-*-*

夜は、代官町にある居酒屋さんで、さくっと。

四季味処てんてん亭~ホームページ| | 旬な食材と豊富なメニュー

四季味処 てんてん亭 - 出雲市中心商店街公式ウェブサイト

001_20230922114201
あっちこっちに狸ちゃん。

オーダーは、テーブルに置かれた紙に書いて、店員さんに渡す方式。

まずは、グラス生ビール420円とつきだし。

002_20230922114401 

山陰名産の板わかめ480円と、おまかせおでん盛り合わせ(一人前)440円。

006r_20230922114401003_20230922114701
板わかめは初めて食べましたが、パリパリでおいしい~。
おでんは、具の上に乗った味噌がアクセントになって、お酒にもよく合いました。

おまかせお造り盛り合わせ(一人前)1,080円と、
松江の地酒「豊の秋 旨口 特別純米 」1合690円を追加。

01_20230922115901 005_20230922115601

お造り盛り合わせは、魚の名前を紙に書いてくれたので、
どれが何の魚か、わかりやすくて良かったです。

しめて3,600円。
ひとりだと、あんまり種類が食べられないのが残念。

第21回神々のふるさと出雲の國ツーデーウオーク④1日目20kmコース に続く。

第21回神々のふるさと出雲の國ツーデーウオーク②木綿街道

第21回神々のふるさと出雲の國ツーデーウオーク①「特急やくも」で出雲へ からの続き。

この先は、
③四季味処てんてん亭
④1日目20kmコース
⑤出雲大社・稲佐の浜
⑥天ぷら海鮮 岩八
⑦2日目20kmコース
⑧らんぷの湯
⑨ミートショップサイトウ
⑩和かふぇ 葉楽Koto
⑪出雲いろいろ
⑫出雲縁結び空港 へと続きます。


*-*-*

出雲市駅から、ばたでん(一畑電車)に乗って、雲州平田の木綿街道へ。

木綿街道

木綿街道は、出雲の國ツーデーウオーク2日目のコースでも通るみたいだけど、
ゆっくり見てみたかったので、ウオーキング前に訪れてみました。

ばたでん【いちばたでんしゃ】

001_20230922081701

精悍な顔つきの一畑電車5000系さん。
電鉄出雲市駅から雲州平田駅までは、途中、川跡(かわと)駅で乗り換えて、40分くらい。

002r_20230922082001

雲州平田駅から、てくてく歩いて、まずは宇美神社へ。

003r_20230922082201004_20230922083601

荒ぶる神を退ける力を持つ霊剣の神、布都御魂神(ふつのみたまのかみ)や
悪縁消除を象徴する事解男命(ことさかのおのみこと) が祀られていることから、
ここにお参りをすると、諸々の悪縁を断ち切ることができると言われているそう。

境内には他にもたくさんの神様が祀られてました。

宇美神社と縁結神社 | 出雲市

縁切縁結の神社「宇美神社」参詣される方へ - 木綿街道

 006_20230922083601

拝殿前には、おしりをあげたポーズの狛犬ちゃん。
と思ったら、これは狛犬ではなくて、
「出雲構え獅子」という型の「唐獅子」なんだそう。
同じように見えるけど、いろんな種類があるんですね。へえ~。

お隣?には神宮寺稲荷神社。

050r  007r_20230922085401

「くじ運 金運 開運」と書かれていたので、こちらもしっかりお参りしておきましたよ(笑)。

*-*-*

さらにてくて歩いて木綿街道へ。

011r_20230922085301

宍道湖西岸からの水路を利用した市場町として古くから栄えていた場所で、
江戸時代からは木綿の生産も盛んになり、集積地として繁栄した町だそう。
(木綿街道という名前は、平成13(2002)年につけられたそうです )

013r_20230922091601012
009r_20230922091801 017

道沿いには古い建物が並び、運河だった川沿いには船着き場のある家々。

*-*-*

軒先には、こんなものが飾られていたりも。

015 016

これは、「平田一式飾り」というもので、
陶器や金物、茶器、仏具などの生活用品を使って、歴史上の人物や場面、動物などを造ったもの。

7月の平田天満宮の夏祭りでは、飾り奉納されるそうです。

一式飾り(いっしきかざり) | 平田本陣記念館

大阪天満宮で天神祭の時に飾られたという「造り物」とちょっと似てますね。
(「造り物」については、こちらにチラッと→ちきんばすけっとぶろぐ2023.08.25大阪くらしの今昔館

*-*-*

小腹がすいたので、みたらしだんごとソフトクリームでひと休み。

018 021r_20230922092001
 020019
みたらしだんご(1本270円)は、甘しょっぱいたれと、きめ細かでもっちりしたおだんごで、食べ応えあり。
お醤油入りのソフトクリーム(380円)は、さっぱりととした甘さと、コクのある香ばしさ。
どちらも美味でした。

持田醤油店

持田醤油店 - 木綿街道

*-*-*

こちらのお店では、「生姜糖」というのを買ってみました。

株式会社 來間屋生姜糖本舗

022_20230922094501 023r_20230922094501

出雲市斐川町出西地区で採れる出西生姜と砂糖だけで作られたお菓子だそう。
お砂糖の甘みとキリッとした生姜の風味が、口の中でホロッっと崩れます。
後口は爽やか。ウオーキングのお供にも良さそうです。

今回購入したのは、個包装になっている「ひとくち生姜糖・抹茶糖 15個入り」594円(税込)ですが、
板状になっていて、自分で割って食べるタイプのものもありました。


*-*-*

ってなところで、ばたでんに乗って、電鉄出雲市駅へ戻りました。

024r_20230922100101

そうそう、雲州平田駅構内には、平田一式飾りの電車が飾られてました。

014 025r_20230922100001

パンタグラフ部分は、カエルの置物。やるなあ。

*-*-*

第21回神々のふるさと出雲の國ツーデーウオーク③四季味処てんてん亭 に続く。

第21回神々のふるさと出雲の國ツーデーウオーク①「特急やくも」で出雲へ

 9/17~18開催の「第21回神々のふるさと出雲の國ツーデーウオーク」に参加するため、
島根県出雲市に行ってきました。

出雲市へは、国鉄色リバイバル塗装の「特急やくも」で。

0004r_20230920153701
昭和世代には、めっちゃ懐かしい色合いですよね。
車内オルゴールも、懐かしの「鉄道唱歌」で、昭和世代の心鷲づかみです(笑)。

やくも:JRおでかけネット

さて、その特急やくも。
カーブでも速いスピードで走行できるよう、遠心力を利用した「振り子装置」が搭載されているんですが、
それが独特の揺れを生んで、酔いやすいと評判なんだとか。

太平洋フェリーでは、船酔いで朝食が食べられなかったことがあり、
TDLのスペースマウンテンやUSJのバックトゥザフューチャー(もう無いけど)では、
途中から目をつぶって、気持ち悪さにひたすら耐えるだけ~⤵なレベルの私。

やくもは、乗車時間が約3時間と長めなので、もし酔ったらと思うと、不安で不安で…。

ネットで酔い止めの方法を検索しまくっちゃいました。

ってことで、朝食はバナナ1本で軽く済ませ、乗車1時間前に酔い止めの薬を服用してのチャレンジです。
(大げさ)

0002_20230920150801
船釣りをする人達に定評のあるアネロンくん。頼りにしてるぜ。

乗り物酔い薬「アネロン」の製品情報|アネロン【エスエス製薬】

*-*-*

乗車したのは、岡山駅11時05分発のやくも9号。

 0007r_202309201538010003_20230920152801

普通車指定席車両の座席は、2列×2列でこんな感じ↓なんですが、

00r_20230920160001

ひとつだけ1列になってる部分があります。

0009_20230920160201
(わかりづらい写真だけど)
リニューアルで座席を変更したときに、ダクトの関係でこうなったんだとか。

おもしろそうなので、そのひとつ後ろの席の窓側(7D)を予約。
座ってみると、こんな感じでした↓

0010r_20230920160801 0011r_20230920162401

足下も窓も、広々♪
前の席に座ってる人がちょっと見えちゃうけど、気になるほどでは無く、快適に過ごせました。

ノーマル塗装のやくもとすれ違い、爆睡して大山を見逃し(苦笑)、宍道湖の横を通って…、

0012r_20230920162601 0013r_20230920162601 0014r_20230920162601

出雲市駅に到着~。

心配してした乗り物酔いは、全く問題なし。
立って歩くのが大変なくらい揺れてたけど、酔うような揺れ方ではない気がしました。
…って、酔い止め薬が効いてたからかな?

0016rr

ま、何にせよ、洗面所備え付けのエチケット袋のお世話にならずにすんで良かったです(笑)。

そして、あっという間に「回送」表示になるやくもさん。

0018r_20230920163701 0019_20230920163701

楽しい旅をありがとう~。

0021r_202309201638010022

反対側の先頭車両の表示は「やくも」のままでした。
お隣のホームには、ノーマル塗装のやくもが入線してたので、撮ってみたり。

*-*-*

そしてそして、出雲市駅構内のセブンイレブンでは、
「381系やくも国鉄色ジャガードタオル」900円(税別)
「トレインコースターやくも号」364円(税別)を購入。

0026 0027

タオルは、高級感あるふかふかの手触り。
もったいなくて、使えないかも~(笑)。

*-*-*

この先、

②木綿街道
③四季味処てんてん亭
④1日目20kmコース
⑤出雲大社・稲佐の浜
⑥天ぷら海鮮 岩八
⑦2日目20kmコース
⑧らんぷの湯
⑨ミートショップサイトウ
⑩和かふぇ 葉楽Koto
⑪出雲いろいろ
⑫出雲縁結び空港 と続きます。

« 2023年8月 | トップページ | 2023年10月 »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ