近畿(大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良、和歌山、三重)

東寺

東京国立博物館の東寺展(会期は6/2まで)が大盛況というので、
お留守番の仏さま達は、どうしていらっしゃるのかなー、と気になって東寺(教王護国寺)へ。

(4月に東京国立博物館の東寺展に行った時のブログはコチラ→
この頃は、待ち時間もゼロで、内心、こんな動員数で大丈夫なのかしら?と思ったものでしたが、大盛況になって何より(^^;)

東寺-世界遺産 真言宗総本山 教王護国寺

19060100001r

門の外には、「東京国立博物館(上野)にて特別展「国宝 東寺-空海と仏像曼荼羅」を開催しておりますため、
講堂の立体曼荼羅の中から十五体の仏さまが御遷座されています。6月中旬以降順次お戻りになります。」というお知らせが。

講堂・金堂の拝観料は500円(観智院との共通券は800円)。
帝釈天さまのポストカード(東寺展の宣伝用?)もいただけて、ちょっとトクした気分♪

1906010001r_1  1906010002r

1906010005r_1 1906010006

で、講堂。

金剛波羅密多菩薩さまは、周囲に足場を組まれて、あちこち調べられ中だし、
大日如来さまや不動明王さまは、おでかけ組の仏さま達の台座に囲まれているしで、
(これを見て、台座は持って行ってなかったことに気づいた)、
普段より緊張感が薄れている感じというか、
役者が全員揃ってなくて、各自ストレッチをしたりメイクをしたりしている楽屋のようというか。
オフショットの仏さまを見たようで、なんだか楽しかったです。

1906010007r

有料拝観エリアは、けっこう広いので、
講堂や金堂の仏さまを見た後は、五重塔を眺めながら、庭園のベンチでまったり。
いい時間が過ごせました。

*-*-*-*

灌頂院(かんちょういん)は、「東寺展」で道場が再現展示されていた「後七日御修法(ごしちにちみしほ)」が行われる場所。

190601010

普段は未公開ですが、4/1~6/21までは「空海ノ光 テクノロジーと神秘」というアートイベントで特別公開中というので、
拝観してみました。
拝観料は500円(当日の東寺拝観券があれば100円引きの400円)。

190601012

堂内は、プロジェクターで映し出されて刻々と絵柄が変わっていく両界曼荼羅図や、
ミラーボールの光でキラキラ✨

190601013   190601015 

190601016

そして専用アプリをダウンロードしたスマホをかざすと、ARの世界が楽しめる仕組み。
(スマホを持っていない人のための貸出用タブレットもありました)
ふわふわキラキラの空間を漂っているようで、なかなかおもしろかったです。

*-*-*-*-*

大師堂(御影堂)は修繕工事中。

190601021  190601020

ここに祀られていた弘法大師像は、仮のお堂に移されているのですが、
弘法大師空海の念持仏だったという不動明王さまは、工事中もこの場所にとどまったまま。

説明には「この不動明王さまの光背を修理しようとした人が、修理後すぐに入滅した」みたいなことが書かれていたので、
見たり動かしたりしたらいけない仏さまなんでしょうか。
お参りしたら、黒い扉越しに重~い塊のような雰囲気を感じて、ちょっとゾクッしましたよ💦

*-*-*-*-*

帰り道は、こちらのお店でお茶タイム。

◆ビゾンフュテ(Bison fute)

190601030r 2019_06010087 

22時まで営業している、お酒も飲めるケーキ屋さん。
熊本にあるスイーツバーの京都店だそうです。

ショーケースには、見たことがないようなケーキがたくさん。
説明書きに金のシールが貼ってあるのは、お酒を使ったケーキだそう。

190601031 190601032

迷いに迷って、「ラディオ」(500円)とアイスコーヒー(300円)をオーダー。
イートスペースに椅子は無く、止まり木のようなバーに腰掛けていただくスタイルでした。

190601033

ラディオは、色あいからチョコムースのような味を想像していたんだけど、
甘さはほとんど無くて、スパイシーで薬酒のような風味。
好き嫌いは分かれそうだけど、お寺の拝観の後に食べるのには雰囲気バッチリの味でした。

長文屋

七味唐辛子を買いに京都へ。
お目当てのお店は、北野白梅町にある長文屋さん。

1906010001r

京都に住んでいたお友達の杏さんに教えてもらって以来のお気に入りです。

1906010002 17030600025r

辛さ(小辛、中辛、辛口、大辛)と量(小匙5杯340円、小匙8杯520円、など)を選んで注文すると、
芥子、山椒、麻の実、青海苔、黒胡麻、白胡麻、紫蘇を、その場で調合して袋詰めしてくれます。
山椒多めとか青海苔多めなど、好みに応じたオーダーもできるそうです。
(私はやったことがないけど)

ほどよい辛みと、さわやかな香り。
袋に書かれている通り「風味絶佳」です。

*-*-*-*-*

お買い物の後は、「洋食の店ITADAKI」さんでランチ。

1906010003r  1906010004

いただいたのは、日替わりランチ834円(税別)をミックスフライ(海老フライ&海老クリームコロッケ)で。

1906010005r

この日のメインは「鶏肉のピカタ完熟トマトソース」。
しっとり柔らかな鶏肉と、サクサクのフライ。
お野菜もたっぷりで、満足のおいしさでした。

和歌山ラーメン

前々日にFacebookで歩友さんがUPしていたのがおいしそうだったので、
海南歩っとウオーク2日目の帰りは和歌山駅で途中下車して、和歌山ラーメンで晩ごはん。

丸美商店

190519001r_1

「和歌山MIO」の地下一階にあるラーメン店。
JR和歌山駅直結なので、ウオーキングで歩き疲れた足でも、サクッと寄れて便利でした。

いただいたのは、チャーシュー多めという「特製中華そば」(780円)と、
和歌山ではラーメンと一緒に食べるのが定番という「早なれ寿司」(140円)。

190519002r_1 190519005

190519003r  190519004
すしやおにぎりは、テーブルに置かれているのを自分で取って食べて、精算時に申告するシステムというので、ちょっとドキドキ(笑)。

ラーメンは、写真だとわからないかもだけど、柔らかくとろけるチャーシューがどんぶり一面に乗っていて、
コクのあるスープは飲み干せちゃうおいしさ。
早なれ寿司は、脂ののった鯖に、すっきりしたお味の酢飯がグー。
とてもいい組み合わせでした。

そして「中華そばスープで煮込みました」というおでんも気になったので、大根とこんにゃくを追加注文。

  190519006r_1

190519007r_1 190519008r

スープは、ラーメンのとは見た目が全然違って、コクはあるけどすっきりした醤油味。
また別のおいしさがありました。

和歌山ラーメン、大ファンになりましたよ。

第8回きのくに海南歩っとウオーク2日目

☆☆☆ 第8回きのくに海南歩っとウオーク1日目からの続き ☆☆☆

2日目のコースは、「歴史と文化を歩く」東コースで、距離は5km、11km、17km、25kmの4つ。
私は25kmをチョイスです。

⏰8:45 海南第三中学校吹奏楽部の演奏に送られてスタート。

190519001r

*-*-*-*

⏰9:30 亀池公園

190519002r 190519003

ここでのおもてなしは、おしぼりと、ジュースやホットコーヒー、あめなど。
おしぼりがひんやり冷たくしてあって、気持ちよかったです。

190519004r  190519005r

亀池は、宝永7(1710)年に、紀州溝ノ口村(現在の海南市野上新)出身の 井沢弥惣兵衛(いざわ やそうべえ)によって作られたため池で、県下最大級の大きさだそう。

*-*-*-*

⏰10:10 南野上公民館

190519006r

こちらでのおもてなしは、柿入り餅とやまももシロップのかき氷。

190519007r 190519008

190519010r 190519011rr

柿入り餅は、甘いのかなーと思ったらそうではなくて、柿の甘みがほんのりする、しっかりしたお餅でした。

やまももシロップのかき氷は、氷もふわっふわで、毎回安定のおいしさ。
「食べ放題 おかわりどうぞ」と書かれていたけど、今年は、コースの前半だったからか、人が多くて、長~い行列になってしまっていたので、おかわりはせず。

190519012r 
「ようこそ」の看板に、なんかウルッときたよ。

*-*-*-*-*

海南市から海草郡紀美野町へ入ります。

⏰10:55 野上八幡宮

190519013r

こちらの神社の絵馬は、海南高校大成校舎の美術部と書道部が作って奉納しているそう。

190519018   190519019r

おもてなしも、その海南高校大成校舎の育友会の方々によるもので、
おかあさんの手作り八朔ジャムを乗せたクラッカーに、学校で実った南高梅を使った梅ジュース。

1905190014 190519015

190519016
そして、梅ジュースに使用した梅。
クエン酸パワーで、元気がでました。

境内では、ウインドシンセサイザーを演奏していたりも。

190519017r

T-SQUAREの「宝島」や「TRUTH」など、ノリの良い軽やかな曲にココロウキウキ♪

190519021r

そして、紀美野町とはお別れ~。

*-*-*-*

⏰11:45 北野上公民館(昼食・チェックポイント)

190519022r

ここで、事前に注文していたお弁当(600円)を受け取ってお昼ごはん。

190519023r 190519024r

この日のお弁当は、海南駅前にある「お食事工房みき乃や」さんのもの。
メニューは、鯖の塩焼き、鶏塩焼き、しらすわかめ酢の物、大豆煮、出し巻たまご、煮物、梅干、紀ノ川漬け、オレンジなど。
紀ノ川漬というのは、和歌山大根の漬け物だそう。
昨日と同じように、ほどよいボリュームで、地元っぽいメニューもあり、おいしくいただきました。
食事用のテーブルに、自由に飲めるお茶が置いてあるのもありがたかったです。

デザートには、おもてなしでいただいた「フルーツポンチ」。

190519025r 190519026r

「下が寒天になっているので、混ぜて食べてね」と言われたので、混ぜた状態のものも撮ってみました。
フルーツたっぷり、甘くてひんやり。のどごしも良く、おいしかったです。

食後には、東海南中学校音楽部の演奏を聴きながら、ちょっとのんびり。

190519027r

名探偵コナンのテーマ曲など、歌もありの吹奏楽。音楽って、いいなー。

どうでもいいけど、東海南中学校、この地方を知らない人だと、「東海・南(とうかいみなみ)中学校」と読んでしまいそうですね。
(正しくは「東・海南(ひがしかいなん)中学校」)

*-*-*-*-*

⏰13:30 JA海南営農生活センター

190519028r   190519029r

ここでのおもてなしはジュース。
和歌山県内ではメジャーという「JOINジュース」でした。
濃厚なみかん味でおいしかったです。

JOINジュースには、みかんの他に、梅&りんごや八朔、八朔と夏みかんのブレンドの「結朔(けっさく)」なんてのもあるみたい。
どこかで見かけたら買ってみようっと。

敷地内には、JAの総合選果場があったり、稲の苗が育てられていたり。

190519031r 190519030r

稲の品種は「きぬむすめ」。
「キヌヒカリ」と「祭り晴れ」をかけあわせたもので、和歌山県の推奨品種にもなっていて、
ツヤと白さに優れ、食味、香り、粘りも良好のお米なんだそう。
こちらも、どこかで見かけたら買ってみようかなー。

*-*-*-*

⏰13:50 とれたて広場

190519033 190519034r

JAながみねのファーマーズマーケット。
「とれたてキッチン」のみかんジュースは、歩っとウオークの参加者だと150円が50円に割引に!
柑橘三昧でシアワセ。

地場産の柑橘類も安かったので、ひとつ購入。

2019_05200218r

下津町にある奥甚園さんの木成り清見オレンジ。一袋170円。
見た目は確かにあまり良くないけど、甘くてジューシーで、こんなに安くて申し訳ないくらいのおいしさでした。

他にも、おいしそうなものがたくさん売られていたので、ウオーキングとは別に、車で買い出しに行きたいなー。

JAながみねファーマーズマーケット 『とれたて広場』 ブログ (PCでの閲覧推奨だそうです)

*-*-*-*

⏰14:30 ゴール\(^O^)/

190519035r  190519039r

GPSのログと標高差のグラフはこんな感じ↓ そこそこアップダウンがありました(´д`)

Map_5   Photo_1

IVVの認定距離は25kmでした。

190519040

参加者は、1日目が1,575人、2日目が1,446人の、のべ3,021人だったそう。

昨年は事前申し込みをしていたのに、急用で参加できなくなってしまい、とても残念でしたが、
今年は、一昨年とはちょっぴり変わったコースと、一昨年と同じ温かいおもてなしで、楽しい2日間が過ごせました。

スタッフのみなさん、おもてなししてくださった方々、一緒に歩いて下さった方々、どうもありがとうございました~。

*-*-*-*

ゴール後の体育館では、海南第三中学校吹奏楽部さんのステージ演奏を見学。

190519042 

嵐や米津元帥などのJポップから、クイーンなどの洋楽、和歌山出身の歌手・坂本冬美の演歌メドレーなどなど、
多彩なレパートリーを厚みのある音で演奏していてステキでした。

第8回きのくに海南歩っとウオーク1日目

  和歌山県海南市で、5/18~19に開催された『第8回きのくに海南歩っとウオーク』に参加してきました。

1905180001r 1905180002

市外からの参加費は、事前申込で1,000円。

今年の記念品は「乳酸菌でスッキリ L-8020」という携帯用マウスウォッシュ。
作っているのは、海南市下津町にある「紀陽除虫菊株式会社」。
入浴剤「ノボピン」を作ってる会社で、ガンバ大阪の協賛スポンサーにもなっているようです。

記念品が地元企業の製品だと、こんなところにこんな会社があったのかー、と知ることができて楽しいですね。

入浴剤、蚊取り線香の紀陽除虫菊

*-*-*-*-*

会場の最寄り駅は、JRきのくに線の海南駅。
駅には、こんな歓迎看板も置かれてました。

2019_05200128r 

そうそう、JR海南駅は、ICOCAやSuicaは使えるけど、PiTaPaのポストペイは使えないエリアなので要注意(PiTaPaでもチャージしてあればOK)。
知らずに改札を通ろうとして「チャージ金額が足りません」の表示で足止めされ、戸惑っている人が結構いました。
(って、私もその一人だったので、次回のためにメモ(^^;))

駅から会場の海南市総合体育館までは、無料のシャトルバスで向かいます。
1905180004r
パンフレットには「午前7時から約15分間隔での運行」と書かれてたけど、
電車の到着時刻に合わせて複数台が待機していたようで、ほとんど待ち時間無しで乗れました。

*-*-*-*-*

さて、ウオーキング。

「日本遺産のまち海南を歩く・食べる・楽しむ!」がキャッチフレーズのこの大会。
熊野古道や、黒江の街並みなどが歩けるコースもステキですが、
さらにステキなのが、地区公民館や地元協力団体の方々の「おもてなし」。
Rimg0918
大会パンフレットには「おもてなし一覧」も掲載されているので、
食いしんぼな私は、歩く前から、どこで何がいただけるのかなー、とワクワクです♪

*-*-*-*-*

1日目は、「豊かな自然を歩く」西・南コースで、距離は3km、9km、14km、24kmの3つ。
私は海南から下津までを歩く24kmをチョイスです。

⏰8:45 亀川中学校音楽部の太鼓と、海南中学校吹奏楽部の演奏に送られて、スタート。
1905180005 1905180006r

そうそう、出発式では「熊野古道周辺ではイノシシの出没情報があったので、万が一遭遇したら静かに逃げて下さい」みたいな注意がありましたよ。ひー(@_@) 



*-*-*-*

⏰9:35 藤白神社
1905180008r  1905180009r

1905180010   1905180011
こちらでのおもてなしは、お茶と梅干し(種なし梅)。
やわらかくて、種なしなので食べやすかったです。
個包装で薄いので携帯用にもよさそう。

1905180012 

1905180014  1905180013
こちらの神社は、「鈴木」姓の氏神さまでもあるということで、
「鈴木さん お声掛けください」と書かれた「鈴木屋敷復元の会」事務所や、「鈴木さんご署名所」があったりも。
近畿圏以外の場所からも、けっこう大勢の「鈴木さん」がお参りしてました(@_@)

1905180019
熊野信仰を広めた神官の一族だった藤白鈴木姓が住んでいたという「鈴木屋敷」は、復元されると、こんな感じになるらしいですよ。

そして、境内には、熊野九十九王子のひとつでもある藤白王子権現本堂もありました。
(Cさん、案内ありがとうございました~)
1905180020 1905180021
こちらには、熊野路で唯一現存する最古の造像という本地仏が祀られているそう。

*-*-*-*-*

⏰9:45 熊野古道・藤白坂へ。
1905180023 1905180022
一昨年は予習不足で見逃してしまった「有間皇子」のお墓。
今年は誘導スタッフの方も案内してくれてたので、しっかりお参りできました。

そして、丁石地蔵さんたちや、途中に見える景色に励まされながら、藤白坂を登ります。
1905180024   1905180025

1905180026r  1905180027

1905180028 1905180029
平安時代の宮廷絵師・巨勢金岡(こせのかなおか)が悔しさの余り投げ捨てた筆が落ちた場所だという「筆捨松」と、
紀州徳川家の初代藩主・賴宣(よりのぶ)が「筆捨松」の伝承を元に掘らせたという 「硯石」を過ぎて…
(松と硯の実物写真は、横着して撮らず(^^;)、

⏰10:15 地蔵峰寺
1905180031r   1905180032r
こちらのおもてなしは、みかんジュース。
輪切りのオレンジがオシャレですね。

お堂の中には、元享3(1323)年に造られたという高さ3m余の石の延命地蔵さま。
1905180035   1905180036r
なめらか~な質感と、包容力大の雰囲気、整ったお顔立ちに、今回も見とれることしばし。
前回、小銭の持ち合わせが無くて入手できなかったパンフレット(50円)もゲットできました。

そして、地蔵峰寺の北側にある「御所の芝」と呼ばれる台地からは、すばらしい景色が!
(またまたCさん、案内ありがとうございました!)
1905180033  1905180034r
花山法皇御幸の頓宮の跡とも、白河法皇行宮の跡ともいわれてる場所で、
そのほかにも、数多くの天皇、法王が熊野参での時に御座所としたところだそう。

急な藤白坂を登った後のこの眺め。
この場所に着いた天皇、法王さんたちも大喜びだったんじゃないかなあ。

*-*-*-*

みかんの花の甘~い香りに包まれながら、坂を下ります。
1905180038r  1905180039

*-*-*-*

⏰11:45 善福院(昼食・チェックポイント)
1905180040r

ここで、事前に注文しておいたお弁当(600円)を受け取って、お昼ごはん。
1905180041r
1905180042r 1905180043r
この日のお弁当は、海南市下津町にある、寿司・折詰・仕出しの「二鶴」さんのもの。
(一昨年の1日目と同じお店ですね)

メニューは、平天生姜焼き、鰆塩焼、出し巻きたまご、チキンカツ梅肉ソース、煮物、かに風味サラダ、しらす山椒煮など。
程よいボリュームで、海南らしいメニューもあり、おいしくいただけました。

食後のデザートは、おもてなしでいただいた「甘夏みかんシロップ漬け」。
1905180045r 1905180044
夏みかんのほろ苦さと、シロップの甘さと、凍ったみかんのシャリッとした食感が、絶妙のおいしさでした。
自分でも作ってみようかなー。

おいしくいただいた後は、 国宝の釈迦堂を拝観。
嘉歴2(1327)年に建てられた仏殿で、禅宗様式の建物では全国で2番目に古い建物だそう。
1905180046r
住職さんの説明を聞いて、 パンフレットもいただけました。
釈迦堂の扉、普段は閉まっているそうですが、住職さんが近くにいらっしゃれば、中の見学も可だそうです。

善福院 | 海南観光ナビ - 海南市観光協会

*-*-*-*

⏰12:05 塩津小学校
1905180049

1905180050  1905180051

こちらでのおもてなしは、しらす丼と牡蠣。

1905180052r 1905180053r
しらす丼は、参加者が通過するたびに無線で連絡を取って作ってくれているので、できたてほかほか。
ふんわりしらすがおいしくて、お弁当を食べたばかりでも、おいしくいただけました。

牡蠣は、今回初めてでしたが、塩津港の新しい名物として売り込み中のようです。
「バージンオイスター」というのは、一度も卵を産んだことがない牡蠣のことだそう。
小ぶりだけど、身がむっちりつまっていて、濃厚美味でした。
浜では牡蠣小屋もやっているそうなので、機会があったら行ってみたいなー。

ryusei-suisan | 牡蠣小屋 - 立征水産ホームページ 

*-*-*-*

高台にある小学校を出て、塩津港をながめつつ、坂を下ります。
1905180054r  1905180055r

1905180056r 
港の堤防の注意看板。
「ノメ」って何?と思ったら「サメ」でした。
っていうか、こんなところにもサメはいるんですね。危険危険!

1905180059r
曲がり角には、近寄っても全然逃げないネコちゃん。

そして、急な階段をぐぐーーーっと登って、海抜53mまで。
1905180060 1905180061

1905180062
海抜19mから海抜53mまで5分かかりました(>_<)
このあたりに住んでる人は、毎日こんな階段を上り下りしてるんですねえ。スゴイ。

*-*-*-*-*

⏰13:00 つり公園
1905180063r   1905180064

1905180065r  1905180066
こちらのおもてなしは、かき氷。
今回は写真映えも考えて王道のイチゴ味をチョイスしてみました(笑)。

…と、食べてる途中で、雨がパラパラ🌂

*-*-*-*-*

華やかで脳天気~な雰囲気の花を眺めながらてくてく。

1905180067r

歩友さんに「極楽鳥花(ストレリチア)」という名前の花だと教えていただきました。

*-*-*-*-*

⏰13:30 げんき大崎 かざまち(チェックポイント)
1905180068r 1905180072r
1905180070r 1905180069r
万葉の昔から「風待ち港」として栄えていたというこちらでのおもてなしは、ここで獲れた地魚の揚げ物と寒天とオレンジ。
どれもおいしかったけど、脂がのってふんわりとしたお魚に、甘酢あんがからんだ魚の揚げ物、めちゃウマでした。

1905180073
地場産のひじきも売られていたので、ひとつ購入。
いただくのが楽しみ~♪

*-*-*-*

前回見逃した「紀ノ国屋文左衛門船出の地」の碑を確認。
19051800760r 1905180077rr
文左衛門さん、出身は湯浅だけど、みかん船を出したのは、この下津港からだったんですね。

*-*-*-*

⏰14:45 市民交流センターでゴール\(^O^)/

1905180078r 1905180082

GPSのログと高低差はこんな感じ↓
Map_4  Photo
IVVの認定距離は24kmでした。

*-*-*-*

市民交流センターの中には、下津図書館もあって、マルチルームでは「祝 下津蔵出しみかんシステム 日本農業遺産決定」として、みかんに関する展示がされていたので、ちょっと覗いてみました。
1905180079  1905180081

1905180080
「しゃしんさつえいO.K.」の表示があったので、遠慮無くパチリ。

古いミカン箱や、みかん豆知識、昔の衣服(みかんの枝にはトゲがあるので、ミカンの剪定や収穫の時には、からだを保護するために、皮の衣服や鹿の手袋を着用した)などなど、いろいろ勉強になる展示で、おもしろかったです。

下津図書館|海南市

*-*-*-*-*

ゴールからは、シャトルバスでスタート会場へ。
会場では、コスプレ&痛車展示も同時開催していたので、ちょっとだけ見学。
1905180083rr

1905180084  1905180085
朝のシャトルバスやウオーキング途中でも、コスプレイヤーさんと話をする機会があって、楽しかったけど(みなさん、礼儀正しくて可愛い❤)、私もトシをとって、よくわからないキャラが多くなってしまったのが、ちょっぴり寂しいです(T_T)

…ってなところで、第8回きのくに海南歩っとウオーク2日目に続きます~。

第17回大和路まほろばツーデーウオーク2日目

☆☆☆「第17回大和路まほろぱ2dayウオーク1日目」からの続き☆☆☆

2日目も30kmコースをチョイス。
ペットボトルのお水1本をもらって、⏰8:30 スタートです。

表参道から橿原神宮へ。
 190421001r 190421002rr
この日は、神武祭の奉納剣道大会があるということで、 境内のあちこちで剣道の稽古をしていました。

⏰8:45 近鉄畝傍御陵前駅
190421003r
駅の地下道を通ります。

レンゲ畑の中には、本薬師寺の塔の跡が。
190421005r

斜め前方に見えるのは、大和三山の天香具山。
190421006r

⏰9:15 万葉の歌碑がたくさんある「万葉の森」を通り抜け、
190421007 190421008

⏰9:45 安倍文殊院
190421009r 190421010r

190421013 190421014

境内にある西古墳は、飛鳥時代に造立されたもので、天井板は15㎡の一枚岩。
奥には願掛け不動さんが祀られていました。

境内の花壇は、上から見ると干支の絵馬に見えるように植えられているそう。
190421015r
体力温存のため、今回は絵馬を見に行くのは断念。
超速&体力に余裕ありの歩友さんから後で画像を見せてもらうことにして、先に進みました(^^;

⏰10:10 近鉄・JR桜井駅(チェックポイント)
190421016r  190421017r
ここから「山の辺の道」を進みます。

「仏教伝来の地」の碑があったり、
190421018 

190421019r 190421020
「海柘榴市(つばいち)」と呼ばれた、七世紀代の大規模な市(いち)の跡があったり。

「金屋の石仏(かなやのせきぶつ)」は、粘板岩に浮き彫りにされたお釈迦さまと弥勒さま。
190421022r 190421023r
平安時代後期~鎌倉時代に作られたもので、使われている石材は、石棺の蓋という説もあるとか(@_@)
もともとは平等寺にあったもので、廃仏毀釈での破壊を逃れるために、村人がここに移したそう。

インスタ映えしそうな「山の辺の道」をてくてく。
190421024r 

金屋の石仏があったという「平等寺」は、聖徳太子が建立したというお寺。
190421025r  190421026r

  1904210r  190421027r
関ヶ原の戦いに敗れた島津義弘がかくまわれていたというお寺でもあるそうです。
明治の廃仏毀釈で一度崩壊したけれど、昭和52年に復興したそう。

大神神社の参道脇には、ニョロニョロのような「銀竜草(ぎんりょうそう)」が。
190421029r  19042100
ギンリョウソウは、光合成を行わず、落ち葉などから栄養を得て成長する腐生植物。
低山の山麓で自生するのは珍しいんだそう。

大神神社 今年もギンリョウソウ(銀竜草)が顔を出しました!(2019/04/25)

⏰10:40 大神神社 (おおみわじんじゃ)
190421030r  190421033r
三輪山がご神体なので、拝殿があるだけで、本殿は無いそう。

境内にある杉は、木の祠から大物主大神の化身とされる白い巳(み)さん=蛇が出入りするという「巳の神杉」。
190421032  190421031
機の前には、お酒や卵がいっぱいお供えされてましたよ。
(そして「木に生卵をぶつけないで下さい」という注意書きも。
お供えする物をぶつけるというのは、相手が蛇さんでも失礼だと思うんだけど、なぜ投げようと思うのか、謎(^^;)

*-*-*-*

白壁の通りや、これまたインスタ映えしそうな木漏れ日の美しい道をてくてく。
190421037r 190421038

大神神社の摂社の桧原神社(ひばらじんじゃ)は、
皇居に祀っていた天照大神の神霊を、第十代崇神天皇が豊鍬入姫命(とよすきいりひめのみや)に託して祀った
「元伊勢」伝承の地だそう。
190421040 190421041r
鳥居の向こうには二上山(って、この写真じゃ、わからないけど)

*-*-*-*

山の辺の道には、無人販売所もたくさん。
190421035 190421036 190421044r
玉ねぎにうまい菜(ふだん草)に、八朔、不知火(デコポン)、はるみ、夏みかんなどの柑橘類。
今回は1袋6個入り100円の傷あり不知火を買っただけだけど、次はもっと大きなリュックで来て、たくさん買うぞー!

*-*-*-*

歩友さんにフォトジェニックポイントを教えてもらい、
190421045r

古墳をいくつか通り過ぎて、
 190421046 190421047r

⏰11:45 天理市トレイルセンター(チェックポイント)
 あ、写真が一枚も無い😞

*-*-*-*

黒塚古墳
190421051

*-*-*-*

「縁結び 赤糸の小道」は、活玉依姫(かつたまよひめ)と大物主(おおものぬし)が一本の糸で結ばれていたという
古事記の「赤糸伝説」を体感できる4kmのコースだそう。
190421055 190421056r
この看板周辺の道を見た限りでは、あまりに普通&見るところがなさすぎで、
こんなところをデートコースに選んだら、結ばれていた赤い糸も切れちゃいそうなんだけど、大丈夫かしら?(^^;)

*-*-*-*

このあたりから、またまた疲れと暑さで、写真撮影が雑に(苦笑)。

⏰13:40 耳成山
190421058r

*-*-*-*-*

⏰13:55 藤原宮跡(チェックポイント)
190421059r  190421060r

190421062r
畝傍山、耳成山、天香具山の大和三山の中心に位置するパワースポット!
いい「気」をたくさん吸い込ませていただきましたよー。

*-*-*-*

⏰14:25 神武天皇陵
190421070r

*-*-*-*

⏰14:40 ゴール\(^O^)/
190421073r 190421074r

GPSのログはこんな感じ↓
Map_2 
IVVの認定距離は33kmでした。

*-*-*-*

ゴール後は、神武祭のフードマルシェで、遅めのお昼ごはん。

和Bistro・吟 ローストビーフ丼と吟農園の焼き野菜 焼きナスと奈良漬けソース 500円

190421076r 190421075r

柔らかいローストビーフと旨みのある焼き野菜に、奈良漬けソースがよく合って、とてもおいしかったです。
ローストビーフが見た目よりたっぷりあって満足(^ ^)

*-*-*-*-*

特設ステージでは、LUV K RAFT(ラヴクラフト)のサンシャインライブや
海上自衛隊舞鶴音楽隊のスペシャルライブを楽しみました。
190421077r  190421083r
パワフルな歌声とハーモニーで、観客をノリノリにさせていたラブクラフトと、
「紀元二千六百年」の行進曲から、ジブリのアニメソング、嵐メドレー、ジャズと幅広いレパートリーの海上自衛隊舞鶴音楽隊。
歩いた後での立ち見はちょっとツラかったけど、涼やかな風に吹かれて聴く音楽は、とても心地よかったです。

ステージ横には、妖怪書家・遙香さんの「令和」の書。
190421084r
「令和」が良い時代になりますように☆

第17回大和路まほろば2dayウオーク 1日目

  4/20~21日に開催された「第17回大和路まほろぱ2dayウオーク」に参加してきました。

1904200001

参加負担金は、事前申込で1,500円(当日申込は2,000円)。

スタート・ゴール会場は、近鉄橿原神宮前駅から歩いて5分くらいのところにある橿原神宮森林遊苑。

1904210001r 1904200002
橿原神宮は、初代天皇とされる神武天皇が即位した地ということで、
参加記念品には、ロゴ入りボールペンの他に、新元号「令和」の記念缶バッジも。
チラシには「ありがとう平成…そして、はじまりの地からさらなるスタート!」とありましたよ。

*-*-*

コースは10km、20km、30kmの3つ。
私は30kmコースをチョイスです。

この日は「春の神武祭」も開催中。
1904210002r
今回から、ウオーキングの出発式に、神武祭の特設ステージを使わせてもらえることになったんですって。
(4/29追記 「ステージは昨年も神武祭のものを使っていた」というご指摘がありました。
昨年どこで開会式をやったのか、はっきりとした記憶がなく、適当な事を書いちゃいました、ゴメンナサイ~(^^;)

*-*-*-*

⏰8:45 ペットボトルのお水1本をいただいて、スタート。

⏰8:50 橿原神宮
1904200003
神武天皇さまにご挨拶~。

⏰9:00 久米寺の境内を通り抜け。
 2019_04250006 1904200004rr

⏰9:30 近鉄飛鳥駅
1904200005

1904200006r

駅の近くには、「カメそば」と書かれたお店が。(写真ぼけぼけですが)
道後ツーデーの時に四国・松山で食べた「かめそば」は、焼きそばだったけど
ここのはどんなお蕎麦なのか、気になる気になる~。

⏰9:50 土佐街道
1904200008r  1904200009r

土佐街道の由来は、説明板によると
「6世紀の初め頃大和朝廷の都造りの労役で、故里土佐国を離れ、この地に召し出されたものの、
任務を終え帰郷するときには朝廷の援助なく帰郷がかなわず、この地に住み着いたことから土佐と名付けられたと思われる。
故郷を離れて生きていく生活を余儀なくされた人達のたったひとつの自由な意思は故里の名を今の場所につけることであった」だそう。
いつの時代も、大きな力の陰で犠牲になってる人達がいるんですねえ(T_T)

⏰10:00 街の駅「城跡」(チェックポイント)
1904200010r

⏰10:10 信樂寺
1904200011r  1904200012r
ここには、浄瑠璃や浪曲の「壺坂観音霊験記」に登場するお里・沢市のお墓があります。
昨年来たときは「壺坂霊験記」のお話をよく知らなかったけど、
今年は1月に文楽で見たばかりなので、昨年より、お里・沢市にちょっぴり親近感がわきました。

ここからは、お里の気持ちになって、壺阪寺へ向かいます(笑)。

1904200013r 
1904200014 1904200015r

土佐町から壺阪寺までは、けっこうな上り坂で、汗だく&バテバテに。
夫・沢市の眼病治癒祈願のために、三年の間、明け方に毎日この道を壺阪寺まで通っていたなんて、お里ちゃん、スゴイわ。
そして、お里ちゃんと二人連れとは言え、目の不自由な身で、壺坂観音まで参詣に行った沢市さんもスゴイ。

⏰10:40 壺阪寺
1904200016r  1904200017r
今回も前を通っただけで、参拝はせず(^^;
お里ちゃんと沢市さんが飛び降りた崖はどこかしら?

遠くに見える街並みや、道の上にいらっしゃる観音様?を眺めながら、てくてく。
1904200019r 1904200018r

高取城跡へ向けて、さらに登ります。
1904200020  1904200022r

1904200023  1904200024

⏰11:25 高取城址・東屋付近(チェックポイント)
1904200026  1904200027r
昨年は、チェックポイントでクッキーやチョコレートなどのお菓子がいただけて、元気回復!だったので、
今年も楽しみにしていたのですが、飴しかなくて(いや、飴もうれしいですが)、ちょっとしょんぼり……。

城跡からは、下りの連続。
1904200028r  1904200029r
最初は、登りよりラク!と思ったけど、下り道も長く続くと足が痛くなるんですね…😞

途中で「国見櫓跡(国見櫓展望台)」に寄り道。
1904200030  1904200031
1904200033 
眼下に広がる大和の国。
束の間、城主気分(いや、見張りの役人気分?)を味わいました。

⏰12:00 猿石
1904200035r
今年は正面からご対面。
近くに案内のスタッフさんがいるので、猿石くんも昨年のように寂しげではなく、
というか、なんだか浮かれているように見えました(笑)。

⏰12:30 栢森(かやのもり)の女綱
1904200036

⏰12:50 稲渕の男綱
1904200037
飛鳥川にかけられた二つの綱は、毎年11月に行われる綱掛神事で使われるもので、
子孫繁栄と五穀豊穣を祈り、道や川から侵入する悪疫などを押しとどめて、住民を守護するためのものだそう。

⏰12:55 案山子ロード
2019_04250091  1904200039
今年のジャンボ案山子は「西郷どん」。
右手に連れているのは豚?と思ったら、イノシシだそう。

このあたりから、暑さと疲れで、写真撮影がいい加減に(^^;

⏰13:30 高松塚古墳
1904200043

⏰13:40 鬼の雪隠、鬼の俎(まないた)
1904200046  1904200047

⏰13:50 亀石
1904200048

⏰14:30 蘇我入鹿首塚
1904200049r

1904200r
飛鳥寺の前では、菜の花畑をバックにに写真撮影する人がたくさん。
インスタ映え?

⏰15:15 ゴール\(^O^)/
1904200051r
1904200052 1904200053

「ミルクde水素」(元気回復したよー)と、高山製菓さんのおかき(おいしいので大好き❤)をいただきました。

てづくりの味 高山かきもち

GPSのログはこんな感じ↓
Map_1 

*-*-*-*-*

帰りには、近鉄橿原神宮前駅の駅ナカで、夕食用にお寿司を購入。
奈良と言えば柿の葉寿司が有名だけど、こちらのお店のは「わさび葉」を使ったお寿司。

うめもり わさび葉寿し 5個入り1,490円(税込)+わさび葉寿し(たけのこ)1個290円。
1904200054 1904200055
夕方割引で、5個入りが1,300円、たけのこが200円になってました。

こちらのお店の手鞠わさび葉寿し(この写真のよりサイズが小ぶり)は、
JALファーストクラスの機内食に採用されたこともあるそう。
わさび葉にくるまれた薄味の酢飯に、具材が彩りよく乗っていて、お上品なおいしさでした。
寿司というよりおにぎりといっていいくらいの大きさなので、ひとりで食べるなら2個くらいがちょうどいいかも。

ってなところで、第17回大和路まほろば2dayウオーク2日目に続く!→

第10回京都ツーデーウオーク2日目

☆☆☆「第10回京都ツーデーウオーク1日目」からの続き☆☆☆

2日目は残念ながらお天気がいまいちっぽい予報。
まあ、20kmをチョイスしたのは、お天気とはあまり関係ないですが。

⏰8:00 スタート
190303001r 

⏰9:20 京都御苑
1903030004r 1903030005r
梅林の見頃には、まだちょっと早いかな。
「御所の小道」には自転車。

⏰9:40 相国寺
1903030006r

⏰10:00 ちょっと

寄り道して下鴨神社へ
1903030007r 1903030008r
今日、3月3日は、雛流しが行われるというので、それを見学するのが目的です。

190303010r 1903030009r
流すのはこちらのおひなさまのよう。けっこういいお値段ですね(@_@)
「本日お流ししただいても結構です」って、買ってすぐ流しちゃう人なんて、いるのかしら?(^^;

そして御手洗川のまわりは、雛流しを待つ人でいっぱい。
190303011r 190303012
ひなを流す時間は、まだまだ先のようなので、雰囲気だけ味わって、おいとましました。

⏰10:40 哲学の道
190303013 

信号待ちで見えたお店が気になったので、おやつ。

190303014r

◆甘美茶屋 金閣寺店

190303016r  190303017r
いただいたのは、チーズ湯葉天400円。
湯葉で包まれたチーズ入りの練り物を揚げたもの、です。
想像通りのお味とおいしさでした。
歩友さんが食べていた、はもカツもおいしそうでしたよ。

  ⏰11:15 大豊神社(チェックポイント)

190303018r 190303019r


190303020r
狛ねずみちゃん達は、今年も椿の花でおめかししてました❤キュート

190303021r
岡崎公園に置かれた市電では、結婚式の前撮りをしていたりも。
こちらも、ピンクの打ち掛けがキュートでした。
末永くお幸せに~❤

⏰12:00 知恩院
1903030023r

⏰12:05 円山公園
1903030024r

⏰12:15 高台寺公園(チェックポイント)
190303025r

石塀小路ではスタッフさんが剥がれた矢貼りを張り直し中。
190303026r
雨の中、ありがとうございます~。

⏰12:25 清水寺から茶わん坂へ。
190303028r  190303030r

⏰12:50 三十三間堂
190303031r
3月3日は「春桃会(もものほうえ)」で無料公開だそう。

境内では、雛うどんやおすしなどが売られていたので、ここでお昼ごはん。
190303032r 190303033r
おあげさんにしいたけ煮と菱餅色のかまぼこが入った雛うどんは500円。
甘いおあげさんに、お出汁がきいたおうどん、とてもおいしかったです。

他にも、瀬戸内寂聴さんの説法が行われていたり、この日限定の「桃のお守り」が授与されていたり。

190303035r  190303036r
1903030  19030300r

190303000r

三十三間堂にいらっしゃる千体千手観音さま達の仏名帳(ぶつみょうちょう。どの場所に何という名前の仏さまがいらっしゃるかが書かれている)もいただいたので、次は場所とお名前を見比べながら、一体一体じっくり拝観してみたいと思います。

(6月追記:6/3放送の「NHK 歴史秘話ヒストリア 三十三間堂国宝大移動 よみがえる平安の祈り」を見て、
昨年夏に、観音二十八部衆像や風神雷神像を移動していたと知りました。気づかなかったー)
歴史秘話ヒストリア

⏰13:45 ゴールまであと2キロ
190303037r 

⏰12:55 京都タワーを見上げながら信号待ち。
190303038r 

⏰14:10 ゴール\(^O^)/
190303039r

GPSのログはこんな感じ↓
Map2 190303040
IVVの認定距離は22kmでした。

参加者は、1日目が2,592人、2日目が2,804人の、のべ5,396人だったそう。
190303042
スタッフさん、一緒に歩いて下さった方々、ありがとうございました~・

*-*-*-*-*

ゴール後は、昨日、コース途中で見かけて気になっていたお店へ。

七条ふたば

190303043r 190303044
七条通にある和菓子屋さん。
出町柳にある「ふたば」さんから暖簾分けしたお店だそうです。

購入したのは、豆餅1個160円と、桃の節句の日限定というよもぎだんご1個170円。
それと1つだけ残っていたさくら餅1個170円。
190303045  190303046r

豆餅は、出町ふたばさんのより、豆やお餅がしっかりしてる感じ。
塩加減も絶妙で、これはこれでアリのおいしさでした。
よもぎだんごもとてもおいしかったので、また来年買いに行きたいなー。

第10回 京都ツーデーウオーク1日目

3/2~3に開催された「第10回京都ツーデーウオーク」に参加してきました。


参加費は、事前申し込みで1,800円。
参加記念品は、今年も帽子でした。むむむ(^^;

*-*-*-*
メイン会場は、梅小路公園。
梅の花も開花中。
1日目は仁和寺・洛西コースで、距離は30、20、10の3つ。
私は20kmコースをチョイスです。
*-*-*-*
9:00 2021年に関西で行われるワールドマスターズゲームズの大会マスコット「スフラ」くんや、
京都銭湯組合の「ゆっポくん」、下京区のシモンちゃんなどに見送られて、スタート。


*-*-*-*
9:20 本願寺の唐門(日暮門)は、38年ぶりの修復工事中。

屋根の葺替や漆塗、彩色や金具の修理で、修復が終わるのは2022年の3月だそう。

*-*-*-*

9:25 西本願寺

1903020013

境内のすこーんと広く気持ちの良い雰囲気に、思わず深呼吸。

*-*-*-*

10:20 京都アスニー(チェックポイント)

1903020014r

*-*-*-*

小腹がすいたので、アスニー近くのおまんじゅうやさんで、ちょこっと買い食い。

1903020015

広田商店さん。
(「都饅頭」がお店の名前かと思ってたけど、そうではなかった(^^;)

1903020018r

さくらもち130円。程よい甘さの春の味。おいしゅうございました。

*-*-*-*

11:00 妙心寺

1903020019r

*-*-*-*

11:15 御室駅

このあたり、前回歩いた時とはちょっとルートが違っているようで、
仁和寺に向かってまっすぐ歩いていくのがイイ感じ。

1903020023r

*-*-*-*

11:45 東映太秦映画村

1903020024r

一般用の入り口は全く風情がありませんが、団体用の入り口は大手門風になっていて、中もちらっと覗けます。

歩友さん達とワイワイ言いながらうろうろしていたら、
スタッフさんが「お写真撮りましょうか?」と声をかけて、シャッターを押してくれました。
ご親切に感謝です。

映画村は、ずいぶん前に入ったきりなので、また機会を作って行きたいな。

*-*-*-*

12:05 蛇塚古墳

7世紀頃に築造された京都府下最大の横穴式石室。
棺を安置する玄室の幅は、奈良の石舞台古墳より大きいそう。

中に入ると、包まれるような心地良さと開放感があって、またまた思わず深呼吸。
それにしても、こんな大きな石、どこからどうやって運んだんでしょうねえ。

*-*-*-*

12:30 桂川の河川敷へ。
道路脇に置かれていた単管バリケードは、お着物姿。
一人一人、ちゃんと柄も違うなど、芸が細かいところが、さすが京都。

*-*-*-*

12:30 西京極総合運動公園(チェックポイント)

*-*-*-*

13:50 東寺

1903020
講堂では、3/26~6/2に東京国立博物館で開催される特別展「国宝 東寺-空海と仏像曼荼羅」に向けて、
仏像の搬出作業中でした。
公式サイトでは、タイムプラス動画で仏像の搬出作業の様子が見られます。
博物館では、立体曼荼羅がどんな風に展示されるのか、楽しみですね。
*-*-*-*
……と、ここで、歩友さんから情報をもらい、ちょっとコースを外れて、お昼ごはん。
◆うどん・丼物 殿田
1903020043r
いただいたのは、親子丼750円。
ふんわりとした鶏肉とたまごに、やさしいお出汁の味で、とてもおいしかったです。
他にも、中華そばとはたぬきうどん(あんかけ)とか、気になるメニューがいろいろあったので、
また機会があったら行ってみたいなー。
*-*-*-*
14:50 ゴール\(^O^)/
GPSのログはこんな感じ↓
IVVの認定距離は22kmでした。
ゴール後の抽選会では、タオルが当たりました。わーい。
1903020046r
ってところで1日目はおしまい。「第10回京都ツーデーウオーク 2日目」につづく→

Osaka Metroぶらりウォーク 鉄道車庫をめぐる

Osaka Metroの「2018年度 大阪・まち・再発見 ぶらりウォーク」の第7回「鉄道車庫をめぐる」に参加してきました。

1902230001r

主催は、昨年4月に大阪市営地下鉄から民営化したOsaka Metro(大阪市高速電気軌道)で、
(「大阪メトロ」だと思っていたら、『「大阪メトロ」「大阪 地下鉄」ではなく「Osaka Metro」と覚えてください!』だそうです
申し込み不要、参加費無料。

コースは、『大阪のまちで「え!?こんなところがあったの?」と思うような場所を選定しました。』ということで、
今回は、吹田市~摂津市~大阪市東淀川区を歩いて、Osaka Metro、阪急電鉄、JR東海の鉄道車庫めぐり。

Osaka Metroの東吹田検車場では、ぶらりウォークの参加者限定で、
普段は開放していない検車場内を特別に公開! というのが、参加の決め手になりました(笑)。

Osaka Metro

スタートは、御堂筋線・江坂駅のすぐ近くにある江坂公園

1902230002r 1902230004r

1902230003r 1902230005

9:30~10:00の集合時間内に、コースマップと東吹田検車場の入場証を受け取り、順次スタートとなります。
Osaka Metro主催のウォーキングは、今回が初参加でしたが、
かなりの人数が並んでいて(並び始めてから受付まで10分くらいかかった)、びっくりでした。

1902230 1902230006r

1902230008r 1902230009

入場証をなくさないように大事にしまって、地図を片手にいざスタート。
歩く距離は、約13kmとのこと。

市街地を歩くので、コースがわかりにくかったらどうしようとちょっぴり心配でしたが、
地図も矢印も、とても見やすく、わかりやすく、安心して歩くことができました

阪急吹田駅

1902230010r

駅前には、吹田の三名水のひとつ「垂水(たるみ)の滝」を詠んだと伝わる万葉集の歌
「石ばしる垂水の上のさわらびの 萌え出づる春になりにけるかも」 志貴皇子(巻八-1418)
が刻まれた碑があったりも。

(あ、「吹田」は、「ふきた」ではなく「すいた」です。吹奏楽の吹。念のため

泉殿宮(いづどのぐう)

1902230012r 1902230014r

五穀の神、宇迦之御魂大神(ウガノミタマノオオカミ)を祀る神社。

1902230013

こちらにある「泉殿霊泉」も、吹田三名水のひとつ。

明治22(1889)年には、ミュンヘンで「ビール醸造に最適」と評価され、
吹田にビール工場が建設されるきっかけにもなった名水だそうですが、
現在は、水脈が移ってしまい、湧水はしていないとのことで、残念。

アサヒビール吹田工場を見ながら、てくてく。

1902230017r

片山神社

1902230018r 1902230019r

このあたりは、大和時代から平安時代にかけて、土器や瓦が作られていた場所ということで、
祀られているのは、陶芸の祖神でもある素戔嗚尊(スサノオノミコト)。

1902230020r

鳥居の向こうに見えるのは、アサヒビール吹田工場のタンク。
鳥居を奉納しているのも、アサヒビールとその関連会社ですね。

JR吹田駅南口には、鉄道の車輪のモニュメント。

1902230021r

そして、この日のメインイベント(?) Osaka Metro東吹田検車場

1902230022

都心の線内に用地を確保することが困難だったため、
阪急京都線正雀駅と相川駅間に、本線と隣接するかたちで開設されたという検車場。

車両は、相互乗り入れをしている阪急電鉄の正雀工場で台車を装備して、鉄路で搬入し、
車体と台車の分離、台車の分解、組立、空気制御部品の脱着などの車両整備を行っているそう。

1902230024r 1902230025r 

車両を下からのぞき込めたり、

1902230026 1902230028

1902230029 1902230027r

いろんな部品を間近に見られて、ウキウキワクワク

1902230031

ワタシ的には、外された座席シートが積み重ねられているところや、

1902230033 1902230034r

パンタグラフ用とかパイプジョイント用とか高荷重用とかのいろんな種類のグリスがあるのも、萌えポイントでした(笑)。

*-*-*

洗車体験の行列にも並んでみましたよー。
洗車される車両は、今宮戎・堀川戎にちなんだ内装の66系。

1902230038r 1902230035r 

1902230036 1902230037

扉には「えびす鯛」、床には「鯛」と「釣り竿」、座席には「梅」と、おめでたい柄づくし。

19022300000 →→ 190223000000→→ 1902230000

洗車は、10分間の走行中に、ほんの一瞬(10秒くらい)水がかかるだけで、ブラシで擦られたりすることも無く、
車内でも「え、これだけ?」の声が聞こえるほどあっけなかったけど、
なかなかできない体験ができて、楽しかったです。
って、この写真で伝わるかどうか…

他にも、「急行 嵐山」とか「特急 北千里」とか「準急 動物園前」とか、
普段ではありえないらしい行き先を表示してくれる車両もあったりと、サービス満点。
とても楽しく見学できました。感謝

1902230040r

充実の内容に、もう、ここでゴールでいいやって気がしちゃったけど、
コースはまだ半分以上残っているので、がんばって歩きます

阪急・正雀(しょうじゃく)駅を通り過ぎ、

1902230041 1902230042r

阪急電鉄正雀工場

1902230043r 1902230044r

1902230045r

中には入れないので、柵の外から見るだけ~。
マルーン色の車両が、たくさん並んでました。

ここは住所も「阪急正雀」です(って、以前にもネタにしてましたね

府道142号正雀停車場線を、JRの電車を見ながら、てくてく。

1902230047r 2019_02250128

味舌天満宮(ましたてんまんぐう)

1902230048r 1902230049r

織田信長の弟・長益(ながます)の五男で、味舌(現在の正雀3丁目付近)で生まれた
織田大和守尚長(おだやまとのかみひさなが)が、寛永12年に造営した神社だそう。

1902230050 1902230052

天神さまには、やっぱり牛と梅。

大阪モノレール摂津駅入り口?と大阪モノレールの車両

1902230055 1902230058r

摂津市役所の前には、摂津市マスコットキャラクター「セッピィ」の像。

1902230057r

摂津市のサイトに載っているイラストは、シュッとしてクールな感じだけど、
像の方は、まるっこくて可愛い雰囲気ですね。

摂津市のマスコットキャラクター「セッピィ」を活用してみませんか?/摂津市

JR大阪貨物ターミナル駅

1902230059r

新幹線鳥飼車両基地

1902230061rr 1902230062

1902230063 1902230064

JR東海の車両基地。
ここも中には入れないので、柵の外から見るだけ~。

別府公園

1902230065

「別府」の読みは、「ぺっぷ」ではなく「べふ」だそう。

ゴールはOsaka Metro今里筋線の井高野駅。

1902230066r 1902230067

1902230068r

この日の参加者は1,713名だったそう。

GPSのログはこんな感じでした↓

Map

歩く距離もほどよく、人も適度にバラけて歩きやすく、レアな場所も見られて、楽しいウォーキングでした。
おもしろそうなコースがあったら、また参加しようっと。

より以前の記事一覧

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ