ウォーキング・ハイキング

第32回加古川ツーデーマーチ

前日とは打って変わって、どんより💧⤵なお天気ですが、
加古川ツーデーマーチの20kmコースに参加です。

コロナ禍の今年は、定員2,000名の事前申し込み制で、1日だけでの開催。
大会誌やコースマップ、参加記念品なども、事前に送られて来ました。

001r_20221116153901
今年の記念品はポップカラークーラーバッグ♪

*-*-*

新型コロナ感染防止のため、健康チェックシートの提出があったり、
時間差をつけたウエーブスタートだったり。
いろいろ大変だろうに、開催してくれたことに感謝です。

002r_20221116154101
受付後にいただいたヤクルト。
こんなにいっぱいなのは、なかなか見ることがないので、撮らせてもらいました(笑)。

*-*-*

9:20頃 スタート

9:40 ニッケパークタウン(チェックポイント)
003r_20221116154801

昭和レトロな雰囲気のニッケ社宅群
005r_20221116155101

9:55 春日神社
006r_20221116155201
銀杏の紅葉がきれい。

10:00 加古川河川敷へ。
007r_20221116155301
008r_20221116155401009r_20221116155401

この日は、たこあげまつりが開催されるということで、準備がすすめられていたけど、
無事たこあげはできたかしら?

河川敷の案内表示。ん?帰路??
011r

10:30 益田地区では、かかしさん達のお出迎えが。
012r 013r
014r 015r
ここのかかしさん達は、表情がとてもステキで、見てるとなんたがホッとして、ココロが温かくなります。
お会いできてうれしかったわー。雨の中、ありがとう~。

11:05 ウェルネスパーク(チェックポイント)
016r017r
018r

案内板には、「コンクリート、石の上は雨で滑ります。あしもとにご注意!!」という手書きの表示が付け足されていて、
誘導スタッフさんも、「滑るのでご注意下さい」と声がけしてくれてました。お心遣い感謝です。

11:20 平荘湖
019r 020r
湖と紅葉。雨の景色も、また良き。
(…と自分に言い聞かせつつ、てくてく(苦笑))。

ふたたび加古川へ。
021r
岸辺の黄色いのは、花かしら?

水管橋を渡ります。
022r023r
「帰路」の裏側。「分岐」??

誘導スタッフは、地元の消防団の方々ということで、傍らには消防車。
024r
大野町内会の消防車。
コンパクトな車体にきっちりホースが積まれてるところに、グッときました。

12:20 前日にも通った日岡神社と日岡御陵。
025r026r
雨の石段は、滑る滑る。

パンダさんのポーズがおちゃめな公園の遊具。
027r
そして、なぜこの並び?

12:40 日岡山公園チェックポイント
029
イケメン君達が駆け寄ってきてドリンクを渡してくれたよ。
ありがとう。

美乃利町内会の消防車。
030r
大野町内会のとは、型が同じような違うような?
図鑑で調べようかしら。

ってなところで、
13:20 ゴール\(^O^)/
031r032r
雨でくしゃくしゃになったコースマップも、
スタート時にスタンプをふたつ押されたのも、いい思い出になるわ(笑)。

GPSのログと参加者数はこんな感じ↓
Map_20221116162801033r

雨の中、おもてなしも無く、ひたすら前に進むだけの20kmが、こんなにツライなんて!(苦笑)
今まで、いかに「おもてなし」に、気力をもらっていたかがわかりました。
来年は、おもてなしも復活して、いいお天気の中、歩けますように。

*-*-*-*

ウオーキング後は、旅行支援クーポンを使って、遅めのお昼ごはん。

かごの屋 彩りちらし寿司と冬のおばんざいセット1,200円(税別)
034r
写真、ピンぼけだー。

旅行クーポンはありがたいけど、
期限が短いのと、使えるお店が少ないのは、どうかと思うわー。

*-*-*

夕食には、かつめしを持ち帰りで。

◆丸万本店 かつめし弁当870円
101r_20221116165001
じけまち商店街にあるうどん屋さん。
何度か買ってて、お気に入りのお店です。
持ち帰りのかつめしは、ぴっちり包んでくれるので、電車でも安心。
お店のおじいちゃんのやわらかな応対もステキです。

 103r_20221116165101
やわらかなとんかつと、どことなくスパイシーなコクのあるタレがよく合っていて、
するすると食べられちゃうおいしさ。
大盛りがあったらいいのになー。

楽しく歩こうワンツー!ワンツー!

加古川ウオーキング協会の特別例会「楽しく歩こうワンツー!ワンツー!」に参加してきました。

(この日撮った人形写真はコチラ→

例年なら2日間行われる「加古川ツーデーマーチ」が、コロナ禍のために1日だけの開催となったため、
加古川ウオーキング協会さんが「播磨路を2日間歩こう!」と企画してくれたもの。
参加は、加古川ツーデーマーチに参加申込済みの人限定&事前予約先着100名限定で、
参加費は500円でした。

*-*-*

集合場所に行く前に、まずは朝ごはん。

◆ニシカワパン加古川店

 0001r_20221116093901 0002r_20221116093901

「ニシカワパン」は、加古川に本社がある製パン会社で、
スーパー、コンビニなどでの販売の他、地域の学校給食のパンも製造しているそうです。

JR加古川駅の改札目の前にある加古川店は、イートイン席もあって便利。
いただいたのは、ミックスサンド408円と、アイスコーヒー100円。
(どちらも税込)
アイスコーヒーは、セルフで淹れるタイプでした。
(この後、歩くことを考えて、氷を少なめにしたので、見た目がショボくてゴメンです)

サンドイッチは、ふわふわのパンに具がたっぷり。
とてもおいしかったです。

*-*-*

さて、ウオーキング。
コースは、30kmと15kmのふたつ。
私は15kmコースを歩きました。

ツーデーマーチの時のような案内板や誘導はなく、
地図を見ながらの自由歩行。

00r_20221116093901


方向音痴なので、ちょっぴり不安でしたが、
いただいた地図には、別紙で分岐点の写真付き。
とてもわかりやすく、安心して歩くことができました。

8:30 ドリンクをいただいて、スタート。
0003r_20221116100601

9:00 新井緑道をてくてく。
0004r_20221116100701

9:10 日岡神社
0005r_20221116100801 0006r_20221116100801

9:20 日岡御陵(ひれ墓古墳)
0007r_20221116100901 
景行天皇の后、稲日大郎姫(いなびのおおいらつめ)のお墓といわれているそう。

林の中(宮内庁の管理地?)では、伐採木を燻蒸処理中。
0008_20221116100901
何に使うのかしらん?

日岡山公園には、日岡御陵の他に4基の古墳があって、日岡山古墳群と呼ばれるそう。
0010r_20221116101701
古墳を探しつつ公園を散策するのも楽しそう。

紅葉もキレイでした。
0009r_20221116102401

公園内のルートは、ちょっと難易度高くて、迷子になりかけましたが、
一緒になった30kmコースのスイーパーさんに助けていただきました~。
スイーパーさんからは、手作りのケーキもいただいて元気百倍。
ごちそうさまでした。

10:00 野口町水足
0011r_20221116102801
「みずたり」かと思ってたら、「みずあし」でした。
この地名には、こんな由来があるそうですよ↓

加古川市【かこがわプラス】 - 【知らなかった! 地名の由来】(3)水足

10:30 総合文化センター(チェックポイント)
30kmコースとは、ここで分かれます。

10:40 東加古川駅を通り抜け~
0012r_20221116103501

ため池上空に舞うたくさんの白い鳥。
0013r_20221116104001
♪ロート、ロート、ロート~♪と歌いたくなったり(←古い)。

11:25 円長寺公園(チェックポイント)
0014r_20221116104201 0015r_20221116104501
0016r
園内に保存されているのは、 1984(昭和59)年に廃線になった別府(べふ)鉄道で活躍していたキハ2号。
前に見たとき
より、きれいになってました。

別府鉄道の廃線跡は、「松風こみち」という歩行者自転車専用道路になっているので、
とても歩きやすいです。
0017r0019r
途中には、鉄橋が残っていたりも。

…ってなところで、
12:15 ゴール\(^O^)/

GPSのログはこんな感じ↓
Map_20221116112901

ゴールでいただいたおまんじゅうは、
あんこたっぷりで、とてもおいしかったです。
Rimg1122r
どこのお店のものなのか、聞いておけばよかったなー。

*-*-*-*

ゴール後は、加古川のご当地グルメ「かつめし」でお昼ごはん。

◆かつめし もんぶ
0025r
加古川駅から歩いて5分くらいのところにあるかつめし居酒屋さん。

いただいたのは、かつめし並1,000円。
0027r 0028r
内もも肉使用。
小麦粉から手作りしているというコクのあるタレが、とてもおいしかったです。
A4ロース肉を使った特上も気になるけど、かつめしに2,900円出すのは、かなりの勇気が必要だわ。

*-*-*-*

食事の後は、旧加古川図書館へ。
0024r

1935(昭和10)年に加古川町公会堂として竣工したもので、
設計は宮崎県庁舎や神戸の旧国立生糸検査所、旧大阪砲兵工廠化学分析場などもてがけた置塩章(おしおあきら)氏。

0020r 0021r_20221116111701

2階のアーチ窓はステンドグラスになっているそうだけど、外からではよくわかりませんでした。

0022r_202211161117010023r_20221116111701

建物の老朽化のため、図書館は昨年の秋に駅前に移転。
(そちらも行ってみたけど、駅のすぐ近くの商業施設に入っていて、
便利で
明るいステキな図書館でした。BGMが流れていたのも印象的。
同じフロアに書店があるので、管理が大変そうだなーとは思いましたが)

こちらの建物は、現在は書庫として使われているそうですが、今後については検討中だそう。
財政的に厳しい面はあると思うけど、歴史あるステキな建物は、きちんと残してもらえたらいいなー。

第31回天橋立ツーデーウオーク2日目

 ☀第31回天橋立ツーデーウオーク1日目からの続き☀

2日目のコースは、6kmの「天橋立散策コース」、
12kmの「天橋立松並木コース」、22kmの「阿蘇海一周コース」の3つ。

この日は、ゼッケンを見せると、
天橋立ビューランド、笠松公園、丹後郷土資料館が無料で入場できるというので、
ビューランドと笠松公園でのんびり遊べるように、
12kmコースを歩くことにしました。

*-*-*

スタートは、前日と同じく、9:00~9:15の間にバラバラと。

スタート時に思いがけず歩友さんにお会いでき
(みなさん、長い距離を歩かれるので、会えないと思っていた)、
途中までは、おしゃべりしながらのウオーキングだったので、
コース前半の写真はほとんどありません~💦

9:30 小天橋(チェックポイント)
09250001r

*-*-*

10:10 元伊勢 籠神社(もといせ このじんじゃ)  (チェックポイント)

09250002r_20220929191501 09250003r

天橋立の模様の飴をいただきました。

09250004r

境内裏の亀さんたちも、お元気そうで何より。

09250006r

*-*-*

10:20 笠松公園ケーブルカー・リフト乗り場

09250007r09250008r

ゼッケンを見せて、リフトに乗車。
約6分で笠松公園に到着です。

09250010r
かさぼう、お久しぶり!

こちらから見える天橋立は、
天に昇ってゆく龍のように見えることから「昇龍観(しょうりゅうかん)」と呼ばれるそう。

09250009r

公園内には、元伊勢籠神社の海の奥の宮である
冠島(かんむりじま)と沓島(くつじま)の遙拝所があったりも。

09250011r

冠島・沓島は、元伊勢籠神社の主祭神である彦火明命(ひこほあかりのみこと)と
后神の市杵嶋姫命(いちきしまひのみこと)が
降臨されたと伝えられている場所。

遠くに見える島に、神さまの時代を思い、
ソフトクリーム400円などいただきつつ、しばしのんびり。

09250012r

売店では、こんなおみやげも買ってみました。

◆「天橋立とソワカの香り」1,650円。

09250014r 09250015r

有名イラストレーターBUNBUNが描いた成相寺認定イメージキャラクター・成吉ソワカがデザインされた練り香水。

092500r

ソワカというので、お線香のような香りなのかな?と思ってたけど、
潮風を思わせる、アクアマリンの爽やかな香りでした。
持ち運びに便利で、少量つけるだけでよく香るので、
ウオーキング後に使うのにも、いいかも。

天橋立とソワカの香り ソワカの練り香水 | TANKAI SHOP

再びリフトに乗って、コースに戻ります。

09250016r

下りの眺め、サイコーでした。
無料で乗せてくれて、ありがとう!

*-*-*

天橋立の松並木を戻ります。

金樽いわしの話の案内板とか、磯清水とか、

09250017r 09250018r

09250019r 09250020r

岩見重太郎試切之石とか。

09250021r

今日も、お天気が良くて、海の色がキレイ。

*-*-*

11:50 そろそろお昼。

まだおなかが空かないという歩友さんとは、ここで別れ
(ここまでおつきあいありがとう~)、
智恩寺近くのこちらのお店でランチ。

◆Cafe du Pin(カフェ ドゥ パン)

09250022r

天橋立ワイナリーや、ちとせ茶屋などを経営する千歳グループのお店。
座席を決めてから、レジで注文し、
できあがったら取りに行くというセルフサービス方式でした。

いただいたのは、宮津バーガー認定、いわしのオイルサーディン使用という
サーディンバーガー」(ドリンクとセットで920円)。

09250023r

パンの間には、オイルサーディンがどどーん!

パンは、天橋立ワイナリー「ぶどう畑のパン屋」の米粉パンだそう。
もっちりした食感のパンに、ガーリックオイル入り梅肉ソースがかかったオイルサーディン、
紫蘇、オニオンの爽やかさがよく合って、おいしかったです。

09250025r

座席からは、天橋立の松並木や廻旋橋も見えて、まったりできました。

*-*-*

12:30 ちょっとだけコースをはずれて、天橋立ビューランドへ

09250026r Rimg0799r

こちらでは、チケット売り場の手前で「ツーデーウオーク参加の方ですか?」と声をかけられ、
「そうです!」と言ったら、「これを係員に見せて乗車して下さい」と、特別乗車券を渡されました。

モノレールとリフトが選べるので、リフトをチョイス。

09250027r

こちらからの眺めは、龍が降臨するかのように見えることから
「飛龍観(ひりゅうかん)」と名付けられているそう。


09250036rrr09250028r

光線の加減もあると思うけど、こちらからの方が立体的に見えますね。

園内には、ミニジェットコースターの遺構を歩いて天橋立を眺められる「飛龍観回廊 」や、

09250031r09250029r
09250030r
(↑飛龍観回廊の上から見た天橋立)

動物の顔がちょっとこわい(笑)メリーゴーランド、

09250034r 09250033r

パステルカラーの可愛らしい観覧車などもあって、いろいろ乗ってみたかったのですが、
下りのリフト乗り場が長蛇の列になってて、ゴール時間が心配だったので、今回はパス。

09250035r

次は時間制限なしで、ゆっくり遊びに来たいです。

09250039r

こちらの下りの景色もサイコー!
無料に感謝です。

*-*-*

13:30 廻旋橋、ぐるーんとなってました。

09250040r09250041r

*-*-*

14:00 ゴール\(^O^)/

09250042r 0000r

GPSのログは、こんな感じ↓

Map_20220930090601

IVVの認定距離は12kmでした。

参加人数は、1日目が434人、2日目が502人の、のべ936人だったそう。

1_20220930092101

天橋立が満喫できて、楽しい2日間でした。
次回は、もうちょっと予習をちゃんとして、臨みたいと思います。

スタッフの方々、ありがとうございました~。

*-*-*

会場のベンチに座って、MCさんのおしゃべりを聴きつつ、
22kmのアンカーさんの到着と、午後3時の会場終了を見届けて、
会場とはお別れ。

*-*-*

会場お隣の「宮津まごころ市」に寄って、お買い物。

竹中缶詰の燻製油漬けシリーズ。

0001r_20220930123001

前回、近畿マーチングリーグマスターウオーカーの記念品としていただき、
そのおいしさに大ファンになりました。
(特にホタルイカ!)

オイルサーディンは、大阪でもよく見かけるけど、
ホタルイカやかきはあまり見かけないので、まとめ買い。

そして、家に帰ってから、
オリーブオイル漬と綿実油漬の2種類があることに気づきました(^^;

0002r_20220930123801
左がオリーブオイル漬、右が綿実油漬。
パッケージの色が違うのに、気づかなかったなんて(苦笑)。

オリーブオイル漬の方が、さらっとした口当たり。
むむむ、オイル漬も奥が深いぞ。

竹中罐詰株式会社|天橋立オイルサーディン

*-*-*

宮津駅へ。

宮津駅前の富田屋(とんだや)さんを覗いたら、席が空いてたので、
ちょっと(かなり?)早いけど、晩ごはん。

09250050r

いただいたのは、前回と同じく、刺身定食1,100円。

09250051r 09250052r

たっぷりのお刺身、美味でした~。

*-*-*

宮津駅には、「艦これ」の駆逐艦・吹雪ちゃん。

09250053r

帰りは、高速バスで。
道路が渋滞していて、大阪到着は40分遅れ。
晩ごはん食べておいてよかったー、と思いました。

第31回天橋立ツーデーウオーク1日目

9/24~25に京都府宮津市で開催された
「第31回天橋立ツーデーウオーク」に参加してきました。

前回の参加は3年前。→2019.09.28 
第28回天橋立ツーデーウオーク1日目: ちきんばすけっとぶろぐ
その後、新型コロナが流行して、第29回と第30回は中止になっちゃったので、
今回の開催は、ホント、うれしいです。

09240001r

参加費は、事前申込だと、大人(18歳以上)1,500円。
参加記念品は、手ぬぐいでした。

09240002r 09240003r

今年は、天橋立が名勝に指定されてから100年、特別名勝に指定されてから70年の年なんだそう。
知恵の輪と松の組み合わせが、かっこいい~。

Rimg0786r

パンフレット類が入っていたクリアファイルも、
キリッとしたデザインでステキでした。

*-*-*

スタート&ゴール会場は島崎公園芝生広場。

ステージの隣にある、大きな赤と青の輪は「モニュメント海燕」。
1994年に市制施行40周年を記念して設置されたものだそうです。

09240004r 092400r

新型コロナ感染防止のため、会場入り口には検温場所が設置されていたりも。
密を避けるために、出発式もないので、
ステージは自由に上がって記念撮影OKな場所になってました。

*-*-*

1日目のコースは、6kmの「金引の滝コース」、14kmの「雪舟観コース」、
23kmの「栗田半島健脚コース」の3つ。

新型コロナが流行してからというもの、長距離を歩いてなくて、
体力的に自信がなかったので、
今回は、ゆっくりと観光とアフターウオークを楽しもうと思い、
14kmの「雪舟観コース」を歩くことにしました。

*-*-*

スタートは、9:00~9:30の間にバラバラと。

国道178号線をてくてく。
平行して走る京都丹後鉄道宮舞線には、丹後あおまつ号が。

09240006rr 09240007r

9:40 つつじヶ丘公民館(チェックポイント)

09240008r
09240009

このあたりは「つつじヶ丘団地」という宅地分譲地で、
1区画55坪~81坪、
価格は300万円台~600万円だそう。

宮津市では、移住・定住のサポートなどもしているみたいですね。

みやづ「つつじが丘団地」の宅地を分譲しています - 宮津市ホームページ (city.miyazu.kyoto.jp)

海の近くには住んだことがないので、どんな感じなんだろうな?なんて思いつつ、てくてく。

*-*-*

9:50 獅子崎(しいざき)
稲荷

09240011r  0924101

ここには、雪舟が国宝「天橋立図」に描いた風景が見られるという「雪舟観展望所」があったんですが、
予習不足のため、神社までは上がったのに、雪舟観展望所を見逃すという大失態(苦笑)。

09240012r

階段の上り下りで、足がふらふら~。

雪舟観は、次回の宿題とします~💦

*-*-*

宮津湾沿いに、潮風を感じながら、てくてく。

09240014r 09240016r

お天気が良くて、海の色がキレイ~。

*-*-*

10:45 府立海洋高校(チェックポイント)

09240017r 09240018r

ここに来るまでに、草ぼうぼうの歩道を歩いたので、服がひっつき草だらけに。
お茶と飴をいただきつつ、しばしの間、ひっつき草を取るのに集中(苦笑)。

*-*-*

11:10 撥雲洞(はつうんどう)トンネル

09240019r

栗田峠を通って、波路地区と上司地区を繋ぐトンネルで、
開通は明治19(1886)年、長さは126ⅿだそう。

09240021r 09240022r

扁額の「撥雲洞」の文字は、開通当時の京都府知事・北垣国道のものだそう。
(って、この写真じゃよく見えないけど)

トンネルの少し先には、栗田峠の開削工事を提唱した賣間九兵衛(うるまくへえ)の功績を讃える石碑があったりも。

09240023

トンネル工事の費用をまかなうため、家屋敷と家財を売却することになり、
村を離れざるを得なくなったという賣間氏。
いつの時代も、尊い人がいるものですね。

*-*-*

京都丹後鉄道宮舞線を走って行くのは、通称「しろまつ号」。

09240024rr Rimg0557r

踏切を渡って、来た道を折り返し。

11:50 ゴール\(^O^)/

GPSのログはこんな感じ。

Map_20220929135601
Rimg0785r

IVVの認定距離は、14kmでした。

*-*-*

ゴール後は、会場近くのお店でお昼ごはん。

◆いわし鮨 小銭

09240030r09240031r

店内は、カウンター6席だけ。
タイミング良くすんなり入れたけど、
食べ終えてお店の写真を撮った時には行列ができてました。

いただいたのは、地魚鮨7貫といわし鮨3貫の「おまかせにぎり」1,850円(税込)

09240032r
09240035 09240036r

いわしは、宮津湾で獲れた金樽いわし。
盛りつけと同じ位置に魚名を書いたメモを一緒に出してくれるので、
確認しながら食べることができて、楽しかったです。

魚それぞれに、違った味わいがあって、どれも美味。
今月は、台風が多くて魚が手に入らず、
営業できる日が少なかったそうなので、食べられてラッキーでした。

宮津に行くことがあったら、また食べに行きたいな-。

*-*-*-*

食事の後は、「もうひとつの京都周遊パス」を利用して、
「道の駅 海の京都宮津」から丹海バスに乗り、天橋立へ。

廻旋橋がぐるっと動くのを見たり、

0001r_20220929181401 0002r_20220929181401

知恩寺を拝観したり、

0003r_20220929181501 0005r_20220929181601

天橋立の砂浜で、楽しそうなカップル達を眺めたり(笑)、

0006r_20220929182001 0007r_20220929182101

のんびりした時間を過ごしました。

*-*-*

天橋立駅には、「
艦これ」のキャラクター、駆逐艦 秋月ちゃんのパネル。

09240040r

*-*-*

宮津駅のホームには、9月6日から運行開始の「海の京都トレイン」が停車してました♪

09240041rr

いつか乗らなきゃ。

京都丹後鉄道に「海の京都トレイン」登場|NHK 関西のニュース

海と山を結ぶ「海の京都トレイン」 京都丹後鉄道で6日運行開始(両丹日日新聞) - Yahoo!ニュース


*-*-*

天橋立ツーデーウオーク2日目に続く→

KANSAIウオーク記念品

昨年の11月、12月に参加した「KANSAIウオーク2021」の参加賞と記念品が届きました。

完歩証にメダルとバッジ、

0001r_20220208154701 0002r_20220208154801

そして、スーパースポーツゼビオの店内商品割引券と、ライオン製品いろいろ。

0003r_20220208154801

参加費無料で、こんなにいただけちゃうなんて、太っ腹。

アプリはとても使いやすかったし、
土日が仕事になることが多い私には、
参加する日にちを自分で決められるのも良かった。
これからのウオーキングイベントは、こういう方式もありですね。

主催・協力・協賛の企業さんや後援団体さん、
企画運営スタッフの方々、ありがとうございました~。

(追記)
写真撮り忘れてたけど、
日本市民スポーツ連盟認定大会なので、
参加記録と距離記録認定用のIVVシール(というか印刷した紙)もちゃんと入ってましたよん。
0004r_20220213153401
このシール、ほったらかしにしがちなので、ちゃんとパスポートに貼らないと。

KANSAIウオーク2021大阪(大阪市内エリア)

KANSAIウオーク2021の大阪(大阪市内エリア)
「大阪城・難波宮から聖徳太子建立の四天王寺をめぐるコース」を歩いてきました。

KANSAIウオーク2021

ウオーキングコースは12.8km。
アプリの参考コースタイムは154分だけど、最低でも5時間はかかるな、ってことで、
今回は早めの時間(といっても10時だけど)にスタート。
さてさて、どうなりますか。

*-*-*

スタート地点のOsakMetro天満橋駅から、
西外堀をぐるっと歩いて大阪城へ。

特別史跡 大阪城公園

120211202001r20211202_3544

大阪城公園は、めっちゃ久しぶり。

120211202004r120211202006r

お城のピカピカ具合は以前と同じだったけど、
旧陸軍第四師団司令部庁舎がミライザ大阪城というオシャレな観光施設になってたり、
スタバなどのショップができてたりと、かなり雰囲気が変わっててびっくりでした。

MIRAIZA OSAKA-JO | 大阪城と、いい時間を。


城内の巨石や刻印石。
120211202003_20211208114801120211202008

天守の石垣下には残念石も!
120211202007r
先日、小豆島の石切場を見たばかりなので、「よかったねー」と声をかけたくなりました(笑)。

120211202010r 120211202009r

あちこち見てたら、ここだけで1時間経過💦
先を急ぎます~。

*-*-*-*

◆鵲森宮神社(かささぎのもりのみやじんじゃ)

120211202011r120211202013r

聖徳太子創建と伝えられる神社。
祀られているのは聖徳太子の父である用明天皇と母である穴穂部間人皇后、そして聖徳太子。

120211202012r

境内にある亀の井は聖徳太子が発見、命名した霊泉だそう。

鵲森宮公式ページ

*-*-*

◆玉造稲荷神社

120211202020r

用明天皇2(587)年の崇仏戦争の時に、
聖徳太子が陣を敷き勝利を祈願したと伝わる場所。

202112020022 202112020023r
境内にある「聖徳太子偲び石」は、聖徳太子が建立した観音堂の礎石だそう。

豊臣秀頼が奉納した石鳥居は、阪神淡路大震災で基礎が損傷したため、
こんな姿で保存されてました。

120211202022r

玉造稲荷神社

*-*-*

◆カトリック玉造教会

120211202031r 120211202032r

細川忠興の屋敷跡に建てられた教会。
表には忠興の娘のガラシャと、キリシタン大名・高山右近の像。

白い建物の中央にスカイブルーの壁面をバックに立つマリアさまがステキすぎて、
思わず「わあー」と声が出てしまうほど。

120211202034r 120211202033r

堂内正面の壁画「栄光の聖母マリア」は、堂本印象画伯の作。
凜としているけど、包み込むような温かさも感じられて、とても厳かな気持ちになりました。

202112020035r 120211202035

† カトリック玉造教会 Catholic Tamatsukuri Church 【大阪カテドラル聖マリア教会】

*-*-*-*

◆越中井

120211202040r

このあたりも細川忠興屋敷跡の一部。
この井戸は、細川忠興屋敷の台所の井戸。

*-*-*

◇難波宮(なにわのみや)跡

120211202053r 120211202050r

前期難波宮とか後期難波宮とかあって、なんかややこしいんだけど、
ざっとまとめると、
645年、乙巳の変で蘇我氏が滅亡。
    皇極天皇が孝徳天皇に譲位し、都を飛鳥から難波(前期難波宮)に移す。
646年 大化の改新
654年 孝徳天皇が死去
655年 都は再び飛鳥へ。
686年 難波宮全焼
710年 都は平城京へ。
726年 星武天皇によって難波宮(後期難波宮)再建開始。平城京の複都とする。
784年 平城京から長岡京へ遷都。難波宮の大極殿などの建物は長岡京に移築。
793年 難波宮廃止
ということらしいです。
(たぶん…。間違ってたらゴメン)

20211202_3655

大極殿基壇は立体的に遺構表示されてるんだけど、
壇の上には日に当たって気持ちよさそうに寝ているおっちゃんがいたので、
近づいての撮影は遠慮しておきました(笑)。

難波宮跡公園(なにわのみやあと公園) | 観光スポット・体験 | OSAKA-INFO

大阪府/府内の史跡公園等の紹介【難波宮跡(難波宮跡公園)】

*-*-*-*

◆高津宮(こうづぐう)
120211202060r 120211202061r 

難波高津宮で政治を行った仁徳天皇を祀る神社。

夏に文楽がらみで立ち寄ったけど
景色は同じでも、あの時とはまた別の時代を旅しているようで、楽しかったです。

*-*-*

◆生國魂神社(いくくにたまじんじゃ)

120211202070r

難波大社と称される大阪を代表する神社。
ご祭神は、生島大神と足島大神。

そういえば、このあたりは2017年の天王寺七坂巡りでも歩いたなー。

*-*-*

◆家隆塚(藤原家隆墓所)

120211202080r

新古今和歌集の選者で、鎌倉時代の歌人、藤原家隆(1158~1237)の墓。
家隆はこの地に「夕陽庵(せきようあん)」という小庵を設け、日想観(にっそうかん)を修めたそう。

*-*-*-

◆愛染堂

120211202090r 12021120293

聖徳太子によって四天王寺の施薬院として創建されたお寺で、四天王寺の支院勝鬘院(しょうまんいん)。
聖徳太子はここで勝鬘経を講義したと伝えられているそう。

多宝塔は、推古天皇元(593)年に聖徳太子によって創建されたが、織田信長の大阪石山寺攻めの際に焼失。
現在の塔は慶長2(1597)年に
豊臣秀吉がに再建したものだそう。

120211202092r

愛染堂勝鬘院ホームページ

*-*-*

◆大江神社

120211202100r 120211202101r

聖徳太子が四天王寺の鎮守として祀ったと伝えられる天王寺七宮のひとつ。
天王寺北村の産土神(うぶすながみ)で、ご祭神は豊受大神。

大阪 夕陽丘 大江神社

*-*-*

120211202110r

清水坂の横を通って…

◆清水寺
120211202111r 120211202112r

四天王寺の支院清水院。
寛永17(1640)年に、延海阿闍梨が京都の清水寺から聖徳太子作と伝わる十一面千手観音菩薩を遷して本尊とし、
清水寺を模した舞台造りの本堂を建立した寺院。
境内にある「玉出の滝」は、京都・清水寺の音羽の滝を模したものだそう。
音羽の滝がコンパクトに濃くなった感じ?

*-*-*

◆堀越神社

120211202120r 120211202121r

四天王寺七宮のひとつ。
祀られているのは、聖徳太子の叔父である第32代崇峻天皇。

境内には、熊野九十九王子の第一王子である窪津王子があったりも。

20211202_3745

堀越神社 公式HP

*-*-*

◆四天王寺

120211202130r 120211202131r
120211202132r

崇仏戦争で蘇我氏方の一員として参加した聖徳太子が、
蘇我氏の勝利を感謝して創建したという日本最古の寺院。

せっかくなので、300円お納めして中心伽藍も拝観。

120211202133r

120211202134r120211202135r
120211202136r

南大門・中門・五重塔・金堂・講堂が一直線に並ぶ四天王寺式伽藍配置。
すこーんと爽快でした。

そして、聖徳太子が仏法の邪魔をする龍を封じ込めたと伝わる「龍の井戸」。

120211202137r     

120211202139r  120211202138r

のぞき込むと吸い込まれそうで、ちょっと怖かったです。

和宗総本山 四天王寺 - 日本仏法最初の官寺

*-*-*

◆久保神社

120211202152r 120211202151r

四天王寺七宮のひとつ。
祀られているのは天照大神。

120211202153r

境内には、聖徳太子が深く信仰し諸願成就を遂げたという「願成就社」も。

*-*-*

◆河堀稲生神社(こぼれいなりじんじゃ)

120211202161r 120211202162r

四天王寺七宮のひとつ。
祀られているのは稲荷神である宇賀魂大神。

「河堀」で「こぼれ」は難読だわ。

*-*-*

◆庚申堂

120211202170r

四天王寺の支院正善院。

四天王寺のサイトによると、
『大宝元年(701)正月七日庚申の日、豪範僧都が疫病に苦しむ多くの人々を救わんと一心に天に祈ったところ、帝釈天のお使いとして童子が出現し、除災無病の霊験を示され、以来千三百年、庚申の日及びその前日(宵庚申)に本尊に祈れば、必ず一願が叶うと尊崇されている。』

だそう。

到着が閉門時間の16時を過ぎてしまったため、この日は参拝できず💧
スタート時間、もっと早くするんだったわー。

*-*-*-*

…ってなところで、天王寺駅でゴール。

途中、寄り道してランチを食べたりもしたりもしたので、所要時間は6時間半。
GPSのログはこんな感じ↓

Map_20211208151601

大阪城と四天王寺以外は、メジャーな観光地じゃないので、
人も少なく、道も広くて歩きやすかったです。
四天王寺周辺の、ゆったりのんびりとした雰囲気、けっこう好きだなー。

*-*-*-*

ゴール後は、天王寺公園をちょこっと散策。
このエリアも明るくキレイになりましたよね。

てんしばには、こんな撮影スポットも。
120211202180r
120211202181 120211202184

大阪市立美術館や、美術館前から眺める通天閣も、おしゃれでステキ。

大阪天王寺公園エントランスエリア“てんしば”

大阪市花と緑の情報サイト : 天王寺公園

KANSAIウオーク2021 奈良(斑鳩町エリア)

KANSAIウオーク2021の奈良(斑鳩町エリア)
「聖徳太子が暮らした斑鳩の法隆寺・中宮寺・法輪寺・法起寺を巡るコース」
(コース名、長すぎじゃありませんか?(笑))を歩いてきました。

KANSAIウオーク2021

JR大和路線に乗って、スタート地点のJR王寺駅へ。

202111241001r

普通列車として運行されている201系は、昔、東京の山手線でお馴染みだった車両。
大阪環状線でも走っていたけど、
今は、おおさか東線と大和路線で走っているだけで、
それも2024年度までに運行終了になってしまうのだとか。
時の流れを感じますね💧

*-*-*-*

ウオーキングコースは約13.5km。
アプリの参考コースタイム?は162分となっているけど、
さてさてどうなりますか。

ってことで、今回もコース中の見どころとなっていた場所などの写真をざざっと。

*-*-*

◆龍田神社

202111241005r 202111241006r

法隆寺の建設地を探していた聖徳太子に「斑鳩の地こそが仏法興隆の地である」と告げて、
建設地をアドバイスした龍田大明神を祀った法隆寺の鎮守。
(かなりざっくりした説明ですw)

三郷町(さんごうちょう)にある龍田大社とごっちゃになるけど(私だけ?)、
こっちは新宮で、あっちが本宮らしい。
境内にはなぜか大きなソテツの木も。

龍田神社|奈良県観光[公式サイト] あをによし なら旅ネット

*-*-*

斑鳩町役場前にあったポストは、茶色。

202111241007r

一歩間違えると、手入れが行き届かなくて錆びてるんじゃ?って感じになっちゃいそうだけど、
景観に配慮した色なのかしらん?

*-*-*

◆藤ノ木古墳

202111241008r

6世紀後半に作られたと考えられる円墳。
崇峻(すしゅん)天皇陵と伝えられてきたそう。

古墳のすぐ近くの土地は、宅地整備されて分譲中。
202111241009r
調べてみたら、これっぽいような?
パークタウン斑鳩町西2丁目|パークコーポレーション
けっこう魅力的~💓と思ったら、やっぱり売れてますね。

*-*-*

◆法隆寺

202111241013r

推古天皇と聖徳太子が建立したとされるお寺だけど、
最初の法隆寺は創建から64年後に大火で全焼。
現在の法隆寺は天武天皇の時代に再建されたものと考えられているそう。

202111241010r 
202111241015r

202111241012r 202111241014r

修学旅行生や観光旅行の団体さんはいたけど、平日ということもあってか、人は少なめ。
ゆっくりと写真が撮れてよかったです。
(有料の拝観は、時間がかかりそうなので、今回もパス💦
ウオーキングと観光の両立は難しいわー)

*-*-*

◆中宮寺

202111241018r 202111241016r

聖徳太子が、母の穴穂部間人(あなほべのはしひと)皇后を弔うため、
母の宮殿の跡に造ったと伝えられるお寺。
といっても、創建当時の中宮寺は、ここから400mくらい離れた場所にあったようですが。

202111241017r P1030127

国宝の菩薩半跏像にお目にかかりたかったので、600円納めて拝観。
すらっとして、とてもとても美しい菩薩様でした。

漆黒に光る今のお姿もステキだけど、
彩色が施され、装身具を身につけていたという製作当時のお姿も、
華やかでステキだったのでしょうねえ。

聖徳宗 中宮寺 公式ホームページ

*-*-*

◆斑鳩神社

202111241019r

平安時代の天慶年間(938~947年。え、短い!)に、
菅原氏の子孫である法隆寺別当の湛照僧都(たんしょうしょうず)が、
菅原道真を祀ったのがはじまりと伝えられる神社。

*-*-*

◆仏塚古墳

202111241020r 202111241024r
202111241021r 202111241022r

6世紀末に造られたと推定される方墳。
石室からは馬具や土器などの他、鎌倉時代から室町時代にかけての仏像なども出土していて、
「仏塚」という名称は、中世に仏堂として利用されたことに由来すると考えられているそう。

アプリの説明に「石室入り口はご覧になれません」とはあったけど、
手前の道に案内板も出してるんだし、もうちょっと整備してもいいと思うの💧

*-*-*

◆中宮寺宮墓地

202111241025r
202111241026r 202111241027r

門跡寺院だった中宮寺に入った歴代皇女・王女6人のお墓。
管理は宮内庁のようだけど、天皇陵などとくらべると、わりと無防備な感じ?

*-*-*

コース名にも入っている法輪寺と法起寺は、なぜか写真を撮っていなかったですよ💦
ひゃー。

法起寺は、2年前の聖徳太子の里ツーデーの時に拝観したけど、
法輪寺は、なかなかご縁が無いなー。

*-*-*

◆中宮寺跡史跡公園

202111241028r
202111241030r
202111241029r

中宮寺が元来あった場所。誰もいないグラウンドって感じ(笑)。
これだけの広さの場所に建つ宮殿、住んでみたいわー。

*-*-*

◆駒塚古墳と調子丸古墳

202111241031r 202111241032r

聖徳太子の愛馬「甲斐の黒駒」を葬ったと伝えられる駒塚古墳(写真左)と、
甲斐の黒駒の世話係だった調子丸の墓と伝わる調子丸古墳(写真右)。

平成に行われた調査では、駒塚古墳は4世紀前半の造営であることが明らかになったそう。
真実がわかると、ロマンは薄れてしまうのね💧

*-*-*

◆上宮(かみや)遺跡公園

202111241033r 202111241035r
202111241034r

飽波宮の跡と考えられる場所。
聖徳太子が妻と晩年を過ごした飽波葦垣宮(あくなみあしがきのみや)も、この付近にあったと考えられるそう。

*-*-*

◆成福(じょうふくじ)跡

202111241037r

飽波葦垣宮の跡地にあったお寺。

現在は廃寺になっているそうですが、
フェンスには「危険ですので境内への立ち入りをご遠慮ください 成福寺」と書かれた看板あり。

境内には入れないので、フェンスの上からちらっと撮影。
 
202111241038r 202111241039r

ググってたら、「成福寺の本尊の聖徳太子立像をX線で調べたら
内部に高さ約6.5センチの菩薩半跏像があった」という記事が。
ミニ菩薩半跏像、ちょっと欲しいかも💓

聖徳太子像の中にミニ菩薩 救世観音と同じポーズ | 共同通信

*-*-*

◆飽波(あくなみ)神社

202111241040r 202111241041r

聖徳太子が創建したと伝わる神社。
太子腰掛けの石に座る聖徳太子さん達も、お元気そうで何より。

*-*-*

ってなところで、法隆寺駅でゴール。

202111241042r 202111241043r
カメラの色温度の設定をミスって全体的に青っぽくなっちゃってますが、
ここのポストも茶色でした。

202111240r

法隆寺駅構内にはこんな撮影スポットも。
パゴちゃん、せんとくん、また会おう!

*-*-*

GPSのログはこんな感じ↓

Map_20211127104601

今回も、のんびり観光しつつだったので、かかった時間は4時間ほど。
聖徳太子ツーデーで通った場所も多かったけど、
ルートが違うと印象も変わって、なかなかおもしろかったです。

意図せず、聖徳太子ツーデーと同じ日にちになってしまったけど、
もうちょっと時期を変えて歩いてもよかったかも。

KANSAIウオーク2021京都エリア

新型コロナの影響で、中止や延期が相次ぐウオーキングイベントですが、
スマートフォンアプリを使用して、期間内に好きなタイミングで歩けばOK、
日本市民スポーツ連盟認定大会なので、IVVもゲットできるという
「KANSAI」ウオーク2021」が開催決定というので、参加登録して歩いてみました。

詳しい説明やエントリーはコチラ↓
KANSAIウオーク2021

参加費は無料。
アプリをダウンロードして使用するので、スマホが必要(iPadは不可)。

*-*-*-*

コースは、大阪、京都、奈良の3つ。
京都は、緊急事態宣言が解除されたばかりの今が狙い目!という気がしたので(笑)、
まずは京都(嵐山・太秦エリア)「嵐山から聖徳太子建立の広隆寺をめぐるコース」(約13km)を歩くことに。

*-*-*-*

スタート地点の京福嵐山駅へは、かわいらしい嵐電(京福電車)に乗ってGO!
202110200001r 202110200002r

駅を出たら、あらかじめインストールしておいた「ALKOO by NAVITIME」を起動させて、
ウオーキングスタートです。

 202110200000r202110200

アプリには、カーナビやGoogle mapのような音声案内機能はないみたいだけど、
歩くコースと、自分が今いる位置(&今どっちを向いているか←方向音痴にとっては、これ超重要(笑))を表示してくれるので、
どっちに行ったらいいかがわかりやすく、迷っても復帰がラクで、よかったです。

見どころポイントでは、ポップアップで、その場所の説明が見られるのも便利でした。

*-*-*

ってことで、コース中の見どころ写真をざさっと。

◆小督塚(こごうづか)
202110200003r
小督(こごう)は、平清盛の娘で、高倉天皇の中宮である建礼門院徳子に仕えた宮中一の美女。
高倉天皇の寵愛を受け、平清盛の怒りをかったため、
身を隠すためにこのあたりに身を隠したとされているそう。

謡曲の「小督」は、国立国会図書館のデジタルコレクションで聴けるけど、
能にあまりなじみが無いので、何と謡っているのか、よくわからなかったわ💦
要勉強。

謡曲:小督 - 国立国会図書館デジタルコレクション

*-*-*

◇渡月橋
202110200004r 202110200005r
桂川にかかる橋。
「渡月橋」の名前の由来は、曇りの無い夜空に月が橋の上を移動するさまを見た亀山上皇が
「くまなき月の渡るに似る」と言ったことから。

*-*-*-*

◆松尾大社
202110200006r 202110200009r
202110200008r 202110200007r
ずっと「まつおたいしゃ」だと思ってたけど、
ホームページの英語表記は「Matsunoo Taisha Shrine」なので、「まつのおたいしゃ」?

祭神は大山作神(おおやまぐいのかみ)と市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)。
醸造の神さまとして有名。

松尾大社 - MATSUNOO TAISHA

*-*-*-*

◇月読神社(つきよみじんじゃ)
202110200010r
202110200011r 202110200012r
松尾大社の摂社で、祭神は月読尊(つきよみのみこと)。
安産守護のお社として信仰されているそう。

境内には、月読命を信仰したという聖徳太子祀った学問の神様・聖徳太子社があったりも。
(写真、撮り忘れた💦)
解穢(かいわい)の水(飲用ではありませんの説明あり)は、自己の罪や穢れを除いてくれるそう。
月のパワーで、身も心もキレイになれたらいいなー。

安産 安産祈願 京都 月読神社 - MATSUNOO TAISHA

*-*-*-*

◇梅宮大社(うめのみやたいしゃ)
202110200014r 202110200015r
祭神は、酒解神(大山祇神)、酒解子神(木花咲耶姫)、大若子神(瓊々杵尊)、小若子神(彦火々出見尊)。
子授けや安産の御利益があるとされる神社ですが、
酒造の神さまとしても信仰されていて、楼門や境内には奉納された酒樽があったりも。

梅宮大社|【京都市公式】京都観光Navi


*-*-*-*

◇蛇塚古墳
202110200016r 202110200019r
古墳時代後期の7世紀頃に築造されたとされる前方後円墳で、
秦氏一族の族長クラスの墓と考えられているそう。
横穴式石室は京都府内最大規模。

一昨年の京都ツーデーの時には、石室の中にも入ったけど、
住宅街の中にこんなすごいものがあって、それがきちんと保存されているということに、
京都のすばらしさを感じます。

*-*-*-*

◇木嶋坐天照御魂神社(このしまにますあまてるみたまじんじゃ)
202110200020r 202110200023r
摂社に養蚕神社(こかいじんじゃ)があることから、
「蚕ノ社(かいこのやしろ)」と呼ばれるようになったそう。

本殿の石垣?には、「西陳 縮縮緬仲間」(西陣でなくて西陳になってる)と彫られた石碑があったりも。
20211020rrr
文化十年?とあるので、江戸時代のものかな。
このあたり、いろいろ調べたら楽しそうです。

神池「元糺の池」にあるのは、3つの鳥居を正三角形に組み合わせた「三柱鳥居」(みはしらとりい)。
202110200022r
古代キリスト教と関係するという説もあるそうだけど、
なんとも不思議な雰囲気でした。

木嶋坐天照御魂神社(蚕ノ社)|【京都市公式】京都観光Navi

*-*-*-*

◇広隆寺
202110200026r 202110200024r
聖徳太子建立七か寺のひとつで、
上宮王院太子殿に本尊として祀られている聖徳太子像は、毎年11月22日にだけ特別開扉されるそう。
202110200025r
新霊宝殿は拝観料800円。

仏像保護のためか、室内がかなり暗くなっているし、
弥勒菩薩半跏思惟像は、遠くて、細かいところまでよく見えないのが残念だったけど💦、
各時代の仏像が、ずらりと並んでいるのは圧巻でした。

広隆寺|【京都市公式】京都観光Navi

*-*-*-*

◇車折神社(くるまざきじんじゃ)
202110200027r

202110200028r 202110200029r
祭神は、平安時代後期の儒者、清原頼業。
関白九条兼実から「その才、神と言うべく尊ぶべし」と称えられた人物だそう。

車折の名前の由来は、後嵯峨天皇がこの社の前を通ろうとした時に、
牛車の轅(ながえ)=牛車の前方左右に長く前に出ている木が折れたので、
「車折大明神」の神号を贈ったから。

芸能神社が有名で、修学旅行生でごった返してたけど、本殿はここじゃないんですね。
(気づかず、写真を取り損ねた💦 予習は大事だわ)

金運・良縁・厄除け・学芸の京都【車折神社】

*-*-*-*

鹿王院駅で見かけたのは、嵐電のモボ21形(27号車)。
202110200030r
平安建都1200年の協賛の一環として製造されたというだけあって、
レトロでオシャレな雰囲気がステキ♪

車両紹介 | 嵐電アーカイブ

*-*-*-*

◇鹿王院
202110200032r
康暦元年(1379年)に足利義満が春屋妙葩(普明国師)を開山として建立した宝幢寺(ほうどうじ)の塔頭のひとつ。
(宝幢寺は応仁の乱で消失してしまったそう)

ここまで来るのに予定より時間がかかってしまい、
拝観終了時間近くになっていたので、今回は拝観せず。
紅葉がキレイらしいので、近いうちにまた来なきゃ。

鹿王院|【京都市公式】京都観光Navi

*-*-*-*

◇長慶天皇陵(ちょうけいてんのうりょう)
202110200033r 202110200034r
南北朝時代の第98代の天皇で、南朝第3代天皇の長慶天皇の陵墓。

長慶天皇は、江戸時代から即位の事実が疑問視されていて、
正式に第98代天皇として皇統に加えられたのは大正15(1926)年、
そして、全国に御陵伝説地が存在したため、
この場所が長慶天皇陵と定められたのは、昭和19(1944)年なんだそう。
うーーむ。

天皇陵-長慶天皇 嵯峨東陵|宮内庁

*-*-*-*

◇安倍晴明墓所
202110200035r 202110200036r
安倍晴明のお墓とされる場所は各地にあって(私も木曽にあるのは見た)、ここもそのひとつだったけど、
昭和47(1972)年に改修が行われて、公式な墓所となり、晴明神社の飛び地境内になったそう。
うーーむ…。

晴明神社 〜陰陽師 安倍晴明公をお祀りする晴明神社〜

*-*-*-*

……と、見どころを満喫して、阪急嵐山駅でゴール。

アプリから完歩証明を送信すれば、ウオーキング終了です。
(IVVの送付依頼もここから)
202110200039r

のんびり観光しちゃったので、13kmのコースを歩くのに4時間かかっちゃったけど、
(午後から歩き始めたので、後半は夕暮れが近くなり、見どころもかなり端折っちゃったけど)
同じ日に人が歩くウオーキングイベントと違って、写真は撮りやすいし、
マイペースに寄り道しながら歩けるのはとても快適でした。

コースはあと2つあるので、次は時間の余裕をたっぷりとり、
見どころの予習もしっかりして挑みたいと思います(笑)。

ご近所散歩 三津屋商店街

神崎川沿いを行くお散歩。
今日は、前回行った阪急宝塚線・三国駅から更に足を伸ばし、阪急神戸線の神崎川駅まで行ってみました。

新三国橋付近。
200603001r 200603001rr
白波を立てて走って行くのは大阪府警のボート。

*-*-*

神洲橋の下、草に埋もれてひっそりと建っていたのは「洲到止渡場の跡」の碑。
200603002 200603003
「洲到止」は、「すどうし」と読むそう。
「目いぼの渡し」に「三国の渡し」に、ここ「洲到止の渡し」。
神崎川には、たくさんの渡し場があったんですねえ。

洲到止渡し場(すどうしわたしば)の跡碑 | 庄内西小学校>庄内西校区の歴史

昭和10年に完成したという神洲橋を渡ると、大阪市淀川区。
橋の横には「神洲橋竣工記念銘」。
200603007

*-*-*

阪急神崎川駅の近くにある三津屋商店街。

200603004 200603011

で、今回のお散歩の目的は、こちら。

200603005r 200603006

宮里商店さんのホルモン焼き~。

200603008 200603010

100gがどれくらいなのかよくわからなかったので、とりあえず300g買ってみました。
鉄板の横に置かれていた沖縄ドーナツ450円も一緒に購入。

ホルモン焼きは、パックに入れた後、ラップでぐるぐる巻きにしてから袋に入れてくれるので、
汁漏れすることなく、安心して持ち帰れました。

ホルモンは、いろんな部位+玉ねぎ入り。
ほどよくパンチが効いていて、お酒もごはんもススム味。
ひとり100gでじゅうぶん楽しめました。

沖縄ドーナツも、正統派って感じで美味しかったー。
また買いに行こうっと。

*-*-*

だいだいのルートはこんな感じ↓

Map_20200603150701

約10kmのお散歩でした。

ネックゲイター

外出時にはマスクがマストな今日この頃なので、
ウオーキング時の飛沫エチケット用にネックガードなるものを買ってみました。

ジョギング用のもいいなーと思ったけど、お手頃価格のものは品切れが多かったので、釣り用のコレを。

2005250001_202005251520012005250002_20200525152001

リバレイ RBB COOLMAX ネックガード
2,200円+税の表示があるけど、3年前くらいに発売された商品だからか(在庫処分?)、税込み1,070円で買えました。

リバレイコレクション

リバレイさんの商品は、ウェーディングシューズ(釣りで川や湖に入るときに履く)などを使っているので、馴染みがあります。

ネックゲイターの素材は、ポリエステル100%の吸水速乾素材COOLMAX。

広げてみるとこんな感じ。

2005250003r_20200525161501
チューブ状になっていて、長辺は50センチ弱。
短辺の方に首を通します(っていう説明でわかるかしら?💦)。

くいーんと伸びはしないけど、そこそこのストレッチ性はあり。
薄手のサラッとした生地で、触感がひんやりしているので、鼻と口を覆って早足で歩いても苦しくならず、なかなか快適でした。

これからは、スポーツ時の服装の常識も、いろいろと変わっていくのかなあ。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【特価】双進 RBB COOLMAXネックガード
価格:1078円(税込、送料別) (2020/5/25時点)


 

より以前の記事一覧

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ